2020年 ホンダ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

honda_nsx 2020年 新車発売 モデルチェンジ まとめ
NSX タイプR 予想CG

ホンダは全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2018年 年間自動車販売台数ではホンダ N-BOX241,870台と断トツ販売台数 新型N-BOXは全自動車販売台数1位である。

乗用車車名別販売台数でも自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2018年販売台数ではホンダ 新型フィットが90,720台で日産ノート、トヨタ プリウス、アクア、シエンタに続き7位であるが、10位以内にランクインしたのもフィットのみであり国内の販売に置いてはN-BOX頼みとなってしまっている。

2020年のホンダは各車種で先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)標準搭載し安全性強化を図り更にEVモデルや軽自動車Nシリーズのフルモデルチェンジなどを行い販売台数をアップさせたい考えである。

ホンダ 新型 S660 マイナーチェンジ 2020年1月10日発売

ホンダは「S660」のマイナーチェンジを行い2020年1月に発売する。初のマイナーチェンジとなる今回はエクステリアのデザイン変更を行いイメージを一新する。ヘッドライト、フロントグリル、フロント・リアバンパー、アルミホイールのデザインを変更。ドアミラーウインカーを採用。

S660_Trad Leather Edition

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売

ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売する。2019年10月24日~11月4日(プレスデー2019年10月23日〜24日)に開催予定の東京モーターショー2019で世界初公開した。

フィット

ホンダ 新型 アコード ハイブリッド フルモデルチェンジ 10代目 Honda SENSING 全車標準搭載 日本2020年2月発売へ

ホンダは新型アコードのフルモデルチェンジを行い米国2017年10月に発売を開始した。日本では2020年2月から販売を開始する。価格:465万円。デトロイトで2017年7月14日に世界初公開され、オンラインでライブストリーミングされた。

Honda-Accord-2018-101.jpg

スペック 新型アコード
全長 4,910mm
全幅 1,862mm
全高 1,450mm
ホイールベース 2,830mm
エンジン 2.0L 直4DOHC エンジン
+2モーター (i-MMD)
最高出力 145ps(107 kW)/6,200rpm
最大トルク 129 lb-ft(175Nm)/3,500rpm
モーター最高出力 183ps(135kW)
モーター最大トルク 232lb-ft(315Nm)
システム出力 215ps(158kW)
駆動方式 2WD(FF)
乗車定員 5名
トランスミッション 電気式無段階変速機
JC08モード燃費 33.0km/L
価格 465万円

ホンダ 新型 NSX タイプR フルモデルチェンジ  2020年発売

ホンダは新型NSXのタイプRモデルの開発を進め2020年発売する。2016年6月28日に米国特許商標庁(United States Patent and Trademark Office)に申請した新型NSX タイプRの仕様が2017年12月28日に公開された。予想価格:2,600万円

honda_nsx

NSX タイプR 予想CG

スペック 新型NSX タイプR
全長 4,470mm
全幅 1,940mm
全高 1,215mm
ホイールベース 2,630mm
エンジン V型6気筒直噴3.5Lツインターボ
最大出力 576ps/6,500-7,500rpm
最大トルク 56.1kgm/2,000-6,000rpm
システム最高出力 650ps
システム最大トルク 65.8kgm
トランスミッション 9速DCT
車両重量 1725kg
JC08モード燃費 -km/L
価格 2,600万円

ホンダ 新型 N-BOX マイナーチェンジ 2020年8月発売

ホンダはN-BOXのマイナーチェンジを行い2020年8月頃に発売する。マイナーチェンジではエクステリアは多少の変更のみであるが、機能面でのアップデートを多数行う。「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれる。「テレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準装備となるが安全性での向上を果たす。

N-BOX カスタム

新型N-BOX カスタム

スペック 新型 N-BOX
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,790mm
ホイールベース 2,520mm
エンジン 658cc 直列3気筒DOHC 
i-VTECエンジン
658cc 直列3気筒DOHC
ターボエンジン
最高出力 43kW(58PS)/
7,300rpm
47kW(64PS)/
6,000rpm
最大トルク 65Nm(6.6kgm)/
4,800rpm
104Nm(10.6kgm)/
2,600rpm
トランスミッション CVT CVT
(7スピードモード付き)
+パドルシフト
駆動方式 FF / 4WD FF / 4WD
JC08モード燃費 27.0km/L(FF) 25.0km/L(4WD) 23.0km/L
価格 138万5,640円~
174万9600円
169万8,840円~
202万6,080円

ホンダ 新型 N-BOX SLASH フルモデルチェンジ Honda SENSING標準搭載 2020年9月発売

ホンダは「N-BOX SLASH」フルモデルチェンジを行い2020年9月頃に発売する。ベースとなる新型「N-BOX」は、 2017年8月31日にフルモデルチェンジを行い2020年8月にマイナーチェンジを行う。新型「N-BOX SLASH」は現行同様にベースとなるのは2020年にマイナーチェンジする新型「N-BOX」でLEDヘッドライト(全車標準装備)採用。LEDリアコンビネーションランプ(ストップランプ&テールランプ)(全車標準装備)採用。新開発「助手席スーパースライドシート」を採用(タイプ別設定)。リヤシートスライドは全車標準装備、ベンチシートではなくセパレートでウォークスルーも可能。Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準搭載。

N-BOX

新型 N-BOX

ホンダ 新型 N-ONE フルモデルチェンジ Honda SENSING標準装備 2020年9月発売

ホンダは軽自動車「N-ONE」のフルモデルチェンジを行い2020年9月に発売する。新型N-BOX同様に今回のフルモデルチェンジはキープコンセプトであるが、エンジン型式:S07AからS07Bと改良されたエンジンを採用。9割の部品を見直し、使い勝手や操作性の向上、約80kgの軽量化による燃費向上を果たす。

N-ONE

N-ONE

スペック 新型 N-ONE
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1.545‐1.630mm
ホイールベース 2,520mm
エンジン 658cc 直列3気筒DOHC 
i-VTECエンジン
658cc 直列3気筒DOHC 
i-VTECエンジン
最高出力 43kW(58PS)/
7,300rpm
47kW(64PS)/
6,000rpm
最大トルク 65Nm(6.6kgm)/
4,800rpm
104Nm(10.6kgm)/
2,600rpm
トランスミッション CVT CVT
(7スピードモード付き)
+パドルシフト
駆動方式 FF / 4WD 2WD
JC08モード燃費 30.0km/L(FF) 
28.0km/L(4WD)
27.8km/L
予想価格 125万円~188万円

ホンダ 新型 電気自動車 Honda e 2020年10月発売

ホンダは2019年に新型電気自動車「Honda e」を欧州にて2020年10月に発売する。市販化を予定する電気自動車のプレビュー「Honda Urban EV Concept (アーバンEVコンセプト)」をプレスデー2017年9月12日~13日、一般公開日9月16日~24日に開催されるフランクフルトモーターショー2017に世界初公開した。第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にてHonda Urban EV Conceptを出展し日本初公開。

Honda e (プロトタイプ)

Honda e (プロトタイプ)

ホンダ 新型 グレイス フルモデルチェンジ 2020年発売

ホンダは「グレイス」のフルモデルチェンジを行い2020年に発売する。

「グレイス」海外では「City(シティ)」として現在も販売、5代目となる新型を2019年11月25日(現地時間)に発表する予定だ。

honda_grace_black_style

HONDA GRACE BLACK STYLE

スペック 新型グレイス
全長 4,470mm
全幅 1,695mm
全高 1,475mm
ホイールベース 2,650mm
エンジン 1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD (e:HEV)
1.5L i-VTECエンジン
最高出力 80kW(109PS)/
6,000rpm
97kW(132ps)/
6,600rpm
最大トルク 134Nm(13.7kgfm)/
5,000rpm
155Nm (15.8kgm)/
4,600rpm
モーター
最高出力
96kW(131PS)/
4,000-8,000rpm
モーター
最大トルク
267Nm(27.2kgfm)/
0-3,000rpm
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
CVT
駆動方式 2WD(FF)/
4WD
2WD(FF)/4WD
乗車定員 5名
JC08モード燃費
WLTCモード燃費
価格

ホンダ 新型 CR-V マイナーチェンジ 2020年発売

ホンダは新型「CR-V」のマイナーチェンジを行い2020年に発売する。現行モデルのフルモデルチェンジを日本では2018年8月30日から発売を開始した。今回のマイナーチェンジではエクステリアのデザイン変更によりフロントバンパーとリアバンパーのデザインを変更、より高級感のあるデザインが採用される。インテリアはスイッチ類やより上質な素材を採用する。最新の「Honda SENSING」を標準搭載し現行よりもより多くの機能「オートハイビーム」「後方誤発進抑制機能」「夜間歩行者対応 CMBS」を搭載する。

honda-cr-v

新型 CR-V

ホンダ 新型 オデッセイ ハイブリッド / アブソルート フルモデルチェンジ 2020年11月発売

ホンダは新型オデッセイのフルモデルチェンジを行い2020年11月に発売する。丸7年でのフルモデルチェンジとなる。 

ODYSSEY

ODYSSEY

スペック 新型オデッセイハイブリッド 予想
全長 4,930mm
全幅 1,850mm
全高 1,715mm
ホイールベース 2,900mm
エンジン 2L 直4DOHC i-VTEC+2モーター i-MMD
最高出力 143ps/6,200rpm
最大トルク 16.8kgm/3,500–6,000rpm
モーター最高出力 169ps/3,857–8,000rpm
モーター最大トルク 31.3kgm/0–3,857rpm
駆動方式 2WD/4WD
乗車定員 7〜8名
JC08モード燃費 24.4〜26.0km/L
価格 380万円~450万円

ホンダ 新型 ZSX Baby NSX (S2000 後継車)  2020年12月発売

ホンダは2009年に生産が終了したホンダのFRスポーツカー「S2000」が新型モデルの販売を計画している。S2000 後継車として名前は「ZSX」「 Baby NSX」とも言われている。

ソニーのPS4専用ソフト「グランツーリスモ」のコンセプトカー「Honda Sports Vision Gran Turismo」がS2000の後継スポーツカーのコンセプトモデルと思われる。

honda-sports-visiongt.jpg

Honda Sports Vision Gran Turismo 

スペック 新型 ZSX (S2000 Baby NSX)
全長 4,250mm
全幅 1,800mm
全高 1,200mm
ホイールベース 2,830mm
エンジン 2.0L 直列 DOHC VTEC ターボエンジン
最高出力 410PS/7,500rpm
最大トルク 40.7kgm/2500rpm
トランスミッション 8速DCT(デュアルクラッチ)
JC08モード燃費 16.0km/L
価格 350万円~400万円

ホンダ 新型 S1000 新モデル オープン2シーター S660を大型化 1L直噴VTECターボ搭載 2020年12月頃発売

ホンダは新型S1000 新モデルとなるオープン2シーターの開発を進め2020年12月頃に発売する。予想価格:250万円

2015年3月30日発表、4月2日発売した新型S660は日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016で2位となるなど日本市場で大きな話題となった。しかし、日本規格であるためグローバル展開として1L直噴VTECターボを搭載しサイズを延長したモデルとして開発。

s1000_01.jpg

新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ 2020年12月発売

ホンダはヴェゼルのフルモデルチェンジを行い2020年12月に発売する。

VEZEL

フルモデルチェンジするヴェゼルは4代目 新型フィットをベースに開発。エクステリアはキープコンセプトで、フロントフェイスを変更、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を採用。Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準搭載。現行は「SPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステム」を搭載しJC08モード燃費を27.0km/Lであるが、「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD」を採用しJC08モード燃費32.0km/L前後まで達成させる。

ホンダ 新型 フィット EV フルモデルチェンジ 2020年発売

ホンダは新型フィット EVのフルモデルチェンジを行い2020年に発売する。2020年前半までに中国で発売されるとされる。

予想価格:250万円

FIT

FIT 3

スペック フィットEV
全長 4,115mm
全幅 1,720mm
全高 1,580mm
ホイールベース 2,500mm
モーター (MCF3)
最高出力 92kW(125ps)
最大トルク 256Nm(26.1kgm)
最高速 144km/h
バッテリー リチウムイオンバッテリー 20kWh
JC08モードー充電走行距離 225km

※最新自動車情報2019調べ

発売日の間違え、予想も含まれております。

ホンダ

https://www.honda.co.jp/auto/

2019年 ホンダ 新型車販売 モデルチェンジ情報 まとめ

2019年 ホンダ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ
ホンダは全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2018年上半期(6ヶ月)ではホンダ N-BOX127,548台と断トツ販売台数 新型N-BOXは軽自動車1位である。 乗用車車名別販売台数でも自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表し...
2020年 新車発売 モデルチェンジ まとめ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019