2022年 新車発売 モデルチェンジ まとめ

2022年 トヨタ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

2020年11月6日

2022年のトヨタはフルモデルチェンジを行う車が多数ある。各車種2022年には、TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを新型モデルにほぼ投入される、低重心化による高い空力性能とボディ剛性の向上、それによる衝突安全性能を図り、安全で快適な車作りが進む。もちろん全車両に安全支援システム 衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」も採用される。注目の車種は「進化」を果たす、新型アルファードだろう。

トヨタ 新型 アルファード /ヴェルファイア フルモデルチェンジ TNGA 採用 2022年3月発売

トヨタは新型アルファード/ヴェルファイアのフルモデルチェンジ 40系 を2022年3月に行う予定だ。トヨタ販売店は統合を2019年から順次スタートするが、それに伴い「アルファード」「ヴェルファイア」を統合する。予想では「アルファード」が残るだろう。2019年10月に開催予定の東京モーターショー2019で新型アルファード/ヴェルファイアを披露するだろう。現行同様にキープコンセプトではあるが、エクステリアデザイン変更、前後バンパーデザイン変更。 2015年12月に発売された新型プリウスから採用された、TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用。エンジンモデルには新型カムリと同じ最大熱効率40%以上を実現したエンジン直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン搭載 Dynamic Force Engineが搭載される。

alphard

トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア フルモデルチェンジ TNGA 採用 2022年4月発売

スペック 新型アルファード 予想
全長 4,940mm
全幅 1,850mm
全高 1,880mm
ホイールベース 3,010mm
エンジン 直列4気筒 2.5L
直噴エンジン
D-4S +
モーター(THSⅡ)
直列4気筒2.5L直噴
エンジンD-4S
最高出力 131kW(178ps)/
5,700rpm
205ps/
6,600rpm
最大トルク 221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
250Nm/
4,800rpm
フロントモーター
最高出力
88kw(120ps)
フロントモーター
最大トルク
202Nm(20.6kgm)
システム
最高出力
155kw(211ps)
トランス
ミッション
電気式無段階変速機 Direct Shift-CVT
駆動方式 2WD/E-Four
(4輪駆動方式)
2WD/4WD
JC08モード燃費 18.4〜19.4km/L 13.0〜14.0km/L
乗車定員 7〜8名
予想価格 350〜800万円

トヨタ 3代目 新型 シエンタ フルモデルチェンジ TNGA採用 2022年発売

トヨタは3代目となる新型「シエンタ」のフルモデルチェンジを行い2022年に発売する。現行2代目「シエンタ」は2015年7月9日発表発売した。丸7年となる2022年でのフルモデルチェンジとなるだろう。今回は「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づく新開発「GA-Cプラットフォーム」を採用。現行モデルよりも広い室内空間を得る。 高い空力性能を実現、新開発のプラットフォームを採用により「軽量化」「低重心化」「30%以上 ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。

TOYOTA SIENTA

TOYOTA SIENTA 予想CG

トヨタ 3代目 新型 シエンタ フルモデルチェンジ TNGA採用 2022年発売

トヨタ 新型 ノア ヴォクシー 4代目 フルモデルチェンジ デザイン変更 TNGA採用 2022年7月発売

トヨタは新型 ノア ヴォクシーのフルモデルチェンジを2022年7月に行い発売を開始する。兄弟車のエスクァイアも同時にフルモデルチェンジを行い発売する。トヨタ販売店は統合を2019年から順次スタートするが、それに伴い「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」を統合する。予想では日本モデルは「ヴォクシー」が残るだろう。

予想価格:250万円〜335万円

voxy

新型ヴォクシー マイナーチェンジモデル ハイブリッド ZS 画像

トヨタ 新型 ノア ヴォクシー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2022年4月発売

スペック 新型ノア ヴォクシー
全長 4,695mm
全幅 1,695mm
全高 1,825mm
ホイールベース 2,850mm
エンジン 直4 DOHC 1.8L
+モーター(THSⅡ)
最高出力 72kW(98ps)/5,200rpm
最大トルク 142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
フロントモーター
最大出力
53kW(72ps)
フロントモーター
最大トルク
163Nm(16.6kgm)
リアモーター
最大出力
5.3kW(7.2ps)
リアモーター
最大トルク
55Nm(5.6kgm)
システム出力 90kW(122ps)
車両総重量 1,540kg
JC08モード燃費 30.0km/L
価格 250万円〜335万円

トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド フルモデルチェンジ 180系 2022年8月発売

トヨタはクロスカントリーSUV「ランドクルーザー プラド」のフルモデルチェンジを行い180系として2022年8月に発売する。

Toyota Land Cruiser Prado

Toyota Land Cruiser Prado

トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド フルモデルチェンジ 180系 2022年8月発売

トヨタ 新型 パッソ 4代目 フルモデルチェンジ 2022年10月発売

トヨタはパッソのフルモデルチェンジを行い2022年10月に発売する。現行3代目と同様にダイハツが開発から生産まで一貫して担当する。同日新型「ブーン」も発売される。

3代目同様に、ダイハツ ブーンのOEMとし開発や生産はダイハツである。今回はダイハツの新開発プラットフォームDNGA(Daihatsu New Global Architecture)を採用。車両構造の見直しによる車両の軽量化・トランスミッションの改良・エンジンの改良などで、従来比で40%燃費性能を改善した『e:Sテクノロジー』を採用したエンジンは圧縮比の向上やインジェクター噴霧微粒化等により燃焼効率を高め、「i-EGRシステム」を採用するなど、細部にわたる改善を行うことでメカニカルロスを極限まで低減。これにより、更なる軽量化を行い、燃費向上する。

boon

passo

トヨタ 新型 パッソ 4代目 フルモデルチェンジ 2022年10月発売

トヨタ 新型 プリウス 5代目 フルモデルチェンジ 2022年12月発売

トヨタは新型プリウスのフルモデルチェンジを行い5代目を2022年12月に発売する。

予想では、ロサンゼルスモーターショー2021にて量産モデルを公開。第47回 2021年に行われる東京モーターショー2021にて日本仕様が発表されるだろう。現行モデルは2015年12月9日発売を開始しており丸7年でのフルモデルチェンジとなるだろう。

prius

現行プリウス

トヨタ 新型 プリウス 5代目 フルモデルチェンジ 2022年12月発売

トヨタ 新型 プリウス GR SPORT 2022年12月発売

トヨタ 新型 プリウス GR SPORTを追加し2022年12月発売する。ベースは2018年12月17日に発売するマイナーチェンジする新型プリウスだ。トヨタ 新型 プリウス マイナーチェンジ デザイン変更 第2世代の次世代 Toyota Safety Sense 全車標準搭載 2018年12月17日発売。

prius

トヨタ 新型 プリウス GR SPORT 専用バンパー、アルミホイールなどを装備 2022年発売

トヨタ 新型 プリウスα フルモデルチェンジ 2代目 TNGA採用 2022年発売

トヨタは新型プリウスαのフルモデルチェンジを行い2022年に発売する。発売から現在約9年が経過しており、現行同様、基盤となるプリウスがフルモデルチェンジを2015年12月9日に行うこともあり、新型プリウスベースであるのは当然であるが、更に2018年12月17日に新型プリウスのマイナーチェンジを行うがこの車体をベースに2代目の新型プリウスαの開発が進んでいる。

トヨタ 新型 プリウスα フルモデルチェンジ 2代目 TNGA採用 2022年発売

トヨタ 新型 エスティマ フルモデルチェンジ FCV HV 4代目

トヨタは4代目となる新型エスティマのフルモデルチェンジを行い2022年6月に発売する。トヨタは燃料電池車(FCV)のコンセプトモデル「Fine-Comfort Ride」を2017年10月18日発表した。第45回東京モーターショー2017(2017年10月25日(水)~11月5日(日))にて新型エスティマ FCVのコンセプトモデル(Fine-Comfort Ride)を世界初公開した。

estima

トヨタ 新型 エスティマ フルモデルチェンジ FCV HV 4代目も驚くデザイン 2022年6月発売

トヨタ 新型 TJクルーザー FJクルーザー後継モデル TNGA採用 2022年発売

トヨタはFJクルーザーの後継モデルとして新型TJクルーザーを2022年6月に発売する予定だ。2017年5月25日、トヨタは米国特許商標庁に「TJクルーザー」を商標登録した。2017年4月14日から開催されるニューヨークモーターショー2017にてFT-4Xconceptを初公開した。既に、「Future Toyota 4×4」を意味するFT-4Xを米国で商標登録している。FJクルーザーの後継モデルのコンセプトであるFT-4Xconceptは新型TJクルーザーである。

Tj_CRUISER

Tj_CRUISER

トヨタ 新型 TJクルーザー FJクルーザー後継モデル TNGA採用 2022年発売

トヨタ 新型 スープラ GRMN 限定モデル 2022年発売

トヨタはトヨタ直系チューニングブランド「GRMN」から新型「スープラ GRMN」を2022年頃に発売する可能性がある。GRMNはサーキット走行も想定した数量限定生産の最上位シリーズであり、過去販売された「GRMN」はドライカーボンを車体パネルに採用している。パワートレーンにも「GR」専用のチューニングが実施されて動力性能が大幅に強化。ボディの更なる高剛性化を実施し、サスペンションやブレーキシステムもより高性能な「GR」専用品を採用する。

Supra GRMN

トヨタ 新型 スープラ GRMN 限定モデル 2022年発売

発売日の間違え、予想も含まれております。

トヨタ自動車

https://toyota.jp/

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-2022年 新車発売 モデルチェンジ まとめ