MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

【2023年】クロスオーバーSUV化 されるクルマたちをまとめてみた

当ページのリンクには広告が含まれています。
2023 new crossover suv

近年、世界的にクロスオーバーSUV車種が人気となり2023年、現時点では日本においても販売台数の上位にクロスオーバーSUV型の車が多くなっている。そして最近では通常の車種をクロスオーバー化させた車種が多く販売されており今後の販売が期待される車種を含めクロスオーバー SUV化された車をまとめてみた。

目次

スバル「レヴォーグ・レイバック」

スバルは「レヴォーグ」をベースにしたクロスオーバーモデル新型「レヴォーグ レイバック(LEVORG LAYBACK)」を2023年9月7日より国内SUBARU販売店にて先行予約を開始する。2023年11月24日に発売する。レヴォーグ レイバック(LEVORG LAYBACK)としてレヴォーグをベースにしたクロスオーバーモデルとなる。トリプルカメラ(ステレオカメラユニット+広角単眼カメラ)を採用「アイサイトX」を全車標準装備。「デジタルマルチビューモニター」を標準装備。SUBARUの豊富なSUVラインアップの中で、唯一無二の存在となるSUVとして、日本市場向けに新たに開発したモデルである。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
2023年9月7日に発表する 「レヴォーグ・レイバック」新たなクロスオーバーモデルをラインアップする

トヨタ 「センチュリー」

トヨタは、新型「センチュリー」を2023年11月に発売する。2023年9月6日13時30分より新車発表会を実施した。次の100年を見据えたセンチュリーとなり、今回はクロスオーバーSUV化を行い、更に通常モデルと「GRMN」の2つの異なる仕様をラインナップする。プラットフォームには初の「TNGA(Toyota New Global Architecture)プラットフォーム」」エンジンは新開発のプラグインハイブリッドシステム“THSⅡ Plug-in”(PHEV)を搭載。3.5L V6エンジン+モーターに無段変速機、ダイレクト4全輪駆動システムを搭載。価格は25,000,000円とした。

トヨタ 「センチュリー」 スペック

スペック新型センチュリー
全長5,205mm
全幅1,990mm
全高1,805mm
ホイールベース2,950mm
エンジン3.5L V6エンジン+モーター
最高出力-kW(-ps)/-rpm
最大トルク-Nm(-kgm)/-rpm
モーター最高出力-kw(-ps)
モーター最大トルクNm(-kgm)
システム最高出力406hp (303kW/412PS)
ミッション電気式無段変速機
駆動方式E-Four Advanced
WLTCモード燃費14.2km/L
価格2,500万円
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ついに 新型「センチュリー」 PHEV クロスオーバー化で2つラインアップ スライドドア採用 2023年9月4日

トヨタ「クラウン クロスオーバー」

トヨタは「クラウン」のフルモデルチェンジを行い16代目を2022年7月15日に発表、2022年9月1日発売する。旧型モデルは2018年6月26日発売を開始しており丸4年でのフルモデルチェンジとなる。今回は新たな挑戦としてSUVクーペスタイルとなる。海外にも販売を拡大、グローバルモデルとして新たに「新世代クラウンシリーズ」として4ボディタイプ「クロスオーバー」「スポーツ」「セダン」「エステート」展開する。

トヨタ 「クラウン クロスオーバー」 スペック について

スペック新型クラウン
2.4 ターボ ハイブリッド
新型クラウン
2.5 ハイブリッド
全長4,930mm4,930mm
全幅1,840mm1,840mm
全高1,540mm1,540mm
ホイールベース2,850mm2,850mm
エンジン直列4気筒 2.4L
直噴ターボエンジン
D-4ST
+モーター
直列4気筒 2.5L
直噴エンジン
D-4S 
+モーター(THSⅡ)
最高出力200kW(272ps)/
6,000rpm
137kW(186ps)/
6,000rpm
最大トルク460Nm(46.9kgm)/
2,000-3,000rpm
219Nm(22.5kgm)/
3,600rpm
フロントモーター
最大出力
61kw(82.9ps)88kW(119ps)
フロントモーター
最大トルク
292Nm(29.8kgm)202Nm
リアモーター
最大出力
59kW(80.2ps)40kW(54.4ps)
リアモーター
最大トルク
169Nm(17.2kgm)121Nm(12.3kgfm)
トランスミッションDirect Shift-6AT電気式無段変速機
バッテリーニッケル水素電池
5Ah
ニッケル水素電池
5Ah
駆動方式4WD
(E-Four Advanced)
4WD
(E-Four)
乗車定員5名5名
車両重量1900-1920kg1750-1790kg
WLTCモード燃費15.7km/L22.4㎞/L
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ 16代目 新型 クラウン フルモデルチェンジ クロスオーバーSUV クーペ スタイル 2022年9月1日発売

トヨタ 「ヤリス クロス」

トヨタは新型「ヤリス」のクロスオーバーモデル「ヤリス クロス」を日本では2020年8月31日に発売した。ベースは新型「ヤリス」である。世界的に人気のクロスオーバーSUV市場に新たにC-HRよりも小さいBセグメントを発売する。

yaris cross
yaris cross

専用のエクステリアデザインを採用。全長4,180mm、全幅1,765mm、全高1,590mm、ホイールベース2,550mmの3ナンバーサイズのSUVとなった。専用の18インチアルミホイールを採用。ヤリスと比べ全長は+240mm、全幅は+70mm、全高は+90mm拡大している。最低地上高は+30mmとした。

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発の「GA-Bプラットフォーム」を採用。新世代「直列3気筒 1.5L 直噴 ダイナミックフォースエンジン M15A型」モデルの新しく小型化されたTHSⅡを採用。E-Four(4WD)モデルも採用。4WD専用リアサスペンションを新開発しダブルウィッシュボーン式。ガソリン車も同様のエンジンに発進用ギヤ付きの「Direct Shift-CVT」を採用する。 先進の予防安全技術、第2世代「 Toyota Safety Sense 」を標準搭載(X“Bパッケージ”を除く)する。

トヨタ 「ヤリス クロス」 スペックについて

車高は通常モデルの新型「ヤリス」と比較して90mmアップさせている。

スペック新型ヤリスクロス
ハイブリッド
新型ヤリスクロス
ガソリン車
全長4,180mm4,180mm
全幅1,765mm1,765mm
全高1,590mm1,590mm
ホイール
ベース
2,650mm2,650mm
エンジン直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
直列3気筒
1.5Lエンジン
M15A-FKS型
最高出力67kW(91ps)/
5,500rpm
88kW(120ps)/
6,600rpm
最大トルク120Nm(12.2kgfm)/
3,800-4,800rpm
145Nm(14.8kgfm)/
4,800-5,200rpm
モーター
最大出力
フロント:59kW(80ps)
リヤ:3.9kW(5.3ps)
モーター
最大
トルク
フロント:141Nm(14.4kgm)
リア:52Nm(5.3kgm)
WLCT
モード燃費
30.8km/L(2WD)
28.7km/L(4WD)
20.2km/L(2WD)
18.5km/L(4WD)
駆動方式2WD/4WD
(E-Four)
2WD/4WD
乗車定員5名5名
駆動方式電気式
無段階変速機
Direct Shift-
CVT
6速MT
価格2,284,000円~
2,815,000円
1,796,000円~
2,441,000円
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ 新型 ヤリス クロス 追加 クロスオーバー スタイル 2020年8月31日発売

トヨタ「カローラ クロス」

トヨタは新型カローラに新型コンパクトSUV「カローラ クロス」をラインナップし日本モデルを2021年9月14日に発売する。

トヨタの「TNGAプラットフォーム(GA-C)」 を採用。日本仕様の専用エクステリアを採用。定評がある4代目「プリウス」から採用された「直4 DOHC 1.8L+ モーター(THSⅡ)」とカローラシリーズで長年採用される「1.8L 直列4気筒DOHCエンジン」+「Super CVT-i」を採用 。最新安全システム「 Toyota Safety Sense 」を全車標準装備。新型トーションビームサスペンションを採用し、直進時の柔軟性とコーナーの鋭さを両立。電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能を採用。ハイブリッド車に、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)と非常時給電モードをオプション設定。

トヨタ 「カローラ クロス」 スペックについて

スペック新型 カローラクロス
全長4,460mm
全幅1,825mm
全高1,620mm
ホイールベース2,640mm
エンジン1.8L直4 DOHC
+モーター(THSⅡ)
最高出力72kW(98ps)/5,200rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
フロントモーター最大出力53kW(72ps)
フロントモーター最大トルク163Nm(16.6kgm)
リアモーター最大出力5.3kW(7.2ps)
リアモーター最大トルク55Nm(5.6kgm)
システム出力90kW(122ps)
トランスミッション無段階変速機
車両重量1,385kg
最小回転半径5.2m
乗車定員5名
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ 新型 カローラ クロス クロスオーバーモデル 2021年9月14日発売

ホンダ 「フィット CROSSTAR」

ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売する。「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用。クロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新設定。

CROSSTAR
CROSSTAR

他グレードより最低地上高を5mm~25mmアップ、全長4,090mm、全幅1,725mmした3ナンバーサイズのクロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新設定

「クロスター」は専用デザインのフロントグリルと前後バンパー、アルミホイールを採用。ドアアウターハンドル、ドアミラーにシルバー塗装、サイドシルガーニッシュはブラックに変更。専用装備のルーフレールも追加。

ホンダ 「フィット CROSSTAR」 スペックについて

スペック新型フィット新型フィット
全長3,990mm(4,090mm)3,990mm(4,090mm)
全幅1,695mm(1,725mm)1,695mm(1,725mm)
全高1,515〜1,565mm(1,545mm)1,515〜1,565mm(1,545mm)
ホイールベース2,530mm2,530mm
エンジン1.3L i-VTECエンジン1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD (e:HEV)
最高出力72kW(98PS)/
6,000rpm
72kW(98PS)/
5,600-6,400rpm
最大トルク118Nm(12.0kgfm)/
5,000rpm
127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
モーター
最高出力
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
モーター
最大トルク
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
トランス
ミッション
CVT電気式
無段階変速機
駆動方式2WD(FF)/
4WD
2WD(FF)/
4WD
乗車定員5名5名
JC08モード燃費24.2km/L(2WD)
 22.0km/L(4WD)
38.6km/L(2WD)
30.8km/L(4WD)
WLTCモード燃費20.2km/L(2WD)
18.2km/L(4WD)
29.4km/L(2WD)
24.0km/L(4WD)
価格1,557,600円〜
2,186,800円
1,997,600円〜
2,536,600円
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売

ホンダ 「フリード CROSSTAR」

ホンダは新型「フリード 」「フリード+(2列シート車) 」マイナーチェンジを行い2019年10月18日に発売した。

FREED CROSSTAR
CROSSTAR

新たにクロスオーバースタイル「CROSSTAR(クロスター)」を新設定する。ワイド感を強調したバンパーでフロントグリルと一体化したデザインに変更、新型インサイト新型フィット新型ヴェゼル同様によりスポーティーな印象となる。クロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新設定。「クロスター」は専用デザインのフロントグリルと前後バンパー、アルミホイールを採用。ドアアウターハンドル、ドアミラーにシルバー塗装、サイドシルガーニッシュはブラックに変更。専用装備のルーフレールも追加。

ホンダ 「フリード CROSSTAR」 スペックについて

スペック新型フリード/
フリード+
ハイブリッド
新型フリード/
フリード+
全長4,265mm4,265mm
全幅1,695mm1,695mm
全高1.710mm(2WD)
1,735mm(4WD)
1.710mm(2WD)
1,735mm(4WD)
ホイールベース2,740mm2,740mm
エンジン直列4気筒1.5L
i-VTEC
+モーター
1.5L直噴DOHC
i-VTEC
エンジン
最高出力110ps/
6,000rpm
131ps/
6,600rpm
最大トルク13.7kgm/
5,000rpm
15.8kgm/
4,600rpm
モーター
最大出力
29.5ps/
1,313~2,000rpm
モーター
最大トルク
16.3kgm/
0~1,313rpm
システム
最大出力
132ps/
6,600rpm
駆動方式2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD
乗車定員6〜7名6〜7名
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
CVT
JC08モード
燃費
26.0km/L(4WD)
27.4〜
28.0km/L(2WD)
17.6km/L(4WD)
19.0km/L(2WD)
WLCTモード
燃費
19.8km/L(4WD)
20.8km/L (2WD)
15.6km/L(4WD)
17.0km/L (2WD)
価格2,561,900円〜
3,040,400円
1,997,600円〜
2,638,900円
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ホンダ 新型 フリード マイナーチェンジ 「クロスター」追加 2019年10月18日発売

三菱 「デリカミニ」

三菱は、軽SUV スーパーハイトワゴン 新型「デリカミニ」を2023年5月25日に発売する。初代「デリカ」の発売から55周年となる2023年に発売する。デリカの名を継承する軽自動車タイプのオールラウンダーミニバン(車高アップ・専用オフロードタイヤ装着)。最新のマイルドハイブリッドを採用。「グリップコントロール」を搭載。安全装備に予防安全技術「e-Assist」更に「MI-PILOT(マイパイロット)システム」を採用。

軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」をベースにしたよりSUVテイストとしたオールラウンダーワゴンである。「デリア D:5」により近いデザインはエクステリアに変更。現在もデザインは近しい部分が多いがより大型グリルや新世代ダイナミックシールドを採用することでイメージを変える。ヘッドライトには半円形のLEDデイライトを内蔵したヘッドライトを組み合わせ。前後バンパーもデリカらしデザインに変更。

新型プラットホームを採用専用オフロードタイヤを採用、車高もアップしSUVらしさを出している。更にマイルドハイブリッド車もラインナップ、路面に応じた走りを実現するフルタイム4WD、滑りやすい道での発進をサポートする、「グリップコントロール」を搭載。急な下り坂もブレーキ制御で安心して走行。ヒルディセントコントロール[HDC]を採用。パッケージ化した「e-Assist」を標準搭載し「衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)」「車線逸脱警報システム(LDW)」「車線逸脱防止支援機能(LDP) 」「踏み間違い衝突防止アシスト」「オートマチックハイビーム(AHB)」更に、「MI-PILOT(マイパイロット)システム」をオプション選択可能。両側パワースライドドアに後部座席の開口幅は650mmもある。ハンズフリーオートスライドドア」を採用。

三菱 「デリカミニ」 スペックについて

スペックデリカミニ
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,790mm
ホイールベース2,495mm
モデルターボ車
エンジン660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
インタークーラーターボ
+モーター
最高出力47kW(64ps)/
5,600rpm
最大トルク100Nm(10.2kgm)/
2,400rpm~4,000rpm
モーター
最高出力
2.0kW(2.7ps)/
1,200rpm
モーター
最大トルク
40Nm(4.1kgm)/
100rpm
トランスミッションCVT
(エクストロニック)
駆動方式4WD
車両重量1000kg〜1100kg
JC08モード燃費21.8km/L〜
23.2km/L 
WLTCモード燃費15.8km/L〜
17.2km/L 
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
大人気 間違いなし!三菱 新型「デリカミニ」 軽SUVハイトワゴン 2023年5月25日発売へ

まとめ

いかがでしょうか?なんと軽自動車から大型車までどれも個性的でかっこいいしかも有名な車種ばかりクロスオーバー化しているのがよくわかりました。もしかしたら、クロスオーバーしか町で見かけなくなる日もくるかもしれません。あまり車に詳しくない人はあれ?同じ車かなときっと勘違いする車種もあるかもしれませんね。

2023 new crossover suv

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次