トヨタ 新型 RAV4 試乗 感想とレビュー 進化について

レビュー 評価

トヨタは新型「RAV4」(XA50型)のフルモデルチェンジを行い日本では2019年4月10日に発売した。日本市場では1度、撤退した「RAV4」だが2019年上半期(4~9月)の販売台数ではSUVカテゴリーではトップの39,299台であった。月にすると平均6,000台以上販売している。

日本市場を撤退したはずの「RAV4」がなぜ今受け入れられているのか体感した内容を中心にまとめてみた。

新型 RAV4 Adventure(アドベンチャー)

今回、乗車したのは真ん中のグレードでエクステリアの違いのある人気グレード「Adventure」である。「ダイナミックトルクベクタリングAWD」「235/55R19タイヤ&19.5jアルミホイール」を標準採用している。

モデル 駆動方式 価格
X 2WD 2,608,200円
X 4WD 2,835,000円
Adventure 4WD 3,137,400円
G 4WD 3,202,200円
GZ package 4WD 3,348,000円
モデル 駆動方式 価格
HYBRID X 2WD 3,222,000円
HYBRID X E-Four 3,450,600円
HYBRID G E-Four 3,817,800円

新型 RAV4 エクステリア

RAV4のエクステリアの印象は力ず良い印象のある角ばったデザインである。トヨタのSUVらしいデザインと言っていいだろう。

左 RAV4 右 ハリアー

235/55R19タイヤ&19.5jアルミホイール

グレードのAdventure(GZ package)は「235/55R19 ヨコハマタイヤ (AVID GT)」オールシーズンタイヤを採用。乗り心地は悪くなかったです。

雪深い場所でなければ都内などの軽い雪が降ったひなどはこのタイヤのままでいけそうですね。

その他グレードは通常タイヤ「225/60R18 ダンロップ GRANDTREK PT30」「225/65R17ダンロップ GRANDTREK PT30」を採用。

新型 RAV4 インテリア

新型 RAV4 エンジン

新型2.0Lガソリンエンジン+「Direct Shift-CVT」は期待していたほどとは思いえなかった。特にSUVは車重が思いので0~30km/hでもたつきやすいが、同クラスとで比較するとスムーズな加速感を感じることができた。しかし、走り出しを特に気にする人には「直列4気筒 2.5L直噴エンジンD-4S+モーター(THSⅡ)」のハイブリッドモデルをおすすめする。

トヨタ車には珍しくオルガンペダルを採用しておりアクセルのタッチ感覚が通常の車とは多少異なる印象だが非常に好印象だった。

新型 RAV4 走行性能について

RAV4の乗車して感じるのが非常に揺れがすくないと感じる。更にコーナリングでの安定性もこのクラスでは素晴らしいと感じた。更にSUVの様な高さのある車だとどうしても右左に揺られるシーンがあるのだがそれもあまり感じなかった。「TNGA」による低重心化が効いているのと、「ダイナミックトルクベクタリングAWD」によってコーナリングがいいのだと実感できるだろう。

新型 RAV4がっかりポイント

RAV4に乗ってがっかりした部分はいくつかあるので、まとめてみました。

  1. アイドリングストップ機能が非搭載である。(全グレード)
    渋滞が多い都心部に住む人も多くいる日本では付いていてほしい機能だ。実際に燃費がどの程度違うか、更にエンジン停止からの始動時が嫌いな人なんかもいるのでいらない人もいるかもしれないが軽自動車にも付いている現代の車としてはこのクラスの車としてがっかりである。
  2. 運転席のサンバイザーに収納ポケットがない。

    すごい地味ではあるが駐車券や、ちょっとしたカード類なんかを入れるスペースはあってもいいだろう。
  3. アダプティブハイビームシステムの設定がない。
  4. ベンチレーションシートの設定がAdventureグレードのみ。
  5. ハイブリッドグレード意外のフォグライトが質素である。

    toyota-rav4-hybrid
  6. 2WDグレードがXのみ。
  7. 日本モデルにはブラックルーフのツートンカラーのラインナップがない!
    Toyota-RAV4

新型 RAV4スペック

スペック 新型 RAV4(日本モデル)
全長 4,600mm~4,610mm
全幅 1,855mm~1,865mm
全高 1,690mm
ホイールベース 2,690mm
エンジン 直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S
+モーター(THSⅡ)
直列4気筒2.0L
直噴ガソリンエンジン
最高出力 131kW(178ps)/
5,700rpm
126kW(171ps)/
6,600rpm
最大トルク 221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
207Nm(21.1kgf・m)/
4,800rpm
フロントモーター
最大出力
88kw(120ps)
フロントモーター
最大トルク
202Nm(20.6kgm)
リアモーター
最大出力
40kW(54ps)
リアモーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)
システム出力 E-Four:163kW(222ps)
2WD:160kW(218ps)
トランスミッション 電気式無段変速機 Direct Shift-CVT
バッテリー リチウムイオンバッテリー
駆動方式 2WD/4WD(E-Four) 2WD(FF)/4WD
乗車定員 5名
JC08モード燃費 25.0km/L~
25.2km/L
WLTCモード燃費 20.6km/L~
21.4km/L
15.2km/L~
15.8km/L
価格 3,222,000円〜
3,817,800円
2,608,200円〜
3,348,000円

トヨタ 新型 RAV4 フルモデルチェンジ日本復活 2019年4月10日発売

トヨタ 新型 RAV4 フルモデルチェンジ日本復活 2019年4月10日発売
トヨタは新型「RAV4」XA50型のフルモデルチェンジを行い日本では2019年4月10日に発売した。 価格:260万8,200円~381万7,800円 世界初となる新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」や最新の予防安全...

新型 RAV4絶対に付けておきたいディーラーオプション

「X」/「HYBRID X」と「Adventure」を選択する場合には注意が必要で「インテリジェントクリアランスソナー」「リアクロストラフィックアラートブレーキ+ブラインドスポットモニター」が付いていない。最大の落とし穴は購入後に装着ができないオプションである。

  • インテリジェントクリアランスソナー (28,080円)
  • リアクロストラフィックアラートブレーキ+ブラインドスポットモニター(66,960円)

トヨタ 新型 RAV4 おすすめグレードは?装備は?

トヨタ 新型 RAV4 おすすめグレードは?装備は?
2019年4月10日に発売を開始した新型「RAV4」。そこで購入時に1番悩むのがグレードと装備であるがまとめてみた。 新型RAV4絶対に付けておきたいディーラーオプション 「X」/「HYBRID X」と「Adventure」を選択する場...

新型 RAV4 はどうだったか?

まずはトータル的にはこの価格帯でこの車格と装備ついて安いと言った印象だ。走行性能でも話したが、乗り心地が非常にいい。更に2.0Lガソリン車であってももたつきの少ない走行が可能となっており非常に車としての完成度を感じることができた。

トヨタ 新型 RAV4 ボディカラー オススメは?

トヨタ 新型 RAV4 ボディカラー オススメは?
2019年4月10日発売となる新型「RAV4」はいよいよ発売日が近づいてきた。そこでカラーラインナップについてまとめてみた。オススメのボディカラーも紹介します。 新型 RAV4 カラーラインナップは? 今回の新型から単色モデル8色と2ト...

トヨタ 新型 RAV4 ハイブリッド か ガソリン どちらを選ぶ?

トヨタ 新型 RAV4 ハイブリッド か ガソリン どちらを選ぶ?
トヨタは新型RAV4を2019年4月10日発売した。今までにわかっている日本仕様の情報を元にハイブリッドかガソリンかどちらを選ぶべきかおすすめを考えてみた。全国の「カローラ店」「ネッツ店」で販売される。現在は既にメーカーオーダー開始となって...

トヨタ RAV4

https://www.toyota.com/rav4/