2021年 新車発売 モデルチェンジ まとめ

2021年 日本車 おすすめ SUV まとめ

2020年12月20日

Nissan Rogue

2021年に発売される車の中でおすすめの「SUV」についてまとめてみた。今や世界的に大人気のSUV各社こぞって新型を投入しておりおすすめできる車種を厳選して紹介。

ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ

ホンダはヴェゼルのフルモデルチェンジを行い2021年4月23日に発売する。

VEZEL

新型ヴェゼルについて

フルモデルチェンジするヴェゼルは4代目 新型フィットをベースに開発。エクステリアはキープコンセプトで、フロントフェイスを変更、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を採用。Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準搭載。現行は「SPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステム」を搭載しJC08モード燃費を27.0km/Lであるが、「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD」を採用しJC08モード燃費32.0km/L前後まで達成させる。

新型ヴェゼル スペック

スペック 新型ヴェゼル
全長 4,340mm
全幅 1,790mm
全高 1,590mm
ホイールベース 2,610mm
エンジン

1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD
(e:HEV)

1.5L直4直噴DOHC
エンジン
最高出力 72kW(98PS)/
5,600-6,400rpm
96kW (131PS)/
6,600rpm
最大トルク 127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
155Nm (15.8kgfm)/
4,600rpm
モーター
最高出力
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
モーター
最大トルク
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
トランスミッション 電気式
無段階変速機
CVT
WLTCモード燃費 24.8km/L(2WD)
22.0km/L(4WD)
17.0km/L(2WD)
15.6km/L(4WD)
駆動方式 2WD(FF)/4WD

ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2021年4月23日発売

日産 新型 エクストレイル フルモデルチェンジ

日産は新型エクストレイル (X-TRAIL)のフルモデルチェンジを行い2021年12月に発売する。

Nissan Rogue

新型エクストレイルについて

エクステリアデザイン変更、前後バンパーデザイン変更。LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)、を装備。e-POWERモデルを追加。更に時期は遅れるがPHEV(プラグインハイブリッドEVシステム)モデルを追加する。

新型エクストレイル スペックについて

スペック 新型エクストレイル
e-POWER
全長 4,640mm
全幅 1,820mm
全高 1,715mm
ホイールベース 2,705mm
エンジン 1.2L 直3DOHC +モーター 型式:EM57
モーター最高出力 100kW(136ps)
モーター最大トルク 320Nm(32.6kgm)
最高出力 62Kw(84ps)/6000rpm
最大トルク 103Nm(10.5kgm)/3200-5200rpm
駆動方式 2WD
乗車定員
JC08モード燃費 23.0km/L
価格

日産 新型 エクストレイル e-POWER フルモデルチェンジ 日本2022年3月発売

日産 新型 アリア 電気自動車 SUV 

日産は新型電気自動車(EV)クロスオーバー「アリア」を2020年7月15日発表した。日本では2021年中頃に発売予定である。新型「アリア」のエクステリアは、日産の新しいデザインランゲージと「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術を体現したモデル。

インテリアはモノとモノの間にある空間や、連続するコトとコトの間の時間を意味する日本語の「間(ま)」をキーワードとしてデザインされた。「アリア」には新開発EV専用プラットフォームを採用、フラットで広々したフロアを実現、従来室内に配置されていた空調ユニットをモータールームに配置、Cセグメントのボディサイズでありながら、Dセグメントレベルの広い室内空間を確保。

NISSAN ARIYA

NISSAN ARIYA

スペック 新型アリア
全長 4,595mm
全幅 1,850mm
全高 1,655mm
ホイールベース 2,775mm
駆動方式 2WD 4WD
バッテリー総電力量 65kWh 90kWh 65kWh 90kWh
最高出力 160kW 178kW 250kW 290kW
最大トルク 300Nm 300Nm 560Nm 600Nm
0-100km/h加速
(社内測定値)
7.5秒 7.6秒 5.4秒 5.1秒
最高速 160km/h 160km/h 200km/h 200km/h
WLTCモード航続距離
(社内測定値)
最大450km 最大610km 最大430km 最大580km
重量 1,900-2,200kg
荷室寸法 466L 408L
タイヤ寸法 235/55R19
255/45R20

日産 新型 アリア 電気自動車 SUV 2020年7月15日発表 2021年発売

トヨタ 新型 ランドクルーザー 300 フルモデルチェンジ

トヨタは新型ランドクルーザーのフルモデルチェンジを行い300系として2021年8月1日に発売する。丸13年でのフルモデルチェンジを果たす、今回はもちろん、TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Lプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームをベースにラダーフレームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。

トヨタ 新型 ランドクルーザー 300 フルモデルチェンジ 2021年8月2日発売

スバル 新型 レガシィ アウトバック フルモデルチェンジ

スバルは新型レガシィ アウトバックのフルモデルチェンジを行い日本では2021年10月に発売する。

legacy outback

新型レガシィアウトバック

新型 レガシィ アウトバック

スバルは新型インプレッサスポーツ/G4セダンのフルモデルチェンジをし2016年10月25日から発売を開始。次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform(SGP)」を採用した。今回のフルモデルチェンジで新型レガシィ アウトバックにも次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform(SGP)」を採用する。

新型 レガシィ アウトバック スペックについて

スペック 新型レガシィ アウトバック
全長 4,860mm
全幅 1,855mm
全高 1,680mm
ホイールベース 2,745mm
エンジン 水平対向4気筒DOHC 2.5L
自然吸気「FB25」型
水平対向4気筒DOHC 2.4L
直噴ターボ「FA24」型
最高出力 182HP/5,800rpm 260HP/5,600rpm
最大トルク 176lb-ft/4,400rpm 277lb-ft/2,000-4,800rpm
トランスミッション リアトロニック
駆動方式 AWD シンメトリカル
WLCTモード燃費
乗車定員 5名
価格

スバル 新型 レガシィ アウトバック フルモデルチェンジ A型 日本モデル 2021年12月発売

マツダ 新型 MX-30

マツダは初の新型量産EVモデル「MX-30」日本モデルは2021年1月に発売される。e-SKYACTIV G」搭載したマイルドハイブリッドモデルを2020年10月8日に発売した。

mazda mx 30

新型 MX-30

マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のもと、「Car as Art」として、さらに芸術性を高めるとともに、表現に拡がりを持たせることに挑戦。人の手が生み出す美しい造形とこだわりのつくり込みを基礎としながら、将来に向けた価値観の変化や、新しいライフスタイルに寄り添うことを目指し、「Human Modern(ヒューマン モダン)」をコンセプトに、そのデザインをつくり上げた。次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用。後部座席のドアはRX-8を思い出させる様な観音開きの「フリースタイルドア」を採用。安全システム「i-ACTIVSENSE」は最新モデルを導入。

加えて、お客さまが自由な発想で、クルマの多彩な楽しみ方を創造していただけるよう、フリースタイルドアを採用。

新型 MX-30 スペック

電気モーター「Electric Technology Prove-Out Vehicle(e-TPV)」を採用し最高出力:141 HP(143 PS / 105 kW)と最大トルク265 Nm(195 lb-ft)に35.5 kWhのリチウムイオン電池に専用プラットフォームを採用する。

スペック MX-30
全長 4,395mm
全幅 1,795mm
全高 1,570mm
ホイールベース 2,655mm
モーター e-SKYACTIV
最高出力 143 PS / 105 kW
最大トルク 265 Nm
バッテリー リチウムイオン35.5 kWh
駆動方式 2WD
乗車定員 5名
WLCT航続距離 約200km
価格 -円

マツダ 新型 MX-30 電気自動車 SUV「e-SKYACTIV」搭載 日本2021年1月発売

マツダ 新型 CX-50

マツダは新型「CX-50」を日本では2021年10月頃に発売する。「MAZDA3」「CX-30」に続く新世代商品として発売される。日本の特許庁に「CX-50」を2019年4月15日に商標出願している。登録番号6224174。

「CX-3」「CX-30」同様に新世代商品として初の二桁シリーズとなる「CX-50」は「CX-5」と「CX-8」の中間サイズとなる。ベースは新型「MAZDA3」となる。デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用。 車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用している。エクステリアのデザインはマツダSUVのラインナップにない流行りのクーペフォルムデザインを採用する可能性が高い。

マツダ 新型 CX-50 日本 2021年10月発売

スズキ 新型 エスクード 5代目 フルモデルチェンジ

スズキは新型「エスクード」のフルモデルチェンジを行い2021年に発売する。現行モデルは2015年から販売を開始しており、丸6年でのフルモデルチェンジとなりそうだ。

エスクード

エスクード フルモデルチェンジ 予想CG

現行モデル(4代目)からキープコンセプトでありながらも、エクステリア、インテリアのデザイン変更を行い、現行よりも高級感を出すデザインとなる。予防安全装備で「スズキ セーフティ サポート」の「デュアルセンサーブレーキサポート」では現行よりも多くの機能を搭載する。

エンジンには改良版、新K14D型 Boosterjetエンジン「1.4L 直列4気筒直噴ターボエンジン+モーター」を搭載。新しく開発されたパワートレインは、設計上非常に軽量で、15kg未満の重量アップ。48Vのリチウムイオンバッテリー、スタータージェネレーター(ISG)、および48V-12Vコンバーターで構成されている。

スズキ 新型 エスクード 5代目 フルモデルチェンジ 2021年発売

三菱 アウトランダー フルモデルチェンジ

三菱自動車はクロスオーバーSUV「アウトランダー」のフルモデルチェンジを行い2021年2月に発表する。2020年12月10日にティーザ画像を公開した。

mitsubishi outlander

三菱 新型 アウトランダー フルモデルチェンジ 2021年2月16日発表

2020年 日本車 おすすめ SUV まとめ

2020年 日本車 おすすめ SUV まとめ

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-2021年 新車発売 モデルチェンジ まとめ