corolla cross

2021年 新車発売 モデルチェンジ まとめ

日本で今すぐにでも発売してほしい車種たち

現在、日本ではまだ販売されていない素晴らしい車が数多くある。日本メーカーは最近では海外での販売に力を入れているため海外での販売が先行してしまっている。海外が先行したが日本で販売されて成功した車種はトヨタ「RAV4」や日産「キックス」だろう。しかし実はまだまだ日本で販売したらヒットしそうな車種が多く存在している。今回は日本でまだ発売されていないが魅力的な車種をいくつか紹介する。

日産 新型 エクストレイル フルモデルチェンジ

日産は「ローグ(日本名 エクストレイル)」のフルモデルチェンジを行い米国にて2020年6月15日午前9時(現地時間)世界初公開した。米国では2020年10月頃から販売を開始する。日本ではなぜかフルモデルチェンジをせずそのまま現行を継続中

Nissan Rogue

日産 新型 エクストレイル 一部仕様向上 2020年11月5日発売

新型エクストレイルについて

新型 ローグ(エクストレイル)のボディサイズはコンパクトになり、0.1インチ(2.54 mm)短いホイールベース、2.1インチ(53.3 mm)短いルーフ、バンパーが1.7インチ(43.2 mm)短い。ルノー・日産の新型プラットフォーム「CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)」を採用。

Nissan Rogue

Nissan Rogue

Nissan Rogue

エクステリアデザイン変更、前後バンパーデザイン変更。エクステリアはスプリットヘッドライトと大型ダブル「Vモーショングリル」と「アクティブグリルシャッター」を採用。LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)、を装備。

インテリアでは3つのハイテクデスプレイ(メーター・ヘッドアップ・インフォメーション)を採用。メーターに5インチまたは7インチディスプレイ、12.3インチのフルデジタルメーターを設定。更に10.8インチのカラーヘッドアップディスプレイを採用した。

安全装備では日産セーフティシールド360を標準装備。更にナビリンク付きの最新のProPilot Assistシステムを採用、より長距離のレーダーとより広い視野のカメラが付属。また、更新された車線追従アシスト機能により、歩行者を検出し、車のセンターフィーリングを向上。

新型エクストレイル スペックについて

もちろん日本モデルの新型「エクストレイル」も同様にフルモデルチェンジを2021年に行う。e-POWERモデルを追加。更に時期は遅れるがPHEV(プラグインハイブリッドEVシステム)モデルを追加する。

スペック 新型エクストレイル
e-POWER
全長 4,640mm
全幅 1,820mm
全高 1,715mm
ホイールベース 2,705mm
エンジン 1.2L 直3DOHC +モーター 型式:EM57
モーター最高出力 100kW(136ps)
モーター最大トルク 320Nm(32.6kgm)
最高出力 62Kw(84ps)/6000rpm
最大トルク 103Nm(10.5kgm)/3200-5200rpm
駆動方式 2WD
乗車定員
JC08モード燃費 23.0km/L
価格

日産 新型 エクストレイル(ローグ)フルモデルチェンジ 米国2020年6月15日発表

日産 新型 ローグ (エクストレイル)フルモデルチェンジ 米国2020年6月15日発表

日産 新型 エクストレイル e-POWER フルモデルチェンジ 2021年12月発売

日産 新型 エクストレイル e-POWER フルモデルチェンジ 2021年12月発売

スバル 新型 レガシィ アウトバック フルモデルチェンジ

2019年7月30日(現地時間)米国にて生産を開始したと発表した。2019年4月19日〜4月28日に開催されるニューヨークモーターショー2019にて発表された。

新型レガシィ アウトバックについて

新型レガシィ アウトバックにも次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform(SGP)」を採用する。ボディサイズは全長4,860、全幅1,855、全高1,680mm、ホイールベース2,745mmである。

subaru-outback

subaru outback

インテリアには11.6インチのフルHD大画面ディスプレイを搭載したナビゲーションシステムを採用する。スマートフォン感覚で快適に操作できるHMI(Human Machine Interface)を採用。「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。

 

エンジンには現行モデル同様に水平対向4気筒DOHC 2.5L 自然吸気「FB25」型に加え、新型水平対向4気筒DOHC 2.4L直噴ターボ「FA24」型を採用した。

新型レガシィ アウトバック スペックについて

スペック レガシィ アウトバック
全長 4,860mm
全幅 1,855mm
全高 1,680mm
ホイールベース 2,745mm
エンジン 水平対向4気筒DOHC 2.5L
自然吸気「FB25」型
水平対向4気筒DOHC 2.4L
直噴ターボ「FA24」型
最高出力 182HP/5,800rpm 260HP/5,600rpm
最大トルク 176lb-ft/4,400rpm 277lb-ft/2,000-4,800rpm
トランスミッション リアトロニック
駆動方式 AWD シンメトリカル
WLCTモード燃費
乗車定員 5名
価格

スバル 新型 レガシィ アウトバック フルモデルチェンジ A型 日本モデル 2021年10月発売

スバル 新型 レガシィ アウトバック フルモデルチェンジ A型 日本モデル 2021年10月発売

トヨタ 新型 カローラ クロス

新型カローラをベースにした新型コンパクトSUV「カローラ クロス」を2020年7月9日にタイで世界初公開し発売を開始した。

corolla cross

corolla cross

新型 カローラクロスについて

「TNGAプラットフォーム(GA-C)」を採用、上質な走りと快適な乗り心地、静粛性を実現。

corolla cross

corolla cross

また、快適性能に加えて、広々としたキャビン、乗降性の良さ、あらゆるシーンで使用いただけるクラストップレベルのラゲージスペース、カローラシリーズから引き継いだ安全装備により、「快適・便利・安心」を追求。「COROLLA MEETS SUV」をキーワードに、お客様の期待を超える「車格感(力強さを感じさせる外観)」+「ユーティリティ(使い勝手の良さ)」の両立を目指し開発。

corolla cross

corolla cross

 

新型トーションビームサスペンションによる安定したフラットな走り、広い居住空間とクラストップレベルのラゲージスペースを実現。クラストップレベルの荷室容量(487L/440L)。

トヨタ 新型カローラ クロス スペックについて

スペック 新型 カローラクロス
全長 4,460mm
全幅 1,825mm
全高 1,620mm
ホイールベース 2,640mm
エンジン 直4 DOHC 1.8L+モーター(THSⅡ)
最高出力 72kW(98ps)/5,200rpm
最大トルク 142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
フロントモーター最大出力 53kW(72ps)
フロントモーター最大トルク 163Nm(16.6kgm)
リアモーター最大出力 5.3kW(7.2ps)
リアモーター最大トルク 55Nm(5.6kgm)
システム出力 90kW(122ps)
トランスミッション 無段階変速機
車両重量 1,385kg
最小回転半径 5.2m
乗車定員 5名
JC08モード燃費 29.0km/L
価格

トヨタ 新型 カローラクロス タイで 2020年7月9日 世界初公開

トヨタ 新型 カローラクロス タイで 2020年7月9日 世界初公開

トヨタ 新型 カローラ クロス クロスオーバーモデル 2021年11月発売

トヨタ 新型 カローラ クロス クロスオーバーモデル 2021年9月発売

日産 新型 ローグスポーツ・キャッシュカイ フルモデルチェンジ 

日産は新型「ローグスポーツ(米国)」・「キャッシュカイ(欧州)」(日本名:デュアリス)のフルモデルチェンジ 2022年モデルのティーザー画像を2020年12月7日(現地時間)に発表した。米国では2021年に販売を開始する。

新型「ローグスポーツ」・「キャッシュカイ」のダッシュボードパネルはインフォテインメントシステムは上に移動し9インチのディスプレイを搭載、ナビゲーション、スマートフォンの接続、音楽へのアクセスを提供。再設計されたステアリングホイールの後ろには12.3インチのTFTディスプレイ、ハイエンドモデルにも10.8インチのヘッドアップディスプレイが搭載。

日産 新型 ローグスポーツ・キャッシュカイ フルモデルチェンジ 2022年モデル 発表

日産 新型 ローグスポーツ・キャッシュカイ フルモデルチェンジ 2022年モデル 発表

日産 新型 ジューク フルモデルチェンジ

日産は「ジューク」のフルモデルチェンジを行い2019年9月3日(現地時間)に正式発表した。欧州モデルの発表となる、2019年11月発売。

日産 JUKE

日産 新型 ジューク フルモデルチェンジについて

フルモデルチェンジした2代目となる新型ジュークはエクステリアデザインは先代モデル特徴である象徴的な円形ヘッドランプを継承した、上部には水平ラインのLEDライトから流れる様に大型Vモーショングリルに繋がる。更にCピラーに「フローティングルーフ」デザインを採用。

新型マーチ(マイクラ)やルノーキャプチャーから採用された新CMF-Bプラットフォームを採用する。CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)とは日産自動車とルノーが共同開発した、プラットフォーム基本的に「コックピット」、「エンジン」、「フロントアンダーボディ」、「リヤアンダーボディ」の各モジュールに「電子アーキテクチャー」を加えた5つのモジュールから構成されるのがCMFである。先代モデルで採用していた17インチホイールから、19インチホイールを採用。更にボディサイズを拡大、室内空間も広くなった。

新型ジューク

インテリアはインパネの上面にソフトパットを使用し高級感を高めた。NissanConnectインフォテインメントシステムは、Apple CarPlay、Android Auto、およびGoogle Assistantと互換性のある8インチタッチスクリーンディスプレイを採用。電動パーキングブレーキ&ホールドを採用。

新型ジューク

新型ジューク

更に先進安全技術「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」をはじめとする 「セーフティシールド360」「プロパイロット」など搭載。

ルクラッチトランスミッションの組み合わせ。

新型ジューク スペック(海外モデル)について

新型ジュークの海外モデルには「1.0L 直列3気筒ターボエンジン」を搭載。最高出力86kW(117ps)、最大トルク200Nm、6速マニュアルトランスミッションまたは7速DCTデュアルクラッチトランスミッションの組み合わせ。

スペック 新型ジューク
全長 4,210mm
全幅 1,800mm
全高 1,595mm
ホイールベース 2,636mm
エンジン 1.0L 直列3気筒ターボエンジン
最高出力 86kW(117ps)
最大トルク 200Nm
トランスミッション 6速MT/7速DCT

日産 新型 ジューク フルモデルチェンジ 2代目 欧州モデル 2019年9月3日発表

日産 新型 ジューク フルモデルチェンジ 2代目 欧州モデル 2019年9月3日発表

スバル 新型 SUBARU XV PHV

スバルは新型SUBARU XVの米国モデル「Subaru Crosstrek」のプラグインハイブリッド(PHV)モデル(SUBARU StarDrive Technology)を2018年11月19日(現地時間)発表、2018年12月に発売。

スバル 新型 SUBARU XV PHV について

SUBARU StarDrive Technologyは新型プリウスPHVと同様に、2つの電気モーターとリチウムイオンバッテリー電力量:8.8kWhを搭載し、EV走行も可能にしEV航続可能距離:27.3km前後を可能にしたモデルとなった。更に現行プリウスPHVは4人乗りとなるが、XV PHVは5人乗りをキープしている。荷物室はガソリンモデルと比べ狭くなった。

スバル 新型 SUBARU XV PHV スペック

新開発専用2.0L 4気筒水平対向直噴エンジン「FB20」型 プラグインハイブリッド

スペック 新型SUBARU XV PHV
全長 4,465mm
全幅 1,800mm
全高 1,595mm
ホイールベース 2,670mm
エンジン 2.0L 4気筒水平対向直噴エンジン「FB20」型
+ モーター×2
最高出力 137HP(139ps)/5,600rpm
最大トルク 134lb-ft(182Nm)/4,400rpm
モーター最高出力 118HP(120ps)
モーター最大トルク 149lb-ft(202Nm)
システム最大出力 約148hp(110kW / 150PS)
トランスミッション リアトロニック
バッテリー リチウムイオン 電力量 8.8kWh

スバル 新型 SUBARU XV PHV プラグインハイブリッド「Subaru Crosstrek Hybrid」日本 2021年10月発売

スバル 新型 SUBARU XV PHV プラグインハイブリッド「Subaru Crosstrek Hybrid」日本 2021年10月発売

まとめ

紹介した車種はどれも魅力的で日本でも販売力が期待できる車種であることは間違いない。日本は若者が様々な理由から車離れをしており世界中で魅力的な車種が存在するので是非、早期での投入を期待したい。

-2021年 新車発売 モデルチェンジ まとめ
-, , ,

© 2021 最新自動車情報