2019年 ホンダ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

SHUTTLE 2019年 新車発売 モデルチェンジ まとめ
新型シャトル

ホンダは全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2018年上半期(6ヶ月)ではホンダ N-BOX127,548台と断トツ販売台数 新型N-BOXは軽自動車1位である。

乗用車車名別販売台数でも自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2018年上半期販売台数ではホンダ 新型フィットが47,962台で日産ノート、トヨタ プリウス、アクア、シエンタに続き5位である。9位には新型フリードが43,984台、15位ヴェゼル32,737台、16位ステップワゴン 31,436台である。2019年もほぼ同様の成績であろう。

2019年のホンダは各車種で先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)標準搭載し安全性強化を図り更に新型フィットのフルモデルチェンジやプリウスとライバル車種として販売していたインサイト復活など販売力強化を図る。

ホンダ 新型 シャトル マイナーチェンジ 2019年5月10日発表

ホンダはシャトルのマイナーチェンジを行い2019年5月10日に発表する。2019年3月21日にウェブサイトを先行公開した。

今回のマイナーチェンジで内装と外装デザインをより洗練された上質感を追求した。エクステリアのデザインを変更、フロントバンパーのデザインを変更、テールランプデザインを変更。16インチアルミホイールのデザイン変更。安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプに標準装備。更に、「オートハイビーム」を追加。

SHUTTLE

新型シャトル

ホンダ 新型 N-WGN / N-WGN カスタム フルモデルチェンジ 2019年7月18日発売

ホンダは新型 N-WGN / N-WGN カスタムのフルモデルチェンジを行い2019年7月18日に発売する。2017年9月1日発売した新型N-BOXの技術を多く取り入れたモデルとなりそうだ。2019年4月4日に新型N-WGNを夏に発売することを発表している。

N-WGN

ホンダ 新型 N-BOX 一部改良 2019年10月3日発売

ホンダは新型「N-BOX」の一部改良を行い2019年10月3日に発売する。先進運転支援システム 「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の機能向上。「左右独立式リアセンターアームレスト」は標準装備(グレードG・Honda SENSINGを除く)。

N-BOX

N-BOX

新型N-BOX一部改良の情報はこちらへ

ホンダ 新型 N-BOX 一部改良 2019年10月3日発売
ホンダは新型「N-BOX」の一部改良を行い2019年10月3日に発売する。 新型 N-BOX 一部改良について 先進運転支援システム 「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の機能向上。「左右独立式リアセンターアームレスト」...

ホンダ 新型 フリード /フリード+(2列シート車) マイナーチェンジ 2019年10月18日発売

ホンダは新型 フリード /フリード+(2列シート車) マイナーチェンジを行い2019年10月18日に発売する。

新型フリードは2016年9月16日に発売を開始しており3年でのマイナーチェンジとなる。エクステリアのデザインを変更。インラインタイプのLEDヘッドライトの形状を変更フロントグリルと一体化したデザインに変更、新型フィットや新型ヴェゼル同様によりスポーティーな印象となる。今回シエンタのマイナーチェンジを2018年9月11発売したことによりJC08モード燃費で差が出た。フリードとしてもここはなんとか食らいついて同様の28.8〜29km/L前後の燃費性能に引き上げる考えだろう。

FREED

スペック 新型フリード/フリード+ ハイブリッド
全長 4,265mm
全幅 1,695mm
全高 1,750mm
ホイールベース 2,750mm
エンジン 直列4気筒1.5L i-VTEC+モーター
最高出力 110ps/6,000rpm
最大トルク 13.7kgm/5,000rpm
モーター最大出力 29.5ps/1,313~2,000rpm
モーター最大トルク 16.3kgm/0~1,313rpm
システム最大出力 132ps/6,600rpm
駆動方式 2WD(FF)/4WD
乗車定員 6〜7名
トランスミッション 電気式無段階変速機
JC08モード燃費 28.8km/L
価格 225.6万円〜

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2019年10月発売

ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2019年10月に発売する。

4代目となる新型フィットは現行同様にキープコンセプトとし、全長を伸ばし、室内空間を更に広げ使い勝手を向上させる。新型フリードまではいかないが4,000mm前後が予想される。
現行はJC08モード燃費を37.2km/Lであるが、i-DCDを更に進化させJC08モード燃費40.0km/L前後まで達成させる。

フルモデルチェンジで、2013年11月19日にホンダが発表した新型エンジン、1.0L 3気筒直噴ガソリンターボエンジンをRSグレードに搭載する。

FIT3_2018_02.jpg

スペック 新型フィット
全長 3,955mm
全幅 1,695mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,530mm
エンジン 1.3L i-VTECエンジン
最高出力 127ps
最大トルク 20.4kgm
JC08モード燃費 30km/L
価格 190万円

ホンダ 新型 シビック タイプR マイナーチェンジ 2019年11月発売

ホンダは「シビック タイプR」のマイナーチェンジを行い2019年11月に発売する。「シビック タイプR」のマイナーチェンジにより、フロントバンパー、リヤバンパーの形状を変更。よりカーボン素材を多く使うことで軽量化を行う。サスペンションの変更やAT車もラインナップされれる可能性もある。

ホンダ 新型 オデッセイ ハイブリッド / アブソルート フルモデルチェンジ 2019年11月発売

ホンダは新型オデッセイのフルモデルチェンジを行い2019年11月に発売する。丸6年でのフルモデルチェンジとなる。 

2019年10月23日~11月4日に開催予定の第46回東京モーターショー2019で量産モデルを公開するだろう。

ODYSSEY

ODYSSEY

スペック 新型オデッセイハイブリッド 予想
全長 4,930mm
全幅 1,850mm
全高 1,715mm
ホイールベース 2,900mm
エンジン 2L 直4DOHC i-VTEC+2モーター i-MMD
最高出力 143ps/6,200rpm
最大トルク 16.8kgm/3,500–6,000rpm
モーター最高出力 169ps/3,857–8,000rpm
モーター最大トルク 31.3kgm/0–3,857rpm
駆動方式 2WD/4WD
乗車定員 7〜8名
JC08モード燃費 24.4〜26.0km/L
価格 380万円~450万円

ホンダ 新型 ZSX Baby NSX (S2000 後継車) 創業70周年記念車 2019年12月発売

ホンダは2009年に生産が終了したホンダのFRスポーツカー「S2000」が新型モデルの販売を計画している。

ホンダが2018年の創業70周年に合わせて、S2000の後継スポーツカーを販売すると発表する可能性もある。

2019年に開催予定の東京モーターショー2019で2代目の新型S2000を披露する予定だ。

S2000 後継車として名前は「ZSX」「 Baby NSX」とも言われている。

ソニーのPS4専用ソフト「グランツーリスモ」のコンセプトカー「Honda Sports Vision Gran Turismo」がS2000の後継スポーツカーのコンセプトモデルと思われる。

honda-sports-visiongt.jpg

Honda Sports Vision Gran Turismo 

スペック 新型 ZSX (S2000 Baby NSX)
全長 4,250mm
全幅 1,800mm
全高 1,200mm
ホイールベース 2,830mm
エンジン 2.0L 直列 DOHC VTEC ターボエンジン
最高出力 410PS/7,500rpm
最大トルク 40.7kgm/2500rpm
トランスミッション 8速DCT(デュアルクラッチ)
JC08モード燃費 16.0km/L
価格 350万円~400万円

ホンダ 新型 S1000 新モデル オープン2シーター S660を大型化 1L直噴VTECターボ搭載 2019年12月頃発売

ホンダは新型S1000 新モデルとなるオープン2シーターの開発を進め2019年12月頃に発売する。

予想価格:250万円

2019年に開催予定の東京モーターショー2019で2代目の新型S1000を披露する予定だ。

2015年3月30日発表、4月2日発売した新型S660は日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016で2位となるなど日本市場で大きな話題となった。しかし、日本規格であるためグローバル展開として1L直噴VTECターボを搭載しサイズを延長したモデルとして開発。

s1000_01.jpg

スペック 新型S660 新型S1000
全長 3,395mm 3,500mm
全幅 1,475mm 1,550mm
全高 1,180mm 1,180mm
ホイールベース 2,520mm 2,530mm
エンジン 直3 660cc 直噴ターボエンジン 直3 1.0L 直噴ターボエンジン
最高出力 64ps 127ps
最大トルク 10.8kgm 20.4kgm
トランスミッション CVT/6MT
JC08モード燃費 24.2km/L 25km/L
価格 198~250万円 250万円

※最新自動車情報2019調べ

発売日の間違え、予想も含まれております。

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?
2014年10月にホンダが発表した安全運転支援システム「Honda SENSING」HiDS(ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム)に、衝突被害軽減ブレーキのCMBSなどを統合した新たなシステムとして発表。2015年1月22日...

ホンダ

https://www.honda.co.jp/auto/

タイトルとURLをコピーしました