トヨタ 新型 カローラクロス 大型改良 何が変わったのか? 新旧比較 ポイントまとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
COROLLA CROSS 2023

トヨタは新型「カローラクロス」の大型改良を行い2023年10月18日に発売した。一体何が変わるのか、新型と旧型と比較して違いをまとめてみました。最新装備や最新のエンジンを搭載する今回はトヨタとしては”お得な”SUVとなるはずだ!

目次

トヨタ 新型「カローラクロス」一部改良 変更点

  1. エクステリアはブラックルーフ2トーンカラーを設定。新色に「マッシブグレー」を設定。
  2. メーターディスプレイを上級グレードは7インチから12.3インチTFTディスプレイを採用する。
  3. ディスプレイオーディオは大型化。「7インチディスプレイオーディオ」を廃止。「8インチディスプレイオーディオ」と「10.5インチディスプレイオーディオプラス」。車内Wi-Fiを設定。
  4. ナビゲーションシステムを変更。新型「ノア・ヴォクシー」などに採用されている「コネクティッドナビ」に変更される。
  5. 先進機能を付与し機能を向上させた最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載
  6. エンジンラインナップを変更。新たに「直列4気筒 2.0L 直噴 ダイナミックフォースエンジン M20A型」発進用ギヤ付きの「Direct Shift-CVT」を組み合わせる。

トヨタ 新型「カローラクロス」一部改良 パワートレイン変更点

ガソリンエンジン 変更

ガソリンモデルのエンジンは「1.8L 直列4気筒 DOHCエンジン」を廃止。新たに「直列4気筒 2.0L 直噴 ダイナミックフォースエンジン M20A型」発進用ギヤ付きの「Direct Shift-CVT」を組み合わせる。新型エンジンは、高速燃焼技術、可変制御システムの採用のほか、排気・冷却・機械作動時などの様々なエネルギーロスを少なくして熱効率を向上させるとともに高出力を実現。

スペック旧型カローラクロス新型カローラクロス
エンジン1.8L 直列4気筒
DOHCエンジン
2.0L直噴 直列4気筒エンジン
「Dynamic Force Engine」
最高出力103kW (140PS)/
6,200rpm
125kW(170ps)/
6,600rpm
最大トルク172Nm (17.5kgm)/
4,000rpm
202Nm(20.6kgf・m)/
4,900rpm
トランスミッションSuper CVT-iDirect Shift-CVT
駆動方式2WD2WD
WLTCモード
燃費
14.4km/L16.6km/L

ハイブリッドエンジン 変更

第5世代ハイブリッドシステム、改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」にモーターを組み合わせたリダクション機構付きシリーズパラレルハイブリッドを採用。旧型と比べ、フロントモーター リアモーター が大幅に強化されており、フロントのモーターは、最高出力 53kW(72ps) →70kW(95PS)、最大トルク 163Nm(16.6kgm) →185Nm(18.9kgfm)、リアモーターが最高出力 5.3kW(7.2ps) →30kW(41PS)、最大トルク 55Nm(5.6kgm) →84Nm(8.6kgfm)、システム出力90kW(122ps)→103kW(140ps)となる。更にE-Four(4WD)を採用。

スペック旧型カローラクロス
ハイブリッド
新型 カローラクロス
ハイブリッド
エンジン直4 DOHC 1.8L+
モーター(THSⅡ)
直4 DOHC 1.8L+
モーター
(リダクション機構付き
シリーズパラレル
ハイブリッド)
最高出力72kW(98ps)/
5,200rpm
72kW(98ps)/
5,200rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm
142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm
フロントモーター
最大出力
53kW(72ps)70kW(95PS)
フロントモーター
最大トルク
163Nm(16.6kgm)185Nm(18.9kgfm)
リアモーター
最大出力
5.3kW(7.2ps)30kW(41PS)
リアモーター
最大トルク
55Nm(5.6kgm)84Nm(8.6kgfm)
システム出力90kW(122ps)103kW(140ps)
駆動方式2WD
E-Four(4WD)
2WD
E-Four(4WD)
WLTCモード
燃費
26.2km/L(2WD)
24.2km/L(4WD)
26.4km/L(2WD)
24.5km/L(4WD)

トヨタ 新型「カローラクロス」一部改良 インテリア 変更点

メーターは7インチから12.3インチTFTディスプレイを採用し「フル液晶デジタルメーター」となる。「7インチディスプレイオーディオ」を廃止。「8インチディスプレイオーディオ」と「10.5インチディスプレイオーディオプラス」。ナビゲーションシステムを変更。新型「ノア・ヴォクシー」などに採用されている「コネクティッドナビ」AppleCarPlayとAndroidAuto。USB-C充電ポートが追加。メーターデザインを変更。「CD/DVD」デッキを廃止。

スマートフォンを意識したUIではあるが使いやすいとは少し言えない。ナビの最終案内もいいと言えなかった。バージョンアップによる改善を期待したい。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタのクルマは全てフル液晶デジタルメーター搭載車になるかもしれない

トヨタ 新型「カローラクロス」一部改良 安全装備 変更点

検知能力を向上させたシステムセンサーによる機能強化した、次世代の「Toyota Safety Sense」を全車標準搭載。「低速時加速抑制機能」「交差点右折時の対向直進車、歩行者検知」「緊急時操舵回避支援機能」を追加。「ドライバー異常時対応システム」を採用「レーダークルーズコントロール」にカーブ速度抑制機能を追加。

トヨタ 新型「カローラクロス」一部改良 その他 装備 変更点

一部改良により、採用された新しい機能としては、「USB Type-C」「ナノイーX」「デジタルキー」「トヨタチームメイト アドバンスト パーク」を採用。

トヨタ デジタルキーに対応

ヤリスには初めて、Appleまたは Android の携帯電話を使用して車を遠隔でロックまたはロック解除したり、エアコンやハザード ライトを操作したりできるデジタルスマートキーが装備。

月額費用

G-Linkのご契約 基本利用料19,000円(税込)/年 別途契約事務手数料8,148円(税込み)が必要。

※新車購入の場合、初回登録日から3年間は無料で利用が可能。

TOYOTA/LEXUSの共通ID

デジタルキー 専用アプリ 無料

仕組み

デジタルキーアプリを使ってスマホのBluetooth®機能を利用して 「施錠・解錠+エンジン始動」 を行うことがききる機能。 デジタルキーを使用する際には事前に設定で車とのペアリングを行ってから使用します。

注意点

強い電波やノイズの発生する場所の近くにいるときやスマホが、次のような金属製のものに接していたり、覆われたりしているときなどに正常に動作しないことがある。スマホを検知しているドア以外は解錠しません。 スマホの電源が切れてしまっていたらもちろん 「施錠・解錠+エンジン始動」 はできません。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
【2023年】デジタルキー対応車種一覧 スマホがクルマの鍵として使える車はどれかまとめてみた

トヨタチームメイト アドバンスト パーク

駐車したいスペースの横に停車後、アドバンスト パークスイッチを押して駐車位置を確認。その後、開始スイッチを押すと、周囲を監視しながら、ステアリング・アクセル・ブレーキ操作をアシストして駐車を完了させます(シフト操作は手動)。

トヨタ 新型「カローラクロス」一部改良 装備比較

システム装備旧型カローラクロス新型カローラクロス
Toyota
Safety
Sense
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車

昼・夜間歩行者
自転車・自動二輪車
プロアクティブ
ドライビングアシスト
レーンディパーチャー
アラート
(ステアリング
制御機能付)

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報
アダプティブ
ハイビームシステム
レーダークルーズ
コントロール
(全車速追従機能付)
カーブ速度抑制機能
レーント
レーシングアシスト
ロードサインアシスト
ドライバー
異常時対応システム
先行車発進告知
予防
安全
装備
ブラインドスポット
モニター
安心降車アシスト
(SEA)
インテリジェント
クリアランスソナー
ドライブスタート
コントロール
ヒルスタート
アシストコントロール
パノラミックビュー
モニター
Advanced Drive
快適
装備
快適温熱シート
ITS Connect
ヘルプネット
電動パーキングブレーキ
&ホールド
パワーシート
マイコンプリセット
ドライビングポジション
システム
ナビレス
トヨタ ディスプレイ
オーディオ
車載通信機(DCM)
デジタルインナーミラー
デジタルキー

トヨタ 新型「カローラクロス」一部改良 価格 グレード の変更点

グレードはガソリンのグレード「S」を廃止。価格は170,000円~260,000円上昇したが、上記の変更点を考えると決して高いとはいえない。

グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
定員新価格
(10%)
価格
(10%)
G“X”1.8L 直列4気筒
DOHCエンジン
Super CVT-i2WD5名2,184,000円1,999,000円
G2WD2,410,000円2,240,000円
S2WD2,400,000円
Z2WD2,900,000円2,640,000円
HYBRID
G
直列4気筒DOHC 1.8L
+モーター(THSⅡ)
電気式
無段変速機
2WD2,760,000円2,590,000円
4WD
(E-Four)
2,969,000円2,799,000円
HYBRID
S
2WD2,980,000円2,750,000円
4WD
(E-Four)
3,189,000円2,959,000円
HYBRID
Z
2WD3,250,000円2,999,000円
4WD
(E-Four)
3,459,000円3,199,000円

今回の大幅改良について

今回の改良の内容はトヨタの凄さを感じさせる変更点ばかりだ。特に評価されるのが、エンジンラインナップの変更である。筆者も「カローラツーリング」を乗った経験と評価の中でもエンジンラインナップには触れてきているが、「1.8L 直列4気筒 DOHCエンジン」は一つ世代の古いエンジンを採用しており、もちろん仕様上申し分ないができれば最新のエンジン(2.0L直噴 直列4気筒エンジン「Dynamic Force Engine」)を採用してほしいという要望をきちんと叶えてくれている。「カローラツーリング」「カローラクロス」などは荷室が広く多く物を乗せて利用する人もいる車種だけに2.0L NAがあるとより選択肢として幅広くなる。もちろん、トヨタとしてはハイブリッド車という更なる選択肢があるが、コロナによる納期の問題などを考えると国内においてはガソリン車の需要はまだまだあると考えるとあっていい選択肢だと筆者は考える。そして、カローラクロスは次世代の装備を数多く搭載、次世代の「Toyota Safety Sense」を全車標準搭載。「低速時加速抑制機能」「交差点右折時の対向直進車、歩行者検知」「緊急時操舵回避支援機能」を追加。「ドライバー異常時対応システム」を採用「レーダークルーズコントロール」にカーブ速度抑制機能を追加などはユーザーにとってはとても安心できる装備が採用されている。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ついに正式発表 トヨタ「カローラクロス」一部改良 最新のパワートレインや装備を刷新して発売へ

カローラクロス

https://toyota.jp/corollacross/

トヨタ

https://toyota.jp/

COROLLA CROSS 2023

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次