トヨタのSUV C-HR RAV4 ハリアー 何を基準に選ぶ? ポイントは?

C-HR 競合車種比較
トヨタ C-HR

トヨタ車は現在多くのSUVモデルをランナップしており、選択肢の幅が非常に広い。400万円以下で購入を検討する場合に「C-HR」「RAV4」「ハリアー」と選ぶのに非常に悩む。そこで、各車種どの様な特徴があり選択するポイントがあるのか比較してみた。

C-HR

C-HR

トヨタ C-HR

トヨタはC-HR (CHR) ZYX10型(1.2Lターボモデル・ハイブリッドモデル)を2016年12月14日発売。

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを新型プリウスに続き第二弾として採用した。デザインは、「センシュアル スピード – クロス」をコンセプトに、SUVのたくましい足回りやスピード感あふれるボディ、大人の色気を表現し、新ジャンル・スペシャルティを追求した。予防安全技術「Toyota Safety Sense P」を採用。

C-HR_“Mode-Bruno”

新型 C-HR ”Mode-Bruno”

スペック C-HR
全長 4,350mm
全幅 1,795mm
全高 1,555mm
ホイールベース 2,640mm
エンジン 1.2L 直列4気筒 DOHC
直噴ターボ
1.8L 直列4気筒 DOHC
+モーター(THSⅡ)
最高出力 116ps/
5,200-5,600rpm
98ps/
5,200rpm
最大トルク 18.9kgm/
1,500-4,000rpm
14.5kgm/
3,600rpm
モーター最大出力 72ps
モーター最大トルク 16.6kgm
トランスミッション Super CVT-i 電気式無段階変速機
JC08モード燃費 15.4km/L(4WD)
16.4km/L(2WD)
30.2km/L
価格 2,290,000円〜
2,799,600円
2,614,000円〜
2,929,200円

C-HR 購入 おすすめポイントは?

機械式の立体駐車場 高さは低いと1550mm以下しかない。SUVでは車高が高ので厳しい車種がほとんどだが、C-HR(2WD)の場合には全高1,550mmで可能である。また、ハイブリッド車は低燃費でJC08モード燃費で30.2km/Lである。

トヨタ C-HR ハイブリッドモデルとターボモデル どちらを選ぶ?おすすめは?

トヨタ C-HR ハイブリッドモデルとターボモデル どちらを選ぶ?おすすめは?
トヨタの「C-HR」は2016年12月14日発売を開始。2019年10月にマイナーチェンジを行いに発売する。既に販売を開始してから2年半あまり経過するがマイナーチェンジを迎え、プリウス同様に販売台数が増える可能性がありそうだ。ハイブリッドか...

トヨタ 新型 C-HR (CHR) マイナーチェンジ 2019年10月発売

トヨタ 新型 C-HR (CHR) マイナーチェンジ 2019年10月発売
トヨタの「C-HR」はマイナーチェンジを行い2019年10月に発売する。 新型C-HR マイナーチェンジについて 初のマイナーチェンジとなる今回はエクステリアとインテリアは多少の変更点がある。フロントバンパー、リアバンパーの形状の変更。...

RAV4

トヨタは新型「RAV4」XA50型のフルモデルチェンジを行い日本では2019年4月10日に発売した。

トヨタ 新型 RAV4

トヨタ 新型 RAV4

4代目「RAV4」とは違い初代や2代目の様なアウトドア思考のデザインとなり、「オクタゴン(八角形)」をモチーフにランドクルーザーなどトヨタSUVの伝統を踏襲した力強く大胆なデザインとなる。通常グレードとアウトドアを意識した「Adventure」を用意しており、フロントグリルやフロントバンパーデザインに違いがある。TNGA(Toyota New Global Architecture)新型「カムリ」に採用されるGA-Kプラットフォームと呼ばれる新開発のプラットフォームの技術を採用する。 

高速燃焼技術、可変制御システムの採用。世界トップレベル最大熱効率40%を実現する「直列4気筒 2.0L 直噴エンジンD-4S(Dynamic Force Engine)」採用。

2.5LのTHSⅡは、小型・軽量・低損失化技術と、TNGAによる新型エンジンの高い燃焼効率と高出力とのシナジー効果により、優れた動力性能・低燃費を高次元で追求している。「ディスコネクト機構」を採用。新開発した4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」がトヨタ車で初めて採用する。第2世代の「次世代 Toyota Safety Sense」を採用した。

スペック RAV4
全長 4,600mm
全幅 1,855mm
全高 1,690mm
ホイールベース 2,690mm
エンジン 2.0L 直列4気筒
直噴ガソリンエンジン
2.5L 直列4気筒 
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
最高出力 126kW(171ps)/
6,600rpm
131kW(178ps)/
5,700rpm
最大トルク 207Nm(21.1kgf・m)/
4,800rpm
221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
モーター最大出力 前:88kw(120ps)
後:40kW(54ps)
モーター最大トルク 前:202Nm(20.6kgm)
後:121Nm(12.3kgfm)
トランスミッション Direct Shift-CVT 電気式無段階変速機
JC08モード燃費 25.0km/L~
25.2km/L
WLCTモード燃費 15.2km/L~
15.8km/L
20.6km/L~
21.4km/L
価格 2,290,000円〜
2,799,600円
3,222,000円〜
3,817,800円

RAV4 購入 おすすめポイントは?

一言でまとめると現在のトヨタ車では、新しい技術を詰め込んだ車(エンジン、安全技術、プラットフォーム)と言っていい。これが最大の魅力。それに加えてSUVとしての走破性を重視したエクステリアデザインと4WDメインのラインナップとなるのでオフロード走行や最新技術を体感したい人におすすめできる1台である。

トヨタ 新型 RAV4 フルモデルチェンジ日本復活 2019年4月10日発売

トヨタ 新型 RAV4 フルモデルチェンジ日本復活 2019年4月10日発売
トヨタは新型「RAV4」XA50型のフルモデルチェンジを行い日本では2019年4月10日に発売した。 価格:260万8,200円~381万7,800円 世界初となる新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」や最新の予防安全...

ハリアー

現行ハリアーは2013年12月2日に発売。ハイブリッド車は2014年1月15日に発売。ハリアーはビックマイナーチェンジを2017年6月8日に発表し発売を開始した。

ハリアー

新型 ハリアー

予防安全技術「Toyota Safety Sense P」を採用。インテリは「室内灯をLED」、「電動パーキングブレーキ」を採用。「3連LEDヘッドライト」、「LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)」を装備。新開発ダウンサイジングターボ「2.0Lターボエンジン 8AR-FTS」を採用。「アダプティブLEDヘッドライト AHS」を採用 。

harrier

3連LEDヘッドライト、LEDシーケンシャルターンランプ

スペック 新型ハリアー
全長 4,725mm
全幅 1,835mm
全高 1,690mm
ホイールベース 2,660mm
モデル ガソリンモデル ターボモデル ハイブリッドモデル
エンジン 直列4気筒DOHC 
2.0Lエンジン
直列4気筒DOHC 
2.0Lインタークラー付き
ターボ
直列4気筒DOHC 
2.5L
「2AR-FXE」
+THS II
最高出力 112kw(152ps)/
6,100rpm
170kw(231ps)/
5,200-5,600rpm
112kw(152ps)/
5,700rpm
最大トルク 193Nm(19.7kgm)/
3,800rpm
350Nm(35.7kgm)/
1,650-4,000rpm
206Nm(21.0kgm)/
4,400-4,800rpm
フロントモーター
最高出力
105kW(143ps)
フロントモーター
最大トルク
270Nm(27.5kgm)
リヤモーター
最高出力
50kW(68ps)
リヤモーター
最大トルク
139Nm(14.2kgm)
トランス
ミッション
Super CVT-i
(自動無段階変速機)
6AT
(6 Super ECT )
電気式
無段階変速機
駆動方式 2WD/4WD 4WD 
(E-Four)
バッテリー リチウムイオン
バッテリー(6.5Ah)
JC08モード
燃費
14.8〜16.0km/L 12.8〜13.0km/L 21.4km/L
価格 2,949,480円〜
4,324,320円
3,380,400円〜
4,574,880円
3,774,600円~
4,953,960円

ハリアー 購入 おすすめポイントは?

乗用車をベースにした「高級クロスオーバーSUV」の先駆けとして進化して3代目となっている。LEXUS RXと切り離され、NXと同様のプラットフォームを採用しており、中身はNXとほぼ言っていい。しかし価格は「直列4気筒DOHC 2.0Lエンジン」であれば294万円スタートとお手頃な価格でありながら他のトヨタSUVにないラグジュアリーな内外装が魅力である。現在流行りの「LEDシーケンシャルターンランプ」を採用したことでより高級車の仲間入りを果たしている。更に今や基本と成りつつある「電動パーキングブレーキ」「Toyota Safety Sense P」なども採用されており、価格帯を見ても決して高いわけではない。「クラウン」や「LEXUS NX」に採用される「直列4気筒DOHC 2.0Lインタークラー付きターボ」を選択すれば走りも楽しめる1台である。

トヨタ 新型 ハリアー ビックマイナーチェンジ Toyota Safety Sense P 標準搭載 2017年6月8日発売

トヨタ 新型 ハリアー ビックマイナーチェンジ Toyota Safety Sense P 標準搭載 2017年6月8日発売
トヨタは新型ハリアーのビックマイナーチェンジを2017年6月8日に発表し発売を開始した。 価格:294万9,380円〜495万3,960円 各ディーラーなどでは現行ハリアーは3月末までのオーダーとなった。2017年5月8日から全国の販売...

トヨタ 新型ハリアー ハイブリッド か ガソリン どちらを選ぶ? 「ELEGANCE 」「PREMIUM」「PROGRESS」おすすめグレードは?

トヨタ 新型ハリアー ハイブリッド か ガソリン どちらを選ぶ? 「ELEGANCE 」「PREMIUM」「PROGRESS」おすすめグレードは?
トヨタの現行ハリアーは日本国内限定車とし2013年12月2日から販売を開始。その後、ビックマイナーチェンジを2017年6月8日に発表し発売を開始した。既に発売から5年近く経つが人気は非常にある車種である。 自販連(日本自動車販売協会連合会...

トヨタ RAV4 VS トヨタ ハリアー 徹底比較

トヨタ RAV4 VS トヨタ ハリアー 徹底比較
RAV4とハリアーは同じトヨタ車であるがクロスオーバーSUVというジャンルにおいてライバル関係になる車です。この2台を、価格、デザイン、エンジン性能、人気などで比較した。今から購入を考えるあなたならどちらを選びますか? トヨタは新型「RA...

レクサス NX VSトヨタ RAV4 VS トヨタ ハリアー 徹底比較

レクサス NX VSトヨタ RAV4 VS トヨタ ハリアー 徹底比較
レクサス NXとRAV4とハリアーは同じトヨタ車であるがクロスオーバーSUVというジャンルにおいてライバル関係になる車です。この3台はサイズはほぼ同様ながら価格、デザイン、などで差がある。今から購入を考えるあなたならどちらを選びますか? ...

結論

「C-HR」は、低燃費な車がいい、都心で立体駐車場にも入れたいがSUVに乗りたい人、そこまで大きな車には乗りたくない人。

「RAV4」は、悪走行な道も楽に走りたい。アウトドアを楽しみたい。トヨタSUVの伝統を踏襲した力強く大胆なデザインが好き。トヨタ最新の機能をフル装備させたい。

「ハリアー」は、高級感のある車に乗りたいがSUVに乗りたい。「ハリアー」に乗りたい。「LEXUS NX」までは手が出しづらい。女の子受けのいい車に乗りたい人。

こんな選択肢に当てはまるのではないでしょうか?新車購入の参考にして頂ければ幸いです。

トヨタ

https://toyota.jp/

トヨタ C-HR

https://toyota.jp/c-hr/

トヨタ RAV4

https://www.toyota.com/rav4/

トヨタ ハリアー

https://toyota.jp/harrier/

競合車種比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました