MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ル・ボラン カーズ・ミート 2022 横浜 2022年5月21日~22日 開催 展示車両 レビュー

自動車雑誌「LE VOLANT(ル・ボラン)」がプロデュースするオープンエアのモーターフェス「ル・ボラン カーズ・ミート 2022 横浜」が2022年5月21日~22日開催した。今回訪問したの展示車両をレビューしてみた。

目次

トヨタ 新型 「スープラ」 6速MT仕様 実車初公開

「スープラ」一部改良モデルの6速MT仕様を初公開。2022年夏頃から商談を開始、2022年10月に発売する。ボディカラーは一部改良で追加になる「マットアバランチホワイトメタリック」、グレード「RZ」6速MT仕様。新意匠鍛造19インチホイールを採用。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 GR スープラ 一部改良 「6速MT」追加 特別仕様車「RZ“Matte White Edition”」 2022年10月発売 トヨタは新型「GRスープラ」の一部改良を行い2022年10月に発売する。2022年7月20日から商談を開始する。 【新型 GRスープラ 一部改良 2022年モデル について】 今回は「...

三菱自動車 新型「eK クロス EV」車両展示

軽自動車タイプの電気自動車「eKクロス EV」を新たに設定、2022年夏に発売すると2022年5月20日発表した。SUVテイストの軽自動車であるeKクロスシリーズに新たに設定するEVモデルで、新開発した総電力量20kWhの駆動用バッテリーを搭載。さらに先進の運転支援機能とコネクティッド技術による快適性と利便性を融合させた。大容量の駆動用バッテリーは非常時にも頼もしく、V2L機器を介することで便利な電源として電化製品を使用することができる。

あわせて読みたい
三菱 新型「ekクロス EV」 軽バッテリEV 航続距離最大180km 2022年6月16日発売 三菱は、軽自動車タイプの電気自動車「eKクロス EV」を新たに設定、2022年6月16日発売にすると2022年5月20日発表した。全国の系列販売会社及び楽天市場店で販売を開始。...
あわせて読みたい
三菱 新型 「ekクロス EV」電気自動車 軽EV車 2022年6月16日発売 三菱は、新型 「ekクロス」をベースにした電気自動車(BEV)を2022年6月16日に発売する。2022年1月14日から1月16日まで開催される東京オートサロン2022にて2022年度初頭...
あわせて読みたい
日産 新型「サクラ(SAKURA)」 軽バッテリEV 航続距離最大180km 2022年6月16日発売 日産は、軽自動車のBEV(バッテリ電気自動車)「サクラ(SAKURA)」を2022年6月16日に発売すると2022年5月20日発表した。クリーンエネルギー自動車導入促進補助金(550,...

レクサス 初のバッテリーEVモデル 新型 「RZ450e」車両展示

レクサスは、初のバッテリEV(BEV)専用モデルとなる新型「RZ450e」を2022年4月20日世界初公開。電動化技術がもたらすLEXUSらしいクルマをデザイン、走行性能で体現し、BEVを軸とするブランドへの変革の起点となるモデル。BEV専用プラットフォーム(e-TNGA)採用、バッテリーやモーターの最適配置による理想的な慣性諸元や、軽量かつ高剛性なボディの実現により、車両の基本性能を大幅に進化。フロント出力150kW、リア出力80kWのモーターを搭載した4WDシステムを採用。電動化技術を活用した四輪駆動力システム「DIRECT4」や、ドライバーの意図に忠実な車両コントロールを可能にしたステアリング制御とステアバイワイヤシステム採用。直感的で簡便な操作を実現した「ダイヤル式シフト」をレクサス初採用した。

あわせて読みたい
レクサス 初のバッテリーEVモデル 新型 「RZ450e」2022年4月20日世界初公開 レクサスは、初のバッテリEV(BEV)専用モデルとなる新型「RZ450e」を2022年4月20日世界初公開した。 【レクサス 新型 RZ450e について】 電動化技術がもたらすLEXUSら...
あわせて読みたい
レクサス 新型 BEV車 「RZ」クロスオーバーSUV 「RZ450e」2022年末発売 レクサスは新型BEV車(バッテリー電気自動車)「RZ」を2022年春に発表し2022年末発売する。2021年12月2日に 「LEXUS RZ」 のティザー画像と動画を発表した。「RZ450e」...

ホンダ 6代目 新型 「ステップワゴン」 車両展示

ホンダは「ステップワゴン」のフルモデルチェンジを行い6代目として2022年5月26日発表、2022年5月27日に発売。「#素敵な暮らし」をグランドコンセプトにデザインを刷新。ボディサイズは大きくなり全モデル3ナンバー化、ホンダは「ミニバンを変える、新しい大きさ。」と言っている。全長4,800mm~4,830mm、全幅1,750mm、全高1,840mm~1,845mm、ホイールベース2,890mmとした。「AIR」「SPADA」モデルをラインナップとなる。ハイブリッドモデルではベースモデル「ステップワゴン AIR」グレードにもe:HEV「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD」を採用しミニバンでのNo.1燃費を目指す。インテリアのメーターには新型「アコード」「インサイト」などに採用されている「10.25インチインストルメントクラスター」を採用。センターディスプレイには「11.4インチHonda CONNECT ナビ」を採用。

あわせて読みたい
ホンダ 新型 ステップワゴン フルモデルチェンジ 6代目 「AIR」「SPADA」2022年5月27日発売 ホンダは「ステップワゴン」のフルモデルチェンジを行い6代目として2022年5月26日発表、2022年5月27日に発売。2022年1月7日12時から公開された。 【新型 ステップワゴン...
あわせて読みたい
ホンダ 新型 ステップワゴン フルモデルチェンジ 新旧モデル比較 進化したポイントをまとめてみた ホンダは新型「ステップワゴン」のフルモデルチェンジを行い2022年5月27日に発売する。旧型モデル(旧型)と新型とはどの様な進化を遂げたのか順番に比較してみた。購入...

スバル 新型 ソルテラ 電気自動車 展示車両

スバルは、新型BEV(バッテリ電気自動車)「SOLTERRA(ソルテラ)」の日本仕様車を2022年4月14日発表した。BEV専用プラットフォームとして「トヨタ」とe-Subaru Global Platformを共同開発。 SUBARUが初めてグローバルに展開するBEV車「ソルテラ」。BEVならではの新しい価値や、私たちが長年にわたって大切に培ってきた「安心と愉しさ」というSUBARUならではの価値を詰め込むことで、地球環境に配慮しながらも、これまでのSUBARUのSUVラインナップと同様に安心して使えるクルマに仕上げたという一回の充電で220マイル(354 km)を超える。大容量リチウムイオン電池パック容量71.4kWhを搭載。急速充電技術により、1時間以内にバッテリーを80%まで充電できる。

あわせて読みたい
スバル 新型 ソルテラ 初の電気自動車 BEV車 2022年7月発売 SUBARU(スバル)は初の電気自動車(BEV)「SOLTERRA(ソルテラ)」を2022年7月に発売する。2022年1月14日から1月16日まで開催される東京オートサロン2022にて「SOLTERR...
あわせて読みたい
スバル 新型 ソルテラ 電気自動車 BEV車 日本仕様 価格を2022年4月14日発表 スバルは、新型BEV(バッテリ電気自動車)「SOLTERRA(ソルテラ)」の日本仕様車を2022年4月14日発表した。兄弟車であるトヨタの「bZ4X」と同日となる2022年5月12日より...

https://carsmeet.jp/lvcm2022_yokohama/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次