トヨタ 新型 ライズ / ロッキー VS クロスビー 徹底比較

新型コンパクトSUV トヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」を2019年11月5日に発売した。同じく5ナンバーサイズ、1.0Lエンジンを搭載しているコンパクトSUVであるスズキ「クロスビー」を徹底比較してみた。

両車共にコンパクトSUVであるがどちらを選べばいいかこれから購入する人は悩むはずだ!果たしてどの様な違いがあるか徹底比較してみた。

目次

新型コンパクトSUV トヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」

C-HR(CHR)の下のクラスとして位置づけられるコンパクトSUVである。 エクステリアは、新型「RAV4」などに採用されるアウトドア思考のデザイン、トヨタSUVの伝統を踏襲した力強く大胆なデザインとなる。プラットフォームはダイハツの「DNGAプラットフォーム」を採用。新型タントに続く「DNGA」第2弾となる。ディスプレイオーディオやカーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「ダイハツコネクト」を採用。エンジンにはエンジンだがトール / トールカスタムに搭載される1.0L 直3気筒ターボエンジンを搭載し新開発トランスミッション「D-CVT」と組み合わせる。

raize

Rocky

トヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」の情報はこちら

ダイハツ 新型 ロッキー コンパクトSUV 2019年11月5日発売

あわせて読みたい
ダイハツ 新型 ロッキー コンパクトSUV 2019年11月5日発売 ダイハツは新型「ロッキー」を2019年11月5日に発売する。 2019年10月23日より開催されている東京モーターショー2019で「新型コンパクトSUV」として世界初公開されている...

トヨタ 新型 ライズ コンパクトSUV 2019年11月5日発売

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ライズ コンパクトSUV 2019年11月5日発売 トヨタは新型コンパクトSUV「ライズ」を2019年11月5日に発売する。ダイハツによって企画・開発から生産までを一括して担い、 トヨタに対して供給するOEM車となっている...

ライズ/ロッキー VS クロスビー について

スズキは新型ハスラーの軽自動車よりも排気量をアップさせた新型クロスビー(XBEE)軽自動車(660cc)よりも排気量をアップさせたモデルで1L 直列3気筒 VVTターボ「BOOSTERJET」とマイルドハイブリッドを搭載することになる。ターボエンジンとマイルドハイブリッドにより動力性能は1.5L 並みに高められている。4WD車には、力強い走りの「スポーツモード」、雪道やアイスバーンでの発進・加速時にタイヤの空転を抑える「スノーモード」の2つのモードを新たに採用。ぬかるみや滑りやすい路面での発進をサポートする「グリップコントロール」、急な坂を下る際に車速を約7km/hに維持する「ヒルディセントコントロール」の2つの機能と合わせて標準装備。

新型クロスビーの情報はこちら

スズキ 新型 クロスビー (XBEE) 5人乗りマイルドハイブリッド採用 2017年12月25日発売

あわせて読みたい
スズキ 新型 クロスビー 5人乗りマイルドハイブリッド採用 2017年12月25日発売 スズキは新型「ハスラー」軽自動車よりも排気量をアップさせた新型「クロスビー(XBEE)」を2017年12月25日に発売した。価格:176万5,800円〜214万5,960円。第45回東京モ...

スズキ 新型 クロスビー 特別専用色「スターシルバーエディション」2019年7月3日発売

あわせて読みたい
スズキ 新型 クロスビー 特別専用色「スターシルバーエディション」2019年7月3日発売 スズキは、新型「クロスビー」に特別専用色「スターシルバーエディション」を設定し2019年7月3日に発売した。 【新型「クロスビー」特別専用色「スターシルバーエディシ...

ライズ/ロッキー VS クロスビー ボディサイズ比較

スペック 新型ライズ
ロッキー
新型クロスビー
全長 3,995mm 3,760mm
全幅 1,695mm 1,670mm
全高 1,620mm 1,705mm
ホイールベース 2,525mm 2,435mm

5ナンバサイズを守っており「クロスビー」は「ライズ」と「ロッキー」比べて一回り小さい。また、車高は「クロスビー」の方が高いので悪走行や狭い道を多く走る方にはおすすめとなるだろう。

ライズ/ロッキー VS クロスビー ターボモデル比較

スペック 新型ライズ
ロッキー
新型クロスビー
エンジン 1.0L 直3気筒
ターボエンジン

1.0L 直列3気筒 
VVTターボエンジン

最高出力 72kW(98ps)/
6,000rpm
73kW(99PS)/
5,500rpm
最大トルク 140Nm(14.3㎏m)/
2,400-4,000rpm

150Nm(15.3kgm)/
1,700〜4,500rpm

モーター
最大出力

2.3kw(3.1ps)/
1,000rpm

モーター
最大トルク

50Nm(5.1kgm)/
100rpm

トランスミッション D-CVT 6速AT
駆動方式 2WD(FF)/4WD 2WD(FF)/4WD
JC08モード燃費 21.2〜23.4km/L 20.6〜22.0km/L
価格(10%) 1,679,000円〜
2,422,200円
1,798,500円〜
2,229,700円

エンジンスペックは排気量の違いもあり最高出力、最大トルクでは「クロスビー」の方が優っているが、車両重量を考えると差は差ほどないだろう。燃費などもほぼ同等と言える。

ライズ/ロッキー VS クロスビー 安全技術 比較

「ライズ」/「ロッキー」の方が安全装備では細かな機能が搭載されている。しかし基本的な衝突軽減ブレーキシステム機能にはそこまで差はないが「ライズ」/「ロッキー」の方がより多く機能を搭載している。

システム 装備 新型ライズ/ロッキー 新型クロスビー
衝突軽減ブレーキシステム
(昼歩行者)

(昼歩行者)
レーンディパーチャーアラート
オートマチックハイビーム
ACC 全車速追従機能付
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
誤発進抑制機能
リヤクロストラフィック
オートブレーキ

アラートのみ
ブラインドスポットモニター
パノラマモニター
レーンキープコントロール
スマートパノラマパーキング
オートブレーキ&ホールド
サイドビューランプ
コネクテッド

トヨタ ディスプレイオーディオ Apple CarPlay や Android Auto 対応

あわせて読みたい
トヨタ ディスプレイオーディオ Apple CarPlay や Android Auto 対応 トヨタは2019年9月17日に発売を開始した新型「カローラ」「カローラツーリング」「カローラスポーツ」から「ディスプレイオーディオ」を標準装備した。2019年10月1日に...

ダイハツ 「ダイハツコネクト」クルマとスマホを連携させるコネクトサービスを提供

あわせて読みたい
ダイハツ 「ダイハツコネクト」クルマとスマホを連携させるコネクトサービスを提供 ダイハツはディスプレイオーディオやカーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「ダイハツコネクト」の提供をタントに続く「DNGA」第2弾より開始する。 【...

トヨタ Toyota Safety Sense 搭載車種まとめ

あわせて読みたい
トヨタ Toyota Safety Sense 搭載車種まとめ Toyota Safety Senseは、トヨタ自動車の予防安全パッケージである。「Toyota Safety Sense C」とその上位版である「Toyota Safety Sense P」そして2018年より「第2世代 ...

ダイハツ スマートアシスト搭載車 まとめ

あわせて読みたい
ダイハツ スマートアシスト搭載車 まとめ スマートアシストは、ダイハツ工業が開発した予防安全機能ある。進化版である「スマートアシストII」「スマートアシストIII」「次世代スマートアシスト」についてまとめ...

クロスビー

あわせて読みたい

ロッキー

あわせて読みたい

ライズ

あわせて読みたい

※最新自動車情報 調べ 

発売前の情報も含まれているため間違えもあります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる