2022年に発売される新型SUV 注目車種をまとめてみた

2022年は多くの注目車種が発売されるが中でも大きな注目を集めるボディタイプであるSUVモデルをご紹介したいと思います。これからSUVモデルの購入を検討されている方は参考にしていただければ幸いです。

目次

レクサス 新型 LX 600 フルモデルチェンジ

レクサスは新型「LX」のフルモデルチェンジを行い「LX600」を日本にて2022年1月に発売する。2015年12月9日に発売が開始された新型プリウスに採用されていTNGA(Toyota New Global Architecture)GA-Fプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームをベースにラダーフレームを採用することによって、旧型モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。新開発のプラットフォームを採用、プレス成型する世界初の技術「曲線テーラード・ウエルドブランク」を採用、により「約200kgの軽量化」「低重心化」「ボディ剛性がUP」し旧型モデルから大幅な進化を果たす。

あわせて読みたい
レクサス 新型 LX 600 フルモデルチェンジ 300系 日本モデル 2022年1月発売 レクサスは新型「LX」のフルモデルチェンジを行い「LX600」を日本にて2022年1月に発売する。2代目「NX」に続く新世代モデル第2弾として発売される。アラブ首長国連邦及...

レクサス 新型 LBX コンパクトSUV

レクサスは新型コンパクトSUVを導入する。ヨーロッパにて商標申請「LBX」が2020年5月8日に行われている。更に日本の特許庁にも2020年8月3日に商標申請「LBX」が(商願2020-095549)申請された。

Lexus LBX
Lexus LBX 予想CG
あわせて読みたい
レクサス 新型「LBX」 コンパクトSUV GA-Bプラットフォーム採用 2022年発売 レクサスは新型コンパクトSUVを導入する。ヨーロッパにて商標申請「LBX」が2020年5月8日に行われている。更に日本の特許庁にも2020年8月3日に商標申請「LBX」が(商願20...

日産 新型 エクストレイル フルモデルチェンジ

日産は新型エクストレイル (X-TRAIL)のフルモデルチェンジを行い2022年3月に発売する。

Nissan Rogue

エクステリアデザイン変更、前後バンパーデザイン変更。LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)、を装備。e-POWERモデルを追加。更に時期は遅れるがPHEV(プラグインハイブリッドEVシステム)モデルを追加する。

スペック新型エクストレイル
e-POWER
全長4,640mm
全幅1,820mm
全高1,715mm
ホイールベース2,705mm
エンジン1.2L 直3DOHC +モーター 型式:EM57
モーター最高出力100kW(136ps)
モーター最大トルク320Nm(32.6kgm)
最高出力62Kw(84ps)/
6,000rpm
最大トルク103Nm(10.5kgm)/
3,200-5,200rpm
駆動方式2WD
乗車定員
JC08モード燃費23.0km/L
WLCTモード燃費18.0km/L
価格
あわせて読みたい
日産 新型 エクストレイル e-POWER フルモデルチェンジ 日本2022年3月発売 日産は新型「エクストレイル (X-TRAIL)」のフルモデルチェンジを行い日本モデルを2022年3月に発売する。日本モデルでは日産独自のハイブリッドシステム、「e-POWER」...

ホンダ 新型 CR-V フルモデルチェンジ 6代目

ホンダは「CR-V」のフルモデルチェンジを行い6代目を北米にて2022年10月に発売する。日本モデルは2023年頃となりそうだ。海外ではテスト走行を初めておりスパイショットの撮影にも成功している。

あわせて読みたい
ホンダ 新型 CR-V フルモデルチェンジ 6代目 北米 2022年10月発売 ホンダは「CR-V」のフルモデルチェンジを行い6代目を北米にて2022年10月に発売する。日本モデルは2023年頃となりそうだ。海外ではテスト走行を初めておりスパイショット...

スズキ 新型 エスクード 5代目 フルモデルチェンジ

スズキは新型「エスクード」のフルモデルチェンジを行い2021年に発売する。旧型モデルは2015年から販売を開始しており、丸6年でのフルモデルチェンジとなりそうだ。

エスクード
エスクード フルモデルチェンジ 予想CG

旧型モデル(4代目)からキープコンセプトでありながらも、エクステリア、インテリアのデザイン変更を行い、旧型よりも高級感を出すデザインとなる。予防安全装備で「スズキ セーフティ サポート」の「デュアルセンサーブレーキサポート」では旧型よりも多くの機能を搭載する。

エンジンには改良版、新K14D型 Boosterjetエンジン「1.4L 直列4気筒直噴ターボエンジン+モーター」を搭載。新しく開発されたパワートレインは、設計上非常に軽量で、15kg未満の重量アップ。48Vのリチウムイオンバッテリー、スタータージェネレーター(ISG)、および48V-12Vコンバーターで構成されている。

あわせて読みたい
スズキ 新型 エスクード 5代目 フルモデルチェンジ 2022年発売 スズキは新型「エスクード」のフルモデルチェンジを行い2022年に発売する。旧型モデルは2015年から販売を開始しており、丸7年でのフルモデルチェンジとなりそうだ。 【...

レクサス 新型 RX フルモデルチェンジ 5代目

レクサスは「RX」のフルモデルチェンジを行い2022年10月に発売する。旧型のRXは2015年10月22日に発売を開始。2019年8月29日にマイナーチェンジを果たしている。7年目となる2022年頃にフルモデルチェンジを果たす可能性が高そうだ。エクステリアは「デトロイトモーターショー2018」で公開したコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」のデザインをベースにキープコンセプトでありながら、今回はもちろん、TNGA(Toyota New Global Architecture)「GA-Lプラットフォーム」と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、旧型モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し旧型モデルから大幅な進化を果たす。次世代「Lexus Safety System +」を全車標準搭載する。

あわせて読みたい
レクサス 新型 RX フルモデルチェンジ 5代目 2022年10月発売 レクサスは「RX」のフルモデルチェンジを行い2022年10月に発売する。旧型のRXは2015年10月22日に発売を開始。2019年8月29日にマイナーチェンジを果たしている。7年目と...

マツダ 新型 CX-50

マツダは新型「CX-50」を日本では2021年10月頃に発売する。「MAZDA3」「CX-30」に続く新世代商品として発売される。日本の特許庁に「CX-50」を2019年4月15日に商標出願している。登録番号6224174。

「CX-3」「CX-30」同様に新世代商品として初の二桁シリーズとなる「CX-50」は「CX-5」と「CX-8」の中間サイズとなる。ベースは新型「MAZDA3」となる。デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用。 車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用している。エクステリアのデザインはマツダSUVのラインナップにない流行りのクーペフォルムデザインを採用する可能性が高い。

最新自動車情報
マツダ 新型 CX-50 現時点では日本発売予定なし 米国 2022年1月発売 マツダは新型「CX-50」を米国では2022年1月頃に発売する。2021年11月15日(現地時間)に世界初公開された。「MAZDA3」「CX-30」に続く新世代商品として発売される。現時点...

まとめ

2022年に発売が予想される車種をご案内しました。2022年は非常にワクワクする車種が販売を控えています、しかし半導体の影響もあり予定通り販売されるか不安が残ります。影響がなく次々と販売が開始される事を願って待ちたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる