MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 C-HR フルモデルチェンジ 2代目 日本未発売 欧州などで2023年発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
2023 toyota c-hr

トヨタのコンパクトSUV「C-HR」はフルモデルチェンジを行い2023年に発売する欧州のトヨタは、新型「C-HR」の7年ぶりのフルモデルチェンジを行い2023年6月26日(現地時間)に世界初公開(ワールドプレミア)した。2代目となる新型は残念ながら国内の生産および販売を終了する、海外専売車種となった。

目次

トヨタ 新型 C-HR フルモデルチェンジ について

2代目 新型「C-HR」 は、前衛的なデザイン、先進技術、パワーとドライバビリティの向上を備えた一連の電動ハイブリッドおよびプラグインハイブリッド パワートレインにより、先代モデルの卓越した品質とステータスをより高いレベルに引き上げている。これはトヨタの欧州への取り組みを強化するものであり、新型モデルは欧州の顧客を念頭に置いて欧州で考案され、高電圧バッテリーユニットの組み立ても含めて欧州のみで製造されている。

欧州CセグメントSUV、初代トヨタC-HRの成功を踏まえた新型モデルでヨーロッパの顧客向けにヨーロッパで設計、設計、製造されている。

インパクトを生み出す先鋭的なエクステリアデザインを採用。

機能性とモダンな快適さを兼ね備えた現代的なインテリアスタイルを採用している。

新しいデジタル キーを含む、シームレスで直感的な制御と接続を提供するパーソナライズされたユーザーエクスペリエンス

1.8Lおよび2.0Lのハイブリッドと2.0Lのプラグインハイブリッドモデル(PHEV)をラインナップ。

ガソリンモデルを廃止。

トヨタ 新型 C-HR フルモデルチェンジ エクステリアについて

新型「C-HR」は、2022年後半に発表されたプロローグモデルのスタイリングを忠実に踏襲。ボディサイズは全長4,360mm、全幅1,830mm、全高1,564mm、ホイールベース2,640mmとした。「ハンマーヘッド」をモチーフとした機能性とデザイン性を高次元で両立したフロントデザイン、遂にDRL(デイタイムランニングライト)「シグネチャーランプ」を採用。車両の側面にはダイヤモンドカットのキャラクターラインが沿っており、印象的なデザインを作り出している。トヨタ車初の採用となる「フラッシュドアハンドル」も強調され、車両の存在感を高めている。ダイナミックで凝縮された外観は、短いオーバーハングと最大直径20インチの大型ホイールによって一層引き立てられている。

新しいスタイルのバイトーンペイントデザインが利用可能になり、コントラストブラックのルーフはリアバンパーまで延長され、車の後部4分の3セクションにまで及んでいる。デザインチームは、よりシャープなシャットラインやカメラ、レーダー、ヘッドライトウォッシャーなどの機能の完璧な統合を実現するため、「隠された技術」アプローチに取り組んでいます。これにより、外観にシームレスな統一感が生まれた。

トヨタのデザインチームとエアロチームは密接に連携し、エクステリアが空気力学的に効率的でありながらも視覚的に印象的なものになるよう努力しました。その結果、フロントバンパーの正確なプロファイリングやリアルーフスポイラーの形状など、車両全体と周囲の空気の流れが細部まで最適化された。

トヨタ 新型 C-HR フルモデルチェンジ インテリアについて

新型「C-HR」は、インテリアの質感と外観を高級感と洗練性を増している。操作要素は全てドライバーズゾーンに配置され、水平配置のインストルメントパネルと「翼」のデザインテーマにより、乗員は包み込まれるようなキャビン感覚を味わい、快適性が向上。

ドライバーが車両に近づくと、自動的に歓迎のシナリオが展開され、バックドアの新しいトヨタC-HRライトシグネチャの照明など、外部のライトが明るくなり、シート位置、デジタル計器ディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、マルチメディアスクリーンなど、ドライバーの好みに応じた設定が自動的に適用。

12.3インチのフルデジタルコンビメーターが装備。グラフィックは鮮明で、情報は明確にゾーン分けされており、読みやすさに優れている。ディスプレイは、ドライバーの好みや走行の種類に応じて異なるコンテンツを優先的に表示するように調整。3つのプリセットレイアウトがあり、ステアリングホイールのスイッチを使ってカスタマイズすることもできる。コンビメーターとマルチメディアディスプレイの色やフォントが一貫して使用されることで、品質と使いやすさが向上。新型「C-HR」にはデジタルキーシステムも搭載されており、ユーザーは携帯電話を身につけているだけで車両にアクセスしてエンジンを始動することがでる。

新型「C-HR」のアンビエント照明システムは、最大64色の幅広い色を提供、車内の環境や時刻に合わせた室内の直接照明や間接照明のオプションを提供。24色の変化する色合いのプログラムが設計されており、時間の経過と同期して朝の明るい色から夕方のリラックスした色に変化。この照明システムは安全性の向上にも役立ちます。Safe Exit Assistシステムの聴覚的および視覚的警告は、室内照明が赤色に変化することで強化され、車や自転車が近づいてくるとドアが開いていることを警告。これらの拡張機能を備えた最初のトヨタモデルです。

8インチまたは12.3インチのタッチスクリーンディスプレイ、オンボード音声エージェント、「Apple CarPlay」や「Android Auto」を介したワイヤレススマートフォン接続など、トヨタスマートコネクトマルチメディアパッケージが搭載(モデルのグレードにより異なります)。このシステムでは、POI機能を使用してEVの航続距離情報や地域の充電場所を提供します。オーナーはMyTスマートフォンアプリを使用して、旅行前にエアコンシステムの操作や車両の機能を遠隔制御することもできます。また、新型トヨタC-HRの高度な技術革新には、クラス内でユニークな自動駐車機能も含まれています。ドライバーが車の外にいる状態で完全遠隔駐車を行うアプリも利用可能であり、限られたスペースでより正確な操作が可能。

トヨタ 新型 C-HR フルモデルチェンジ 安全技術について

新型「C-HR」のすべてのバージョンは、最新のToyota Safety Senseポートフォリオに含まれるアクティブセーフティおよび運転支援機能を備えている。これらの機能は、一般的な事故のリスクに対してより強力な保護を提供し、ドライバーの負担を軽減するためにさらに拡張されました。さらに利便性を高めるため、今後のシステムソフトウェアのアップデートは小売店を訪れる必要なく、無線で配信される予定。

主な開発の一環として、新しい加速抑制機能が追加。これにより、前方の車両との衝突の危険性が検出された場合、急なスロットル操作を遅らせることができます。また、新たに搭載されたプロアクティブドライビングアシスト(PDA)は低速でも機能し、前方の遅い車両に近づいたりカーブに進入したりする際に、ドライバーがスロットルを離したときにスムーズに減速します。さらに、前方のカーブを認識し、操舵力を調整してスムーズで安定した旋回をサポートする「ステアリングアシスト」も備えている。

オーナーは自身の車両に先進安全パッケージを選択することもできる。このパッケージには、フロントクロストラフィックアラート付き車線変更支援、ドライバーモニターカメラ(EDSSの性能を強化)、カメラ制御付きオートマチックハイビームシステムなどの機能が含まれる。また、現地の規制に基づきアイドリングストップ渋滞時に前方車両を自動的に追従するハンズフリー運転も可能。これにより、配光を調整しながら快適な運転をサポート。

次世代「Toyota Safety Sense」全車標準搭載する。昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」を搭載。

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。

ロードサインアシスト(RSA) 検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。

レーンディパーチャーアラート(LDA) カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

先行車発進告知機能 信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。

オートマチックハイビーム(AHB) カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

レーダークルーズコントロール 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。

レーントレーシングアシスト(LTA) レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシスト[LTA]を次世代 Toyota Safety Sense Pに初採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。

アドバンスドセーフティ

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ静止)アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。低速走行時(15km/h以下)に進行方向にある静止物を検知している場合、ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかける。

先行車発進告知機能信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。

緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式)急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。

ドライバー異常時対応システムレーントレーシングアシスト[LTA]制御中にドライバーの無操作状態が継続している場合、音と表示と緩減速による警告でドライバーに操作を促す、ハザードとホーンで車外に異常を報知しながら自車線内に減速停車し、自損・加害事故の回避・事故被害低減を支援。

デジタルインナーミラー車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに表示する。

Advanced Parkリモート機能付き 画面表示や音声・ブザー音による操作案内および、ハンドル、シフトポジション、アクセルとブレーキ操作を行うことにより、画面上で確認した目標駐車位置付近への後退駐車や縦列駐車からの出庫のアシスト。更に専用スマホアプリを用意されており車外から遠隔操作をして駐車を行うことが可能。

パノラミックビューモニター(360°モニター) クルマの斜め後ろや真横など、目が届きにくい箇所も確認できるため、いち早く障害物に気が付くことができる。

ブラインドスポットモニター(BSM) 隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯。

安心降車アシスト(SEA) 降車時、ブラインドスポットモニター[BSM]のセンサーを活用し、後方からの自転車を含む接近車両などを検知。開放後のドア、もしくは降車した乗員と衝突する可能性があるとシステムが判断した場合、ドアミラー内のインジケーターを点灯させ注意を促す。

リヤクロストラフィックオートブレーキ 後退時の死角を検知し、注意を喚起。衝突の危険性がある場合は自動的にブレーキ制御を行うことで接近車両との衝突被害軽減をサポートします。

リモートスタート(アプリ)MyTOYOTAアプリからエンジンスタート・エアコン起動が可能になる新しいオプションサービス。

トヨタ 新型 C-HR フルモデルチェンジ パワートレインについて

新型「C-HR」は、4つの電動パワートレインから選択することができる。これらの選択肢は、トヨタのカーボンニュートラルを目指すための実証済みのマルチテクノロジーを示している。トヨタはCO2削減のペースを加速し、ゼロエミッションモビリティへの移行を成功させるために、手頃な価格で実用的な車両を顧客に提供するために、多様なオプションを提供する必要があると考えている。エンジンラインナップには、1.8Lおよび2.0Lのハイブリッド電気(HEV)バージョンと、2.0Lのプラグインハイブリッド電気(PHEV)モデルをラインナップする。

1.8L HEV ハイブリッド車

新型「カローラ」シリーズにも搭載されている1.8Lハイブリッドパワートレインは、環境性能に重点を置いており、現行の1.8L ハイブリッド電気トヨタC-HRよりも大幅にパワーアップ。

2.0L HEV ハイブリッド車

2.0L HEVバージョンには、インテリジェント全輪駆動(AWD-i)のオプションも追加。最新の第5世代トヨタ技術を活用しており、クラス最高の出力向上と低排出ガスのバランスを実現、Cセグメント市場の顧客のニーズと優先事項に応えている。新しいトランスアクスルやパワーコントロールユニット(PCU)、より強力な高電圧バッテリーなど、主要なハイブリッドシステムコンポーネントの包括的な再設計によって実現。AWD-iオプションが利用可能。このオプションは、車の後軸に追加されたコンパクトで高トルクの電気モータージェネレーターによってサポートされており、発進時、コーナリング時、滑りやすい路面での走行時にトラクションと安定性を向上させます。このシステムは、広範な車両速度と道路状況で効果を発揮。

2.0L PHEV プラグインハイブリッド車

2.0L プラグインハイブリッドは、2つの側面を持つ優れたシステム。日常の使用では、快適なフル電気駆動(EV)モードを提供し、長距離旅行では高効率なハイブリッド電気性能を提供します。このシステムには、非常に競争力のある航続距離を持つ真のEV機能と、3つの動作レベルを備えた「ワンペダル」のような運転体験を提供するRegeneration Boostがあり、運転のストレスを大幅に軽減し、都市交通での移動をスムーズにすることができます。また、車のナビゲーションシステムを使用してルートを設定する際には、エネルギー効率を最適化するためにドライブモードを自動的に調整し、エネルギーを充電する最適な機会を見つけることができます。トヨタC-HR PHEVは、新しいジオフェンシング機能により、低排出ガスゾーン(LEZ)に入ると自動的にEVモードに切り替わりる。

トヨタ 新型 C-HR フルモデルチェンジ スペック について

パワートレインはどのモデルも最新の第5世代のハイブリッドシステムを搭載し、先代モデルから大幅に出力アップされており、欧州市場でも受け入れられやすい仕様となっている。2.0Lモデルでシステム最高出力198ps、0-100km/h加速 2WD 8.1秒、4WD 7.9秒を実現。2.0Lプラグインハイブリッドモデルではシステム最高出力を223ps、0-100km/h加速タイム 2WD 7.4秒まで短縮。

スペックC-HR
1.8L HEV
C-HR
2.0L HEV
C-HR
2.0L PHEV
全長4,360mm4,360mm4,360mm
全幅1,830mm1,830mm1,830mm
全高1,564mm1,564mm1,564mm
ホイール
ベース
2,640mm2,640mm2,640mm
エンジン1.8L直列4気筒+
電気モーター
2.0L直列4気筒+
電気モーター
2.0L直列4気筒+
電気モーター
最高出力72kW(98hp)/
5,200rpm
112kW(152hp)/
6,000rpm
112kW(152hp)/
6,000rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm
190Nm(19.4kgm)/
4,400rpm-5200rpm
190Nm(19.4kgm)/
4,400rpm-5200rpm
モーター
最大出力
70kW(95hp)83kW(111hp)120kW(163hp)
モーター
最大
トルク
185Nm(18.9kgfm)206Nm(21.0kgfm)208Nm(21.2kgm)
システム
最高出力
103kW(140hp)145kW(198ps)164kW(223ps)
0-100km/h 加速2WD 9.9秒2WD 8.1秒
4WD 7.9秒
2WD 7.3秒
駆動方式2WD2WD/4WD
(E-Four)
2WD
乗車定員5名5名5名
駆動方式電気式
無段階変速機
電気式
無段階変速機
電気式
無段階変速機

新型 C-HR GR SPORT Premiere Edition

新型「C-HR」GR SPORT Premiere Editionでは、グリルのGメッシュパターン、新デザインの20インチアロイホイール、GRバッジ、センターコンソールの「リキッドブラック」装飾、GRロゴ入りスポーツフロントシートなど、GRスタイリングのディテールが追加される。ヘッドレストにエンボス加工が施されています。そのシグネチャーカラーはプレシャスシルバーで、新しいバイトーンで仕上げられ、ルーフから車の後部までコントラストブラック仕上げが広がっています。他の色のオプションも利用可能になります。装備仕様には、ヘッドアップディスプレイやJBLプレミアムオーディオシステムなどが含まれる。

トヨタ 新型 C-HR プロローグ コンセプト について

トヨタは、迅速なエクステリア デザインと型にはまらないプロポーションに関して、後継車と同じレシピに従うことにしました。したがって、「C-HR プロローグ」は、前作と同様に、南フランスにあるトヨタの「ED2 スタジオ」によって作成された。

フルLEDヘッドライトを備えたサメの「ハンマーヘッドシャーク」をイメージした「ハンマーヘッド」スタイルのノーズは、他のトヨタの「クラウン」「プリウス」などをはじめとする「EV」や「ハイブリッド」車に似ており、これが日本の自動車メーカーのデザイン言語の前進であることを示している。フロントバンパーには、空気力学を向上させるために大部分が覆われた大きなインテークを囲む黒い要素があります。プロファイルは、C-HRを連想させる小さな窓で大きく彫刻されている。フロントフェンダーに向かって三角形の形状が新しくなり、リアクォーターパネルとCピラーがより強調されている。ホイールの直径が大きくなり、オーバーハングが短くなり、リア ウィンドシールドの傾斜が大きくなったことで、SUV は先代よりもスポーティでコンパクトに見える。トヨタのデザイナーは、ボディワークの金属シルバーシェードとリアセクションのリサイクルカーボンブラックを組み合わせ、バンパーとリアスポイラーの「サルファー」アクセントを組み合わせたトライトーン処理を選択。生産バージョンは、コンセプトのエクステリアデザインのほとんどを保持すると予想されますが、フラッシュドアハンドルやミラー交換カメラなどの一部の機能は、生産コストを下げるために交換される可能性がある。

トヨタはインテリアの写真やレンダリングを見せなかったが、以前よりも「より広々として実用的」になったと主張している。 新しい C-HR には、デジタル コックピット用のより大きな画面を備えたより多くのテクノロジーが搭載されている。コンセプトの黒い色合いのウィンドウでは内部を見ることができません。

同社は、プラットフォームとパワートレインに関する詳細については、新型「C-HR」はハイブリッドとプラグイン ハイブリッドの形式で利用できる。 これは、「RAV4」と「プリウス」に続く、ヨーロッパでのトヨタの 3 番目の PHEV の提供となる。わずかに大きなカローラ クロスと新型「プリウス」と同様のTNGA-C アーキテクチャの進化に基づいているだろう。自動充電ハイブリッドのセットアップは前者から供給され、PHEV は後者から供給される可能性がある、小型の「C-HR」では出力と航続距離の数値が異なる可能性がある。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 C-HR プロローグ コンセプト PHEVモデルあり 2022年12月5日発表 トヨタは、「C-HR プロローグ コンセプト」を2022年12月5日(現地時間)発表し、2023年に発表、発売する予定の第2世代の 新型「C-HR」の生産バージョンをプレビューして...

C-HRの歴史

トヨタの次世代世界戦略車として、世界100か国で展開されるコンパクトクロスオーバーSUVである。 初代となる現行「C-HR」を2016年12月14日日本仕様を発売。 以降すでに2022年になる現在までフルモデルチェンジが行われていない。7年目~8年目となる2022年~2023年頃にフルモデルチェンジをしておかしくない時期に差し掛かる。

コンセプト
2014年9月22日 パリモーターショー2014に出展

第66回フランクフルトモーターショー 2015出展 。第44回東京モーターショー2015 出展 。第86回ジュネーブ国際モーターショー出展。

1代目
2016年12月14日日本仕様を発売。

2017年8月2日ツートーンのボディカラーを設定。2017年11月2日特別仕様車「LED Edition」を設定。2018年5月7日一部改良。2018年12月3日特別仕様車「Mode-Nero(モード-ネロ)」「Mode-Bruno(モード-ブルーノ)」を発売。2019年10月18日マイナーチェンジ。2020年8月4日 一部改良および特別仕様車「G"Mode-Nero Safety Plus"」、「G-T"Mode-Nero Safety Plus"」を発売。2021年6月4日 特別仕様車「G"Mode-Nero Safety Plus II"」「G-T"Mode-Nero Safety Plus II"」を発売。

トヨタは新型 「C-HR」 ZYX10型を2016年12月14日発売した。新型プリウスに続く共通プラットフォームTNGA(Toyota New Global Architecture)を採用する第2弾モデルとなる。衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備。新型プリウスをベースにした、SUVを開発ハイブリッドモデルと新開発の1.2L直噴ターボが搭載される。トヨタの「C-HR」はマイナーチェンジを行い2019年10月18日に発売した。

新型 C-HR マイナーチェンジについて

初のマイナーチェンジとなる今回はエクステリアとインテリアは変更点がある。フロントバンパー、リアバンパーの形状の変更。ヘッドライドの形状を変更し「LEDヘッドライト」を標準採用。「フロントフォグランプ」を上部に変更した。Gグレード以上からリアウィンカーの形状を変更し「シーケンシャルウインカー(流れるウィンカー)」を採用

エンジンには、カローラスポーツ同様に「1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボ」に「6MT」を組み合わせる。ハイブリッドモデルでは新型プリウス同様に全てのグレードでリチウムイオンバッテリーを採用。更に新グレードとなる「C-HR GR SPORT」 追加する。

インテリアではGグレードにツートンカラーの「オーキッドブラウン(ブラウン系)」を標準カラーに採用。スイッチ類の位置を調節。「メーター、マルチインフォメーションディスプレイ」のデザインを変更。ハリアーやアルファードなどに搭載されている「パノラミックビューモニター」をメーカーオプションに設定。

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」と「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」後退時の死角を検知し、注意を喚起。を新たにオプション設定。 「セーフティ・サポートカーS(ワイド)」(サポカーS〈ワイド〉全車で対象車となる。

ディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。さらに、専用通信機DCMを全車標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。

新型C-HR マイナーチェンジモデル Toyota Safety Senseの主な特長

Toyota Safety Sense 全車標準搭載する。レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。上記の通り、トヨタセーフティセンスPのプリクラッシュブレーキでは、歩行者との相対速度が約30km/h以内の場合に衝突回避を支援し、車両の場合だと10km/h~80km/hの幅広い速度域で作動する。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。また、仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応。

レーンディパーチャーアラート(LDA)(ステアリング制御機能付) カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

オートマチックハイビーム(AHB) カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付) 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。 トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。

トヨタ Toyota Safety Sense 搭載車種まとめ

最新自動車情報
【2024年】Toyota Safety Sense 搭載車種 まとめ| 最新自動車情報 「Toyota Safety Sense」は、トヨタ自動車の予防安全パッケージである。「Toyota Safety Sense C」とその上位版である「Toyota Safety Sense P」そして2018年より2024年現...

予防安全

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ) アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。低速走行時(15km/h以下)に進行方向にある静止物を検知している場合、ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかける。

ドライブスタートコントロール シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与。

ブラインドスポットモニター(BSM) 隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯。

リヤクロストラフィックアラート(RCTA)後退時の死角を検知し、注意を喚起。

新型C-HR マイナーチェンジモデル ボディカラー

モノトーンカラーに新色「エモーショナルレッドII」「オレンジメタリック」「オキサイドブロンズメタリック」を3色、ツートンカラーに新色を4色を加えた。モノトーン8色、2トーン8色の全16色を設定。

新型C-HR マイナーチェンジモデル スペックについて

スペック 新型C-HR
全長 4,385mm
全幅 1,795mm
全高 1,550mm
ホイールベース 2,640mm
エンジン 1.2L 直列4気筒 DOHC
直噴ターボ
1.8L 直列4気筒 DOHC
+モーター(THSⅡ)
最高出力 85kW(116ps)/
5,200-5,600rpm
72kW(98ps)/
5,200rpm
最大トルク 185Nm(18.9kgm)/
1,500-4,000rpm
142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm
モーター最大出力 53kW(72ps)
モーター最大トルク 163Nm(16.6kgm)
トランスミッション Super CVT-i/
6速MT
電気式
無段階変速機
駆動方式 2WD/4WD 2WD
JC08モード燃費 15.2-16.4km/L(2WD)
15.4km/L(4WD)
30.4km/L
WLCTモード燃費 15.4km/L 25.8km/L
価格 2,367,000円〜
2,863,000円
2,730,000円〜
3,095,000円

新型C-HR マイナーチェンジモデル 価格 グレードについて

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動方式 価格(10%)
S-T 1.2L 直列4気筒 DOHC
直噴ターボ
「8NR-FTS」
Super CVT-i 2WD 2,400,000円
6速MT 2,367,000円
Super CVT-i 4WD 2,598,000円
G-T 2WD 2,665,000円
6速MT 2,632,000円
Super CVT-i 4WD 2,863,000円
S-T“GR SPORT” 6速MT 2WD 2,732,000円
S 直列4気筒 1.8L  DOHC
エンジン(2ZR-FXE)+
モーター (THS II) 
電気式
無段階変速機
2WD 2,730,000円
G 2,995,000円
S“GR SPORT” 3,095,000円

C-HR

https://toyota.jp/c-hr/

2023 toyota c-hr

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次