【2024年】価格の安い軽自動車ランキング トップ10

当ページのリンクには広告が含まれています。
価格の安い軽自動車ランキング

今回は2024年令和6年)時点で最も安い軽自動車をランキング形式でお伝えします。現時点で販売可能なモデルとでお伝えします。普通車と比較して車両本体価格や税金などが安い軽自動車は、はじめて車を買う人や2台目のセカンドカー、中古車ではなくてどうしても新車が欲しい人などが参考に考えて頂ければ幸いです。

目次

2024年に発売されている 価格の安い軽自動車ランキング トップ10

2024年1月現在に販売されている(ダイハツ製はラインナップされている)軽自動車を調査したところ、最安値がダイハツ「ミライース」トヨタの「ピクシス エポック」で860,200円という結果となりました。

各自動車メーカーが独自の技術を採用、車内の広さも普通車に劣らない、更に軽量化とエンジン性能向上により、燃費性能も向上、長く維持することを考えても非常にコスパが良く、非常に魅力的なのは間違いない。

スクロールできます
順位メーカー車名グレード価格
(10%)
1位ダイハツミライースB
(2WD)
860,200円
1位トヨタピクシスエポックB
(2WD)
860,200円
3位スバルプレオプラスF
(2WD)
970,200円
4スズキアルトA
(2WD)
1,064,800円
5位マツダキャロルGL
(2WD)
1,144,000円
6位スズキワゴンRFX
(2WD)
1,296,900円
7位スズキラパンG
(2WD)
1,328,800円
8位ホンダN-WGNG
(2WD)
1,317,800円
9位スズキハスラーHYBRID G
(2WD)
1,387,100円
10位三菱ekワゴンM
(2WD)
1,389,300円
価格の安い軽自動車ランキング トップ10 最新自動車情報

3位までなんと新車で購入しても100万円前後の予算に収まるとても経済的な車です。しかし、こちらのグレードはどちらも安全装備が付いていない。ダイハツ「ミライース」のグレード「B “SA Ⅲ”」926,200円であれいば100万円を切っていながら安全装備も充実しているので価格だけではなく安全性も多少考えることをおすすめした。

軽自動車の魅力

車両価格が安い。(車種によっては車両本体価格が100万円以下。)

リセールバリューが高い。(軽自動車は需要が高く、リセールバリューが高い傾向にあります。)

維持費が安い。(低燃費車種が多く、自動車税なども最安)

運転がしやすい。(軽自動車規格は全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2m以下、排気量660㏄以下、乗車定員4人以下なので普通車に比べ小さく小回りがきくので細い道や運転に不慣れな方でも運転がしやすい。)

自動車税

消費税増税が2019年10月1日から行われ、それに伴い2019年10月には税制改正があり、車の購入時期によって異なる金額が課税されるようになりました。

初回新規登録を受けた自家用の乗用車の自動車税の税率表

排気量税率
660cc10,800円
1,000cc以下25,000円
1,000cc超1,500cc以下30,500円
1,500cc超2,000cc以下36,000円
2,000cc超2,500cc以下43,500円
2,500cc超3,000cc以下50,000円
3,000cc超3,500cc以下57,000円
3,500cc超4,000cc以下65,500円
4,000cc超4,500cc以下75,500円
4,500cc超6,000cc以下87,000円
6,000cc超110,000円

13年超の自家用の乗用車の自動車税の税率表

新規登録から13年経過した車は、自動車税が高くなると聞いたことがある方もいるかもしれません。車の維持にかかる自動車税や車検時に納める自動車重量税は、年式の古い車ほど高くなる。新規登録から13年以上経過した車は、「グリーン化税制による特例税率」により15%の重課がある。

排気量新規等登録から
13年未満
新規等登録から
13年経過
660cc10,800円12,900円
1,000cc以下25,000円33,900円
1,000cc超1,500cc以下30,500円39,600円
1,500cc超2,000cc以下36,000円45,400円
2,000cc超2,500cc以下43,500円51,700円
2,500cc超3,000cc以下50,000円58,600円
3,000cc超3,500cc以下57,000円66,700円
3,500cc超4,000cc以下65,500円76,400円
4,000cc超4,500cc以下75,500円87,900円
4,500cc超6,000cc以下87,000円101,200円
6,000cc超111,000円127,600円
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
【2023年】車の税金種類 自動車税や環境性能割の税額一覧表まとめ

スズキ「アルト」について

スズキは新型「アルト」のフルモデルチェンジを行い2021年12月10日発表、2021年12月22日に発売する。2021年11月25日に「アルト」のティーザーサイトをオープンしている。

ライバル車種である新型ミライースのフルモデルチェンジを2017年5月9日に行い、販売台数も大きく伸びている。スズキもミライースに負けない為にも9代目となりフルモデルチェンジを行う。今回はミライースでも先進の安全技術をレベルアップさせ「スマートアシストⅢ」を搭載。8代目アルトでもレーダーブレーキサポートからレベルアップしアルトのマイナーチェンジ(一部改良)を行い2018年12月13日したモデルから「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載する。9代目は「 デュアルカメラブレーキサポート 」搭載される。「6エアバッグ」を全車に標準装備。全方位モニター用カメラパッケージ (セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車 メーカーオプション) を採用。「ヘッドアップディスプレイ」を採用。安価なモデルが売りのアルトはR06A型エンジンとエネチャージの組み合わせを搭載しているが、新たにラインナップを追加する形でR06D型エンジン+モーターを組み合わせたマイルドハイブリッドモデル「Sエネチャージモデル」を追加する。エクステリアはキープコンセプトで角ばったデザインを継続して採用しボディカラーには「ホワイト2トンルーフ」を採用するなどの変更を行う。

スズキ「アルト」 マイルドハイブリッド Sエネチャージを搭載

新開発「R06D型」エンジン(NA車)と新開発CVTを組み合わせた新しいパワートレインを採用、軽快な走りと低速域から中高速域までの実用的な速度域で優れた燃費性能を実現。スターターモーター機能とモーターアシスト機能を兼ねるモーター機能付発電機(ISG)を用いた簡易型ハイブリッドシステム「S-エネチャージ」を搭載。15〜85km/hの加速時に、減速時に蓄えられた電力をモーターアシストに用いることでエンジン負担を軽減し、加速時の燃料消費を抑制。さらに、スターターモーター機能により静かでスムーズなエンジン再始動を実現するとともに、再アイドリングストップ可能な速度を引き下げてアイドリングストップの頻度を増やしたことで燃費向上に貢献。

スズキ「アルト」スペックについて

スペック新型アルト新型アルト
マイルドハイブリッド
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,525mm
ホイールベース2,460mm
エンジン直3 660cc直3 660cc+モーター
最高出力36kW(49ps)/
6,500rpm
36kW(49ps)/
6,500rpm
最大トルク58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
モーター最高出力1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
モーター最大トルク40Nm(4.1kgm)/
100rpm
ミッションCVTCVT
JC08モード燃費29.4km/L(2WD)
28.7km/L(4WD)
33.1km/L(2WD)
30.2km/L(4WD)
WLTCモード燃費25.2km/L(2WD)
23.5km/L(4WD)
27.7km/L(2WD)
25.7km/L(4WD)

スズキ「アルト」価格グレード について

機種名エンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
A0.66L
DOHC
(エネチャージ)
CVT2WD1,064,800円
4WD1,196,800円
L2WD1,119,800円
4WD1,250,700円
HYBRID S0.66L
DOHC
吸排気VVT
(マイルドハイブリッド)
2WD1,218,800円
4WD1,349,700円
HYBRID X2WD1,380,500円
4WD1,500,400円
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
スズキ 新型「アルト」一部仕様変更 価格改定 2023年12月13日発売

スズキ 「ワゴンR」について

スズキの「ワゴンR」はマイナーチェンジを行い新たなモデル「ワゴンR カスタムZ」を追加し2022年8月30日にて発売。発売から約5年となる「ワゴンR」は一体どんな進化を遂げているのか、今までとは違いが数多くあるのでまとめてみた。

「ワゴンR カスタムZ」を新設定。

ボディカラーに新色を採用する。

最新の「デュアルカメラブレーキサポート」を採用し全車標準装備。

アクティブクルーズコントロール(全車速追走機能付き)を新たに採用。

センターディスプレイには「7インチディスプレイオーディオ」をを採用。

コネクティッドサービス「スズキコネクト」を採用。

マイナーチェンジする「ワゴンR」はエクステリアのデザイン変更(新デザインのグリル、バンパー)、新たに「ワゴンRカスタムZ」を設定。インテリアでは新たに「7インチディスプレイオーディオ」を採用。新サービスSUZUKI connect(スズキコネクト)に対応。安全システムには夜間の歩行者も検知する「 デュアルカメラブレーキサポート 」搭載アクティブクルーズコントロール(ACC)(全車速追走機能付き)」「車線逸脱制御機能を採用。「USB電源ソケット(Type-A/Type-C インパネ2個)」を装備。

スズキ 「ワゴンR」MT価格について

グレードエンジン駆動
方式
トランス
ミッション
価格(10%)
FX0.66L
DOHC
吸排気VVT
2WDCVT1,294,700円
4WDCVT1,417,900円

スズキ 「ワゴンR」 価格 グレードについて

グレードエンジン駆動
方式
トランス
ミッション
価格(10%)
FX0.66L
DOHC
吸排気VVT
2WDCVT1,296,900円
4WDCVT1,420,100円
HYBRID
FX-S
0.66L
DOHC
吸排気VVT
(マイルドハイブリッド)
2WDCVT1,463,000円
4WDCVT1,586,200円

スズキ 「ワゴンR スティングレー」価格 グレードについて

グレードエンジン駆動
方式
トランス
ミッション
価格(10%)
HYBRID
T
0.66L
DOHC
吸気VVTターボ
(マイルドハイブリッド)
2WDCVT1,765,500円
4WD1,888,700円

スズキ 「ワゴンR カスタムZ」 価格 グレードについて

グレードエンジン駆動
方式
トランス
ミッション
価格(10%)
HYBRID
ZX
0.66L
DOHC
吸排気VVT
(マイルドハイブリッド)
2WDCVT1,551,000円
4WD1,674,200円
HYBRID
ZT
0.66L
DOHC
吸気VVTターボ
(マイルドハイブリッド)
2WD1,710,500円
4WD1,833,700円

スズキ「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー 」スペック

スペック新型ワゴンR/
ワゴンR
スティングレー
新型ワゴンR/
ワゴンR
スティングレー
新型ワゴンR
全長3,395mm3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm1,475mm
全高1,680mm1,680mm1,680mm
ホイールベース2,460mm2,460mm2,460mm
エンジン660cc
直列3気筒
ターボエンジン
+ モーター
660cc
直列3気筒
エンジン
+ モーター
660cc
直列3気筒
エンジン
エンジン最高出力47kW(64ps)/
6,000rpm
36kW(49ps)/
6,500rpm
36kW(49ps)/
6,500rpm
エンジン最大トルク98Nm(10.0kgm)/
3,000rpm
58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
モーター最高出力2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
モーター最高トルク50Nm(5.1kgm)/
100rpm
40Nm(4.1kgm)/
100rpm
バッテリーリチュウムイオン
電池
リチュウム
イオン
電池
駆動方式2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD
WLCTモード燃費23.4km/L(2WD)
21.8km/L(4WD)
25.2km/L(2WD)
24.2km/L(4WD)
24.4km/L(2WD)
23.2km/L(4WD)
乗車定員4名4名4名
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
スズキ 新型「ワゴンR」「ワゴンR スティングレー」「ワゴンR カスタムZ」一部仕様変更 2023年10月12日発売

ホンダ 「N-WGN 」「N-WGN カスタム」について

特別仕様車「N-WGN STYLE+ BITTER(スタイルプラス ビター)を追加する。

ボディカラー・インテリアに新色を追加。

グレード編成の見直し。N-WGNカスタムのエントリー「G」グレードを廃止。

Honda SENSINGの新機能となる「急アクセル抑制機能」をホンダ車として初採用

エクステリアでは「N-WGN カスタム」がより存在感を一段と強め、ハイパフォーマンスを予感させるデザインへと進化。ボディカラー・インテリアに新色を追加。シートヒーターを標準装備。先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」には、「急アクセル抑制機能」をホンダ車として初採用。ペダルの踏み間違いや踏みすぎを検知した場合に急加速を抑制し、音とディスプレイ表示で警告する。N-WGN・N-WGNカスタムに新色を追加。

N-BOX誕生10周年を機に、Nシリーズ[N-BOX(エヌボックス)、N-ONE(エヌワン)、N-WGN(エヌワゴン)、N-VAN(エヌバン)]共通の新ブランド「N STYLE+(エヌスタイルプラス)」をスタート。第3弾として特別仕様車「STYLE+ BITTER(スタイルプラス ビター)」を追加する。

ホンダ 「N-WGN 」「N-WGN カスタム」 特別仕様車「STYLE+ BITTER(スタイルプラス ビター)」

特別仕様車「STYLE+ BITTER(スタイルプラス ビター)」 は「N STYLE+」シリーズ第三弾として設定。「STYLE+ BITTER」は、シンプルで親しみやすいN-WGNのデザインはそのままに、よりシックで落ち着いた、大人の世界観を表現。エクステリアはクロームメッキの加飾を施したドアハンドルやリアライセンスガーニッシュ、グレーメタリック&ブラックの専用カラーリングで仕上げたホイールキャップなど、より存在感を増したデザインに進化。チャコールを基調としたインテリアには柔らかく質感の高いレザー調のプライムスムースとトリコット生地のコンビシートを採用し、大人の感性に響く豊かな時間を演出する空間に仕上げている。

ホンダ 「N-WGN 」「N-WGN カスタム」 価格 グレード について

N-WGN

モデルエンジントランス
ミッション
駆動方式価格
G・Honda SENSING660cc 直列3気筒
DOHC エンジン
CVT2WD1,298,000円
4WD1,431,100円
L・Honda SENSING2WD1,399,200円
4WD1,532,300円
助手席回転シート車
Honda SENSING
2WD1,569,700円
4WD1,702,800円
L
特別仕様車STYLE+ BITTER
2WD1,501,200円
4WD1,631,880円

N-WGN カスタム

モデルエンジントランス
ミッション
駆動方式価格
L・Honda SENSING660cc 直列3気筒
DOHC エンジン
CVT2WD1,648,900円
4WD1,782,000円
L・ターボ
Honda SENSING
660cc 直列3気筒
DOHC ターボエンジン
CVT(7スピードモード付き)
+パドルシフト
2WD1,749,000円
4WD1,882,100円

ホンダ 「N-WGN」スペックについて

スペック新型 N-WGN新型 N-WGN
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,675mm〜1,725mm1,675mm〜1,725mm
ホイールベース2,520mm2,520mm
エンジン660cc 直列3気筒
DOHC エンジン
660cc 直列3気筒
DOHC ターボエンジン
最高出力43kW(58PS)/
7300rpm
47kW(64PS)/
6,000rpm
最大トルク65Nm(6.6kgm)/
4,800rpm
104Nm(10.6kgm)/
2,600rpm
トランス
ミッション
CVTCVT
(7スピードモード付き)
+パドルシフト
駆動方式FF / 4WDFF / 4WD
WLCTモード燃費23.2km/L(2WD)
21.2km/L(4WD)
22.0km/L(2WD)
20.4km/L(4WD)
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ホンダ 新型 N-WGN / N-WGN カスタム 一部改良 特別仕様車「STYLE+ BITTER」追加 2022年9月23日発売

価格の安い軽自動車ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次