MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 ルーミー フルモデルチェンジ 「e-SMART HYBRID」搭載 2022年11月発売

TOYOTA_ROOMY
目次

新型 ルーミー フルモデルチェンジ について

エクステリアはデザインを一新しながらもキープコンセプト、インテリアも一新、「9インチスマホ連動ディスプレイオーディオ」を採用。「SmartDeviceLink」と「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。カーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「ダイハツコネクト」を採用。更に「電動パーキングブレーキ&ホールド」を採用。プラットフォームはダイハツの「DNGAプラットフォーム」を採用。新型「タント」「ライズ」「ロッキー」「タフト」に続く「DNGA」第4弾となる。設計および開発・生産をダイハツが行っているため先進技術「次世代スマートアシスト」を採用する。

新型 ルーミー ハイブリッド について

2021年11月1日に発売される「ライズ ハイブリッド」同様に、 ハイブリッドシステムは「e-SMART HYBRID」を採用。「e-SMART HYBRID」 システムは新開発の「1.2L 直3気筒 エンジン(WA-VEX)+モーター」で構成されており、エンジンは発電専用。 その電力を使用し100%モーターで走行するシリーズハイブリッド方式を採用小さな排気量でシンプルな構造とコンパクトなサイズを実現。低・中速走行に強く、街乗りでの使用頻度が高い小さなクルマに適したハイブリッドシステム。WLCTモード燃費27.0km/L(2WD)と驚異的な燃費る 。

発電用エンジンには 1.2L 直3気筒 エンジン(WA-VEX)最高出力 60kW(82ps)/5,600rpm、105Nm(10.7kgfm)/3,200-5,200rpmを採用。駆動用モーターは最高出力78kW(106ps)、最大トルク170Nm(17.4kgm)を発揮する。トルクがモーターの特徴を生かした走りが可能だ。アクセル操作のみで車速をコントロール可能。加減速を繰り返す街中や下り坂などで、アクセルからブレーキへの踏みかえ頻度が減り、ドライバーの負担を軽減しつつ軽快な走りを実現する「スマートペダル(S-PDL)」採用。

このエンジンを搭載したことで予想では WLCTモード燃費27.0km/Lほどとなるだろう。しかし、1.0L 直3気筒ターボエンジンと比較するとWLCTモード燃費16.8km/Lであるためハイブリッドエンジンを搭載することで燃費においては申し分ないだろう。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ライズ 一部改良(マイナーチェンジ) ハイブリッド モデル 追加 2021年11月1日発売 トヨタは新型「ライズ」の一部改良(マイナーチェンジ)を行い新たにハイブリッドグレード 「e-SMART HYBRID」 を追加し2021年11月1日に発売する。併せてOEM車、 ダイハ...

新型 ルーミー スペック 予想について

スペック 新型ルーミーハイブリッド 新型ルーミー
全長 3,700〜3,705mm
全幅 1,670mm
全高 1,735mm
ホイールベース 2,490mm
エンジン 1.2L 直列3気筒 直噴
エンジン
+モーター
1.0L 直3気筒
ターボエンジン
最高出力 60kW(82ps)/
5,600rpm
72kW(98ps)/
6,000rpm
最大トルク 105Nm(10.7kgfm)/
3,200-5,200rpm
140Nm(14.3㎏m)/
2,400-4,000rpm
モーター
最大出力
78kW(106ps)
モーター
最大
トルク
170Nm(17.4kgm)
トランス
ミッション
e-SMART
HYBRID
システム
CVT
駆動方式 2WD/4WD
最小回転半径 4.7~4.6m
タイヤサイズ 195/60R17
WLCTモード燃費 27.0km/L(2WD) 16.8km/L(2WD)
価格 約230万円
約260万円
約200万円
約220万円
あわせて読みたい
ダイハツ の「e-SMART HYBRID」 は軽自動車に革命を起こす可能性あり! ダイハツは新型「ロッキー」で初のハイブリッドモデル「e-SMART HYBRID」を2021年11月1日に発売した。この 「e-SMART HYBRID」 は今後ダイハツの軽自動車にも採用される...

目次に戻る

ルーミー について

 2016年11月9日発売「ルーミー」「タンク」は、トヨタが販売するトールワゴン型のコンパクトカーである。ダイハツ販売する「トール」をベースに、OEM供給されているモデルである。トヨペット店とネッツ店ではデザイン違いの姉妹車「タンク」として「ルーミー」と同時に発表、更にスバルでは22年ぶりのブランド復活となる「ジャスティ」として販売されている。トヨタではトヨタ4店舗、スバル、ダイハツの計6店舗で販売する。ライバル車種はスズキの新型「ソリオ」である。広々とした空間という意味での「リビング」と走りの良さという意味での「ドライビング」を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」をコンセプトとしている。トヨタの先進技術といえば、「Toyota Safety Sense」であるが、設計および開発・生産をダイハツが行っているため「スマートアシストⅡ」が採用される。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ルーミー / タンク カスタム bBとラクティス後継車種 2016年11月9日発売 トヨタは新型ルーミー/タンク カスタムをbB/ラクティスの後継車種として小型トールワゴンを2016年11月9日発売した。 1.0L 直3気筒エンジン モデル 価格1,463,400〜2,008...

2018年11月1日発売 一部改良 旧型の「スマートアシストⅡ」から「スマートアシストⅢ」を搭載しXを除く全車標準装備とする。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ルーミー / タンク カスタム 一部改良 スマートアシストⅢ 採用 2018年11月1日発売 トヨタは新型ルーミー/タンク カスタムのマイナーチェンジを行い2018年11月1日発売する。特別仕様車G“Cozy Edition”を発売。同日にダイハツ新型トール/トールカスタムの...

トヨタは新型ルーミー/タンク カスタムのマイナーチェンジを行い2020年9月15日発売する。同時にトヨタの新型トール / トールカスタムのマイナーチェンジを行う。

「タンク」を廃止。フロントフェイスのデザイン変更。エクステリアに「クールバイオレットクリスタルシャイン」「ターコイズブルーマイカメタリック」を新たに採用。

シート形状、シート表皮の変更。「9インチディスプレイオーディオ」を全車にオプション設定する。「電動パーキングブレーキ&ホールド」を初採用。

旧型の「スマートアシストⅢ」から「次世代スマートアシスト」を搭載し全車標準装備とする。コーナーセンサー(フロント4個/リヤ4個、接近お知らせ表示付)も全車標準装備。トヨタの先進技術といえば、「Toyota Safety Sense」であるが、ルーミー/タンクは設計および開発・生産をダイハツが行っているため「次世代スマートアシスト」が採用される。

ルーミー/タンク 先進技術「次世代スマートアシスト」標準搭載

「スマートアシストⅢ」は2つのカメラを装備。更に「全車速追従機能付ACC」などの機能を追加した「次世代スマートアシスト」を搭載する。

ステレオカメラを採用、歩行者対応や従来より作動速度域を拡大。「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。)

車体前後各二つのコーナーセンサー装備 さらに進化した「次世代スマートアシスト」が、運転中の「ヒヤッ」とするシーンで事故の回避を図り、あなたの安全運転を支援します。 ソナーセンサーに加え、ドライバーの視界や頭上空間を妨げない、世界最小ステレオカメラを新搭載。 歩行者や先行車、障害物などの様々な情報を的確に捉え、運転者に注意を促したり、緊急ブレーキを作動させます。

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能 ①衝突警報(対車両、対歩行者) 走行中に前方の車両や歩行者をカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。
②一次ブレーキ(対車両、対歩行者) 衝突の危険があるとシステムが判断した場合、自動的に弱いブレーキ(一次ブレーキ)をかけ、運転者に衝突回避を促します。
③被害軽減ブレーキアシスト(対車両、対歩行者) 一次ブレーキ機能が作動している時にドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を高めます。
④緊急ブレーキ(対車両、対歩行者) 衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキ(二次ブレーキ)で減速。衝突を回避したり、被害を軽減します。

車線逸脱抑制制御機能 走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促す。更に車線内に戻すようステアリン グ操作をアシスト。

先行車発進お知らせ機能 停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせ。

AT誤発進抑制制御機能+ブレーキ制御付誤発進抑制機能 ①前方誤発進抑制制御機能 ステレオカメラにより、前方4m以内に車両や壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。②後方誤発進抑制制御機能 リアバンパーに内蔵されたソナーセンサーにより、後方2~3m以内に壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。更にブレーキ制御を付加した。

ハイビームアシスト ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。これにより、切り替え操作なくハイビームでの走行が可能になり、街灯の少ない道路でも安心して夜間の走行ができます。

アダプティブドライビングビーム ハイビームで走行中に、対向車を検知すると、対向車の部分のみ自動で遮光。

標識認識機能 進入禁止の標識をステレオカメラが検知すると、メーター内表示でお知らせ。

目次に戻る

ルーミー/タンク 先進技術「スマートアシストプラス」オプション搭載

全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車 まで制御。

レーンキープコントロール 車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト。

駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」 軽自動車初 左右のカメ ラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシスト。

サイドビューランプ 夜間の右左折時、通常のヘッドランプに加え、左右方向を照らす補助灯を追加点灯させること で、ステアリングを切った方向を明るく照射。

スマートアシスト比較

機能システム スマートアシスト
スマートアシスト
次世代
スマートアシスト
方式 レーザーレーダー
+単眼カメラ
ステレオカメラ ステレオカメラ
自動ブレーキ 
歩行者

警告のみ
(50km/h以下)


(50km/h以下)


(50km/h以下)
自動ブレーキ 
衝突回避


(20km/h以下)


(30km/h以下)


(30km/h以下)
自動ブレーキ 
被害軽減


(30km/h以下)


(80km/h以下・
対歩行者 50km/h以下)


(80km/h以下・
対歩行者 50km/h以下)
誤発進抑制 
前方/後方

(ブレーキ制御)
車線逸脱警報
先行者発進
お知らせ
オートハイビーム
orアダプティブ
ハイビームシステム
標識認識機能
コーナーセンサー
スマート
アシスト
プラス
レーン
キープ
コントロール
全車速
追従機能付
ACC
スマート
パノラマ
パーキング
パノラマ
モニター
サイド
ビュー
ランプ

ルーミー マイナーチェンジ 価格 グレードについて

モデル エンジン 駆動
方式
価格
(10%)
カスタム
G-T
1.0L 直列3気筒
DOHC ターボ
2WD 2,046,000円
カスタム
G
1.0L 直列3気筒
DOHCエンジン 
2WD 1,914,000円
4WD 2,090,000円
G-T 1.0L 直列3気筒
DOHC ターボ
2WD 1,864,500円
G 1.0L 直列3気筒
DOHCエンジン 
2WD 1,743,500円
4WD 1,919,500円
X 2WD 1,556,500円
4WD 1,732,500円

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

目次に戻る

ルーミー

https://toyota.jp/roomy/

TOYOTA_ROOMY

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる