2020年 おすすめ車種 まとめ 各社次々と投入する!

ヤリス 2020年 新車発売 モデルチェンジ まとめ

2020年は各メーカーで力の入った新型車種を次々と投入する予定だ。その中でもおすすめできる車種とスペック、ポイントをまとめてみました。

  1. トヨタ 新型 ヤリス フルモデルチェンジ 2020年2月10日発売
  2. トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ  2020年6月17日発売
  3. トヨタ 新型 RAV4 PHV プラグインハイブリッドモデル 2020年8月発売
  4. トヨタ 新型 ヤリス クロス 追加 クロスオーバー スタイル 2020年10月発売
  5. レクサス 新型 LC Convertible 2020年6月27日発売
  6. ホンダ 新型 フィット フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売
  7. ホンダ 新型 N-BOX マイナーチェンジ 2020年8月発売
  8. ホンダ 新型 N-ONE フルモデルチェンジ 2020年9月発売
  9. ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ 2020年12月発売
  10. 日産 新型 ルークス フルモデルチェンジ 2020年3月19日発売
  11. 日産 新型 キックス  日本 2020年6月15日発売
  12. 日産 新型 ノート e-POWER フルモデルチェンジ 2020年8月発売
  13. 日産 新型 エクストレイル フルモデルチェンジ 2020年12月発売
  14. マツダ 新型 MX-30 電気自動車 SUV 日本 2020年8月発売
  15. スバル 新型 レヴォーグ フルモデルチェンジ 2020年10月発売
  16. ダイハツ 新型 タフト 2020年6月発売
  17. ダイハツ 新型 ムーヴ / ムーヴカスタム フルモデルチェンジ 2020年12月発売
  18. スズキ 新型 ハスラー フルモデルチェンジ 2020年1月20日発売
  19. スズキ 新型 アルト/アルトRS フルモデルチェンジ  2020年10月発売
  20. 三菱 新型 ekスペース フルモデルチェンジ 2020年3月19日発売

トヨタ 新型 ヤリス フルモデルチェンジ 2020年2月10日発売

ヤリス

トヨタは「ヴィッツ」4代目のフルモデルチェンジを行い、同時に車名変更を行い新型「ヤリス」として 日本では2019年12月20日発表、2020年2月10日に発売する。ヤリスは全国の「ネッツ店」「トヨタモビリティ東京(株)」「トヨタ西東京カローラ(株)」にて販売される。価格1,395,000円~2,493,000円。

ヤリス

TNGA(Toyota New Global Architecture)」と呼ばれる新開発の「GA-Bプラットフォーム」を採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。 高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「50kg(開発目標値)軽量化」「15mm  低重心化」「30%以上 ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。1,000kgを切る940kg~1090kgを達成。 全長:3,940mm、全幅1,695mm、全高1,500mm、ホイールベース2,550mmの5ナンバーサイズとしながらも広い室内空間となり内装周りも現行よりも豪華な仕様となりそうだ。クラス世界トップレベルとなるWLTCモード36.0km/Lの低燃費を実現した。

yaris

ディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。さらに、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。

先進の予防安全技術、第2世代「 Toyota Safety Sense 」を搭載する。

新型 ヤリス スペックについて

スペック 新型 ヤリス
全長 3,940mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm(2WD)
1,515mm(4WD)
ホイール
ベース
2,550mm
タイプ ハイブリッド ガソリン車
エンジン 直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
直列3気筒
1.5Lエンジン
M15A-FKS型
直列3気筒 1.0L
エンジン 1KR型
最高出力 67kW(91ps)/
5500rpm
88kW(120ps)/
6600rpm
51kW(69ps)/
6000rpm
最大トルク 120Nm(12.2kgfm)/
3800-4800rpm
145Nm(14.8kgfm)/
4800-5200rpm
92Nm(9.4kgfm)/
4400rpm
モーター
最大出力
フロント:59kW(80ps)
リヤ:3.9kW(5.3ps)
モーター
最大
トルク
フロント:141Nm(14.4kgm)
リア:52Nm(5.3kgm)
WLCT
モード燃費
36.0~35.4km/L(2WD)
30.2km/L(4WD)
21.4~21.6km/L
19.2km/L
19.6~20.2km/L
駆動方式 2WD/4WD
(E-Four)
2WD/4WD 2WD
乗車定員 5名
最小
回転半径
4.8m~5.1m
駆動方式 電気式
無段階変速機
Direct Shift-
CVT
6速MT
CVT
価格 1,998,000円~
2,493,000円
1,543,000円~
2,124,000円
1,395,000円~
1,613,000円

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 ヴィッツ後継として フルモデルチェンジ TNGA 採用 2020年2月10日発売

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 「ヴィッツ」フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年2月10日発売
トヨタは「ヴィッツ」4代目のフルモデルチェンジを行い、同時に車名変更を行い新型「ヤリス」として 日本では2019年12月20日発表、2020年2月10日に発売する。ガソリン車4WDは2020年4月発売予定。 ヤリスは全国の「ネッツ店」「ト...

トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ  2020年6月17日発売

トヨタは新型ハリアーのフルモデルチェンジを行い2020年6月17日に発売する。

TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Kプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。

LEDヘッドライト、前、後にLEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を装備。第2世代の次世代Toyota Safety Sense を全車標準搭載する。

エンジンは新型RAV4と同じ最大熱効率40%以上を実現したエンジン、「直列4気筒 2.0L 直噴エンジン搭載 Dynamic Force Engine」+「Direct Shift-CVT」が搭載される。ハイブリッドモデルは新型カムリと同様の直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S「Dynamic Force Engine」と小型・軽量化されたハイブリッドシステム「高性能マルチステージTHSⅡ」を採用し燃費向上を果たす。燃費はJC08モード燃費:21.4km/Lから24km/Lとなる。

ディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。さらに、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。

新型 ハリアー 4代目 スペック

スペック 新型ハリアー 
全長 4,740mm
全幅 1,855mm
全高 1,660mm
ホイール
ベース
2,690mm
エンジン 直列4気筒 2.5L
直噴エンジン+モーター
直列4気筒2.0L直噴エンジン
「Dynamic Force Engine」
最高出力 131kW(178ps)/
5,700rpm
126kW(171ps)/
6,600rpm
最大トルク 221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
207Nm(21.1kgf・m)/
4,800rpm
フロント
モーター
最高出力
88kw(120ps)
フロント
モーター
最大トルク
202Nm(20.6kgm)
リア
モーター
最高出力
40kW(54ps)
リア
モーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
Direct Shift-CVT
駆動方式 2WD E-Four
(4WD)
2WD 4WD
車両重量 1,710kg 1,770kg 1,620kg 1,680kg
最小
回転半径
5.5m
JC08モード
燃費
24.2km/L 24.0km/L
WLCTモード
燃費
19.0km/L 18.6km/L 15.0km/L 14.4km/L
タイヤサイズ 225/55R19
235/55R18
225/65R17
乗車定員 5名
予想価格 400万円〜
505万円
425万円〜
530万円
340万円〜
450万円
360万円〜
470万円

トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年12月発売

トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売
トヨタは新型「ハリアー」のフルモデルチェンジを行い2020年4月13日発表、6月17日に発売した。見て、乗って、走り出した瞬間に心に響く感性品質を重視。実用性や数値一辺倒ではない、人の心を優雅に満たしてくれるただひとつの存在を目指したとした...

トヨタ 新型 RAV4 PHV プラグインハイブリッドモデル 2020年8月発売

トヨタは新型「RAV4」のPHV(プラグインハイブリッドモデル)の開発を行っており日本では2020年8月に発売する。更に日本モデルも一部改良が行われる。

新型「RAV4 PHV」には「直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S +モーター(THSⅡ)」に大容量リチウムイオンバッテリー(リチウムイオン 電力量 8.8kWh)と強力なモーターを追加したモデルとなる。システム出力は302 HP(225 kW / 306 PS)となる、「RAV4」ハイブリッドモデルを83HP(62 kW / 84 PS)上回る。更に「プリウスPHV」にはない、4WDモデル「E-Four」(電気式4WDシステム)を採用。

EV走行のみの航続距離は39マイル(63 km)、これは市場で最も長いPHEVクロスオーバーである。さらに、このモデルの推定合計燃費評価は90 MPGeを達成。

加速性能は0-60mph(0-96km/h)の加速5.8秒。こRAV4ハイブリッド(7.8秒)よりも速く、トヨタのラインナップで2番目に速い加速となる。

トヨタ 新型 RAV4 PHV スペック

スペック RAV4
ハイブリッド
RAV4
PHV
全長 4,600mm~4,610mm
全幅 1,855mm~1,865mm
全高 1,690mm
ホイールベース 2,690mm
エンジン 直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
最高出力 131kW(178ps)/
5,700rpm
131kW(178ps)/
5,700rpm
最大トルク 221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
フロントモーター
最大出力
88kw(120ps) 現在不明
フロントモーター
最大トルク
202Nm(20.6kgm) 現在不明
リアモーター
最大出力
40kW(54ps) 現在不明
リアモーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm) 現在不明
システム出力 E-Four:163kW(222ps)
2WD:160kW(218ps)
E-Four:225 kW(306PS)
トランスミッション 電気式無段変速機 電気式無段変速機
バッテリー リチウムイオンバッテリー リチウムイオンバッテリー
18.1kWh
駆動方式 2WD/4WD(E-Four) 4WD
乗車定員 5名
JC08モード燃費 25.0km/L~
25.2km/L
WLTCモード燃費 20.6km/L~
21.4km/L
21.8km/L
EV航続距離 95km/L
価格 3,222,000円〜
3,817,800円
450万円〜500万円

トヨタ 新型 RAV4 PHV プラグインハイブリッドモデル 2020年8月発売

トヨタ 新型 RAV4 PHV プラグインハイブリッドモデル 2020年6月8日発売
トヨタは新型「RAV4」のPHV(プラグインハイブリッドモデル)の開発を行っており日本では2020年6月8日発売する。更に日本モデルも一部改良が行われる。 2020年6月1日発売であったが「新型コロナウィルス(COVID-19)」の影響に...

トヨタ 新型 ヤリス クロス 追加 クロスオーバー スタイル 2020年10月発売

トヨタは新型「ヤリス」のクロスオーバーモデル「ヤリス クロス」を2020年10月に発売する。2020年4月23日(現地時間)にイタリアにて発表した。

新型ヤリスをベースとし、専用のエクステリアデザインを採用。全長4,180mm、全幅1,765mm、全高1,560mm、ホイールベース2,550mmの3ナンバーサイズのSUVとなった。専用の18インチアルミホイールを採用。ヤリスと比べ全長は+240mm、全幅は+70mm、全高は+60mm拡大している。新型「ヤリス クロス」に「電動パーキングブレーキ&ホールド」「7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ」を採用し、リアシートは「3分割式リアシート」「ハンズフリーパワーバックドア」を採用する。ハイブリッドモデルに「アクセサリー コンセント」AC100V 1500Wのコンセントを追加することができる。

Toyota Yaris Cross

Toyota Yaris Cross

スペック 新型 ヤリス クロス
全長 4,180mm
全幅 1,765mm
全高 1,560mm
ホイール
ベース
2,650mm
タイプ ハイブリッド ガソリン車
エンジン 直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
直列3気筒
1.5Lエンジン
M15A-FKS型
最高出力 67kW(91ps)/
5500rpm
88kW(120ps)/
6600rpm
最大トルク 120Nm(12.2kgfm)/
3800-4800rpm
145Nm(14.8kgfm)/
4800-5200rpm
モーター
最大出力
フロント:59kW(80ps)
リヤ:3.9kW(5.3ps)
モーター
最大
トルク
フロント:141Nm(14.4kgm)
リア:52Nm(5.3kgm)
WLCT
モード燃費
33.0~32.4km/L(2WD)
27.2km/L(4WD)
18.4~18.6km/L(2WD)
16.2km/L(4WD)
駆動方式 2WD/4WD
(E-Four)
2WD/4WD
乗車定員 5名
駆動方式 電気式
無段階変速機
Direct Shift-
CVT
6速MT
価格

トヨタ 新型 ヤリス クロス 追加 クロスオーバー スタイル 2020年10月発売

トヨタ 新型 ヤリス クロス 追加 クロスオーバー スタイル 2020年9月発売
トヨタは新型「ヤリス」のクロスオーバーモデル「ヤリス クロス」を日本では2020年9月に発売する。2020年4月23日(現地時間)にイタリアにて発表した。 新型 ヤリス クロス について ベースは新型「ヤリス」である。世界的に人気のクロ...

レクサス 新型 LC Convertible 2020年6月27日発売

レクサスは「LC500」「LC500h」の一部改良を行い2020年6月27日発売する。今回は新たにコンバーチブル(オープン)タイプ「LC500 コンバーチブル」を追加する。特別仕様車「Stractural Blue」を日本限定60台発売する。

Lexus LC Convertible

LC Convertible スペック

スペック LEXUS
LC500
Convertible
LEXUS
LC500
LEXUS
LC500h
全長 4,760mm 4,770mm
全幅 1,920mm
全高 1,350mm 1,345mm
ホイールベース 2,870mm
エンジン 5.0L V型8気筒
エンジン
3.5L V型6気筒 エンジン
マルチステージ
ハイブリッドシステム
最高出力 351kW (477ps) /
7,100kgm
220kW (299ps) /
6600rpm
最大トルク 540Nm (55.1kgm) /
4,800~5,600rpm
348Nm (36.3kgm) /
4900rpm
モーター
最高出力
132kW (180ps)
モーター
最大トルク
300Nm (30.6kgm)
トータル
最高出力
264kW
トランス
ミッション
10速AT
(Direct-Shift 10AT)
電気式無段変速機
駆動方式 FR
乗車定員 4名
JC08モード燃費 7.8km/L 15.8km/L
価格 1500万円〜
1700万円
1302万2,000円〜
1402万2,000円
1352万2,000円〜
1452万2,000円

レクサス 新型 LC コンバーチブル 2019年7月4日発表 2020年8月発売

レクサス 新型 LC500 Convertible 2020年6月18日発売
レクサスは新型「LC500 Convertible(コンバーチブル)」を日本では2020年6月18日に発売する。「LC500 / LC500h」の一部改良モデルも同日も発売される。発売記念の特別仕様車「Stractural Blue」を日本...

ホンダ 新型 フィット フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売

フィット

ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売する。

4代目となる新型フィットは現行同様にキープコンセプトとし、全長を伸ばし、室内空間を更に広げ使い勝手を向上させる。

「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「NESS(ネス)」「LUXE(リュクス)」「CROSSTAR(クロスター)」と異なる5タイプを採用。NESSはスポーツタイプ。フィットネスからきている。HOMEは居心地のいい家をイメージしてある。車高を30mmアップさせたクロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新設定。「クロスター」は専用デザインのフロントグリルと前後バンパー、アルミホイールを採用。ドアアウターハンドル、ドアミラーにシルバー塗装、サイドシルガーニッシュはブラックに変更。専用装備のルーフレールも追加。

FIT-4

インテリアパネルは水平・直線基調のデザインとし、車内からはワイパーを見えにくくすることで視界を良くした。実車に乗るとわかるがワイパーなどが視界に入らない位置に設置されており視界がより良くなった印象を受けた。フロントピラーを従来とは異なる断面構造とし、万が一の衝突時にはボディーへ荷重を流す構造を採用。フロントAピラーが本当に細く少し違和感まで感じてしまうほどだが確かに右折、左折時の視界においては妨げが少ないだろう。インテリアのフロントシートには上級セダンへの搭載も見据えて新しく開発した、新世代の「ボディースタビライジングシート」を採用し長時間ドライブでも疲れにくく、やわらかな座り心地を実現したシート構造とした、「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるテレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。「パーキングブレーキシステム」を採用しリアバンパーに4つのセンサーを配置し後方の障害物を感知して音と表示でお知らせする。

現行よりも更に進化したHonda SENSING(ホンダ センシング)全車標準搭載。衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)は昼・夜間歩行者と自転車に対しても衝突回避を支援。更に渋滞追従機能付ACCとなり「後方誤発進抑制機能」「オートハイビーム」も搭載。

ホンダ 新型 フィット スペック

スペック 新型フィット
ハイブリッド
全長 4,050mm
全幅 1,695mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,530mm
エンジン 1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD (e:HEV)
最高出力 80kW(109PS)/
6,000rpm
最大トルク 134Nm(13.7kgfm)/
5,000rpm
モーター
最高出力
96kW(131PS)/
4,000-8,000rpm
モーター
最大トルク
267Nm(27.2kgfm)/
0-3,000rpm
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
JC08モード燃費 39.0km/L
WLTCモード燃費 35.0km/L
価格 190万円-230万円

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売
ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売する。「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用。クロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新...

ホンダ 新型 N-BOX マイナーチェンジ 2020年8月発売

N-BOX カスタム

新型N-BOX カスタム

ホンダはN-BOXのマイナーチェンジを行い2020年8月頃に発売する。マイナーチェンジではエクステリアは多少の変更のみであるが、機能面でのアップデートを多数行う。「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれる。「テレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準装備となるが安全性での向上を果たす。

新型 N-BOX スペック

スペック 新型 N-BOX
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,790mm
ホイールベース 2,520mm
エンジン 658cc 直列3気筒DOHC 
i-VTECエンジン
658cc 直列3気筒DOHC
ターボエンジン
最高出力 43kW(58PS)/
7,300rpm
47kW(64PS)/
6,000rpm
最大トルク 65Nm(6.6kgm)/
4,800rpm
104Nm(10.6kgm)/
2,600rpm
トランスミッション CVT CVT
(7スピードモード付き)
+パドルシフト
駆動方式 2WD / 4WD 2WD / 4WD
JC08モード燃費 27.0km/L(2WD)
25.0km/L(4WD)
23.0km/L
価格 138万5,640円~
174万9600円
169万8,840円~
202万6,080円

ホンダ 新型 N-BOX マイナーチェンジ 2020年8月発売

ホンダ 新型 N-BOX マイナーチェンジ 2020年8月発売
ホンダはN-BOXのマイナーチェンジを行い2020年8月頃に発売する。 新型 N-BOX マイナーチェンジについて マイナーチェンジではエクステリアは多少の変更のみであるが、機能面でのアップデートを多数行う。「オートブレーキホールド」機...

ホンダ 新型 N-ONE フルモデルチェンジ 2020年9月発売

N-ONE

ホンダは軽自動車「N-ONE」のフルモデルチェンジを行い2020年9月に発売する。新型N-BOX同様に今回のフルモデルチェンジはキープコンセプトであるが、エンジン型式:S07AからS07Bと改良されたエンジンを採用。9割の部品を見直し、使い勝手や操作性の向上、約80kgの軽量化による燃費向上を果たす。

新型 N-ONE スペックについて

スペック 新型 N-ONE
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1.545‐1.630mm
ホイールベース 2,520mm
エンジン 658cc 直列3気筒DOHC 
i-VTECエンジン
658cc 直列3気筒DOHC 
i-VTECエンジン
最高出力 43kW(58PS)/
7,300rpm
47kW(64PS)/
6,000rpm
最大トルク 65Nm(6.6kgm)/
4,800rpm
104Nm(10.6kgm)/
2,600rpm
トランスミッション CVT CVT
(7スピードモード付き)
+パドルシフト
駆動方式 FF / 4WD 2WD
JC08モード燃費 30.0km/L(FF) 
28.0km/L(4WD)
27.8km/L
予想価格 125万円~188万円

ホンダ 新型 N-ONE フルモデルチェンジ Honda SENSING標準装備 2020年9月発売

ホンダ 新型 N-ONE フルモデルチェンジ Honda SENSING標準装備 2020年9月発売
ホンダは軽自動車「N-ONE」のフルモデルチェンジを行い2020年9月に発売する。 新型 N-ONE フルモデルチェンジについて 「新型N-BOX」同様に今回のフルモデルチェンジはキープコンセプトであるが、エンジン型式:S07AからS0...

ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ 2020年12月発売

ホンダはヴェゼルのフルモデルチェンジを行い2020年12月に発売する。フルモデルチェンジするヴェゼルは4代目 新型フィットをベースに開発。エクステリアはキープコンセプトで、フロントフェイスを変更、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を採用。Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準搭載。現行は「SPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステム」を搭載しJC08モード燃費を27.0km/Lであるが、「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD」(e:HEV)を採用しJC08モード燃費32.0km/L前後まで達成させる。

VEZEL

スペック 新型ヴェゼル
全長 4,350mm
全幅 1,770mm
全高 1,600mm
ホイールベース 2,650mm
エンジン 直4 1.5L+モーター 1.5L直4直噴DOHC 1.5L直4 DOHC
i-VTECターボエンジン
最高出力 80kW(109PS)/
6,000rpm
96kW (131PS)/
6,600rpm
127kW(172ps)/
5500rpm
最大トルク 134Nm(13.7kgfm)/
5,000rpm
155Nm (15.8kgfm)/
4,600rpm
220Nm(22.4kgm)/
1700-5500rpm
モーター
最高出力
96kW(131PS)/
4,000-8,000rpm
モーター
最大トルク
267Nm(27.2kgfm)/
0-3,000rpm
トランスミッション 電気式
無段階変速機
CVT CVT
JC08モード燃費 32.0km/L 19.6〜21.2km/L 17.6km/L
駆動方式 2WD(FF)/4WD
価格 246万円~
281万円
207万5,000円~
247万5,000円
290万3,040円

ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ 2020年12月発売

ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2020年12月発売
ホンダはヴェゼルのフルモデルチェンジを行い2020年12月に発売する。 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ について フルモデルチェンジするヴェゼルは4代目 新型フィットをベースに開発。 エクステリア エクステリアはキープコンセプト...

日産 新型 ルークス フルモデルチェンジ 2020年3月19日発売

日産は「デイズ ルークス」のフルモデルチェンジを行い車名変更を行い「ルークス」として2020年2月25日10時に発表、2020年3月19日に発売する。

価格1,415,700円~2,066,900円

現行モデル同様に2019年3月28日にフルモデルチェンジした新型「デイズ」と同様のエンジンやシャーシを使い開発する。同時に三菱自動車も新型ekスペースのフルモデルチェンジを行い発売する。

スペック 新型ルークス
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,775mm
ホイールベース 2,495mm
モデル ターボ車 マイルド
ハイブリッド車
エンジン 660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
インタークーラーターボ
660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
+モーター
最高出力 64ps/
5,600rpm
52ps/
6,400rpm
最大トルク 100Nm/
2,400rpm~4,000rpm
60Nm/
3,600rpm 
モーター
最高出力
2.1/
1,200rpm
モーター
最大トルク
40Nm/
100rpm
トランスミッション CVT
(エクストロニック)
駆動方式 FF/4WD
車両重量 940kg〜1060kg
JC08モード燃費 22.6km/L(2WD)
21.2km/L(4WD)
27.2km/L(2WD)
22.4km/L(4WD)
WLTCモード燃費 18.8km/L(2WD)
16.4km/L(4WD)
19.2km/L(2WD)
18.2km/L(4WD)
価格 1,932,700円~
2,066,900円
1,415,700円~
1,977,800円

日産 新型 デイズ ルークス 「ルークス」に車名変更 フルモデルチェンジ 2020年3月19日発売

日産 新型 デイズ ルークス 「ルークス」に車名変更 フルモデルチェンジ 2020年3月19日発売
日産は「デイズ ルークス」のフルモデルチェンジを行い車名変更を行い「ルークス」として2020年2月25日10時に発表、2020年3月19日に発売する。 価格1,415,700円~2,066,900円 現行モデル同様に2019年3月28日...

日産 新型 キックス  日本 2020年6月15日発売

日産はコンパクトSUV「キックス」を日本にて2020年7月に発売する。ジュークの後継モデルとして販売される予定だ。

「Vモーション」モチーフを施したグリルやブーメラン型ヘッドライト、ユニークなフローティングルーフ、力強いボディ形状といった、ニッサンデザインの特徴を多く取り入れています。更に、横長のLEDフォグランプを搭載し、ヘッドランプは、特徴的なブーメラン形状をより際立たせる繊細な造りとした。

日産 新型 キックス コンパクトSUV 日本  2020年6月15日発売

日産 新型 キックス コンパクトSUV 日本 2020年6月30日発売
日産は新型コンパクトSUV「キックス」を日本にて2020年6月30日発売する。価格2,759,900円〜2.869,900円。日本において10年ぶりのブランニューモデルとして発売する。2020年6月24日12時からYouTubeの日産公式チ...

日産 新型 ノート e-POWER フルモデルチェンジ 2020年8月発売

 

note_e-POWER

ノート e-POWER

 

日産は新型ノート / ノートe-POWERのフルモデルチェンジを行い2020年8月に発売する。

現行ノートは2012年から販売を開始しており、丸8年でのフルモデルチェンジとなる。

3代目 新型ノートには最新のVモーションデザイン言語を採用。V字型のグリルと積極的なヘッドライトが組み込まれる。
新型ティアナのコンセプトモデル「Nissan Vmotion 2.0 Concept」をベースにしておりフロントの大型のVmotionグリルが特徴的である。更に自動運転技術 プロパイロット(パイロットドライブ 1.0)とを採用。e-POWERモデルは更に効率的な発電を行い燃費向上を果たす。

日産 新型 ノート e-POWER 3代目 フルモデルチェンジ 2020年8月発売

日産 新型 ノート e-POWER 3代目 フルモデルチェンジ 2020年10月発売
日産は新型ノート / ノートe-POWERのフルモデルチェンジを行い2020年10月に発売する。 3代目 新型ノート / ノートe-POWERについて 現行ノートは2012年から販売を開始しており、丸8年でのフルモデルチェンジとなる。3...

日産 新型 エクストレイル フルモデルチェンジ 2020年12月発売

Nissan X-TRAIL

X-TRAIL 予想CG

日産は新型エクストレイル (X-TRAIL)のフルモデルチェンジを行い2020年12月に発売する。今回はPHEV(プラグインハイブリッドEVシステム)モデル、e-POWERを追加する。

新型 エクストレイル スペック

スペック 新型エクストレイル e-POWER
全長 4,640mm
全幅 1,820mm
全高 1,715mm
ホイールベース 2,705mm
エンジン 1.2L 直3DOHC +モーター 型式:EM57
モーター最高出力 100kW(136ps)
モーター最大トルク 320Nm(32.6kgm)
最高出力 62Kw(84ps)/6000rpm
最大トルク 103Nm(10.5kgm)/3200-5200rpm
駆動方式 2WD
乗車定員
JC08モード燃費 23.0km/L
価格

日産 新型 エクストレイル e-POWER フルモデルチェンジ 2020年12月発売

日産 新型 エクストレイル e-POWER フルモデルチェンジ 2020年12月発売
日産は新型「エクストレイル (X-TRAIL)」のフルモデルチェンジを行い2020年12月に発売する。米国にて新型「ローグ(日本名 エクストレイル)」を2020年6月15日午前9時(現地時間)世界初公開した。今回日本モデルでは日産独自のハイ...

マツダ 新型 MX-30 電気自動車 SUV 日本 2020年8月発売

mazda mx 30

マツダは初の量産EVモデルを新型「MX-30」を東京モーターショー2019にて2019年10月23日に世界初公開した。新世代商品として「MAZDA3」「CX-30」に続くモデルとして発表した。日本モデルは2020年8月頃に発売される。

電気モーター「Electric Technology Prove-Out Vehicle(e-TPV)」を採用し最高出力:141 HP(143 PS / 105 kW)と最大トルク265 Nm(195 lb-ft)に35.5 kWhのリチウムイオン電池に専用プラットフォームを採用する。

mazda mx 30

センターコンソール周りは、抜け感を持たせた形状とすることで、開放感のある空間を構成。コルクや再生材からできた生地などの環境に配慮した素材を、そのものが持つ自然な魅力を引き出して使用し、心地のよい室内空間を実現した。8.8インチのインフォテイメントシステムを採用。

新型 MX-30 スペック

スペック MX-30
全長 4,395mm
全幅 1,795mm
全高 1,570mm
ホイールベース 2,655mm
モーター e-SKYACTIV
最高出力 143 PS / 105 kW
最大トルク 265 Nm
バッテリー リチウムイオン35.5 kWh
駆動方式 2WD
乗車定員 5名
WLCT航続距離 約200km
価格 -円

マツダ 新型 MX-30 電気自動車 SUV e-SKYACTIV搭載 日本 2020年8月発売

マツダ 新型 MX-30 電気自動車 SUV e-SKYACTIV搭載 日本2020年10月発売
マツダは初の量産EVモデルを新型「MX-30」を全世界で2020年に発売する。日本モデルは2020年10月に発売される。 英国では「Mazda MX-30 First Edition」を500台限定で先行予約をスタートしている。英国価格 ...

スバル 新型 レヴォーグ フルモデルチェンジ 2020年10月発売

levorg

スバルは新型「レヴォーグ」のフルモデルチェンジを行い2020年6月に発売する。「レヴォーグ STI Sport」も発売される予定だ。

レヴォーグ プロトタイプモデル」を東京モーターショー2019にて2019年10月23日14:00から世界初公開した。「レヴォーグ プロトタイプ STI Sport」を「東京オートサロン2020」にて初公開する。

2016年10月25日に発売を開始した5代目 GT/GK系 新型インプレッサをベースにしている。次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)」を採用。スバル新デザインフィロソフィー“DYNAMIC × SOLID”を全面採用すると共に、内外装の質感を大幅向上させる。

SUBARUが2020年頃に実現を見込む高度運転支援技術を、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDがもたらすハイパフォーマンスと融合し、SUBARUならではの安心で愉しいスポーツセダン像を表現。 性能を一層向上させた次世代アイサイト、レーダー、高精度GPS・地図等の採用により、究極の安全として「自動車事故ゼロ」の実現を追求していくとしている。

新型 レヴォーグ スペック

スペック 2.0L 水平対向4気筒DOHC
直噴エンジン「FB20型」
+モーターアシスト「e-BOXER」
最高出力 107kW(145ps)/6,000rpm
最大トルク 188Nm(19.2kgm)/4,000rpm
モーター最高出力 10kW(13.6ps)
モーター最大トルク 65Nm(6.6kgm)
駆動方式 AWD
トランスミッション CVT(リニアトロニック)
バッテリー リチウムイオンバッテリー(4.8Ah)
JC08モード燃費 19.2km/L

スバル 新型 レヴォーグ フルモデルチェンジ「e-BOXER」搭載 2020年10月発売

スバル 新型 レヴォーグ フルモデルチェンジ 2代目 2020年11月26日発売
スバルは2代目となる新型「レヴォーグ」のフルモデルチェンジを行い2020年10月15日に発表、11月26日発売する。2020年8月20日から先行予約を開始予定。「レヴォーグ STI Sport」も発売される予定。 新型レヴォーグこれまでの...

ダイハツ 新型 タフト 2020年6月発売

ダイハツは新型 軽クロスオーバーとなる「タフト」を2020年6月に発売する。東京オートサロン2020で「TAFT concept」を世界初公開する。

TAFT

新型「タント」「ロッキー」に続く「DNGA」第3弾となる。サスペンションアレンジ最優先の設計と、曲げ剛性の向上やハイテン材の活用・構造合理化によりボディ構造全体の軽量化が図られた新プラットフォーム「DNGA-Aプラットフォーム」である。「マルチスパーク(複数回点火)」を採用。トランスミッションには世界初の「パワースプリット技術」を採用した、新開発の「DCVT(Dual mode CVT)」更に先進技術「次世代スマートアシスト」を採用する。SmartDeviceLinkとApple CarPlayに対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。カーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「ダイハツコネクト」を採用している。

タフトは「レジャーで遊べる!日常で使える!」新発想「バックパックスタイル」とし、遊び心のある角ばった「タフさ・力強さ」を表現したエクステリアデザインとした。

スペック 新型タフト
エンジン形式 NA ターボ
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm
ホイールベース 2,460mm
エンジン 658cc 直3 DOHC
エンジン
658cc 直3 DOHC
ターボエンジン
最高出力 38kW(52ps)/
6,900rpm
47kW(64ps)/
6,400rpm
最大トルク 60Nm(6.1kgm)/
3,600rpm
100Nm(10.2kgm)/
3,600rpm
トランスミッション CVT
駆動方式 2WD(FF)/4WD
JC08モード燃費 27.2km/L(2WD)
25.4km/L(4WD)
25.2km/L(2WD)
23.8km/L(4WD)
WLTCモード燃費 21.2km/L(2WD)
20.2km/L(4WD)
20.0km/L(2WD)
18.8km/L(4WD)
価格

ダイハツ タフト 新型 軽クロスオーバー 大胆予想 2020年6月発売

ダイハツ 新型 タフト ガラスルーフ標準採用 軽クロスオーバー 2020年6月10日発売
ダイハツは軽クロスオーバーとなる新型「タフト(TAFT)」を2020年6月10日に発売した。新型「タント」「ロッキー」に続く「DNGA」第3弾となる。サスペンションアレンジ最優先の設計と、曲げ剛性の向上やハイテン材の活用・構造合理化によりボ...

ダイハツ 新型 ムーヴ / ムーヴカスタム フルモデルチェンジ 2020年12月発売

meve_custom

meve_custom

ダイハツは新型ムーヴ / ムーヴカスタムのフルモデルチェンジを行い2020年12月に発売する。新開発プラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用する。更に、新開発の「DCVT(Dual mode CVT)」や「次世代スマートアシスト」「Daihatsu Connect」を採用する。

新型ムーヴ / ムーヴカスタム 7代目 スペックについて

スペック 新型ムーヴ / ムーヴカスタム
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm
ホイールベース 2,455mm
エンジン 658cc 直3 DOHC
エンジン
658cc 直3 DOHC
ターボエンジン
最高出力 38kW(52ps)/
6,900rpm
47kW(64ps)/
6,400rpm
最大トルク 60Nm(6.1kgm)/
3,600rpm
100Nm(10.2kgm)/
3,600rpm
トランスミッション CVT
駆動方式 2WD/4WD
JC08モード燃費 30〜32km/L 26.0-28.0km/L
価格

ダイハツ 新型 ムーヴ / ムーヴカスタム フルモデルチェンジ 7代目 DNGA 次世代スマアシ採用 2020年12月発売

ダイハツ 新型 ムーヴ / ムーヴカスタム フルモデルチェンジ 7代目 DNGA 次世代スマアシ採用 2020年12月発売
ダイハツは新型ムーヴ / ムーヴカスタムのフルモデルチェンジを行い2020年12月に発売する。新開発プラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用する。更に、新開発の「D-CVT(Du...

スズキ 新型 ハスラー フルモデルチェンジ 2020年1月20日発売

hustler

hustler

スズキは新型ハスラーのフルモデルチェンジを行い2019年12月24日発表、2020年1月20日に発売する。

hustler

エクステリアデザインはキープコンセプトであり、ハスラーのヘッドライトは現行と同じ丸目となる。ボンネットの高さを20mm上げ、丸みがありながらも厚みと少し角ばったイメージとなり新型「ジムニー」に近いデザインとなった。

hustler

インテリアデザインは新型クロスビー(XBEE)やに近いデザインとなる。インテリアの質感もかなり高くアウトドアとスポーティな印象を受ける。特にダッシュボードの形状やナビ周りが特徴的である。メーターには「カラー液晶メーター」を採用。ナビゲーションには9インチのナビを装備。全方位モニターに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を採用。こもり音や雨音を低減する「高減衰マスチックシーラー」を軽自動車で初めて採用、さらに防音材や遮音材を最適に配置することで静粛性を高めている。

新型ハスラー スペックについて

スペック 新型ハスラー
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,680mm
ホイールベース 2,460mm
エンジン 660cc 直列3気筒
エンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒
ターボエンジン
+ モーター
エンジン最高出力 36kW(49ps)/
6,500rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
エンジン最大トルク 58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
モーター最高出力 1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
モーター最高トルク 40Nm(4.1kgm)/
100rpm
50Nm(5.1kgm)/
100rpm
バッテリー リチュウムイオン
電池
駆動方式 2WD(FF)/4WD
WLCTモード燃費 25.0km/L(2WD)
23.4km/L(4WD)
22.6km/L(2WD)
20.8km/L(4WD)
乗車定員 4名
価格 1,365,100円~
1,652,200円
1,459,700円~
1,746,800円

スズキ 新型 ハスラー フルモデルチェンジ 2019年12月24発表 2020年1月20日発売

スズキ 新型 ハスラー フルモデルチェンジ 2019年12月24発表 2020年1月20日発売
スズキは新型ハスラーのフルモデルチェンジを行い2019年12月24日発表、2020年1月20日に発売する。価格1,365,100円〜1,746,800円 現行モデル発売から丸5年でのフルモデルチェンジとなる。2019年10月24日~11月...

スズキ 新型 アルト/アルトRS フルモデルチェンジ  2020年10月発売

アルト

スズキは新型アルト/アルトRSのフルモデルチェンジを行い2020年10月に発売する。

ライバル車種である新型ミライースのフルモデルチェンジを2017年5月9日に行い、販売台数も大きく伸びている。

スズキもミライースに負けない為にも9代目となりフルモデルチェンジを行う。今回はミライースでも先進の安全技術をレベルアップさせ「スマートアシストⅢ」を搭載。8代目アルトでもレーダーブレーキサポートからレベルアップしアルトのマイナーチェンジ(一部改良)を行い2018年12月13日したモデルから「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載する。9代目も継続して搭載される。安価なモデルが売りのアルトはエネチャージを搭載しているが、ラインナップを追加する形でマイルドハイブリッドモデル、Sエネチャージモデルを追加する。

新型アルト スペックについて

スペック 新型アルト 新型アルト
マイルドハイブリッド
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,530mm
ホイールベース 2,460mm
エンジン 直3 660cc 直3 660cc+モーター
最高出力 36kW(49ps)/
6,500rpm
36kW(49ps)/
6,500rpm
最大トルク 58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
モーター最高出力 1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
モーター最大トルク 40Nm(4.1kgm)/
100rpm
ミッション CVT CVT
JC08モード燃費 37.0km/L 40.0km/L
価格

スズキ 新型 アルト/アルトRS フルモデルチェンジ Sエネチャージ採用 2020年10月発売

スズキ 新型 アルト/アルトRS フルモデルチェンジ Sエネチャージ採用 2020年10月発売
スズキは新型アルト/アルトRSのフルモデルチェンジを行い2020年10月に発売する。 新型 アルト/アルトRS フルモデルチェンジについて ライバル車種である新型ミライースのフルモデルチェンジを2017年5月9日に行い、販売台数も大きく...

三菱 新型 ekスペース フルモデルチェンジ 2020年3月19日発売

三菱は「ekスペース」のフルモデルチェンジを行い2019年3月19日に発売する。現行モデル同様に2019年3月28日にフルモデルチェンジを行った新型「ekワゴン」と同様のエンジンやシャーシを使い開発する。同時に日産も新型デイズルークスのフルモデルチェンジを行い発売する。

SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT

SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT

SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT

スペック 新型ekスペース
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,775mm
ホイールベース 2,495mm
モデル ターボ車 マイルド
ハイブリッド車
エンジン 660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
インタークーラーターボ
+モーター
660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
+モーター
最高出力 47kW(64ps)/
5,600rpm
38kW(52ps)/
6,400rpm
最大トルク 100Nm(10.2kgm)/
2,400rpm~4,000rpm
60Nm(6,1kgm)/
3,600rpm 
モーター
最高出力
2.0kW(2.7ps)/
1,200rpm
モーター
最大トルク
40Nm(4.1kgm)/
100rpm
トランスミッション CVT
(エクストロニック)
駆動方式 FF/4WD
車両重量 1000kg〜1100kg
JC08モード燃費 21.8km/L〜
23.2km/L 
21.4km/L 〜
27.8km/L 
WLTCモード燃費 15.8km/L〜
17.2km/L 
17.8km/L〜
19.2km/L
価格 1,635,700円~
1,991,000円
1,399,200円~
1,903,000円

三菱 新型 ekスペース フルモデルチェンジ 2020年4月発売

三菱 新型 ekスペース フルモデルチェンジ 2020年3月19日発売
三菱は「ekスペース」のフルモデルチェンジを行い2020年3月19日に発売する。クロスオーバーモデル「ekクロス スペース」も同日発売した。2020年3月18日時点での受注台数は、約5,000台と発表。 2019年10月23日より開催され...