日本車

2020年 コロナ禍に 廃止された車種たち

GS

2020年は車業界でもコロナウィルスの影響で生産や販売状況に影響が出たその中ひっそりと廃止された車種たちがあるがまとめてみた。また今後、廃止が噂されている車種も合わせてお伝えする。

トヨタ タンク 

トヨタは新型「ルーミー」「タンク」を「bB」「ラクティス」の後継車種として小型トールワゴンを2016年11月9日発売。2018年11月1日に一部改良を行い発売。

TOYOTA_TANK

TOYOTA TANK

トヨタは新型「ルーミー」のマイナーチェンジを行い2020年9月15日発売する。しかし、このマイナーチェンジと同時に「タンク」の名は消え消滅した。

理由はあり、トヨタ店とカローラ店を「ルーミー」としてトヨペット店とネッツ店「タンク」として販売していたが、全国販売チャンネル統合を2020年5月開始する。国内にある6000店舗の販売店で「全車種併売化」実施。当初は2022年~2025年の予定から2020年5月1日に前倒しされることになった。このことから車名を変更して販売する必要がなくなったため人気や販売台数の多い「ルーミー」が残った。

トヨタ 新型 ルーミー / タンク カスタム bBとラクティス後継車種 2016年11月9日発売

トヨタ 新型 ルーミー / タンク カスタム マイナーチェンジ (一部改良) スマートアシストⅢ 採用 2018年11月1日発売

トヨタ 新型 ルーミー / タンク カスタム マイナーチェンジ 次世代スマートアシスト採用 2020年9月15日発売

トヨタ 全国販売チャンネル統合を2020年5月1日開始

レクサス GS シリーズ

2012年1月26日「GS」のフルモデルチェンジ。「GS250」「GS350」は同日発売。「GS450h」は2012年3月19日発売。2013年10月17日一部改良。「GS300h」を追加。2015年11月25日「GS」マイナーチェンジ。2017年8月31日「GS」「GS F」の一部改良を行いに発売。

GS450h_Black Sequence

GS450h_Black Sequence

 

2020年9月7日販売不振を理由に「GS」の販売が終了した。スポーツモデルの「GS F」も含めて販売終了。

レクサス 新型 GS300h ハイブリッド 2013年10月17日発売

LEXUS 新型 GS 一部改良 「ソニックチタニウム」を新たに採用 2014年9月1日発売

レクサス 新型 GS マイナーチェンジ 2015年11月26日 日本発売

レクサス 新型 LEXUS GS マイナーチェンジ 一部改良 日本GS200t追加 2016年9月21日発売

レクサス 新型 GS300 / GS300h / GS450h / GS F 一部改良 2017年8月31日発売

レクサス 新型 GS F 一部改良 ブラインドスポットモニター追加 2018年5月10日発売

レクサス 新型 GS F 一部改良 2019年10月1日発売

レクサス 新型 GS 特別仕様車“Eternal Touring” 2020年6月1日発売 8月で生産終了

ホンダ シビック セダン

ホンダは「シビック」のフルモデルチェンジを行い、「シビック ハッチバック」「シビック セダン」「シビックタイプR」が日本で2017年7月27日に正式発表、9月29日発売する。ホンダは「シビック」シリーズのマイナーチェンジを行い日本では2020年1月10日発表、1月23日に発売する。

Civic Sedan

シビック セダン

2020年8月8日販売不振を理由に「シビックセダン」の販売が終了した。販売開始から僅か2年10ヶ月での販売終了、2020年1月のマイナーチェンジモデルに至っては6ヶ月間の販売であった。

ホンダ 新型 シビック セダン フルモデルチェンジ 日本復活 1.5L直4直噴VTECターボ搭載 2017年7月27日に正式発表、9月29日発売

ホンダ 新型 シビック マイナーチェンジ 2020年1月10日発表 1月23日発売

ホンダ ジェイド

2015年2月13日「ストリーム」の後継として日本市場向け「ジェイド」を発表、発売。後継車種として車名も「ジェイド」と変更して発売をすることになった。デザインはシャープな印象である。「ストリーム」の5ナンバーサイズから3ナンバーに変更。今まで「ストリーム」では7人乗りだったが、「ジェイド」は6人乗りとなる。イメージ的には新型「オデッセイ」がエリシオンと統合され大きくなることになり、それに合わせてストリームも大きくなる。だだし、今回一番の売りは「都市型3列」であること。ストリームの全高1,545mmからジェイドになり全高1,530mmにし立体駐車場は基本セダン車など(多くの立体駐車場の1,550mm以下制限)が止められる限界であるがその選択肢にジェイドを加えることが可能とある。

JADE

HONDA  JADE

ホンダは「ジェイド」のマイナーチェンジを行い2018年5月17日発表、18日に発売する。

honda_JADE

HONDA JADE

2020年7月31日販売不振のため「ジェイド」の販売が終了した。

ホンダ 新型 ジェイド ストリーム後継車種として 1.5L ハイブリッド 2015年2月13日発売

ホンダ 新型 ジェイド RS 1.5L直噴i-VTECターボ搭載 JC08モード燃費18km/L 2015年5月28日発売

ホンダ 新型 ジェイド マイナーチェンジ RS 2列シート5人乗り追加 Honda SENSING標準搭載 2018年5月18日発売

ホンダ グレイス

2014年12月1日にのフルモデルチェンジを行い「グレイス」を発売。ホンダは「グレイス」のマイナーチェンジを行い2017年7月7日に発売する。グレイスに特別仕様車「BLACK STYLE」を追加し2018年12月14日に発売する。

GRACE

GRACE

2020年7月31日販売不振のため「グレイス」の販売が終了した。教習車仕様も含めて販売終了。

ホンダ 新型 グレイス (シティ)ハイブリッドセダンモデル 2014年12月1日発売

ホンダ 新型 グレイス マイナーチェンジ Honda SENSING(ホンダ センシング)搭載 2017年7月7日発売

ホンダ 新型 グレイス 特別仕様車「BLACK STYLE」2018年12月14日発売

ホンダ N-BOX SLASH

2014年12月22日「N-BOX SLASH」発売。2015年12月11日 一部改良。2016年9月15日 一部改良 9月16日発売。2018年1月18日マイナーモデルチェンジ 1月19日発売。2018年7月5日特別仕様車「G・L INDIE ROCK STYLE」を設定2018年7月6日発売。

N-BOX SLASH_COPPER BROWN STYLE

2020年2月「N-BOX SLASH」の販売が終了。 

ホンダ 新型 N-BOX / SLASH (スラッシュ) チョップドルーフ仕様 遊び心満点の車 2014年12月22日発売

ホンダ 新型 N-BOX SLASH 一部改良 インテリアカラーパッケージに「トレッキングスタイル」新設定 2016年9月16日発売

ホンダ 新型 N-BOX スラッシュ マイナーチェンジ インテリアカラーパッケージ「 ダーク スタイル」追加 2018年1月19日発売

ホンダ 新型 N-BOX SLASH 特別仕様車「NOVA COUNTRY STYLE」を設定 2018年12月2日発売

日産 キューブ

2008年11月19日 「キューブ」のフルモデルチェンジを行い11月26日発売。2012年10月30日マイナーチェンジ。2018年4月17日 仕様変更。ステアリング形状の変更。2019年9月2日 2019年12月末をもって生産終了。2020年3月末までに販売終了する。2020年3月31日 販売不振のため「キューブ」販売終了。キューブは3代22年の歴史に幕を閉じた。

日産のラインアップからトールワゴンが消滅となり、市場からも撤退することとなった。

日産 新型 キューブ 特別仕様車「My cube」 2017年5月31日発売

日産 新型 キューブ 日産の創立80周年を記念した特別仕様車を発売

まとめ

2020年の販売終了車種をまとめてみたが、特にセダン車が多く時代背景が色濃く出ている。廃止されたが、海外ではフルモデルチェンジをし販売が続く車種や今後復活する可能性もあるだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-日本車

© 2021 最新自動車情報