MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 シエンタ 残念だと思ってしまう点をまとめ

トヨタは新型「シエンタ」のフルモデルチェンジを行い2022年8月23日に発売を開始。7年でのフルモデルチェンジとなる。今回は筆者が「シエンタ」を購入検討し、色々と調べた中で残念だなと思ってしまった点を詳しくまとめてみました購入の際の参考にしていただければ幸いです。

目次

新型 シエンタ 残念だと思ってしまう点

電動パーキングブレーキ&ホールドを不採用

今回の新型「シエンタ」で一番残念なのが「電動パーキングブレーキ&ホールド」(パーキングブレーキを自動、停止時に自動でブレーキが動作、アクセルを踏めば自動で解除)が不採用であることです。数多くの先進技術を採用しながらなぜこの機能だけ省いたのか少し理解に苦しみます。現代の車では欠かせない機能だと思いますし、一度使うとない車に乗るのは嫌だなと感じるぐらいです。

アクティブクルーズコントロール(ACC)停止保持機能はグレードハイブリッド「Z」のみ

アクティブクルーズコントロール(ACC)はどのグレードでも全車速追従付であるが、残念なことに停止保持はできない。しかし、唯一ハイブリッドグレード「Z」を選択すれば停止保持可能となる。「電動パーキングブレーキ&ホールド」を全車標準としてこちらも停止保持機能を標準としてほしかった。

あわせて読みたい
【2022年】「全車速追従付 クルーズコントロール」の搭載車はどれだ?一覧にまとめてみた 2022年発売の新型モデルにはほぼ標準となりつつある「全車速追従付クルーズコントロール」を1度使用すればなくてはならない物になるこの機能が2022年現在までに、どの車...

トヨタ ディスプレイオーディオ ほぼ標準装備

「8インチまたは10.5インチディスプレイオーディオ」を標準装備。(エントリーモデル「X」を除く。)「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。

時代の流れですね・・・一言で言えば。携帯電話が「ガラケー」から「スマホ」になる様にナビゲーション市場にも変化の時を迎えたと言うことです。「ナビレス」の選択がない(エントリーモデルXを除く。)どころか形状が違うため社外ナビを取り付ける「2DINサイズ」すらありません。つまり現在のところ社外ナビの取り付けは不可となります。社外ナビ、「カロッツェリア」「アルパイン」「ケンウッド」を付けたい人(自分も)残念です。どのグレードでもナビレスの選択があれば嬉しいです。

CD /DVDデッキ オプション

上記で説明しているディスプレイオーディオのみの採用なので標準では「CD/DVD」の再生は不可。オプションのETC2.0ユニットとの併用は不可。注意が必要です。

シートヒーター

運転席と助手席にシートヒーターはオプション設定。残念ながらベースグレード「X」では不採用。つまりシートヒーターが必須な人はグレードは必ず「X」グレード以上を選択しなければならないので注意が必要です。

電力供給可能な外部給電機能はハイブリッドモデルのみ

般家庭約5.5日分の電力供給可能な外部給電機能をグレードS-Z(ハイブリッド)標準装備、S-G(ハイブリッド)にメーカーオプション。つまりガソリン車は非対応となるので注意が必要。

2列目キャプテンシート 不採用

ライバル車種のホンダ「フリード」や上位モデル「ノア」「ヴォクシー」に採用される2列目のキャプテンシートとし6人乗りモデルとすることで真ん中のスペースが開くため、2列目から3列目への移動が楽にできるといったモデルである。2列目の快適性を求めたいひとは別車種を検討することになるかもしれません。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ノア ヴォクシー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2022年1月13日発売 トヨタは新型「ノア」「 ヴォクシー」のフルモデルチェンジを行い2022年1月13日に発売を開始する。トヨタ販売店は統合を2019年から順次スタートするが、それに伴い「ノ...

デジタルインナーミラー 不採用

車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに表示する機能が設定されていない。オプションでもいいので設定してほしかった。特に、シエンタは後部座席を倒して自転車など大きな荷物などが入るので需要はある。今後の改良で設定を望みたい。

両側パワースライドドアは標準装備はグレード「Z」「G」

グレード「Z」「G」のみ両側「パワースライドドア」が標準装備。金額やその他装備との兼ね合いになるが両側スライドを採用する人は、上位グレード「Z」「G」を選択することをおすすめする。エントリーモデル「X」は助手席のみとなる。

アルミホイールはオプション設定で上位グレードでもスチールホイール設定

少し珍しいが、全グレードにおいて採用されるのが「スチールホイール」であり、グレードによりデザインが異なる。アルミホイールはオプションとして「Z」「G」グレードで選択が可能となっている。

静粛性を求めるならハイブリッドモデル

ハイブリッドモデルは走行時の音がエンジンが始動するタイミングが少ないので静粛性を求めるならハイブリッドモデルを選択するべきだ。さらに静粛性を求める人は「UVカット機能付ウィンドシールドグリーンガラス(高遮音性ガラス)」オプション選択するべきなのでコンフォートパッケージを選択するべきだ。(エントリーモデル「X」を除く。)

エクステリアデザインを気にするなら上位グレード「Z」

新型「シエンタ」は今まで説明してきた通りだが、エントリーモデル「X」は選択できないオプションが多いだけでなく、エクステリアデザインも違いがある。今回の新型では上位グレード「Z」ではデザインに大きな差があり、グリル周りに「グリルモール」ヘッドライトには「Bi-Beam LEDヘッドランプ」リアコンビネーションランプには「LEDライト発光テールランプ」などがあり、エクステリアデザインを気にする方は「Z」グレードを選択するべきです。

納期が長い

東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足により工場が生産停止となることも影響し納期が長期化する。車業界の話になるが注文したが納車が遅いとどうしても車検が切れるタイミングや売却で手放すタイミングがわからなくなるのでデメリットとなるはずだ。グレード「Z」が優先的に生産される様子。

まとめ

新型「シエンタ」の残念な部分を今回まとめてみました。現時点では充実した装備が可能なグレードは「Z」のハイブリッドモデルをおすすめする。個人的にはどこか懐かしいエクステリア、インテリアも使い勝手がいいモデルであり、第2世代の「次世代 Toyota Safety Sense」を搭載など機能も充実していて価格も手ごろなモデルだと思います。全幅が1,695mmを維持したため5ナンバーサイズを守り切った点に価値があるのだろう。今後も一部改良を行い欠点が改善されていくことだろう。今購入を検討するならおすすめな1台である。

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次