日産 新型 キューブ e-POWER フルモデルチェンジ 後継モデル 3列7人乗り2022年4月発売

日産は新型キューブのフルモデルチェンジを行い後継モデルを2022年4月頃に発売する予定だ。

目次

新型キューブについて

まずはデザインだが、現在のキープコンセプトではなく、日産のデザイン新型車と共通してフロントマスクを「V-Motion」形状のヘッドライトを採用すると思われる。このデザインを採用により、今までのキューブ型に流れが加わりイメージが変更されると思われる。新型マーチ後継車種、程の変化ではないだろう流用されるのはノートでマイナーチェンジで採用された、直列3気筒 DOHC 1.2L直噴スーパーチャージャーが採用されることとなりそうだ。また、旧型から廃止された3列シート7人乗りのキューブキュービックが復活するとも言われている。

新型キューブ e-POWER

ライバル車種は、トヨタ新型シエンタとホンダ新型フリードにはハイブリッドモデルがあり新型キューブもライバルに勝つためにも新型ノートに搭載したe-POWERを採用する。1.2L直噴ミラーサイクル+モーター (e-POWER)モーターはリーフと同様のモデルを採用する。

スペック 直列3気筒DOHC1.2Lエンジン 「HR12DE」(発電用)
+モーター 型式:EM57
モーター最高出力 79ps/5,400rpm
モーター最大トルク 10.1kgm/3,600-5,200rpm
最高出力 80kW (109PS)/3008〜10000rpm
最大トルク 254Nm(25.9kgm)/0〜3008rpm

エンジンの発電と回生ブレーキの発電でバッテリーに充電を行う。

新型 キューブ スペック 予想

スペック 新型 キューブ
全長 4,000mm
全幅 1,695mm
全高 1,650mm
ホイールベース 2,600mm
エンジン 直列3気筒 DOHC 1.2L
直噴スーパーチャージャー
1.2L直噴ミラーサイクル+
「HR12DE」(発電用)モーター
最高出力 98ps/
5,600rpm
79ps/
5,400rpm
最大トルク 14.5kgm/
4,400rpm
10.1kgm/
3,600-5,200rpm
モーター型式 EM57
モーター最高出力 80kW (109PS)/
3008〜10000rpm
モーター最大トルク 254N・m(25.9kgf・m)/
0〜3008rpm
JC08モード燃費 23km/L 35.0km/L
価格 170~215万円 200〜250万円

ライバル車種について

トヨタも、2015年7月9日にシエンタのモデルチェンジを果たし人気が出ておりホンダのフリードも2016年9月16日にモデルチェンジ、スズキのソリオも2015年8月26日にモデルチェンジしたこともあり他社と戦うためにもキューブキュービックの復活が望まれる。気になる発売日は2020年ではないかと思われる。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 シエンタ ハイブリッド マイナーチェンジ Toyota Safety Sense 標準搭載 2018年9月11発売 トヨタは新型シエンタのマイナーチェンジを行い2018年9月11日に発売を開始した。全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店とモデリスタ店を通じて発売...
あわせて読みたい
スズキ 新型 ソリオ / ソリオバンディット マイナーチェンジ 仕様変更 デュアルカメラブレーキサポート ... スズキは新型ソリオとソリオバンディットのマイナーチェンジ (仕様変更)を行い 2018年7月2日発表 7月20日に発売する。ソリオ 価格:145万9080円~217万9440円。ソリオ バ...

このライバル車種の共通点は5ナンバーサイズにとどめながらも全高を高く設定し室内空間を確保し、更にスライドドアを採用している点である。

他社と並ぶ上でキューブのスライドドア採用も課題の一つとなりそうだ。

フロントマスクを「V-Motion」形状のヘッドライトを採用したモデル

あわせて読みたい
日産 新型 ムラーノ マイナーチェンジ ハイブリッドモデル 3代目 Z52型 エクステリア変更 2018年発売 日産は新型のムラーノ 3代目 Z52型のマイナーチェンジを行い2018年内に発売する。日本国内では販売の予定はないが現在、世界各国をはじめ日本国内でもSUV人気と共に各自...

Nissan_Rogue

あわせて読みたい
日産 新型 エクストレイル e-POWER フルモデルチェンジ 日本2022年3月発売 日産は新型「エクストレイル (X-TRAIL)」のフルモデルチェンジを行い日本モデルを2022年3月に発売する。日本モデルでは日産独自のハイブリッドシステム、「e-POWER」...

serena

あわせて読みたい
日産 新型 セレナ 仕様向上 ハイビームアシスト 踏み間違い衝突防止アシスト など搭載 2018年9月6日発売 日産は新型セレナの仕様を一部向上し2018年9月6日に発売した。価格:233万1720円~314万640円。 【セレナ 仕様向上について】 今回の仕様向上では、S-HYBRID車およびガソ...

Nissan-Kicks

あわせて読みたい
日産 新型 キックス ジュークの後継として 米国2019年発売開始 日本発売か?! 日産は新型キックスを米国で2019年から販売を開始すると発表した。米国ではジュークの後継モデルとして販売される。日本でも販売される可能性がありそうだ。価格:$17990...
Nissan-Leaf

新型リーフ

あわせて読みたい
日産 新型 リーフ e+ ハイパフォーマンスモデル 航続距離 最大JC08モード570km 2019年1月23日発売 日産はハイパフォーマンスモデル「リーフ e+」62kWh駆動用バッテリー搭載モデルを2019年1月23日に発売した。2019年1月12日 – 2019年1月27日に開催されるデトロイトモー...

teana

あわせて読みたい
日産 新型 ティアナ フルモデルチェンジ 自動運転技術 プロパイロット搭載 日本 2022年11月発売 日産は新型「ティアナ (アルティマ)」のフルモデルチェンジを行い米国では2018年11月に発売した。日本での発売は3年後となる2022年11月に発売する。2018年11月16日か...

キューブについて

初代 Z10型(1998年~2002年)を発売

2代目のZ11型(2002年~2008年)になり、現在のキューブ型となった。

3代目のZ12 / NZ12型(2008年~現在)は2代目のキープコンセプトのモデルとなった。

2012年10月30日 マイナーチェンジ。

2WD車は新たにアイドリングストップを搭載

2016年7月1日 一部改良。 最廉価グレードの「15X」に本革巻ステアリングを標準装備した。

2017年5月31日 特別仕様車「15X Vセレクション My cube」を発売

2018年4月17日 仕様変更。ステアリング形状の変更。

旧型モデルは度重なるマイナーチェンジを繰り返しているが限界を迎えている。

スペック 旧型キューブ
全長 3,890mm
全幅 1,695mm
全高 1,650 – 1,690mm
ホイールベース 2,530mm
エンジン 直列4気筒 DOHC 1.5L エンジン
最高出力 111ps/6000rpm
最大トルク 15.1kgm/4,000rpm
JC08モード燃費 19km/L
価格 162~203万円

15年ぶりとなる4代目Z13型を2022年に発売することとなる。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

日産キューブ

あわせて読みたい

日産

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる