トヨタ 新型 スープラ フルモデルチェンジ

トヨタとBMWは共同開発を進めており、それこそ新型スープラと新型Z4だ!新型スープラ A90型は2019年3月発売し、海外としては5代目となり日本国内では3代目となる。

詳細はこちら

2019年 日産 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

2019年 新車発売 モデルチェンジ まとめ

乗用車車名別販売台数でも自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2018年上半期の販売台数で1位は2016年11月2日から販売を開始したマイナーチェンジした新型ノート/ノートe-POWERが1位で73,380台、4位が新型セレナで56,095台となった。

2019年からはこの新型ノートから新しく採用されたe-POWERを次々と採用し販売力強化を図る。

更に、新型セレナに採用された自動運転技術 プロパイロット(パイロットドライブ 1.0)も次々に採用し販売力強化を図って行く。

日産 新型 リーフ E-Plus ハイパフォーマンスモデル 航続距離 最大JC08モード550km 2019年1月発売

日産は新型リーフのフルモデルチェンジを行い2017年9月6日発表し、2017年10月2日から日本で発売を開始した。アメリカ、カナダ、欧州をはじめ世界各国で2018年1月より販売を開始した。

価格

40kWh駆動用バッテリー搭載モデル:315万360円~399万600円

補助金を適用すれば275万円から。

2019年1月発売される予定のハイパフォーマンスモデル「リーフ E-Plus」は60kWh駆動用バッテリー搭載モデルとなる。

Nissan-Leaf-2918-0701.jpg

スペックリーフ
全長4,480mm
全幅1,790mm
全高1,540mm
ホイールベース2,700mm
エンジン通常モデル「EM57」型
最高出力110kW(150PS)/3283-9795rpm
最大トルク320Nm(32.6kgm)/0-3283rpm
乗車人数5人乗り
空力抵抗(Cd値)0.28
車両重量1,490-1,520kg
普通充電6時間(3kW)/ 8時間(6kW)
80%まで充電するのにかかる時間
(急速充電)
40分
リチウムイオンバッテリー40kWh
JC08モード航続距離400km
WLTPモード航続距離

日産 新型 デイズ フルモデルチェンジ 2代目 Vモーショングリル採用 2019年4月発売

日産は新型デイズのフルモデルチェンジを行い2019年4月に発売する。

今回の新型も日産・三菱との合弁会社NMKVが企画開発する。製造は三菱が担当する。

デザインはキープコンセプトだが、エクステリア、インテリアデザインを変更。シャープでダイナミックなデザインを採用、日産のデザインランゲージであるブーメラン型のランプシグニチャーや、Vモーショングリルを採用する。

dayz

DAYZ

スペックデイズ
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,620mm
ホイールベース2,430mm
モデルガソリン車ターボ車
エンジン660cc 
水冷直列3気筒 DOHCエンジン
660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
インタークーラーターボ
最高出力36kW(49PS)/6500rpm47kW(64PS)/6000rpm
最大トルク5.7kgm/5500rpm10.0kgm/3000rpm
トランスミッションCVT(エクストロニック)
駆動方式FF/4WD
JC08モード燃費22.0〜25.8km/L21.8〜23.2km/L
価格115万7,760円〜163万800円152万640円~
164万1,600円

日産 新型 エクストレイル フルモデルチェンジ PHEV と e-POWER 三菱のプラグインハイブリッドEV技術採用 2019年5月発売

日産は新型エクストレイル (X-TRAIL)のフルモデルチェンジを行い2019年5月に発売する。

今回はPHEV(プラグインハイブリッドEVシステム)モデル、e-POWERを追加する。

Nissan_Rogue_SL_2017_1.jpg

スペック新型エクストレイル e-POWER
全長4,640mm
全幅1,820mm
全高1,715mm
ホイールベース2,705mm
エンジン1.2L 直3DOHC +モーター 型式:EM57
モーター最高出力100kW(136ps)
モーター最大トルク320Nm(32.6kgm)
最高出力62Kw(84ps)/6000rpm
最大トルク103Nm(10.5kgm)/3200-5200rpm
駆動方式2WD
乗車定員
JC08モード燃費23.0km/L
価格

日産 新型 セレナ e-POWER マイナーチェンジ デザイン変更 4WDモデル追加 2019年7月発売

日産は新型セレナ / セレナe-POWERのマイナーチェンジを行い2019年7月に発売する。

マイナーチェンジにより、エクステリアのデザインを変更。インテリアはカラーバリエーションを新たに追加する。自動運転技術 プロパイロットをバージョンアップしレーンチェンジや道路上の危険を判断しての回避も出来るようになる。インテリジェント エマージェンシーブレーキ性能を向上。夜間においても衝突時の被害や傷害を軽減する。セレナe-POWERに4WDモデルを追加する。

serena_e-power

スペック新型セレナ e-POWER
全長4,690mm(4,770mm)
全幅1,690mm(1,740mm)
全高1,865mm
ホイールベース2,860mm
エンジン1.2L 直3DOHC +モーター 型式:EM57
モーター最高出力100kW(136ps)
モーター最大トルク320Nm(32.6kgm)/0-3283rpm
最高出力62Kw(84ps)/6000rpm
最大トルク103Nm(10.5kgm)/3200-5200rpm
駆動方式2WD/4WD
乗車定員7名
JC08モード航続距離26.2km/L
WLTPモード航続距離

日産 新型 マーチ フルモデルチェンジ 日本2019年8月発売

日産は新型マーチのフルモデルチェンジを2019年8月に行う。

新型マーチ(マイクラ)を英国にて販売を開始する。 価格は2017年4月1日に発表した。

欧州では2017年5月22日に新型マーチに新型エンジン1.0L直列3気筒ガソリンエンジンを搭載すると発表。

日本でも量産モデルの新型マーチ(マイクラ)の目撃情報も入っている。

Nissan March_2017_022

サイズ新型マーチ現行モデルとの比較
全長3,999mm+174mm
全幅1,743mm+77mm
全高1,455mm-55mm
ホイールベース2,525mm+75mm
スペック直列3気筒 0.9L ターボ
最高出力90ps/14.3kgm(オーバーブーストにより+1.0kgm)
スペック1L 直列3気筒ガソリンエンジン 自然吸気
最高出力71ps/9.7kgm
欧州複合モード燃費21.74km/L
スペック直列4気筒 1.5L ディーゼルターボ
最高出力90ps/22.4kgm

日産 新型 ティアナ フルモデルチェンジ 自動運転技術 プロパイロット搭載 2019年11月発売

日産は新型ティアナ (アルティマ)のフルモデルチェンジを行い米国では2018年11月に発売する。日本での発売も期待される。

2018年3月28日〜4月8日に開催されるニューヨーク国際オートショー2018で新型ティアナ (アルティマ)を世界初公開した。2018年3月8日にティーザー画像を公開した。

日産は新しいコンセプトモデル「Nissan Vmotion 2.0 Concept」を2017年1月8日に開催されたデトロイトモーターショー2017で発表、2017年4月19日から開催する上海モーターショー2017でVmotion 2.0 Conceptを出展した。

2019-Nissan-Altima-1-11.jpg

スペック2.0L 直列4気筒 ターボエンジン (VC-Turbo)
最高出力200kW(268HP)/5,600rpm
最大トルク380Nm(280lb-ft)/4,400-4,800rpm
駆動方式2WD(FF)/4WD
トランスミッションCVT (XTRONIC)
最高速度230km/h
米国基準の燃費27mpg(2WD)26mpg(4WD)
(従来モデルより35%、4WDモデル30%燃費向上)

日産 新型 フーガ フルモデルチェンジ 3代目 Y52型 2018年10月発売

日産は新型フーガのフルモデルチェンジを行い3代目Y52型を2018年10月頃に発売する。

2018年1月14日(日)~1月28日(日)に開催される北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)2018で新しいインフィニティセダンのコンセプトをを公開する。

新型INFINITI QX50に搭載される世界初の量産型可変圧縮比エンジン「VC-Turbo」を搭載。 新開発プラットフォームを採用し、効率の良いパッケージと広々としたキャビンスペースを実現した。

自動運転技術「プロバイロット」を搭載。

infiniti-q-inspiration

スペック2.0L 直列4気筒 ターボエンジン (VC-Turbo)
最高出力200kW(268HP)/5,600rpm
最大トルク380Nm(280lb-ft)/4,400-4,800rpm
駆動方式2WD(FF)/4WD
トランスミッションCVT (XTRONIC)
最高速度230km/h
スペック3.5L V型6気筒エンジンベース+モーター(ハイブリッド)
最高出力306ps/6800rpm
最大トルク35.7kgm/5000rpm
モーター最高出力68ps
モーター最大トルク29.6kgm
トランスミッション7速AT

日産 新型 ジューク e-POWER フルモデルチェンジ 2代目 「Pure Drive e-Power」採用 2019年12月発売

日産は新型ジュークのフルモデルチェンジを行い2019年12月に発売する。 更に、ハイブリッドモデル(e-POWER)を追加する。

新型マーチ(マイクラ)やルノーキャプチャーから採用された新CMF-Bプラットフォームを採用する。

2016年11月2日に発売した新型ノート同様にハイブリッドモデル(新型ジューク e-POWER)を追加する。e-POWERは電気自動車(EV)に発電専用のエンジン(Range Extender:航続距離延長装置)を搭載。

juke_2017_new_01.jpg

スペック新型ジューク e-POWER
全長4,165mm
全幅1,770mm
全高1,570mm
ホイールベース2,600mm
エンジン直3 1.2L エンジン+モーター
最高出力79ps/5,400rpm
最大トルク10.1kgm/3,600-5,200rpm
モーター最高出力109ps/ 3008〜10,000rpm
モーター最大トルク25.9kgm/0-3008rpm
トランスミッションCVT
駆動方式FF
JC08モード燃費30.0km/L
価格290万円〜320万円

日産 新型 キューブ e-POWER フルモデルチェンジ 2019年発売

日産は新型キューブのフルモデルチェンジを行い後継モデルを2019年に発売する予定だ。

まずはデザインだが、現在のキープコンセプトではなく、日産のデザイン新型車と共通してフロントマスクを「V-Motion」形状のヘッドライトを採用すると思われる。

このデザインを採用により、今までのキューブ型に流れが加わりイメージが変更されると思われる。

新型マーチ後継車種、程の変化ではないだろう

流用されるのはノートでマイナーチェンジで採用された、直列3気筒 DOHC 1.2L直噴スーパーチャージャーが採用されることとなりそうだ。

また、現行から廃止された7人乗りのキューブキュービックが復活するとも言われている。

cube_901234.jpg

スペック新型 キューブ
全長4,000mm
全幅1,695mm
全高1,650mm
ホイールベース2,600mm
エンジン直列3気筒 DOHC 1.2L直噴スーパーチャージャー1.2L直噴ミラーサイクル+「HR12DE」(発電用)モーター
最高出力98ps/5,600rpm79ps/5,400rpm
最大トルク14.5kgm/4,400rpm10.1kgm/3,600-5,200rpm
モーター型式EM57
モーター最高出力80kW (109PS)/3008〜10000rpm
モーター最大トルク254N・m(25.9kgf・m)/0〜3008rpm
JC08モード燃費23km/L35.0km/L
価格170~215万円200〜250万円

日産 新型 シルフィ EV 電気自動車 マイナーチェンジ リーフ セダンモデルとして 2019年後半発売

日産は新型シルフィのマイナーチェンジを行い、EV (電気自動車) モデル(新型リーフのセダンモデルとして)を追加し中国で2018年後半に発売する。2018年4月25日~5月4日に開催される北京モーターショー2018にて新型シルフィを世界初公開した。

Nissan-Sylphy-EV_2018_01.jpg

スペック新型シルフィ
全長4,615mm
全幅1,790mm
全高1,495mm
ホイールベース2,700mm
エンジン通常モデル「EM57」型
最高出力110kW(150PS)/3283-9795rpm
最大トルク320Nm(32.6kgm)/0-3283rpm
乗車人数5名
空力抵抗(Cd値)0.28
車両重量1,550kg
普通充電6時間(3kW)/ 8時間(6kW)
80%まで充電するのにかかる時間
(急速充電)
40分
リチウムイオンバッテリー40kWh
JC08モード航続距離338km
WLTPモード航続距離

日産 新型 INFINITI QX50 (スカイラインクロスオーバー) フルモデルチェンジ 2019年発売

日産は新型QX50 (スカイラインクロスオーバー)のフルモデルチェンジを2018年に行う。

2017年11月29日にロサンゼルスモーターショー2017のインフィニティプレスカンファレンスにて新型INFINITI QX50を正式発表した。2017年12月1日から10日に開催されるロサンゼルスモーターショー2017にて新型INFINITI QX50 を世界公開。

世界初の量産型可変圧縮比エンジン「VC-Turbo」を搭載。 新開発プラットフォームを採用し、効率の良いパッケージと広々としたキャビンスペースを実現した。 自動運転技術「プロバイロット」を搭載。 インフィニティ特有の「優雅でありながらもパワフル」なデザインを表現したプロポーションとした。

Infiniti-QX50-2019_19.jpg

スペックINFINITI QX50
全長4,693mm
全幅1,903mm
全高1,679mm
ホイールベース2,800mm
スペック2.0L 直列4気筒 ターボエンジン (VC-Turbo)
最高出力200kW(268HP)/5,600rpm
最大トルク380Nm(280lb-ft)/4,400-4,800rpm
駆動方式2WD(FF)/4WD
トランスミッションCVT (XTRONIC)
最高速度230km/h
0-100km/h加速FF 6.7秒、4WD 6.3秒
米国基準の燃費27mpg(2WD)26mpg(4WD)
(従来モデルより35%、4WDモデル30%燃費向上)

※最新自動車情報2018調べ

発売日の間違え、予想も含まれております。

日産

http://www.nissan.co.jp/

2019年 新車発売 モデルチェンジ まとめ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019