2021年 おすすめ車種 まとめ 各社次々と投入するぞ!

2020年は各メーカーで力の入った新型車種を次々と投入する予定だ。その中でもおすすめできる車種とスペック、ポイントをまとめてみました。

目次

ホンダ 新型ヴェゼル フルモデルチェンジ

VEZEL

Honda独自のM・M思想に基づく、「センタータンクレイアウト」を先代モデルから踏襲。エクステリアは新たな時代のVEZELをゼロから考え直し、SUVの力強さとクリーンさ活力に満ちた印象を加えるクーペライクなプロポーション。インテリアは全体の印象として、しっかり芯の通った「かたまり感」のあるソリッドなフォルム全席で爽快な視界を提供するため「スリーク&ロングキャビン」を採用。ハイブリッドモデルにはHondaの2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」を搭載。

新型ヴェゼル スペック

スペック 新型ヴェゼル
全長 4,340mm
全幅 1,790mm
全高 1,590mm
ホイールベース 2,610mm
エンジン 1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD
(e:HEV)
1.5L直4直噴DOHC
エンジン
最高出力 72kW(98PS)/
5,600-6,400rpm
96kW (131PS)/
6,600rpm
最大トルク 127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
155Nm (15.8kgfm)/
4,600rpm
モーター
最高出力
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
モーター
最大トルク
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
トランスミッション 電気式
無段階変速機
CVT
WLTCモード燃費 24.8km/L(2WD)
22.0km/L(4WD)
17.0km/L(2WD)
15.6km/L(4WD)
駆動方式 2WD(FF)/4WD
あわせて読みたい
ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2021年4月23日発売 ホンダはヴェゼルのフルモデルチェンジを行い2021年4月22日発表に4月23日発売する。2021年2月18日にデザインを公開すると2021年1月18日に発表した。合わせてティーザー...

トヨタ 新型 アクア フルモデルチェンジ

トヨタは新型「アクア」のフルモデルチェンジを行い2021年7月19日発売する。TNGA(Toyota New Global Architecture)新開発「GA-Bプラットフォーム」を採用。ハイブリッド専用車種 新世代「直列3気筒 1.5L 直噴 ダイナミックフォースエンジン M15A型」小型化された「THSⅡ」を採用。4WD(E-Four)を新たに設定。バイポーラニッケル水素バッテリーを世界初採用。「快感ペダル」をトヨタ初採用。先進の予防安全技術、第2世代「 Toyota Safety Sense 」を搭載する。7インチOR10.5インチのディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。最大で一般家庭約5日分の電力供給可能な外部給電機能を標準装備。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 アクア フルモデルチェンジ 2代目 TNGA採用 2021年7月19日発売 トヨタは新型「アクア」のフルモデルチェンジを行い2021年7月19日発売した。アクアは2011年12月26日に正式発表し発売が開始された日本の人気車種である。発売から約10年...

レクサス 新型 NX フルモデルチェンジ

レクサスはクロスオーバーSUV「NX」のフルモデルチェンジを行い日本では2021年10月7日に発売する。

エクステリアは。次世代LEXUSのデザインランゲージ確立に向けた挑戦として、運動性能や機能に寄与するプロポーションに根差した“独自性”と、テクノロジーに根差した“シンプリシティ”の追求を目指した。新開発の小型軽量ランプユニットを搭載した薄型のヘッドランプの採用、DRL(デイタイムランニングライト)。初代モデルは独立していたのに対して今回はフロントライト内に組み込まれた。Lシェイプ一文字シグネチャーランプ、縦型のメッシュをもったスピンドルグリル、立体的なバンパーガーニッシュを採用。

インテリアは、専用通信機DCMを全車に標準搭載。DCMによる無線通信でソフトウェアの更新が可能となるOTAソフトウェアアップデート機能を採用。フルデジタルメーター「9インチor14インチ大型ワイドタッチスクリーンナビゲーションシステム」を搭載。「SmartDeviceLink「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用。「デジタルインナーミラー」やセンターコンソールに使い勝手のいいデザインを採用。Webサイト(ニュースやブログ、ストリーミング音楽、YouTube動画など)を閲覧することができるWebブラウザー機能を新たに設定。「電動パーキングブレーキ&ホールド」を採用。「“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム」を採用。スイッチ操作でアレンジできるセカンドパワーシート(電動リクライニング&電動格納機能付)。ラゲッジ容量は後席使用時520L、倒した状態では1,411Lとなる。

あわせて読みたい
レクサス 新型 NX フルモデルチェンジ 2代目 2021年10月7日発売 レクサスはクロスオーバーSUV「NX」のフルモデルチェンジを行い日本では2021年10月7日に発売する。2021年6月12日(土)午後12時にオンラインで発表した。先行商談は2021...

トヨタ 新型 カローラ クロス クロスオーバーモデル

トヨタは新型カローラに新型コンパクトSUV「カローラ クロス」をラインナップし日本モデルを2021年9月14日に発売する。TNGAプラットフォーム(GA-C)」を採用、上質な走りと快適な乗り心地、静粛性を実現。また、快適性能に加えて、広々としたキャビン、乗降性の良さ、あらゆるシーンで使用いただけるクラストップレベルのラゲージスペース、カローラシリーズから引き継いだ安全装備により、「快適・便利・安心」を追求。全長4,490mm、全幅1,825mm、全高1,620mm、ホイールベース2,640mmの3ナンバーサイズのSUVとなった。最小回転半径5.2mを実現。

海外モデルで採用される「トヨタエンブレム」ではなく「カローラ」シリーズに採用される「Cマーク」を採用。さらにそれに伴い国内専用フロントグリルを採用したことでかなり顔つきが違う。ヘッドライトはBi-Beam LEDヘッドライト+LEDデイライトに加えLEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)(上位グレード Z )を採用する。

COROLLA MEETS SUV」をキーワードに、お客様の期待を超える「車格感(力強さを感じさせる外観)」+「ユーティリティ(使い勝手の良さ)」の両立を目指し開発。エンジンは実績と定評がある4代目「プリウス」から採用された「直4 DOHC 1.8L+ モーター(THSⅡ)」とカローラシリーズで長年採用される「1.8L 直列4気筒DOHCエンジン」+「Super CVT-i」を採用した。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 カローラ クロス クロスオーバーモデル 日本 2021年9月14日発売 トヨタは新型カローラに新型コンパクトSUV「カローラ クロス」をラインナップし日本モデルを2021年9月14日に発売する。各ディーラーでは2021年8月21日より先行予約がス...
1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる