トヨタ 新型 C-HR (CHR) 一部改良 (マイナーチェンジ) ターボモデル FF 追加 2018年5月7日発売

toyota_c-hr トヨタ
toyota_c-hr

トヨタは新型C-HR (CHR) ZYX10型の一部改良(マイナーチェンジ)を行い1.2LターボモデルFF 追加し2018年5月7日発売した。

価格:229万円~292万9200円

新型C-HR について

トヨタは新型C-HR (CHR) ZYX10型(1.2Lターボモデル・ハイブリッドモデル)を2016年12月14日発売した。同日に全国のトヨタ系ディーラーで取り扱い発売を開始。新型プリウスに続く共通プラットフォームTNGA(Toyota New Global Architecture)を採用する第2弾モデルとなる。衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備。2016年11月10日WEBでの先行商談の予約受注開始した。

4グレード

S / G -T 1.2Lターボモデル 価格:2,290,000円〜2,799,600円 JC08モード燃費:15.4km/L

S / G ハイブリッドモデル 価格:2,614,000円〜2,929,200円 JC08モード燃費:30.2km/L

2グレード(現在も日本未発売) S / G 2.0Lガソリンモデル 予想価格:240万円~ JC08モード燃費:14.0km/L

TOYOTA_C-HR_2016_303.jpg

TOYOTA_C-HR_new_001.jpg

TOYOTA_C-HR_2016_301.jpg
左から アイデアスケッチ、初期モデル、プロダクト

C-HR360

2018年5月7日 新型C-HR 一部改良を行い1.2LターボモデルFF 追加し発売を開始。

1.2Lターボ車に、新たに2WD車を追加設定。すべての光源をLED化した大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)を新たに標準装備。(グレード:S 、S-Tを除く)新規設定色ネビュラブルーメタリックを含むモノトーン8色、新規設定色ホワイト×ネビュラブルーメタリックを含むツートーン8色の全16色を設定。

価格を変更。

直列4気筒DOHC 1.2L 直噴ターボエンジン

S-T 2WD 価格:2,290,000円

S-T 4WD 価格:2,484,400円

S-T“LED Package” 2WD 価格:2,346,000円

S-T“LED Package” 4WD 価格:2,540,400円

G-T 2WD 価格:2,605,200円

G-T 4WD 価格:2,799,600円

直列4気筒DOHC 1.8L +モーター (リダクション機構付のTHSⅡ)

S 2WD 価格:2,614,000円

S“LED Package” 2WD 価格:2,670,000円

G 2WD 価格:2,929,200円

S-T_LED Package_2018_01

G-T_2018_01.jpg

G_2018_1.jpg

2017年8月2日にツートンカラーを追加し発売を開始。

新型C-HR ツートンカラー 全8色

価格はオプション価格32,400円(消費税込み)

ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラック

メタルストリームメタリック×ブラック

ブラックマイカ×ホワイト

センシュアルレッドマイカ×ブラック

ダークブラウンマイカメタリック×ホワイト

イエロー×ブラック

ラディアントグリーンメタリック×ホワイト

ブルーメタリック×ホワイト

*ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラック×センシュアルレッドマイカは54,000円(消費税込み)

コンセプトモデルについて

2014年10月1日から開催された2014パリモーターショーで新コンセプトモデル「C-HR Concept」を発表した。2015年9月15日フランクフルトモーターショー2015においても「C-HR Concept」5ドア仕様を発表。2015年11月17日から開催される、ロサンゼルスモーターショー2015で「Scion C-HR Concept」発表した。

Scion C-HR Concept_01
Scion C-HR Concept

自動車ブランド「サイオン Scion」トヨタが北米らアメリカ合衆国(グアム、プエルトリコを含む)およびカナダで展開している。

しかし、トヨタの米国の若者向けブランド「Scion(サイオン)」は2017年8月を目処に
ブランドを廃止すると発表された!!

これで、「Scion(サイオン)」ブランドからの発売はなくなり

トヨタの世界戦略SUVとして全世界で新型C-HRとして販売される!!

これで、「Scion(サイオン)」ブランドからの発売はなくなり

新型C-HR発表について

トヨタの世界戦略SUVとして全世界で新型C-HRとして販売される!!

そして、2016年3月1日から開催のジュネーブモーターショー2016 にて新型C-HRの量産モデルを正式発表した!!

New Toyota C-HR | Geneva Motor Show 2016

2016年6月20日~24日にイタリア・ミラノで開催されたメディア向けイベントにて、新型クロスオーバー「TOYOTA C-HR」の欧州仕様車のインテリアデザインを披露した。

2016年11月26日9時~12時

富士スピードウェイにおいて「C-HR特別先行プロト試乗会」を開催する。

新型C-HRプロトタイプモデルの試乗体験などを実施する。

当選人数は最大96名(応募者1名+同伴者1名まで、同伴者を含む最大当選者数)。

応募期間は9月28日~10月23日23時59分となる。

2016年11月4日から開催される全日本ラリー選手権第9戦(最終戦)「新城ラリー2016」(愛知県新城市)では、新色「ラディアントグリーンメタリック」が日本初お披露目した。

2016年11月16日から開催されたロサンゼルスオートショー2016で米国仕様のC-HRを公開した。

米国市場向けにはXLEとXLE Premiumを用意!!

2.0L 4気筒エンジン

最高出力:144hp

トランスミッション:CVT

Toyota-C-HR_2016_401.jpg
新型C-HR 米国仕様

Toyota-C-HR_2016_403.jpg

Toyota-C-HR_2016_404.jpg
リアドアハンドル

新型C-HRのシステムについて

新型プリウスをベースにした、SUVを開発ハイブリッドモデルと新開発の1.2L直噴ターボが搭載される。

2015年12月9日に発売した新型プリウスと同じ最大熱効率40%以上を実現したエンジンと最新のTHSIIが搭載される。

ハイブリッドシステムも小型化されることから

コンパクトSUVにこのシステムは非常に良いい。

更に、TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを新型プリウスに続き採用した。

TOYOTA_C-HR_2016_TNGA_01.jpg

TNGA(Toyota New Global Architecture)

TOYOTA_C-HR_2016_TNGA_04.jpg

 

新型C-HRのエクステリアデザイン

Toyota-C-HR_2016_402.jpg
北米市場モデル

Toyota-C-HR_2016_304.jpg

デザインは、「センシュアル スピード – クロス」をコンセプトに、SUVのたくましい足回りや

スピード感あふれるボディ、大人の色気を表現し、新ジャンル・スペシャルティを追求した。

ダイヤモンドをモチーフとし、コンパクトなキャビンとリフトアップ感のある薄いボディを一体化した

多面体のような精彩なボディから、前後のホイールフレアが大きく張り出した構成により、

圧倒的なスタンスの良さを表現。「キーンルック」や、

その構成要素でもある「アンダープライオリティ」などのTOYOTA独自の

デザイン表現を進化させ、ワイド感と踏ん張り感ある鋭く力強いフロントマスクを創出している。

ヘッドライトユニットは1眼でハイビームとロービームを使い分ける

Bi-Beam LEDヘッドライトを採用。

三角形状の輪郭でシャープな印象を与えるLEDクリアランスランプを組み合わせて採用した。

Toyota-C-HR_2016_004.jpg
Bi-Beam LEDヘッドライト+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト

Toyota-C-HR_2016_005.jpg

足元イルミネーション(車名表示)<「G」、「G-T」に標準装備>

新型C-HR サイズ

スペック 新型C-HR
全長 4,350mm
全幅 1,795mm
全高 1,555〜1,565mm
ホイールベース 2,640mm

リアラゲッジスペース容量

フル乗車時 318L

リアシートを倒すと最大1112L

スペック 新型C-HR 室内寸法
長さ 1,505mm
1,400mm(最小幅960mm)
高さ 650mm

Toyota-C-HR_2016_308.jpg

Toyota-C-HR_2016_409.jpg

リアラゲッジスペース容量 フル乗車時 318L リアシートを倒すと最大1112L

室内寸法 長さ:1,505mm 幅:1,400mm(最小幅960mm) 高さ:650mm

新型C-HR 燃費について

新型プリウスの燃費はJC08モード燃費40.8km/Lだが、

プリウスSUVは車重が重くなるため同じ燃費は期待できない。

予想ではJC08モード燃費30km/Lを目指すのではないかと思われる。

新型C-HR エンジンラインナップ

スペック 新型C-HR ハイブリッドモデル
エンジン 1.8L 直列4気筒 DOHC+モーター
最高出力 98ps/5,200rpm
最大トルク 14.5kgm/3,600rpm
モーター最大出力 72ps
モーター最大トルク 16.6kgm
駆動方式 FF/AWD(E-Four)
トランスミッション 電気式無段変速機
JC08モード燃費 30.2km/L

1.2L直噴ターボは新型オーリスに搭載された新型エンジンを採用。新型オーリスはJC08モード燃費19.4km/Lであるが車重もあり、JC08モード燃費15.4km/Lとなった。

スペック 新型C-HR Tグレード
エンジン 1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボ
最高出力 116ps/5,200-5,600rpm
最大トルク 18.9kgm/1,500-4,000rpm
駆動方式 FF/AWD
トランスミッション 6MT/Super CVT-i(自動無段変速機)
JC08モード燃費 15.4km/L
スペック 新型C-HR 2.0Lエンジンモデル(海外のみ)
エンジン 2.0L 直列4気筒 DOHCエンジン
最高出力 150ps/6,100rpm
最大トルク 19.7kgm/3,800rpm
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
スペック 新型 C-HR
全長 4,350mm
全幅 1,795mm
全高 1,555mm
ホイールベース 2,640mm
エンジン 1.2L 直列4気筒 DOHC直噴ターボ 1.8L 直列4気筒 DOHC+モーター
最高出力 116ps/5,200-5,600rpm 98ps/5,200rpm
最大トルク 18.9kgm/1,500-4,000rpm 14.5kgm/3,600rpm
モーター最大出力 72ps
モーター最大トルク 16.6kgm
トランスミッション 6MT/CVT 電気式無段階変速機
JC08モード燃費 15.4km/L 30.2km/L
価格 2,290,000円〜2,799,600円 2,614,000円〜2,929,200円

サスペンションはF マクファーソンストラット、R ダブルウィッシュボーン

大径スタビライザー、アブソーバー減衰力特性の最適化により乗り心地をUP

アッパーサポートの緩衝材にはウレタン材をトヨタで初採用!!

ボディ接合部への構造用接着剤の使用、環状骨格構造の採用により高ボディ剛性を確保

SACHSアブソーバーを標準装備

最小回転半径は5.2m

予防安全性能 Toyota Safety Sense Pを全車標準装備

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、全車速追従機能付のレーダークルーズコントロールをはじめ、4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を採用し全車標準装備。

ITS専用周波数(760MHz電波)を活用し、クルマのセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信して、ドライバーに知らせることで安全運転を支援するITS Connectを設定(メーカーオプション)

新型C-HRのグレード

全4グレード ZYX10型

1.8L ハイブリッドシステムを搭載の2グレード設定 SとG

価格差は20万円程度

1.2L ターボエンジンを搭載の2グレード設定 G-T /S-T

Sグレード

215/60R17タイヤ&アルミホイール(シルバーメタリック)

ザックス製ショックアブソーバー

前後16インチディスクブレーキ

トヨタセーフティーセンスP

LEDポジションランプ

ハロゲンヘッドランプ

ドアミラーヒーターウィンカー

スマートエントリースタート

電動パーキングブレーキ

本革巻きステアリング

ファブリックシート(ブラックシート)

サイド&カーテンエアバック

オーディオレス&6スピーカー

S-T 1.2Lターボモデル

価格:2,516,400円

S ハイブリッドモデル

価格:2,646,000円

Gグレード

Sグレードに加えて

225/50R18タイヤ&アルミホイール(ブラック+切削光輝)

前後輪フェンダーライナー

ピアノブラック ウィンドーモール

メッキウエストモール

ドアミラー足元イルミネーション

スーパーUV&赤外線カットドアガラス

雨滴感応式オートワイパー

ブラインドスポットモニター

クリアランスソナー&バックソナー

フロントドアトリム照明

カップホルダー照明

自動防眩ルームミラー

バニティミラー照明

本革ブラウンシート&上級ファブリック・コンビシート

電動ランバーサポート&シートヒーター

前席シートバックポケット

ナノイー

足元イルミネーション(車名表示)

LEDシーケンシャルターンランプ (オプション設定 トヨタブランドとして初採用)

G-T1.2Lターボモデル

価格:2,775,600円

G ハイブリッドモデル

価格:2,905,200円

オプション

スペアタイヤ:10,800円

アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/コンセント):43,200円

ヘッドランプ(Bi-Beam LEDヘッドランプ):151,200円

バックカメラ:27,000円+リヤクロストラフィックアラート:37,800円

本革シート:75,600円

寒冷地仕様:28,080円

ボディカラー

ボディカラーは全8色

ホワイトパールクリスタルシャイン(オプションカラー)<070>※

メタルストリームメタリック(新規開発色)<1K0>

ブラックマイカ<209>

センシュアルレッドマイカ(オプションカラー)<3T3>※

ダークブラウンマイカメタリック<4U3>

イエロー<5A3>

ラディアントグリーンメタリック (新規開発色)<6W9>

ブルーメタリック<8T2>

※オプションカラー別途32,400円

Toyota-C-HR_2016_303.jpg
新型C-HR ホワイトパールクリスタルシャイン(オプションカラー)

Toyota-C-HR_2016_002.jpg
新型C-HR 日本仕様 メタルストリームメタリック S

今流行のツートンカラー(下に写真あり)(2017年8月に追加)

ツートン2色

ブラック

ホワイト

ルーフ&ドアミラー部分がブラックorホワイト

ブラック×メタルストリームメタリック

カラー:ホワイト×イエロー

インテリア 内装について

内装カラー

ブラック

リコリスブラウン

TOYOTA_C-HR_2016_307.jpg
(内装色:リコリスブラウン) 〈オプション装着車〉

TOYOTA_C-HR_2016_306.jpg
ドアトリムオーナメント (ダイヤモンド形状)

Toyota-C-HR_2016_009.jpg

内装カラー :リコリスブラウン

Toyota-C-HR_2016_010.jpg

TOYOTA_C-HR_new_004.jpg

内装色 リコリスブラウン

運転席は、メーターを中心として、ディスプレイオーディオ・操作パネルをドライバー方向に向けコンパクトに配置し、運転中の視認や操作の負担を少なくした、運転に集中できるドライバーズ空間を実現。更にドライバーを囲むような非対称形状のコンソールにより、車両との一体感が感じられるような空間を演出しています。

内装色 アナダイズドブルー

タッチスクリーンパネルを独立させながら、ダッシュボードを低く設計することで、見通しの良さを確保しました。

インストルメントパネルからドアトリムまでなめらかに繋がる、ソフトパッド・ファッション性の高い

オーナメント・ピアノブラックパネルをレイヤー状に構成し、シームレスで広がりのある空間を表現。

温かく迎え入れるような雰囲気と共に、艶やかな面質と切れのよいラインの心地よい刺激が、

乗員を常にリフレッシュさせます。

TOYOTA_C-HR_new_010.jpg

TOYOTA_C-HR_new_009.jpg

室内色は、ミステリアスな室内空間と先進性を素材と配色の組み合わせで演出しており、

3つのグレード毎に、黒を基調とした、リコリスブラウン(濃い茶色)、アナダイズドブルー

(発光をイメージしたブルー)、ブラックの3種類がある。

Toyota-C-HR_2016_008.jpg

販売店により異なるドレスアップ・キットを用意

メタリックスタイル(トヨタ店専売)

アーバンスタイル(トヨペット店専売)

スマートスタイル(カローラ店専売)

ストリートスタイル(ネッツ店専売)

モデリスタ(全店共通)

BOOST IMPULSE STYLE(ブースト インパルス スタイル)

ELEGANT ICE STYLE(エレガント アイス スタイル)

TRD (全店共通)

Aggressive Style

Extreme Style

トヨタグループのモデリスタとトヨタテクノクラフトのTRDも

新型C-HRの各、エアロをはじめとするカスタムアイテムを同時に発売する。

新型C-HRのライバル車種について

日産のジュークが世界的に好調であり、各社力をいれてコンパクトサイズのクロスオーバーSUVの

開発をしている。

その流れもあり、ついにトヨタも新型コンパクトサイズのSUVの開発を進めたのだろう。

世界でもメルセデス・ベンツGLAなど日本ではホンダ ヴィゼル スバル XV マツダCX-3

日産インフィニティQ30などがあるがトヨタ車でSUVで1番小さいモデルでもハリアーや

レクサスNXとなりコンパクトSUVのラインナップが現在ないと言える。

RAV4よりも下に位置するモデルである。

新型C-HRは日本ではRAV4の後継モデルとして販売される!!

スペック

ヴェゼル
ハイブリッド

日産
ジューク

トヨタ
C-HR

全長 4,295mm 4,135mm 4,350mm
全幅 1,770mm 1,765mm 1,795mm
全高 1,605mm 1,565mm 1,555mm
ホイールベース 2,610mm 2,530mm 2,640mm
エンジン 1.5L i-VTEC+i-DCD 1.5L 直列4気筒 DOHC

1.8L 直列4気筒 DOHC
+モーター

最高出力

132ps/
6,600rpm

114ps/
6,000rpm

98ps/
5,200rpm

最大トルク

15.9kgm/
4,600rpm

15.3kgm/
4000rpm

14.5kgm/
3,600rpm

モーター
最大出力

29ps 72ps

モーター
最大トルク

16.3kgm 16.6kgm
トランス
ミッション

7速デュアルクラッチ

AT

エクストロニック

CVT

CVT

JC08モード
燃費

21.6~27.0km/L 13.4〜18.0km/L 30.2km/L
価格 251~万円 197万円~万円 264~万円

vezel_27.jpg
ホンダ ヴェゼル

JUKE_87897543469.jpg
日産 ジューク

C-HRの予約状況と発売日について

気になる発売日は2016年12月14日となる。

2016年8月から全国のトヨタ系ディーラーにて事前受注を開始される!!

既に各ディーラーでの事前注文で去年発売した新型プリウス同様

発売後3ヶ月~4ヶ月までの予約が埋まっている様子だ!!

11月10日に先行予約開始、webで問い合わせフォーム公開する!!

11月中旬に発表1ヶ月前にトヨタへのオーダーが一斉にスタートする!!

2016年12月14日の時点で既に半年以上待つと思われます。

理由としては発売日前の先行予約で販売目標台数6000台の5倍以上の注文が入っていると

思われるからです。

トヨタは2017年1月19日に発売からの約1カ月で約4万8000台を受注したと発表した。

月販目標台数6000台の約8倍を記録した!!

パワートレーン別受注台数内訳はハイブリッド車が約3万7,000台、ターボ車 約1万1,000台である。トヨタの生産ラインで製造できる月の台数としても15000台以下であることから

納車までに半年ほどかかると予想できます。

2016年12月〜2017年3月頃までに納車の人は発売日前、つまり試乗前の購入者ということに

なるでしょう。

トヨタ自動車や日本の自動車メーカーさんはどこでもそうですが発売日よりも前に

是非各ディーラーに試乗車や販売台数が多い車種に限っては生産台数or生産済み台数を

増やして頂き、早い納車を今後期待したいものです。

C-HRの値引きについて

現在の注文分は値引額は車両本体価格の2%の値引きであり、

もしG ハイブリッドモデル(290万5,200円)を購入する場合には5万8,104円あまりの値引きが妥当である。

C-HR G’s

また、同時期ではないがC-HR G’sも今後ラインアップする予定だ!!

トヨタのTOYOTA GAZOO Racingは2016年5月26日から29日に掛けて行われるた

第44回ニュルブルクリンク24時間耐久レース2016に「TOYOTA C-HR Racing」

を出しており意識している様子だ!!

TOYOTA_C-HR_2016_Racing_01.jpg
TOYOTA C-HR Racing

Toyota-C-HR_2016_405.jpg

Toyota-C-HR_2016_406.jpg

Toyota-C-HR_2016_407.jpg

Toyota-C-HR_2016_408.jpg

Toyota-C-HR_2016_300.jpg

Toyota-C-HR_2016_302.jpg

Toyota-C-HR_2016_305.jpg

Toyota-C-HR_2016_306.jpg

Toyota-C-HR_2016_007.jpg
新型C-HR 日本仕様 ラディアントグリーンメタリック G

 

Toyota-C-HR_color_01.jpg

Toyota-C-HR_color_07.jpg
イエロー

Toyota-C-HR_color_02.jpg

Toyota-C-HR_color_03.jpg

Toyota-C-HR_color_06.jpg
センシュアルレッドマイカ(オプションカラー)

Toyota-C-HR_color_04.jpg
ダークブラウンマイカメタリック

Toyota-C-HR_color_05.jpg

Toyota-C-HR_color_08.jpg

TOYOTA_C-HR_new_015.jpg

TOYOTA_C-HR_new_016.jpg

TOYOTA_C-HR_new_012.jpg

TOYOTA_C-HR_new_014.jpg

インパネ・スピードメーター

TOYOTA_C-HR_new_013.jpg

TOYOTA_C-HR_new_002.jpg

TOYOTA_C-HR_new_003.jpg

TOYOTA_C-HR_new_005.jpg

TOYOTA_C-HR_new_05.png

TOYOTA_C-HR_new_006.jpg

TOYOTA_C-HR_new_007.jpg

Toyota-C-HR-07.jpg

Toyota-C-HR-04.jpg
ルーフ&ドアミラー部分がブラックツートン

Toyota-C-HR-03.jpg

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

トヨタC-HR

https://toyota.jp/c-hr/

https://www.toyota.co.uk/new-cars/c-hr/

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/detail/11223498/

https://global.toyota/jp/detail/12557688/

https://global.toyota/jp/detail/13739640

https://global.toyota/jp/detail/14478678/

https://global.toyota/jp/detail/mail/17993413

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/22381223.html

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019