トヨタ 新型カローラクロス 12の残念だと思ってしまう点をまとめ

トヨタは新型「カローラクロス」を新たにラインナップし日本にて2021年9月14日発売開始する。「カローラ」をベースにした新たなSUVをラインナップするが今回は残念だなと思ってしまった点を詳しくまとめてみました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。

目次

新型カローラクロス 12の残念だと思ってしまう点

トヨタ ディスプレイオーディオ

「7.0インチまたは9.0インチ ディスプレイオーディオ」を標準装備。「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。

時代の流れですね・・・一言で言えば。携帯電話が「ガラケー」から「スマホ」になる様にナビゲーション市場にも変化の時を迎えたと言うことです。「ナビレス」の選択がないどころか形状が違うため社外ナビを取り付ける「2DINサイズ」すらありません。つまり現在のところ社外ナビの取り付けは不可となります。社外ナビ、「カロッツェリア」「アルパイン」「ケンウッド」を付けたい人(自分も)残念です。

CD /DVDデッキ オプション

上記で説明しているディスプレイオーディオのみの採用なので標準では「CD/DVD」の再生は不可。オプションのCD/DVDデッキとフロントコンソールトレイをセットで付けないと再生ができない。

シートヒーター

運転席と助手席にシートヒーターを採用されているが残念ながらグレード「Z」のみの採用です。つまりシートヒーターが必須な人はグレードは必ず「Z」グレードを選択しなければならないので注意が必要です。

ガソリン車は2WDのみ

「カローラクロス」のガソリン車「1.8L 直列4気筒 DOHCエンジン」モデルには2WDのみのラインナップとなる。これは確かにガソリン車は安くエントリーモデルという位置図ではあるが4WDモデルがないと購入地域によっては必ずハイブリッド車を選択しなければならいないのが非常に残念。

ガソリン車の 1.8L 直列4気筒 DOHCエンジンとSuper CVT-iは古い

1.8L 直列4気筒 DOHCエンジン と Super CVT- は古くから採用されているエンジンとトランスミッションで2021年モデルの最新型のモデルに搭載されているのは少し残念。直列4気筒 2.0L 直噴エンジンD-4S「Dynamic Force Engine」と「Direct Shift-CVT」を是非採用してもらいたかったです。

リアサスペンション トーションビーム式 2WD

ハイブリッドとガソリン 2WDのリアサスペンションには新開発の「トーションビーム式」のリアサスペンションを採用しており「ハリアー」「UX」「NX」や多くの高級車などで採用される「マクファーソントラット式」のリアサスペンションでないところが気にはなるところ、トヨタなので差が出ないような設計がされているはずだが。

ブラインドスポットモニターが全グレードオプション

カローラツーリングやカローラ同様ではあるがブラインドスポットモニターが全グレードオプション扱い。後から付けられないので新車購入時に付けておかないと悔しい思いをする可能性があるので購入時は注意してください。

リアクロストラフィックオートブレーキが装備されていない

ここ最近では「リアクロストラフィックオートブレーキ」がオプション選択が可能な車種がほとんど、「カローラツーリング」「カローラ」ではオプション化されているが現在の「カローラクロス」では選択すらできない。付けられないのは安全装備だけに残念ポイントである。

パノラミックビューモニターがGグレードでは選択できない

エントリーグレードの「G」ではパノラミックビューモニターの選択がありません。付けるのであれば「S」「Z」の選択となる。

パノラマルーフはGグレードで選択できない、開閉も不可

エントリーグレードの「G」では パノラマルーフの 選択がありません。付けるのであれば「S」「Z」の選択となる。 さらに通常とは違い開閉不可なので空気を取り入れたりすることはできない。逆に水漏れの心配が少ないのでプラスにも考えられます。

RAV4 ハイブリッド車と比較して金額差があまりない?

車格の大きい「RAV4」HYBRID X 2WDモデルは3,343,000円である、装備を単純に比較すると そこまで差のない「カローラクロス」 上位グレード「Z」が2,999,000円と約35万円差は値引きや色々考えると多分悩ましいはず。「カローラクロス」を検討する人は「RAV4」も検討すべきです。

あわせて読みたい
トヨタ RAV4 RAV4は、日本でいう「5ナンバーサイズ」に収まるコンパクトなサイズのクロスオーバーSUVであったが、2代目以降3ナンバーサイズとなった。4代目は海外専売車となっていた...

納期が長い

東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足により工場が9日間生産停止となることも影響し納期が長期化する。車業界の話になるが注文したが納車が遅いとどうしても車検が切れるタイミングや売却で手放すタイミングがわからなくなるのでデメリットとなるはずだ。

あわせて読みたい
トヨタ 2021年10月の国内工場稼働 生産ライン稼働停止期間を発表 トヨタ自動車は東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足により10月の国内工場の稼働停止について2021年9月17日公表した。10月分で約33万台(海外...

トヨタ 新型 カローラ クロス SUV比較

トヨタのSUVラインナップでは「カローラクロス」は丁度真ん中付近のボディサイズといっていい。「RAV4」より一回り小さいと思うのが丁度いイメージできるだろう。

メーカー 車種名 全長 全幅 全高 ホイール
ベース
TOYOTA ライズ 3,995mm 1,695mm 1,620mm 2,525mm
ヤリスクロス 4,180mm 1,765mm 1,590mm 2,650mm
C-HR 4,385mm 1,795mm 1,550mm 2,640mm
C-HR 4WD 4,385mm 1,795mm 1,565mm 2,640mm
カローラクロス 4,490mm 1,825mm 1,620mm 2,640mm
RAV4 4,600mm 1,855mm 1,685mm 2,690mm
RAV4 Adventure 4,610mm 1,865mm 1,690mm 2,690mm
ハリアー 4,725mm 1,835mm 1,690mm 2,660mm
ランドクルーザー300 4,990mm 1,980mm 1,880mm 2,850mm
ランドクルーザー
プラド
4,760mm 1,885mm 1,835mm 2,790mm

トヨタ 新型 カローラ クロス 価格グレードについて

ベースグレード「G“X”」は安く設定されているが検討するほどのお得感はなさそうだ。7インチディスプレイオーディオやLEDヘッドランプ、Toyota Safety Senseは全車標準装備。インテリジェントクリアランスソナー(G“X”)以外は標準装備となる。おすすめグレードは「Z」「HYBRID Z」である。予算的な問題もあると思うが後悔しないためにもパワートレーンはハイブリッド「直列4気筒DOHC 1.8L+モーター(THSⅡ)」を筆者としてはおすすめする!

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動
方式
定員 価格
(10%)
G“X” 1.8L 直列4気筒
DOHCエンジン
Super CVT-i 2WD 5名 1,999,000円
G 2WD 2,240,000円
S 2WD 2,400,000円
Z 2WD 2,640,000円
HYBRID
G
直列4気筒DOHC 1.8L
+モーター(THSⅡ)
電気式
無段変速機
2WD 2,590,000円
4WD
(E-Four)
2,799,000円
HYBRID
S
2WD 2,750,000円
4WD
(E-Four)
2,959,000円
HYBRID
Z
2WD 2,999,000円
4WD
(E-Four)
3,199,000円
あわせて読みたい
トヨタ 新型 カローラ クロス クロスオーバーモデル 日本 2021年9月14日発売 トヨタは新型カローラに新型コンパクトSUV「カローラ クロス」をラインナップし日本モデルを2021年9月14日に発売する。各ディーラーでは2021年8月21日より先行予約がス...
あわせて読みたい
トヨタ 新型カローラクロス ハイブリッド か ガソリンどちらを選ぶ? 「S」「G」「Z」おすすめグレードは? トヨタは新型「カローラクロス」を新たにラインナップし日本にて2021年9月14日発売開始する。「カローラクロス」は「カローラ」をベースにした「TNGAプラットフォーム(...
あわせて読みたい
あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる