トヨタ 新型 ヤリス 一部改良 2022年7月発売

ヤリス
URLをコピーする
URLをコピーしました!

トヨタは「ヤリス」の一部改良を行い2022年7月発売する。

目次

新型 ヤリス 一部改良について

一部改良を行う「ヤリス」には待望の電動パーキングブレーキ」「ホールドブレーキ」 を採用する。これにより車両停止保持機能が付いた「全車速追従機能」を加えたレーダークルーズコントロールとなる。更にボディカラーには新色を追加で採用するだろう。

実は海外モデルの「ヤリス」や日本で発売されている「ヤリスクロス」では既に採用されている「電動パーキングブレーキ」「ホールドブレーキ」。つまり技術的には特に問題もなく変更は可能となる。

見て分かる通りサイドブレーキがなくセンターコンソール付近に「電動パーキングブレーキ」「ホールドブレーキ」ボタンが設置されている。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ヤリスクロス 一部改良 2021年5月10日発売 トヨタは「ヤリスクロス」の一部改良を行い2021年5月10日発売する。ベースモデルの「ヤリス」も同日発売される。 【新型 ヤリスクロス 一部改良】 「プラスサポート(急...

「電動パーキングブレーキ」「ホールドブレーキ」とは何か?

電動パーキングブレーキ(Electronic parking brake<EPB>)基本的には運転席周りにボタンを配置されておりパーキングブレーキ(サイドブレーキ・フットブレーキ)を電子制御したもの。「電動パーキングブレーキ」は「Pレンジ」に入れると自動的にパーキングブレーキがかかる。更に「Dレンジ」または「Rレンジ」に入れると自動でパーキングブレーキが解除される。採用されている車種にはパーキングブレーキ(サイドブレーキ・フットブレーキ)が付いていない。サイドブレーキを自動でかけてくれるので何も気にせず停車や始動が可能となり負担が軽減できる。

toyota-rav4-hybrid

「オートホールドブレーキ」は 「Dレンジ」 に入れて走行中に「AUTO HOLD」ボタンを押しす(メーカにより多少異なる。)と赤信号などで停車した場合に「 HOLD 」の表示灯が点灯していれば車がブレーキを自動でかけ続けてくれる。青信号に変わり発進する際には「アクセルペダル」踏むことで 「 HOLD 」の表示灯 が消えブレーキも解除されるので通常走行がまた可能になる。渋滞などで何度も停止する場合や大きな交差点で信号が切り替わるタイミングが長い場合などはブレーキペダルから足を離すことができるので疲れが圧倒的に軽減されます。 「オートホールドブレーキ」 が付いていない車に乗ると疲れ方が違うと筆者は感じるほどです。

あわせて読みたい
【2021年】「電動パーキングブレーキ」&「オートホールドブレーキ」の搭載車はどれだ?一覧にまとめてみた 最近の新型モデルにはほぼ標準となりつつある「電動パーキングブレーキ」&「ホールドブレーキ」を1度使用すればなくてはならない物になるこの2つの機能が2021年末現在...

ヤリスについては次へ

1 2
ヤリス

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる