トヨタ 新型 ヤリス VS ヴィッツ 何が変わったのか? スペック 新旧 徹底比較

yaris 新旧比較
yaris

トヨタは「ヴィッツ」の車名を変更し新型「ヤリス」として日本モデルを2020年2月に発売する。

TNGA(Toyota New Global Architecture)を初採用することや日本限定的な車種(ヴィッツ)ではなく世界戦略としてグローバルカー(ヤリス)を日本でも販売し全世界共通化する。今後の高齢化社会に向けたトヨタのコンパクトカーの重要性を示している。今回から車名を変更するのにはコンパクトカーを1から作り直したことが一番大きいだろう。では「ヴィッツ」から新型「ヤリス」となりどこが変わったのか徹底比較してみた。

新型 ヤリス VS ヴィッツ エクステリア比較

全長:3,940mm、全幅1,695mm、全高1,500mm、ホイールベース2,550mmの5ナンバーサイズとしている。TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発の「GA-Bプラットフォーム」を採用により「50kg(開発目標値)軽量化」「15mm 低重心化」「30%以上 ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化。

TNGA「GA-Bプラットフォーム」

スペック ヴィッツ 新型ヤリス
全長 3,945mm 3,940mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高

1,500mm(2WD)
1,530mm(4WD)

1,500mm
ホイールベース 2,510mm 2,550mm
vitz_HYBRID F“Safety Edition III”

Vitz_HYBRID F“Safety Edition III”

ヴィッツと新型ヤリスはサイズとしてはほぼ変化はなし。ホイールベースは50mm延長し15mm 低重心化により室内空間をアップや乗り心地の向上が期待できる。更にボディにプレスラインがより細かく入っており躍動感と高級感を新型ヤリスでは感じられる。

yaris

yaris

新型 ヤリス VS ヴィッツ インテリア比較

インテリアは「ヴィッツ」に比べ「ヤリス」の方が質感や高級感をアップ。「ソフトインパネ」、「本革巻きステアリングホイール」、「ヘッドアップディスプレイ」などを上級グレードには採用される。Aピラーを後方に置き視界を改善、トヨタ初のフードレス双眼デジタルTFTメーターを採用した。

vitz_HYBRID F“Safety Edition III”

Vitz_HYBRID F“Safety Edition III”

ディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。さらに、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。

TNGA GA-B プラットフォーム採用

2015年12月9日に発売が開始された新型プリウスから採用された「TNGA(Toyota New Global Architecture)」と呼ばれる新開発の「GA-Bプラットフォーム」を採用。広い室内空間を得ることが可能。 高い空力性能(Cd値 0.30)を実現。

yaris

ハイブリッドシステムは新世代「直列3気筒 1.5L 直噴 ダイナミックフォースエンジン M15A型」に新しい小型化されたTHSⅡを採用。新型プリウスのJC08モード燃費40.8km/Lを超える燃費となりガソリン燃料を使用する乗用車では「世界で最も低燃費な乗用車」ともう一度なることはまず間違えない。E-Four(4WD)モデルも採用。トヨタのコンパクトカーとして初採用。

yaris

ガソリン車にも新世代「直列3気筒 1.5L 直噴 ダイナミックフォースエンジン M15A型」を採用。発進用ギヤ付きの「Direct Shift-CVT」または「6MT」と組み合わせる。「1.0 Lエンジン」モデルもラインナップする。 

トヨタ TNGA GA-Bプラットフォーム 発表

トヨタ TNGA GA-Bプラットフォーム 発表
トヨタは新型ヤリスなどに採用するTNGA(Toyota New Global Architecture)「GA-Bプラットフォーム」を2019年9月に発表した。 TNGA GA-Bプラットフォーム 新しい小型車プラットフォームは、運転席...

次世代Toyota Safety SenseとToyota Safety Sense C違いについて

ヴィッツが採用している「Toyota Safety Sense C」から新型ヤリスになり「次世代Toyota Safety Sense」を採用することで大幅に機能追加と安全性の向上を果たすことになる。

システム ヴィッツ 新型ヤリス
システム Toyota Safety
Sense  C
次世代
Toyota Safety
Sense
方式 単眼カメラ+
レーザーレーダー
単眼カメラ+
ミリ波レーダー
オートマチック
ハイビーム
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車
レーントレーシング
アシスト
×
レーン
ディパーチャー
アラート

白線/黄線 検出

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報
ロードサインアシスト ×
レーダークルーズ
コントロール
×
先行車発進告知
インテリジェント
クリアランスソナー
×
ブラインド
スポットモニター
×
リヤクロストラフィック
オートブレーキ
×
Advanced Park ×
イージーリターンシート ×
ターンチルトシート ×

トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入 比較 変更点

トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入 比較 変更点
トヨタは、2015年に導入を開始した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を、更なる事故低減への寄与を目指し第2世代システムに進化させ、2018年より順次、各車に導入すると発表した。 Toyota Safety Se...

比較して思うこと

新型「ヤリス」と「ヴィッツ」を比較すると見た目は同じコンパクトカーで見た目も似た雰囲気である両車であるが、中身は全くの別物であることがわかる。また、「コンパクトカーにそこまでの機能や装備まで付けてくれるのか!」と思ってしまうほど素晴らしい装備を搭載し新型、プラットフォームとエンジンとを搭載しており力の入れ方がすごい。

ヴィッツやアクアの中古車を検討されている方がいるのであれば、絶対に新型「ヤリス」を検討してから比較して購入すべきである。

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 ヴィッツ後継として フルモデルチェンジ TNGA 採用 2020年2月発売

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 ヴィッツ後継として フルモデルチェンジ TNGA 採用 2020年2月発売
トヨタはヴィッツ (ヤリス) 4代目のフルモデルチェンジを計画しており、日本では2019年12月に発表、2020年2月発売する。現行ヴィッツは2010年12月22日に正式発表し発売が開始された世界的に人気がある車種である。発売から丸9年目の...

トヨタ 新型 ヤリス 日本モデル 2019年12月発表 2020年2月発売開始

トヨタ 新型 ヤリス 日本モデル 2019年12月発表 2020年2月発売開始
トヨタは新型「ヤリス」の日本モデルを2019年12月に発表し2020年2月に発売する。 2019年10月23日から開催される東京モーターショー2019で4代目の新型ヤリス 披露する。 今回からTNGA(Toyota New Global...

トヨタ 新型 ヤリス GR / GR SPORT フルモデルチェンジ 2020年発売

トヨタ 新型 ヤリス GR / GR SPORT フルモデルチェンジ 2020年発売
トヨタは ヤリス(ヴィッツ) 4代目のフルモデルチェンジを行い2020年2月に発売する。そして新型ヤリスをベースにした「GR ヤリス」を2020年に発売する。 2018年9月に「GR YARIS」の商標が、日本の特許庁に登録されている。新...

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/29933689.html

ヤリス

https://toyota.jp/new-yaris/index_a.html

トヨタ

https://toyota.jp/