日産 新型「スカイライン」フルモデルチェンジ 14代目 V38型 電気自動車 BEVモデルで歴代最速 2025年発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
Vision Qe

日産はスポーツセダン新型「スカイライン」のフルモデルチェンジ(V38型)を行い2025年頃に発売する。今回はBEV(バッテリー電気自動車)モデルをラインナップすると言われている。現行、「スカイライン(V37型)」を 2014年2月26日から販売しており、丸11年目のフルモデルチェンジとなる。欧米ではインフィニティ(INFINITI)ブランドとして展開するスカイラインは「Infiniti Q50」として販売されている。2023年10月24日に「インフィニティ」の商品ラインアップを電動化していく一環としてEVコンセプトカー「Vision Qe」を公開、これが次期「スカイライン(Infiniti Q50)」と言われている。

目次

日産 新型「スカイライン」フルモデルチェンジ エクステリア について

インフィニティ「Vision Qe」コンセプトを見る限り、流麗で低くワイドなフォルムに、デジタルピアノキーライトと印象的なマシンドフィニッシュのホイールを組み合わせているところが非常に先進的である。

EVコンセプトカー「Vision Qe」

インフィニティ「Vision Qe」コンセプトは、米国のキャントン工場で生産される予定のインフィニティ初となるEVのデザインの方向性を示している。本コンセプトは流麗で低くワイドなフォルムに、デジタルピアノキーライトと印象的なマシンドフィニッシュのホイールを組み合わせている。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
日産 インフィニティ 新型 EVコンセプトカー2台「Vision Qe」と「Vision QXe」を2023年10月25日公開

第46回東京モーターショー2019にて、電気自動車(EV)のコンセプトモデル「NISSAN ARIYA CONCEPT(ニッサン アリア コンセプト)」を世界初公開したが、アリアの場合にはほぼコンセプトモデルと同様のデザインで市販化されており、「スカイライン」も近しいデザインで発売される可能性が高いかもしれない。

日産 新型「スカイライン」フルモデルチェンジ 新開発EV専用プラットフォーム(CMF-EV)を採用

ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の3社アライアンスとして2030年までに15車種以上に採用され、最大で年間150万台の生産を計画する新開発EV専用プラットフォーム「CMF-EVプラットフォーム」を採用、フラットで広々したフロアを実現、従来室内に配置されていた空調ユニットをモータールームに配置、従来のボディサイズでありながら、ワンサイズ大きいセグメントレベルの広い室内空間を確保。また、スリムなデザインのゼログラビティシートや、元々騒音が少ないEVでありながらも遮音材をふんだんに使用、従来にない高い静粛性を実現。

日産 新型「スカイライン」フルモデルチェンジ インテリア について

インテリアは「アリア」に採用された二つ並んだ12.3インチのディスプレイ、木目調のインストルメントパネルには従来のような物理的なスイッチは無く、クルマの電源を入れるとエアコンなどの操作スイッチアイコンが浮かび上がり、単なるタッチセンサーではなく、運転中でも操作感がわかるように振動するハプティクススイッチになっている。

地図や音楽情報などを映すセンターのディスプレイはスワイプ操作が可能で、ナビゲーションのルートなどをメーターディスプレイに表示させるなど、二つのディスプレイもシームレスにつながる。空調やナビゲーションも音声で操作することがで、自然な言葉で操作できるハイブリッド音声認識機能は「ハローニッサン」と呼びかけることでドライバーの操作をサポート。インターネットをつなげることでより自然な言語での音声認識を実現。また「アリア」にはAmazonが提供する音声サービス「Amazon Alexa」搭載、音楽の再生や天気予報の確認、家族や友人との通話、スマートホームデバイスのコントロールなどを音声のみで操作可能。

幅が広いセンターコンソールは、ドライバーのシートポジションに合わせて電動で前後に動かすことが可能。その上には「アドバンスド アンビエント ライティング」が施された新デザインのシフトノブが配置され、センターコンソール内にはQi規格のワイヤレスチャージャーが搭載。

日産 新型「スカイライン」フルモデルチェンジ「プロパイロット3.0」などの先進運転支援システムを採用

日産の先進運転支援システム「プロパイロット3.0」や「プロパイロット リモート パーキング」を搭載。「リーフ」と同じく「プロパイロット パーキング」が搭載。

2019年に自動運転レベル2技術相当の「プロパイロット2.0」を搭載したスカイラインの販売したことから、自動運転レベル3技術相当「プロパイロット3.0」も新型「スカイライン」から導入される可能性が高いだろう。

プロパイロット2.0

「プロパイロット2.0」は、車両に搭載した7個のカメラ、5個のレーダー、12個のソナーで、白線、標識、周辺車両を検知し、更にナビゲーションシステムと3D高精度地図データを使うことで、制限速度をはじめとした道路状況を把握しながら、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、同一車線内でハンズオフ走行を可能とし、安全でスムーズなドライビングを実現。更に、準天頂衛星システムなどからの高精度測位情報を受信し、自車位置をより高精度に把握することが可能。運転支援の状態が直感的に把握できるよう、メーターディスプレイやヘッドアップディスプレイには作動状況がリアルタイムに表示。「アドバンスド アンビエント ライティング」はプロパイロットの動作状況に連動し、通常は白色、ハンズオン時には緑色そしてハンズオフの時には青色に色が変化します。ステアリングコラム上に設置されたドライバーモニターカメラが、ドライバーが前方を注視しているかを確認し、ドライバーが前方を注視していないと判断した際は、警告音で注意を促す。またハンズオフドライブ時に、その状態が継続する場合はハザートと共に速やかに車両を停止。

「プロパイロット パーキング」は駐車可能なスペースを自動で検知、駐車に必要な操作を支援。簡単な3つのステップで前向き駐車、後向き駐車、縦列駐車に対応しドライバーの駐車のストレスを軽減する。そして、車外から操作で駐車する機能「プロパイロット リモート パーキング」を搭載する。

日産 新型「スカイライン」フルモデルチェンジ 新開発 EVパワートレイン 搭載

新開発のEVパワートレインは、アリアに搭載されているモーターやバッテリーを採用する。バッテリー総電力量65kWhの最高出力250kW、最大トルク560Nm、バッテリー総電力量90kWhの最高出力290kW、最大トルク600Nmを採用すれば、先代の「スカイライン」とパワーでは同等、0-100km/h加速においては上回る性能となるだろう。スカイライン歴代最高加速は「スカイライン400R」で0-100km/h加速5.2秒(日産公式)なのでバッテリー総電力量90kWhの最高出力290kWの「アリア」が0-100km/h加速5.1秒なので間違いなく過去最速となりそうだ。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
日産 13代目「スカイライン」ハイブリッド車 オーダー終了

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
日産 新型「スカイライン NISMO」「スカイライン NISMO Limited」を2023年8月8日に発表

まとめ

「スカイライン」のフルモデルチェンジについて考えてきたが、現在、日産は電気自動車のモデルとして、軽自動車「SAKURA」コンパクトカー「リーフ」クロスオーバーSUV「アリア」と残るボディタイプはセダンタイプとなるが、最も歴史と日産にとって大切な車名である「スカイライン」が一番ふさわしいと筆者は考える。更に、市場的にもセダンタイプは人気ではないためこのままガソリンモデルとして「スカイライン」のラインナップが続けば販売力が低迷していくことは間違いない。「スカイライン」復活として14代目はBEV化が期待されるだろう。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
日産 新型「スカイライン NISMO」「スカイライン NISMO Limited」を2023年8月8日に発表

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
日産 新型「スカイライン」一部仕様変更 価格改定 2022年10月末発売

日産 スカイライン

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline.html

日産

https://www.nissan.co.jp/

Vision Qe

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次