自動車ランキング

日本自動車販売ランキング 2021年4月 乗用車1位はトヨタ ヤリス 19,974台 軽自動車 ホンダ N-BOXが1位16733台

ヤリス

自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2021年5月11日、2021年4月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。軽自動車では1位はホンダ N-BOXで16,733台で首位となった。乗用車ではトヨタ ヤリスが19,974台 で首位となった。全自動車販売台数でも首位である。

乗用車ランキング

乗用車ではトヨタ ヤリスが19,974台 で初の首位となった。2位はでトヨタ ルーミーが12,161台、3位はトヨタ でカローラ 7,976台となった。

話題の「ヤリス」が1位となった。それに続くのが、「ルーミー」だ。トップ3常連であった、「プリウス」「アクア」「ノート」を抑えて異変が起き始めている。特に「アクア」「プリウス」は10位以下と大きく順位を下げている。

更に面白い現象が300万円代の「アルファード」や「ハリアー」が5位、6位と大健闘しているところだ。2車種の人気はすごいとしか言えない。10位までで8台がトヨタであるが日産のランクインがない、2020年12月23日についに「ノート」が復活を果たすが今の「ヤリス」を抜くことは難しい台数かもしれない。

順位 メーカー 車名 販売台数
1 トヨタ ヤリス 19,974
2 トヨタ ルーミー 12,161
3 トヨタ カローラ 7,976
4 トヨタ ライズ 7,814
5 トヨタ アルファード 7,576
6 トヨタ ハリアー 7,112
7 日産 ノート 5,711
8 トヨタ ヴォクシー 5,593
9 ホンダ フリード 5,426
10 スズキ ソリオ 4,966

トヨタ 新型 カローラシリーズ 目標の約2.3倍 1か月 約2万2000台受注

トヨタ 新型 カローラシリーズ 目標の約2.3倍 1か月 約2万2000台受注

トヨタ 新型 ヤリス 1カ月受注数 目標約5倍 約3万7000台

トヨタ 新型 ヤリス 1カ月受注数 目標約5倍 約3万7000台

トヨタ 新型 ライズ が発売から1か月で目標の約8倍 約3万2000台を受注

トヨタ 新型 ライズ が発売から1か月で目標の約8倍 約3万2000台を受注

トヨタ 新型 ハリアー 月間目標の約14倍となる約45,000台を受注

トヨタ 新型 ハリアー 月間目標の約14倍となる約45,000台を受注

軽自動車ランキング

軽自動車では1位はでホンダ N-BOXが16,733台で首位となった。2位がスズキ スペーシア 10,802台 でダイハツ ムーヴ 3位 9750台がとなった。軽自動車のランキングでは常連のランクインである。

順位 メーカー 車名 販売台数
1 ホンダ N-BOX 16,733
2 スズキ スペーシア 10,802
3 ダイハツ ムーヴ 9750
4 ダイハツ タント 9471
5 スズキ ハスラー 6834
6 日産 ルークス 5677
7 ダイハツ ミラ 5513
8 スズキ アルト 5408
9 スズキ ワゴンR 4867
10 ダイハツ タフト 4655

日本自動車販売ランキング N-BOXがトップ 2020年度上半期(6か月)販売台数

日本自動車販売ランキング N-BOXがトップ 2020年度上半期(6か月)販売台数

日本自動車販売ランキング 2021年3月 乗用車1位はトヨタ ヤリス 28,466台 軽自動車 ホンダ N-BOXが1位27,164台

新車乗用車販売台数ランキング

軽四輪車通称名別新車販売速報(全軽自協)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-自動車ランキング

© 2021 最新自動車情報