トヨタ 新型 TJクルーザー FJクルーザー後継モデル TNGA採用 2020年発売

Tj_CRUISER トヨタ
Tj CRUISER

トヨタはFJクルーザーの後継モデルとして新型TJクルーザーを2020年に発売する予定だ。2017年5月25日、トヨタは米国特許商標庁に「TJクルーザー」という名前を商標登録した。

2017年4月14日から開催されるニューヨークモーターショー2017にてFT-4Xconceptを初公開した。既に、「Future Toyota 4×4」を意味するFT-4Xを米国で商標登録している。FJクルーザーの後継モデルのコンセプトであるFT-4Xconceptは新型TJクルーザーである。第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて量産モデルに近い「Tj CRUISER」を正式発表した。2018年11月26日〜12月9日に開催されるロサンゼルスモーターショー2018にて「Tj CRUISER」公開した。

Tj CRUISER エクステリア

Tj_CRUISER

Tj CRUISER

Tj_CRUISER

Tj CRUISER

Tj_CRUISER

Tj CRUISER

【東京モーターショー2017】Tj CRUISER

VANのようなユーティリティの高さを感じられるスクエアなキャビンに、SUVらしい大径タイヤによるしっかりとした足回りと、力強いフロントビューを融合。VANとSUVそれぞれの良さを両立させた新ジャンルを表現した。ボンネットとルーフ、フェンダーなどには、無造作に物を置いても傷や汚れがつきにくいケアフリー素材(強化塗装)を採用。

TNGA(Toyota New Global Architecture)

2015年12月9日に発売した4台目の新型プリウスの技術を多数採用する。TNGA(Toyota New Global Architecture)GL-Cと呼ばれる新開発のプラットフォームを基盤としたGA-Cプラットフォームの採用に加え、レーザースクリューウェルディングや構造用接着剤の使用部位拡大と、ドア開口部環状構造の採用により、ボディの高剛性化を実現。新世代エンジン「Dynamic Force Engine」と ハイブリッドシステムは小型化されたTHSⅡを採用する。パワートレーンなど全てにTNGAを導入。

TNGAではパワートレーンユニットとプラットフォームを刷新し、一体的に新開発することにより、クルマの基本性能や商品力を飛躍的に向上させていく。新プラットフォームは、アンダーボディやサスペンションを刷新・新開発するとともに、パワートレーンユニットを低重心・低配置化することで、クラストップレベルの低重心高を実現。低く構えた、かっこいいデザイン、気持ち良いハンドリング、質感の高い乗り心地、安全・安心をお届けする衝突安全性能などに貢献。骨格構造の見直しなどにより、ボディ剛性の向上(従来比30~65%向上)を図るとともに、ボディ接合にレーザー溶接技術を採用することなどでボディ剛性を更に高めていく。エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで、パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。

TNGA

新型 プリウス TNGA(Toyota New Global Architecture)

更にエンブレムやインテリアのメーターパネルを見る限り、ハイブリッド仕様であることがわかる。

新型 TJクルーザー エンジンについて

エンジンには新型カムリと同じ最大熱効率40%以上を実現したエンジン直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン搭載 D-4Sが搭載される。ハイブリッドモデルにもこのエンジンを採用し、より小型・軽量化されたハイブリッドシステム「高性能マルチステージTHSⅡ」を採用し燃費向上を果たす。カムリハイブリッドと同様の2AR-FXE 2.5L 直4 DOHC+モーターを採用しの燃費はJC08モード燃費:24km/Lとなる。今回は全てにおいてカムリベースとなった、更にフルTNGAを採用したことで大きな進化を遂げた。

新型TJクルーザー ガソリン車用

スペックD-4S
エンジン直列4気筒2.5L直噴エンジン
最高出力151kW(205ps)/6,600rpm
最大トルク250Nm(25.3kgm)/5,000rpm
トランスミッションDirect Shift-CVT
駆動方式2WD(FF)/4WD

新型TJクルーザーハイブリッド車用

スペックD-4S +モーター(THSⅡ)
エンジン直列4気筒 2.5L 直噴エンジン+モーター
最高出力131kW(178ps)/5,700rpm
最大トルク221Nm(22.5kgm)/3,600-5,200rpm
モーター最高出力88kw(120ps)
モーター最大トルク202Nm(20.6kgm)
システム最大出力155kw(211ps)
トランスミッション電気式無段変速機
駆動方式2WD/4WD(E-Four)

新型 直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン搭載 D-4S

高速燃焼技術、可変制御システムの採用。世界トップレベル最大熱効率40%(HV専用で41%)を実現する直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S「Dynamic Force Engine」と呼ぶ。同時に、緻密な制御による高レスポンス化と全速度域での高トルク化など、 多くの新技術の採用により全面的に見直し、大幅に進化した。

toyota_new_25L

2.5L 直噴エンジン Dynamic Force Engine

2.5Lエンジン用 トヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)

toyota_THS2

トヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)

4代目プリウスに採用された小型・軽量・低損失化技術を継承し、2.5Lエンジン用ハイブリッドシステムを一新するとともに、高性能マルチステージTHSⅡを新開発した。

2.5LのTHSⅡは、小型・軽量・低損失化技術と、TNGAによる新型エンジンの高い燃焼効率と高出力とのシナジー効果により、優れた動力性能・低燃費を高次元で追求している。

マルチステージTHSⅡは、ハイブリッド車の走りのイメージを一新する高い発進加速性能とダイレクト感溢れる走りを実現。高速走行時のシステム効率の向上に加え、高車速域でもエンジン間欠運転を可能にすることで高速燃費を向上している。

先読みエコドライブ (ハイブリッドシステム)

LEXUS UX250h にも搭載されている先読みエコドライブを搭載。ナビゲーションが減速・停止する地点を予測してアクセルOFF後に効率的にエネルギを回生するよう制御しハイブリッドに充電する。

4WD「Dynamic Torque Vectoring AWD」

トヨタ新型TJクルーザーには新型RAV4などに搭載される、新開発した4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用する。「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は、前後および後輪の左右駆動力を最適に制御する「トルクベクタリング機構」を搭載することで、コーナリングや悪路走行時においても優れた操縦安定性とトラクション性能を発揮。2WD走行時には後輪に動力を伝達する駆動系の回転を停止させて燃費向上を図る「ディスコネクト機構」も搭載。

新型4WDシステム「Dynamic Torque Vectoring AWD(ダイナミックトルクベクタリングAWD)」「新型E-Four」

Tj CRUISER インテリア

Tj_CRUISER

Tj CRUISER

助手席側の前後シートがフルフラットとなり、サーフィンのロングボードなど、約3メートルまでの長尺物の室内への積載が可能。
座席シートの裏側やデッキボードなどに多数の固縛ポイントを設け、小さな荷物から長尺物まで自由に固定可能とした。また、バックドアの開口スペースを広く取ることで、自転車など大きな荷物の出し入れを容易にした。
運転席側の後部座席は、シートクッションを前側に立てることで、買い物袋などの荷物を置けるスペースが出現。
横からの大きな荷物の出し入れや、ファミリーで使っても乗り降りに便利な大開口スライドドアを採用。

サイズTJ CRUISER ボディサイズ
全長4,300mm
全幅1,775mm
全高1,620mm
ホイールベース2,750mm
乗車定員4人

Tj CRUISER 予想スペック

スペック新型 TJクルーザー
全長4,300mm
全幅1,855mm
全高1,620mm
ホイールベース2,750mm
エンジン直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン D-4S 
+モーター(THSⅡ)
直列4気筒2.5L直噴エンジン D-4S
最高出力131kW(178ps)/5,700rpm151kW(205ps)/6,600rpm
最大トルク221Nm(22.5kgm)/3,600-5,200rpm250Nm(25.3kgm)/5,000rpm
モーター最大出力88kw(120ps)
モーター最大トルク202Nm(20.6kgm)
システム出力155kw(211ps)
トランスミッション電気式無段変速機Direct Shift-CVT
バッテリーリチウムイオンバッテリー
駆動方式2WD/4WD(E-Four)2WD(FF)/4WD
乗車定員5名
JC08モード燃費
WLTCモード燃費
価格

FJクルーザーについて

FJ_CRUISER

FJ CRUISER

伝説的なFJ40型「ランドクルーザー」の現代版として発売しているビッグサイズのSUVである。もともとは北米市場専用車種として開発され2006年3月末 から北米で発売開始。
個性的な外観を持つことから日本にも根強いファンがおり、一定の需要が見込めることから2010年12月4日より日本国内でも正規販売された。
シャーシはランドクルーザープラドと共通の構成のラダーフレームを採用。エンジンにはタコマ、4ランナー、プラドと共通のV型6気筒 4.0 Lの1GR-FE型が搭載。乗降用ドアは両側面ともピラーレス(ドアに内蔵)の観音開きを採用。前席のシートベルトも後ろのドアに組み込まれており、後ろのドアのみを開けることはできない構造になっている。価格は300万円台と手ごろである。

2013年11月5日 北米トヨタ、北米仕様の生産終了を発表。
2014年2月の特別仕様車の納車をもって北米での販売が終了。

2016年8月末北米仕様を除く日本向け仕様(各国向け仕様を含む)が全て生産終了とアナウンスされた。
それ以後は各国向け仕様共々、在庫販売分のみの対応となるが、これにより問い合わせが急増
1年あまり生産を延長し2017年8月までとなる。

スペックFJクルーザー
全長4,635mm
全幅1,905mm
全高1,840mm
ホイールベース2,690mm
エンジン4.0L V型6気筒DOHC 1GR-FE
最高出力203kW(276PS)/5,600rpm
最大トルク380N·m(38.8kgf·m)/4,400rpm
トランスミッション5速AT/6速MT
JC08モード燃費8.0km/L

新型FT-4Xについて

トヨタは新型86のコンセプト「FT-86」新型スープラのコンセプト「FT-1」などFuture Toyotaの略であるFTという記号をコンセプトカーに使う。

Toyota-FT-4X

FT-4X concept

Toyota-FT-4X

FT-4X concept ティーザー画像

Designing the Toyota FT-4X Concept | NYIAS 2017 | Toyota
Toyota FT-4X Concept l NYIAS 2017 | Toyota

FT-4Xconceptのコンセプト動画

Toyota-FT-86

FT-86

FT-1

FT-1

海外メディアのAuto Guideが、2016年10月10日付けでトヨタから新たな登録商標「FT-4X」が出願されていると発表した。
FTに続く「4X」という数字から、FJ40系ランドクルーザーを意味し現代版となるFJクルーザーの後継であると推測できる。

新型FT-4X conceptについて

トヨタSUV伝統を引き継ぐ小型サイズのクロスオーバーSUVとし、都市部在住の「ミレニアル世代」
(30代半ばまでの若者世代)をターゲットにしている。

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用
することによって、広い室内空間、低重心化、高いボディ剛性をはかることができる!!

TNGA
TNGA

新型FT-4X concept ボディサイズ

サイズFT-4X concept
全長4,249mm(167.3inch)
全幅1,623mm(63.9inch)
全高1,821mm(71.7inch)
ホイールベース2,639mm(103.9inch)

ニュースリリースより

TOYOTA FT-4Xのデザインテーマは「Rugged Charm(頑丈で魅力的)」。エクステリアでは、「X(エックス)」をモチーフにした特徴的なスタイリングとしつつ、グリルは水平基調を採用してTOYOTAの伝統的なSUVデザインも踏襲。また、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーのプラットフォームを採用し、4WD性能も搭載することで、走る楽しさやタフユース性能も備える。さらにインテリアでは、取り外し可能で外でも使えるオーディオやルームライト、飲料用ボトルとして使えるドアハンドル、センターコンソールに収納して普段はアームレストとして機能する寝袋など、アウトドアシーンで役立つユニークな装備やデザインを数多く採用することで、いつ・どんな場所からでもアウトドアに出かけて、活躍できるクルマを目指した。

Caltyの社長を務めるケビン・ハンター(Kevin Hunter)は「今回、私たちは、クロスオーバー車が都市部や郊外でのアウトドアシーンに付加できる楽しさや新たな価値を追求した。TOYOTA FT-4Xは、スタイリングと機能が融合したクルマであり、思いやりと魅力にあふれた装備を通じて、アウトドアでの楽しさと利便性を提供することができるクルマだ」と語った。また、スタジオ・チーフ・デザイナーのイアン・カルタビアーノ(Ian Cartabiano)は「デジタルなインターフェースが多用される現代でも、メカニカルなデザインや機能の満足感は重要だと考えており、TOYOTA FT-4Xのデザインや装備の多くはその考えをもとに企画した。お客様にはこのクルマと接してワクドキを感じて欲しい」と述べた。

※1 Future Toyota – Four-Wheel Drive Crossoverの意味

仕様などについては今後情報が入り次第お伝え致します。

Auto Guide

http://www.autoguide.com/auto-news/2016/10/new-toyota-ft-4x-trademark-hints-at-possible-fj-cruiser-successor.html

https://www.motor1.com/news/140648/toyota-ft-4x-concept-teaser/

http://www.carscoops.com/2017/04/toyotas-ft-4x-concept-explores-new.html

http://www.carscoops.com/2017/05/toyota-locks-in-tj-cruiser-trademark.html

トヨタニュースリリース

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/16303802/

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/19001195/

トヨタ FJクルーザー

http://toyota.jp/fjcruiser/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019