価格と仕様が判明 ホンダ 新型「WR-V」 スポーティーSUV 日本モデル 2023年12月21日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
WR-V

ホンダは、新型コンパクトSUV「WR-V」を日本にて2023年12月21日発表、2024年3月22日に発売する。ハイブリッド、電気自動車モデルの設定を今後予定している。2023年11月16日に公式webサイトにて先行公開された。価格や仕様を確認してきたので内容についてまとめてみた。

目次

ホンダ 新型「WR-V」について

最新のエクステリアデザインを採用。「ヴェゼル」より小さなボディーサイズとしAセグメントクロスオーバーSUVとした。

10.25インチインフォテインメントシステムを採用。

7インチデジタルメーターを採用。

最新の運転支援システム「Honda SENSING」を採用。

「WR-V」は「Winsome Runabout Vehicle(ウィンサム ランナバウト ビークル)」の頭文字を組み合わせた車名。Winsomeには、「楽しさ」や「快活さ」の意味があり、このクルマと生き生きとした毎日を楽しんでほしいという思いが込められている。「WR-V」は「ヴェゼル」より小さなAセグメントクロスオーバーSUVとして開発。コンパクトなデザインとよりスポーティなスタイルで最先端を行くパフォーマンスとテクノロジーを備えたモデルである。ライバル車種としては日本では「ヤリスクロス」「ライズ」「クロスビー」など販売台数では上位にラインクインする車種が相手となるが、日本市場においてコンパクトSUVモデルの需要の高さがあり、「WR-V」を投入するのは当然の流れと言っていいかもしれない。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2021年4月23日発売

ホンダ 新型「WR-V」スペック について

「WR-V」に最初のモデルはガソリンモデルのみで「直列4気筒 1.5L 自然吸気エンジン」を採用する。

スペックWR-V
全長4,325mm
全幅1,790mm
全高1,650mm
ホイールベース2,650mm
最低地上高195mm
エンジン直列4気筒 1.5L
自然吸気エンジン
最高出力87kW(118ps)/
6,600rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm)/
4,300rpm
トランスミッションCVT
駆動方式2WD(FF)
乗車定員5名
車両重量1,210kg
最小回転半径5.2m
WLTCモード燃費16.4㎞/L

ホンダ 新型「WR-V」価格 グレード について

グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格(10%)
X直列4気筒 1.5L
自然吸気エンジン
CVT2WD2,098,800円
Z2,349,600円
Z+2,489,300円

ホンダ 新型「WR-V」「ヴェゼル」スペック 比較 について

「WR-V」「ヴェゼル」のボディサイズを比較すると、全長が短いが、ホイールベースが長く、最小回転半径が短いので小回りがよく、室内空間を確保できていることがわかる。

スペックヴェゼルWR-V
全長4,330mm4,325mm-5mm
全幅1,790mm1,790mm-0mm
全高1,580mm~
1,590mm
1,650mm+60mm
ホイールベース2,610mm2,650mm+40mm
最小回転半径5.3~5.5m5.2m-0.1m

エンジンスペックは「ヴェゼル」のガソリンモデルと同様であるが、ガソリンモデルの価格帯は12,9800円~300,300円の差がありモデルとしての差を出している。

スペックヴェゼル
ハイブリッド
e:HEV
ヴェゼル
ガソリン G
WR-V
エンジン1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD
(e:HEV)
直列4気筒 1.5L
i-VTEC
自然吸気エンジン
直列4気筒 1.5L
i-VTEC
自然吸気エンジン
最高出力72kW(98ps)/
5,600-6,400rpm
87kW(118ps)/
6,600rpm
87kW(118ps)/
6,600rpm
最大トルク127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
142Nm(14.5kgm)/
4,300rpm
142Nm(14.5kgm)/
4,300rpm
モーター
最高出力
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
モーター
最大トルク
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
CVTCVT
駆動方式2WD/4WD2WD/4WD2WD
WLTCモード
燃費
24.8km/L(2WD)
22.0km/L(4WD)
17.0km/L(2WD)
15.6km/L(4WD)
16.4㎞/L(2WD)
価格(10%)2,658,700円〜
3,298,900円
2,399,100円~
2,619,100円
2,098,800円~
2,489,300円

ホンダ 新型「WR-V」エクステリアについて

「WR-V」のエクステリアは、スタイリングから安心と信頼を感じられるようなデザインとしました。高く配置したベルトラインと厚みのあるボディー造形とすることで、力強さを表現。これまで成功を収めてきた Honda SUV ラインを、「CR-V」「HR-V」「BR-V」などのモデルに新たに加わる。Honda SUVラインの一部として、「WR-V」は、Honda SUVの特徴である高い最低地上高、強力なエンジン性能、広々としたキャビン、洗練されたテクノロジーなどの特徴も備えている。さらに、Honda WR-V は、同クラスの他のモデルと比較して、よりスポーティなスタイルとさまざまな利点を備えた設計になっている。 さまざまな路面状況を安心して走れるよう、クラス最高の地上高195mmを確保。ちなみに同クラスの「ヤリスクロス」は地上高170mmである。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
【2023年】各社 SUVの最低地上高 まとめ

ホンダ 新型「WR-V」ボディカラー 全5色 について

イルミナスレッド・メタリック

プラチナホワイト・パール

クリスタルブラック・パール

ゴールドブラウン・メタリック

メテオロイドグレー・メタリック

ホンダ 新型「WR-V」インテリアについて

ドライバーに十分なスペースを提供するためによく設計されたコックピット エリアを提供。ホンダ WR-V は、レザー とファブリックシートの組み合わせを使用し、アームレスト付きのレザーセンターコンソール ボックスで利用できます。スポーティで上質なインテリアデザインを融合し、コンパクトSUVのキャラクターを表現。Honda WR-Vには、さまざまなデバイスに接続できる2つのUSBポートで簡単に接続および充電できる12V電源コンセントもある。 

「WR-V」の快適な運転は、7.0インチ(TFT)デジタルメーターによってもサポートさ、Honda SENSING機能、平均燃費、走行距離、残りなど、運転中にさまざまな正確な情報を表示。スマートフォン接続やハンズフリー電話など、さまざまな機能を備えた10.25インチインフォテインメントシステムを採用する。

「WR-V」キャビンのプロポーションはスリムですが、より快適で広々としたスペースも提供。クラス最大級のヘッドルームとレッグルームを確保(荷室長 約840mm 荷室開口部幅 約1,110mm 荷室開口部高さ 約932mm)。ラゲッジルームは458リットルを収容でき、さまざまな活動にさまざまなアイテムを運ぶためのより広い貨物スペースを提供。ホンダ WR-V のキャビン シーリングは、車体パネル周辺に制振材とクローズド パネル構造を吹き付けることで静粛性を高め、外部からのほこりや不快な臭いを防ぐ。

ホンダ 新型「WR-V」快適装備について

「WR-V」には最新のHonda SENSING搭載、助手席後ろにシートバックポケット収納部があり、運転席にもあり、計6個の水筒ホルダーと2列目シートも装備。 40:60まで折りたたむことができる。RS&RSタイプのHonda SENSINGには、忘れ物などを発車前に確認するよう音声とマルチインフォメーションディスプレイで警告するリアシートリマインダーも装備。   

ホンダ 新型「WR-V」安全装備について

最新の運転支援システム「Honda SENSING」は衝突被害軽減ブレーキのほか、車線維持支援システム(LKAS)、歩行者事故低減ステアリング、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、先行車発進お知らせ機能、オートハイビームなどに対応することにより、安全性と快適性が高めている。

システム 装備WR-V
CMBS
(昼・夜間
歩行者
自転車)
誤発進抑制機能
近距離衝突軽減ブレーキ
急アクセル制御機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
渋滞時追従機能付き
アダプティブ
クルーズコントロール
(ACC)

(約0km/h~)
車線維持支援システム
(LKAS)
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートハイビーム
パーキングセンサーシステム

ホンダアクセス 新型「WR-V」用 コンパクトSUV 純正アクセサリー

ホンダアクセスは、新型SUV「WR-V(ダブリューアールブイ)」用純正アクセサリー2024年春に発売を予定。WR-Vの純正アクセサリーは、「HIGH QUALITY TOUGHNESS(ハイクオリティー タフネス)」をテーマに、WR-Vを所有する喜びをさらに高めるエクステリアアイテムと、日々の暮らしやアクティブなレジャーシーンで活躍するユーティリティーアイテムでSUVらしいタフさとワンランク上の上質感を兼ね備えた世界観を提案。

エクステリアのコーディネート、「TOUGH STYLE(タフスタイル)」は、力強く、存在感のある造形が特徴の「フロントグリル」を中心に、上質感を高めるメッキ加飾やタフさを表現したガーニッシュ類のシルバー加飾を組み合わせることで、よりいっそうアクティブなSUVらしさを演出。

インテリアでは荷室空間の使い勝手をさらに向上させる「ストレージボード」や、汚れや濡れたものを気にせず積載できる「ラゲッジトレー」など、日常からレジャーまでWR-Vをアクティブかつタフに使い倒せるユーティリティーアイテムなどを設定。

TOUGH STYLE装着アイテム

フロントグリル (ブラック×クロームメッキ)

フロントロアーガーニッシュ(クロームメッキ×シルバー)

サイドロアーガーニッシュ(ストームシルバー・メタリック/左右セット)

リアロアーガーニッシュ(シルバー)

フォグライトガーニッシュ(クロームメッキ/左右セット)

フェンダーガーニッシュ(クロームメッキ/WR-Vロゴ付/左右セット)

フューエルリッドデカール(ハイボスカル/クロームメッキ調×ブラック)

エキパイフィニッシャー

パターンプロジェクター (LEDホワイトイルミネーション(ドア開閉連動/WR-Vロゴ)/フロントドア用左右セット)

サイドステップガーニッシュ (フロント部LEDホワイトイルミネーション(ドア開閉・ルームランプ連動/WR-Vロゴ)付/ステンレス製/フロント・リア用左右4枚セット)

ストレージボード

便利と安心を、さらにプラス

  • リアカメラ de あんしんプラス4
    • 後退駐車サポート
    • 後退出庫サポート
    • 後方死角サポート
    • 後方車両お知らせ機能
  • ドライブレコーダー(フロント用) DRH-229ND ナビ・スマートフォン連動タイプ/駐車時録画機能付/カメラ一体型/64GB〈取付アタッチメント含む〉
  • オートリトラミラー ドアロック連動タイプ
  • LEDフォグライト クリア/4.6W(片側)/左右セット
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ホンダアクセス 新型「WR-V」用 コンパクトSUV 純正アクセサリー 2023年11月16日先行公開

新しい情報が入り次第お伝え致します。

ホンダ インドネシア

https://www.honda-indonesia.com/news

https://www.honda-indonesia.com/wr-v

WR-V

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次