【2024年】かわいい車 女性におすすめの車種をまとめてみた 普通車編

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024-recommended-cars-for-women

2024年(令和6年)現在、新車購入可能な「女性におすすめのかわいい車」を独断と偏見で紹介します。2024年最近では普通車でも女性をターゲットにした車種が多数販売されている、その中でもおすすめと特徴をまとめてみました。かわいい車にターゲットを絞って、おすすめの車種を紹介する、購入時の参考にしていただければ幸いです。

目次

女性におすすめのクルマは?

女性にとってのおすすめのクルマとはどの様な点があげられるか考えてみました。

1.運転のしやすさ(小回りが利く、視界がいいなど)

運転のしやすさは、車を選ぶ際に重要なポイントの一つです。特に、初心者や女性ドライバーにとっては、小回りが利く、視界が良いなど、運転しやすい車は安心感を与えてくれます。ここでは、運転のしやすさを左右する要素をいくつかピックアップし、それぞれのポイントを詳しく説明します。

小回りの利きやすさ

小回りが利く車は、狭い道でのUターンや駐車などがしやすく、街乗りでの運転が楽になります。

小回りの利きやすさを左右する要素
  • 最小回転半径:車のハンドルを一杯に切った時に、車体中心が描く最小の円の半径。数値が小さいほど小回りが利きます。5m以下だと、コンパクトカーでは小回りがいいと思います。
  • 車体サイズ:全長、全幅、全高が小さいほど、小回りが利きやすくなります。
  • ホイールベース:前輪と後輪の間隔。ホイールベースが短いほど、小回りが利きやすくなります。

視界の良さ

視界が良い車は、周囲の状況を把握しやすく、安全運転につながります。

視界の良さを左右する要素
  • アイポイント:ドライバーの目の位置。アイポイントが高いほど、視界が広くなります。
  • ピラー:車体の骨組み。ピラーが細いほど、死角が小さくなります。
  • ガラスエリア:窓の面積。ガラスエリアが広いほど、視界が広くなります。

2.クルマのボディサイズが大きすぎない。

ボディサイズが大きすぎない車は、小回りが利き、視界が良いので、運転がしやすいというメリットがあります。特に、初心者や女性ドライバーにとっては、狭い道でのUターンや駐車などが楽になり、安心感を与えてくれます。

3.可愛らしい。ファッション的な要素。

車を選ぶ際に、性能や燃費だけでなく、デザインやカラーリングなど、見た目も重要な要素となります。特に、可愛らしい・ファッション的な要素を求める人も増えてきています。

デザイン

  • 丸みを帯びたフォルム:柔らかい印象を与え、可愛らしさを演出します。
  • レトロなデザイン:近年、レトロなデザインが流行しており、おしゃれな雰囲気を演出できます。
  • ツートンカラー:ボディの上下で異なる色を組み合わせることで、個性的な可愛らしさを演出できます。
  • パステルカラー:ピンクやブルーなど、淡い色合いのカラーは、可愛らしい印象を与えます。

インテリア

  • シート素材:ファブリックやベロアなどの柔らかい素材は、可愛らしい印象を与えます。
  • シートカラー:ピンクやベージュなど、淡い色合いのカラーは、可愛らしい印象を与えます。
  • インパネデザイン:丸みを帯びたデザインや、可愛らしいモチーフを取り入れたデザインは、可愛らしさを演出できます。
  • アクセサリー:ステアリングカバーやシフトノブなどのアクセサリーを可愛らしいデザインのものに変えることで、車内を華やかにすることができます。

可愛らしい・ファッション的な車の選び方

  • 自分の好きなデザインやカラーを選ぶ
  • 実際に試乗して、自分に似合う車を確認する
  • 予算やライフスタイルに合った車を選ぶ

4.便利、スライドドアや収納など

スライドドア

スライドドアは、ヒンジドアと比べて開口部が広いため、荷物の積み下ろしや子供の乗り降りがしやすいというメリットがあります。また、狭い駐車場でもドアを開け閉めしやすいので、駐車の際にも便利です。

スライドドアのメリット
  • 荷物の積み下ろしがしやすい
  • 子供の乗り降りがしやすい
  • 狭い駐車場でも駐車しやすい
  • 雨の日でも濡れにくい
  • 車内空間が広々使える
スライドドアのデメリット
  • ヒンジドアよりも重たい
  • 開閉に時間がかかる
  • 車両価格が高くなる
  • 電動式の場合、故障リスクがある

収納

車は、荷物をたくさん載せることができる収納スペースが充実していることも重要です。

5.安全性

車に乗る場合、安全性が最も重要です。チャイルドシートがしっかり取り付けられる車を選びましょう。また、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などの安全装備が充実している車を選ぶと安心です。

  • 安全装備が充実している車を選ぶ
  • チャイルドシートがしっかり取り付けられる車を選ぶ

上記の点を重視されている車種をメインに選んでいます。

【2024年】かわいい車 女性におすすめの車種 普通自動車 5選

メーカー車種
トヨタアクア
トヨタシエンタ
日産ノート
ホンダフィット
フォルクスワーゲンポロ

これらの車は、デザイン、性能、価格のバランスが良く、女性に人気があります。

トヨタ アクア

TNGA(Toyota New Global Architecture)新開発「GA-Bプラットフォーム」を採用。

ハイブリッド専用車種 新世代「直列3気筒 1.5L 直噴 ダイナミックフォースエンジン M15A型」小型化された「THSⅡ」を採用。4WD(E-Four)を新たに設定。

バイポーラニッケル水素バッテリーを世界初採用。

「快感ペダル」をトヨタ初採用。

先進の予防安全技術、第2世代「 Toyota Safety Sense 」を搭載する。

7インチOR10.5インチのディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。

最大で一般家庭約5日分の電力供給可能な外部給電機能を標準装備。

新型アクアと新型ヤリスはサイズとしてはほぼ変化はなし。ヤリスとなりホイールベースは50mm延長し15mm 低重心化により室内空間をアップや乗り心地の向上。新型アクアもボディサイズはそのままにホイールベースを従来型に対し50mm延長。最小回転半径5.1m。

スペック新型アクア新型ヤリス
全長4,050mm3,940mm
全幅1,695mm1,695mm
全高1,485mm(2WD)
1,505mm(4WD)
1,500mm(2WD)
1,515mm(4WD)
ホイールベース2,600mm2,550mm

更にボディにプレスラインがより細かく入っており躍動感と高級感を新型アクアで感じられる。インテリアは「アクア」に比べ「ヤリス」の方が質感や高級感をアップ。「ソフトインパネ」、「本革巻きステアリングホイール」、「ヘッドアップディスプレイ」などを上級グレードには採用される。

スペック新型アクア
全長4,050mm
全幅1,695mm
全高1,485mm(2WD)
1,505mm(4WD)
ホイール
ベース
2,600mm
タイプハイブリッド
エンジン直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
最高出力67kW(91ps)/
5500rpm
最大トルク120Nm(12.2kgfm)/
3800-4800rpm
モーター
最大出力
フロント:59kW(80ps)
リヤ:3.9kW(5.3ps)
モーター
最大
トルク
フロント:141Nm(14.4kgm)
リア:52Nm(5.3kgm)
WLCT
モード燃費
35.8~34.6km/L(2WD)
30.1~30.0km/L(4WD)
駆動方式2WD/4WD
乗車定員5名
最小
回転半径
4.8m~5.1m
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
価格1,980,000円~
2,598,000円
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ 新型 アクア フルモデルチェンジ 2代目 TNGA採用 2021年7月19日発売

ここをクリックすると元に戻ります。

トヨタ シエンタ

トヨタは、コンパクトサイズのミニバン「シエンタ」をフルモデルチェンジして2022年8月23日発売した。数多くの大幅進化を果たしているが価格は195万円~とかなり戦略的な価格設定をおこなっている。

新型 シエンタ フルモデルチェンジ ポイント

新型シエンタの開発において「扱いやすい5ナンバーサイズ」「最新の安全・安心装備」「低燃費」「お求めやすい価格」という魅力はそのままに、初代からの「使い勝手の良い室内空間」を一層磨き上げるとした。

型モデルよりも広い室内空間を得る。 高い空力性能を実現、新開発のプラットフォームを採用により「軽量化」「低重心化」「30%以上 ボディ剛性がUP」し旧型モデルから大幅な進化を果たす。足回りには「マクファーソンストラット式フロントサスペンション」「トーションビーム式コイルスプリングリヤサスペンション」を採用。最小回転半径を5.0mとし、狭い道や駐車場などでのスムーズな取り回しを実現した。

今回のモデルで全く違った車に進化を遂げることは間違ない。より多く防音材やボディ合成がアップすることで乗り味が変わる。5ナンバーサイズとしながらも広い室内空間となり内装周りも旧型よりも豪華な仕様となった。

日常生活での取り回しを重視し扱いやすい5ナンバーサイズはそのままに、全高を先代モデルよりも20mmアップし330mmと低いフロア地上高、パワースライドドア開口部の高さを1200mmに広げ従来型比++60mmとすることで乗り降りをしやすくした。段差のないフラットなフロアを踏襲しつつ、、後席への優れた乗降性を実現。

バックドア開口部の高さを15mm(従来型比)拡大。荷室高も20mm(従来型比)高くしたことで、よりスムーズな荷物の出し入れを実現。

室内空間が広い

コンパクトミニバントップレベルの前後席間距離を確保することで、大きめの買い物カゴを置けるほどの広いスペースを実現。室内高1,300mmと頭上スペースにもゆとりがあるので、開放感のある空間となっている。

車内での移動のしやすさに配慮し、1列目と2列目間など、車内での移動のしやすさに配慮。後席用サンシェード/セラミックドット(スライドドアガラス)(Zグレードに標準装備)

インテリアは最新装備充実

インテリアはメーターには「オプティトロンメーター+大型7.0インチTFTマルチインフォメーションディスプレイ(Zグレードに標準装備)」または「アナログメーター+4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ(G.Xに標準装備)」を中央に配置した。前席は8インチまたは10.5インチディスプレイオーディオ、T-Connect SDナビゲーションシステムを採用。CarPlayやAndroidAutoに対応の「ディスプレイオーディオ」を装備。DCM車載通信機を標準装備、コネクティッドサービスを基本利用料5年間無料。「ナノイーX(メーカーオプション)」を採用。「ナノイー」の10倍の量のOHラジカルを含む微粒子イオンを運転席側の吹き出し口から出てくる。ステアリングホイールやインパネ周りのスイッチ類の配置は非常に素晴らしく使い勝手がよさそうだ。

TNGA(Toyota New Global Architecture)採用による進化

2015年12月9日に発売が開始された新型「プリウス」に採用されたTNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発の「GA-Bプラットフォーム」を採用することによって、旧型モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。 高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し旧型モデルから大幅な進化を果たす。

TNGA(Toyota New Global Architecture)」「GA-Bプラットフォーム」採用。

新世代「直列3気筒 1.5L 直噴 ダイナミックフォースエンジン M15A型」に新しい小型化されたTHSⅡを採用。発進用ギヤ付きのDirect Shift-CVTを組み合わせる。

ハイブリッドモデルにはE-Four(4WD)モデルも採用。4WD専用リアサスペンションを新開発しダブルウィッシュボーン式を採用する。ガソリン4WDモデルを廃止する。

先進の予防安全技術、第2世代「 Toyota Safety Sense 」を搭載する。

8インチOR10.5インチのディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。

最大で一般家庭約5.5日分の電力供給可能な外部給電機能を採用(ハイブリッド車にオプション)。

新型 シエンタ スペックについて

スペック新型シエンタ
ハイブリッド
新型シエンタ
ガソリン
全長4,280mm
全幅1,695mm
全高1,695mm(2WD)
1,715mm(4WD)
ホイール
ベース
2,750mm
エンジン直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
直列3気筒
1.5Lエンジン
M15A-FKS型
最高出力67kW(91ps)/
5500rpm
88kW(120ps)/
6600rpm
最大トルク120Nm(12.2kgfm)/
3800-4800rpm
145Nm(14.8kgfm)/
4,800-5,200rpm
モーター
最大出力
フロント:59kW(80ps)
リヤ:2.2kW(3.0ps)
モーター
最大
トルク
フロント:141Nm(14.4kgm)
リア:44Nm(4.5kgm)
WLCT
モード燃費
28.2~28.8km/L(2WD)
25.3km/L(4WD)
18.3km/L
駆動方式2WD/4WD
(E-Four)
2WD
乗車定員5名・7名5名・7名
最小
回転半径
5.0m
駆動方式電気式
無段階変速機
Direct Shift-
CVT
価格2,380,000円~
3,108,000円
1,950,000円~
2,560,000円
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
大幅進化でも価格は200万円以下スタート「シエンタ」フルモデルチェンジ

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
フルモデルチェンジする新型「シエンタ」は他社を大幅に引き離す進化を遂げる 2022年8月23日発売

ここをクリックすると元に戻ります。

日産 ノート / ノートe-POWER

フロントグリルと一体化した薄型のヘッドランプ、そこにつながる新型のVモーションクローム、フロントからリアまで一本の線でつながるキャラクターライン。

プラットフォームを新設計。

インテリアデザインは、コンパクトカーの常識を覆す先進的で快適な空間を実現。インストルメントパネルにセンターディスプレイと一体化したメーターを装備。電制シフトレバーが乗るブリッジ型のセンターコンソールには、大型の収納スペースやロングリーチのアームレストを装備。

パワーアップした第2世代の「e-POWER」を初搭載。

運転支援技術「プロパイロット」は、日産初となるナビリンク機能を備えています。さらに、全方位の「360°セーフティサポート」などの先進安全技術も充実。

旧型ノートは2012年から販売を開始しており、丸8年でのフルモデルチェンジとなる。大型「Vモーショングリル」を採用。4眼オートレベライザー付きLEDヘッドライト&LEDシグネチャーポジションランプを採用。全方位の「360°セーフティサポート」更に自動運転技術「プロパイロット(オプション)」を採用。第2世代へと進化したe-POWERはモーター出力とトルクを向上させよりパワフルな走りを実現、モーターは「EM47」型を採用、最高出力85kW(116PS)/2900-10341rpm、最大トルク280Nm(28.6kgfm)/0-2900rpmを発生と、出力で約6%、トルクで約10%高めた。更に効率的な発電を行い燃費向上を果たす。「電動パーキングブレーキ&ホールド」を採用。

新型 ノート スペックについて

スペックノート
X
ノート
X FOUR
全長4,045mm4,045mm
全幅1,695mm1,695mm
全高1,505mm1,505mm
ホイールベース2,580mm2,580mm
エンジン直列3気筒
1.2Lエンジン
「HR12DE」型
+モーター
「EM47」型
直列3気筒
1.2Lエンジン
「HR12DE」型
+モーター
「EM47」型
+モーター
「EM48」型
最高出力60kW(82PS)/
6,000rpm
60kW(82PS)/
6,000rpm
最大トルク103Nm(10.5kgm)/
4,800rpm
103Nm(10.5kgm)/
4,800rpm
モーター
最大出力
85kW(116PS)/
2,900-10,341rpm
85kW(116PS)/
2,900-10,341rpm
モーター
最大トルク
280Nm(28.6kgfm)/
0-2,900rpm
280Nm(28.6kgfm)/
0-2,900rpm
リアモーター
最高出力
50kW(68PS)/
4,775-10,024rpm
リアモーター
最大トルク
100Nm(10.2kgm)/
0-4,775rpm
トランス
ミッション
エクストロニック
CVT
(無段変速機)
エクストロニック
CVT
(無段変速機)
バッテリーリチウムイオン
バッテリー
(1.57 kWh)
リチウムイオン
バッテリー
(1.57 kWh)
最小回転半径4.9m4.9m
乗車定員5名5名
駆動方式2WD(FF)4WD
WLTCモード
燃費
28.4km/L~
29.5km/L
23.8km/L
価格2,299,000円2,580,600
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
正式発表 日産 新型「ノート」マイナーチェンジ 2023年12月11日発表 2024年1月下旬より発売

ここをクリックすると元に戻ります。

ホンダ フィット

ホンダの「フィット」は2022年10月7日にマイナーチェンジを行い日本にて発売する。

エクステリアデザインを変更。

スポーツグレード「RS」を設定。

ボディカラーに新色を追加。

1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジンに変更

予防安全性能にトラフィックジャムアシストを採用

現在は「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「NESS(ネス)」「LUXE(リュクス)」「CROSSTAR(クロスター)」と異なる5タイプを採用。今回の一部改良により「NESS(ネス)」を廃止。先代モデルでラインナップされていた新グレード「RS」を追加ラインナップ。「RS」はスポーツグレードとなるがバンパーデザインは通常モデルよりもスタイリッシュなデザインを採用し印象を変える。

更にボディカラーに新色を追加ラインナップする。2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」は、モーター出力のアップとともに、アクセルの応答性も向上し、よりパワフルな走りを提供。エンジンライナップを変更。1.3L DOHC i-VTEC エンジンを1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジンに変更し快適性と燃費を兼ね備える。

進化した安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備。従来の機能に加えて、トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)、急アクセル抑制機能が新たに標準設定されました。またブラインドスポットインフォメーション、後退出庫サポートも新たに追加、タイプ別設定とした。

1.3L DOHC i-VTEC エンジンを1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジンに変更したことで最高出力と最大トルクがアップしたことでより快適な走りが可能となった。

スペックフィットフィット
e:HEV
全長3,990mm
(4,090mm)
3,990mm
(4,090mm)
全幅1,695mm
(1,725mm)
1,695mm
(1,725mm)
全高1,515〜1,565mm
(1,545mm)
1,515〜1,565mm
(1,545mm)
ホイールベース2,530mm2,530mm
エンジン1.5L i-VTECエンジン1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD (e:HEV)
最高出力96kW (131PS)/
6,600rpm
72kW(98PS)/
5,600-6,400rpm
最大トルク155Nm (15.8kgfm)/
4,600rpm
127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
モーター
最高出力
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
モーター
最大トルク
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
トランス
ミッション
CVT電気式
無段階変速機
駆動方式2WD(FF)/
4WD
2WD(FF)/
4WD
乗車定員5名5名
最小回転半径4.9m~5.9m4.9m~5.9m
WLTC
モード燃費
20.2km/L(2WD)
18.2km/L(4WD)
29.4km/L(2WD)
24.0km/L(4WD)
価格
(10%)
1,655,500円~
2,392,500円
2,069,100円~
2,748,900円
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ホンダ 新型「フィット」の「HOME」に特別仕様車「BLACK STYLE」新設定 2023年12月22日発売

ここをクリックすると元に戻ります。

フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲンは、コンパクトハッチバック「ポロ」のマイナーチェンジを行い日本モデルを2022年6月23日発売した。新型「Polo」マイナーチェンジにより、エクステリアデザインの刷新、先代より10~25mm 伸び、全長4,085mmを実現(先代同様、全幅1,750mm、全高1,450mm およびホイールベース 2,550mm )。 新たなデザインのフロントバンパーとリヤバンパーにより、力強くスポーティな印象した。フロントは、ラジエーターグリルと LED ヘッドライトの組み合わせが新型「Polo」の顔を構成LED マトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”の採用により、LEDヘッドライトとデイタイムランニングライトそれぞれの LED ストリップがヘッドライトの下縁に沿って縁取られることでユニークなシグネチャーを形成。2本のLEDストリップのうち上部の長いストリップは、今回新型「Polo」に初採用となったラジエーターグリルのLEDクロスバーとリヤは、立体的な新デザインのLEDテールランプを採用。

ダイナミックターンインジケーターと合わさって、右左折時の被視認性向上にも寄与。快適装備は、9.2インチの大型モニターを搭載したVolkswagen純正インフォテイメントシステム”Discover Pro“を採用、デジタルメータークラスターやタッチコントロール式エアコンディショナーパネルを採用。

スペック新型ポロ
全長4,085mm
全幅1,750mm
全高1,450mm
ホイールベース2,550mm
エンジン直列3気筒DOHC
1.0L ターボエンジン
最高出力70kW(95PS)/
5,000-5,500rpm
最大トルク175Nm(17.9kgm)/
2,000-3,500rpm
トランスミッション7速デュアルクラッチ
”DSG”
乗車定員5名
最小回転半径5.1m
WLTCモード燃費17.1km/L
価格(10%)2,739,000円 〜
3,683,000円
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
フォルクスワーゲン 新型 ポロ マイナーチェンジ 日本モデル 2022年6月23日発売

ここをクリックすると元に戻ります。

結論

かわいい車は、見た目だけでなく、使いやすさや燃費性能なども考慮して選ぶことが大切です。自分の予算や好みに合った車を選ぶことで、運転するたびに気分が上がります。ぜひ、試乗などを通して、自分にぴったりのかわいい車を見つけてください。

2024-recommended-cars-for-women

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次