MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

新型 ルーミー フルモデルチェンジ 初のハイブリッド「e-SMART HYBRID」搭載 2025年発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
toyota roomy 2025
目次

新型 ルーミー フルモデルチェンジ について

エクステリアでは、デザインを刷新しつつもキープコンセプトを保ち、フロントバンパーはより際立ったデザインになります。大型のラジエーターグリルや、DRL(デイタイムランニングライト)である「シグネチャーランプ」を採用する見込みです。インテリアも全面的に刷新され、インパネのデザインが変更され、使い勝手が向上し、収納スペースも増加する見込みです。また、「10.5インチスマホ連動ディスプレイオーディオ」を採用し、「SmartDeviceLink」や「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応したアプリをディスプレイ上で操作できるようになります。「電動パーキングブレーキ」と「オートブレーキホールド」も採用されます。

ダイハツが設計、開発、生産を担当し、カーナビゲーションとスマートフォンの連携サービス「ダイハツコネクト」や、プラットフォームにはダイハツの「DNGAプラットフォーム」が採用されます。さらに、ハイブリッドシステムには「e-SMART HYBRID」が採用され、先進技術として「次世代スマートアシスト」が導入されます。

  • 最新のエクステリアデザインを採用。
  • インテリアデザイン一新
  • 10.5インチスマホ連動ディスプレイオーディオ
  • 「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」を採用
  • ダイハツの「DNGAプラットフォーム」を採用
  • 先進技術「次世代スマートアシスト」を採用
  • 「e-SMART HYBRID」 システムのハイブリッドモデルをラインナップ

新型 ルーミー フルモデルチェンジ エクステリア について

基本てきなコンセプトは同様と考えられます。5ナンバーサイズに収めたトールワゴン型となるのでボディサイズは約全長3,730mm(+30mm)、全幅1,670mm(+25mm)、全高1,735mm(+0mm)、ホイールベース2,520mm(+30mm)と予想しています。これにより、ホイールベースと全長、全幅を多少広げたことでより室内空間を確保できるはずです。また、フロントバンパーはより強調されたデザインとなり、大型ラジエーターグリルや、DRL(デイタイムランニングライト)である「シグネチャーランプ」を採用されればデザインも一新されてより人気車種になる可能性もあります。

Toyota Roomy
トヨタ ルーミー 予想CG

先代モデル同様に、ルーミーのノーマルモデルとカスタムモデルをラインナップ、カスタムモデルではインパネ、シート、機能に違いがあります。カスタムには、ノーマルにはないメッキ加飾や専用バンパーなどが施されているなど、ノーマルよりも高級感のあるモデルとなります。

新型 ルーミー フルモデルチェンジ インテリア について

  • 「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」を採用
  • 10.5インチスマホ連動ディスプレイオーディオ
  • ダイハツコネクト」を採用

インテリアも一新、「10.5インチスマホ連動ディスプレイオーディオ」を採用。「SmartDeviceLink」と「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。カーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「ダイハツコネクト」を採用。

新型 ルーミー ハイブリッド 「e-SMART HYBRID」 システム について

2021年11月1日に発売された「ライズ ハイブリッド」同様に、 ハイブリッドシステムは「e-SMART HYBRID」を採用。「e-SMART HYBRID」 システムは新開発の「1.2L 直3気筒 エンジン(WA-VEX)+モーター」で構成されており、エンジンは発電専用。 その電力を使用し100%モーターで走行するシリーズハイブリッド方式を採用小さな排気量でシンプルな構造とコンパクトなサイズを実現。低・中速走行に強く、街乗りでの使用頻度が高い小さなクルマに適したハイブリッドシステム。WLCTモード燃費27.0km/L(2WD)と驚異的な燃費となります 。

発電用エンジンには 1.2L 直3気筒 エンジン(WA-VEX)最高出力 60kW(82ps)/5,600rpm、105Nm(10.7kgfm)/3,200-5,200rpmを採用。駆動用モーターは最高出力78kW(106ps)、最大トルク170Nm(17.4kgm)を発揮する。トルクがモーターの特徴を生かした走りが可能だ。アクセル操作のみで車速をコントロール可能。加減速を繰り返す街中や下り坂などで、アクセルからブレーキへの踏みかえ頻度が減り、ドライバーの負担を軽減しつつ軽快な走りを実現する「スマートペダル(S-PDL)」採用しています。このエンジンを搭載したことで予想では WLCTモード燃費27.0km/Lほどではないかと予想されます。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ライズ 一部改良(マイナーチェンジ) ハイブリッド モデル 追加 2021年11月1日発売 トヨタは新型「ライズ」の一部改良(マイナーチェンジ)を行い新たにハイブリッドグレード 「e-SMART HYBRID」 を追加し2021年11月1日に発売する。併せてOEM車、 ダイハ...

新型 ルーミー 先進技術「次世代スマートアシスト」標準搭載

「スマートアシスト」は2つのカメラを装備。更に「全車速追従機能付ACC」「レーンキープアシスト」などの機能を追加した「次世代スマートアシスト」を搭載する。ステレオカメラを採用、歩行者対応や従来より作動速度域を拡大。「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。)

車体前後各二つのコーナーセンサー装備 さらに進化した「次世代スマートアシスト」が、運転中の「ヒヤッ」とするシーンで事故の回避を図り、あなたの安全運転を支援します。 ソナーセンサーに加え、ドライバーの視界や頭上空間を妨げない、世界最小ステレオカメラを新搭載。 歩行者や先行車、障害物などの様々な情報を的確に捉え、運転者に注意を促したり、緊急ブレーキを作動させます。

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能 ①衝突警報(対車両、対歩行者) 走行中に前方の車両や歩行者をカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。
②一次ブレーキ(対車両、対歩行者) 衝突の危険があるとシステムが判断した場合、自動的に弱いブレーキ(一次ブレーキ)をかけ、運転者に衝突回避を促します。
③被害軽減ブレーキアシスト(対車両、対歩行者) 一次ブレーキ機能が作動している時にドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を高めます。
④緊急ブレーキ(対車両、対歩行者) 衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキ(二次ブレーキ)で減速。衝突を回避したり、被害を軽減します。

車線逸脱抑制制御機能 走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促す。更に車線内に戻すようステアリン グ操作をアシスト。

先行車発進お知らせ機能 停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせ。

AT誤発進抑制制御機能+ブレーキ制御付誤発進抑制機能 ①前方誤発進抑制制御機能 ステレオカメラにより、前方4m以内に車両や壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。②後方誤発進抑制制御機能 リアバンパーに内蔵されたソナーセンサーにより、後方2~3m以内に壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。更にブレーキ制御を付加した。

ハイビームアシスト ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。これにより、切り替え操作なくハイビームでの走行が可能になり、街灯の少ない道路でも安心して夜間の走行ができます。

アダプティブドライビングビーム ハイビームで走行中に、対向車を検知すると、対向車の部分のみ自動で遮光。

標識認識機能 進入禁止の標識をステレオカメラが検知すると、メーター内表示でお知らせ。

目次に戻る

新型 ルーミー 先進技術「スマートアシストプラス」オプション搭載

全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車 まで制御。

レーンキープコントロール 車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト。

駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」 左右のカメ ラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシスト。

サイドビューランプ 夜間の右左折時、通常のヘッドランプに加え、左右方向を照らす補助灯を追加点灯させること で、ステアリングを切った方向を明るく照射。

スマートアシスト比較

スクロールできます
機能システムスマートアシスト
スマートアシスト
次世代
スマートアシスト
方式レーザーレーダー
+単眼カメラ
ステレオカメラステレオカメラ
自動ブレーキ 
歩行者

警告のみ
(50km/h以下)


(50km/h以下)



(50km/h以下)
自動ブレーキ 
衝突回避


(20km/h以下)



(30km/h以下)



(30km/h以下)
自動ブレーキ 
被害軽減


(30km/h以下)



(80km/h以下・
対歩行者 50km/h以下)



(80km/h以下・
対歩行者 50km/h以下)
誤発進抑制 
前方/後方

(ブレーキ制御)
車線逸脱警報
先行者発進
お知らせ
オートハイビーム
orアダプティブ
ハイビームシステム
標識認識機能
コーナーセンサー
スマート
アシスト
プラス
レーン
キープ
コントロール
全車速
追従機能付
ACC
スマート
パノラマ
パーキング
パノラマ
モニター
サイド
ビュー
ランプ

新型 ルーミー スペック 予想について

1.2L 直列3気筒 直噴エンジン+モーター「e-SMART HYBRID」を新たに採用。1.0L 直3気筒ターボエンジンを廃止し、1.2L 直列3気筒エンジンに変更する。

スクロールできます
スペック新型ルーミー
ハイブリッド
新型ルーミー
全長3,730mm
全幅1,670mm
全高2,520mm
ホイールベース2,490mm
エンジン1.2L 直列3気筒 直噴
エンジン
+モーター
1.2L 直列3気筒
エンジン
最高出力60kW(82ps)/
5,600rpm
64kW(87ps)/
6,000rpm
最大トルク105Nm(10.7kgfm)/
3,200-5,200rpm
113Nm(11.5kgfm)/
4,500rpm
モーター
最大出力
78kW(106ps)
モーター
最大
トルク
170Nm(17.4kgm)
トランス
ミッション
e-SMART
HYBRID
システム
CVT
駆動方式2WD/4WD
最小回転半径4.7~4.6m
タイヤサイズ195/60R17
駆動方式2WD2WD
WLCTモード燃費約27.0km/L16.8km/L
あわせて読みたい
ダイハツ の「e-SMART HYBRID」 は軽自動車に革命を起こす可能性あり! ダイハツは新型「ロッキー」で初のハイブリッドモデル「e-SMART HYBRID」を2021年11月1日に発売した。この 「e-SMART HYBRID」 は今後ダイハツの軽自動車にも採用される...

目次に戻る

ルーミー ハイブリッドモデルはダイハツの試験不正問題のその後が鍵

現在、トヨタ自動車からルーミーのハイブリッドモデルに関する正式な発表はありません。しかし、ダイハツの認証不正問題に関連して新たな動きが見られます。

トヨタ自動車とダイハツ工業は、今後ダイハツが「軽自動車を中心に据えたモビリティカンパニー」として再生を目指す中で、2024年5月1日付で海外事業における両社の体制を見直すことを2024年4月8日発表しました。

製品企画機能は、トヨタ・ダイハツにまたがる「新興国小型車カンパニー」からトヨタの「Toyota Compact Car Company」へ変更。Toyota Compact Car Companyからダイハツへの委託とすることで、トヨタが開発から認証までの責任を持つ体制に変更しました。

これからの方向性

  • ダイハツの強みである「良品廉価」なクルマづくりを磨き、全国のお客様に移動の自由を提供します。
  • 国民車ともいえる軽の魅力・可能性を拡張し、軽自動車BEVにも挑戦します。
  • 新興国のお客様の生活に必要な小型車をお求めやすい価格で提供します。
  • トヨタとの連携を深め、電動化・知能化分野でカーボンニュートラル実現や、自動車産業・経済の発展に貢献します。

フルモデルチェンジが行われれば、トヨタとの連携を深め、カーボンニュートラル実現に向け、電動化としてハイブリッドモデルの開発も進むでしょう。

あわせて読みたい
ダイハツ 再発防止に向けた取り組み 見直しを2024年4月8日発表 トヨタ自動車とダイハツ工業は、今後ダイハツが「軽自動車を中心に据えたモビリティカンパニー」として再生を目指す中で、2024年5月1日付で海外事業における両社の体制...

ルーミーの歴史

2016年11月9日に発売された「ルーミー」と「タンク」は、トヨタが販売するトールワゴン型のコンパクトカーです。これらのモデルは、ダイハツが販売する「トール」をベースにしており、OEM供給されています。トヨペット店とネッツ店では、デザインが異なる姉妹車である「タンク」が、「ルーミー」と同時に発表されました。さらに、スバルでは22年ぶりのブランド復活として「ジャスティ」として販売されています。トヨタでは、トヨタ4店舗とスバル、ダイハツの計6店舗で販売されています。競合車種としては、スズキの新型「ソリオ」が挙げられます。これらの車種は、「リビング(広々とした空間)」と「ドライビング(快適な走行)」の両方を重視した「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」というコンセプトを持っています。

発売日内容
2016年11月9日新型としてルーミーを発売
トヨペット店とネッツ店では
デザイン違いの姉妹車「タンク」を発売
CMキャラクターは荒川良々と加藤あいを起用する。
2017年12月20日  「ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車」を設定。
2018年3月1日衝突回避支援システム「スマートアシストII」を標準装備している。
2018年11月1日 一部改良。同時に特別仕様車「G"Cozy Edition"」を発売。
「スマートアシストII」から「スマートアシストIII」に変更。
2020年9月15日 マイナーチェンジ。
「タンク」を廃止。フロントフェイスのデザイン変更。
「電動パーキングブレーキ&ホールド」を初採用。
キャッチフレーズは「使える!動ける広い部屋!」
CMキャラクターは稲垣来泉、ナレーションは佐久間一行を起用する。
2023年12月20日OEM元のダイハツ工業の不正問題により出荷を停止する
2024年4月19日生産を再開

発売日について

  • 発売日が延び2025年頃の発売

当初は2023年末から2024年頃にフルモデルチェンジされると言われていましたが、ダイハツの検査不正問題やリコール、部品不足などの影響で実際の発売日が遅れる見込みです。2023年7月3日に発売を予定されていた軽自動車「ムーブ」のフルモデルチェンジも、予定より1年遅れて2024年7月頃の発売を目指しています。そのため、ルーミーの発売日が2024年内に行われる可能性は低いかもしれません。理由を考慮すると、2025年の前半頃までに発売されると見込まれます。

編集部から一言

現行モデルの「ルーミー」はよくできている商品で売れる要素が沢山詰まった商品だと思います。今回のフルモデルチェンジを行うことで「DNGAプラットフォーム」の導入や「e-SMART HYBRID」の採用、先進装備の搭載などが期待されています。これにより、新型ルーミーは燃費性能や安全性能に優れ、多くのユーザーにとってより、魅力的な1台となることでしょう。発売から8年目が経過し、先代ユーザーは購入を検討している人は、今後の日程に注意してください。ダイハツでの検査不正問題などにより、実際の発売日が遅れる可能性もありますので、最新情報に注意を払っていくことが重要です。今後、新しい情報が入り次第お伝えしていきます。

目次に戻る

ルーミー

https://toyota.jp/roomy/

toyota roomy 2025

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次