MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

凄いぞ日産! 「エクストレイル」に続き「セレナ」のフルモデルチェンジで第2世代「e-POWER」採用 日産の復活となるか?!

2022年~2023年、日産は多くの新型モデルと第2世代「e-POWER」を搭載したモデルと次々と導入している。2022年7月には一文字LEDテールランプ第2世代「e-POWER」 4WD 新センターコンソールを搭載した新型「キックス」、第2世代e-POWER+VCターボエンジン搭載 4代目「エクストレイル」を発売と次々と第2世代「e-POWER」を搭載した新型モデルを投入しているが、2023年には「セレナ」のフルモデルチェンジが行われるがもちろん第2世代e-POWERを搭載する。

目次

最近の日産はすごい

日産はフルモデルチェンジが長い傾向にあり、更に、日本市場では発売されない車種や海外でのみフルモデルチェンジを果たす車種などある日産が好きだけどあまりにもモデルチェンジがないので別メーカーに乗り換えた友人を沢山みてきた。筆者も初めて乗った車が日産車であったり、思い出深い車が多かったので日産が好きであった。しかし同様の理由でいつしか、他社の車へと興味が移っていったのが事実である。2019年度決算をオンライン記者会見にて実施。そこで18カ月以内に12車種投入すると発表、「NISSAN NEXT: From A to Z」と言う動画を公開した。「2023年度までに車種数を20%削減(69から55車種以下へ)商品ライフサイクルを4年以下に。セグメントをCセグメント、Dセグメント、EV スポーツに集中させる。」とし今日まで、日本市場はほぼ相手にしてこなかった日産、カルロスゴーン氏が抜け、現在の経営状況からみても日本市場でも新型車の導入と効率化を図ることとなった。

あわせて読みたい
日産 18ヶ月以内に12車種投入 シルエットから車種を分析してみた 日産は「NISSAN NEXT: From A to Z」と言う動画を公開し12の新型車と思われる車種のシルエットが登場。2019年度決算をオンライン記者会見にて実施。そこで18カ月以内に1...

日産は日産の新たな幕開けに合わせ、ブランドアンバサダーに「木村 拓哉」さんを起用。2020年8月22より新TVCM「やっちゃえ NISSAN 幕開け篇」をスタート。

あわせて読みたい
日産 新ブランドアンバサダー 「木村拓哉」さんが就任 日産は日産の新たな幕開けに合わせ、ブランドアンバサダーに「木村 拓哉」さんを起用。2020年8月22より新TVCM「やっちゃえ NISSAN 幕開け篇」をスタートする。 【TV CM ...

2020年11月24日発表、2020年12月23日に新型「ノート 」「ノートe-POWER」のフルモデルチェンジを行った。「ノート」に新たなモデルとして上級モデルとして「ノート オーラ(NOTE AURA)」を追加2021年8月17日発売。新型電気自動車(EV)クロスオーバー「アリア」を2020年7月15日発表、日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い240台限定日本導入記念モデル特別仕様車「Proto Spec(プロトスペック)」を2022年6月下旬頃より販売(注文の一時停止)軽自動車のBEV(バッテリ電気自動車)「サクラ(SAKURA)」2022年6月16日に発売クロスオーバーSUV「キックス」をマイナーチェンジモデルとして2022年7月19日発売。クロスオーバーSUVエクストレイル」のフルモデルチェンジを行い2022年7月25日に発売と言うように次々と新型モデルを投入しており発表通りの商品サイクルを速めており市場の期待値も高まりだしている。

あわせて読みたい
2週間で累計受注1万2000台突破 日産 新型「エクストレイル」歴代史上最速 日産は、2022年8月8日新型「エクストレイル」が、発売開始から、約2週間で受注1万2千台を突破したと発表した。歴代エクストレイル史上最速、そしてe-POWER車としても発...

2022年度上半期の国内登録車販売において電動車で第1位

2021-2022「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した「ノート」とプレミアムコンパクトカーの「ノート オーラは、第2世代「e-POWER」と新開発プラットフォームによるスムーズで力強い加速や、なめらかな減速制御、優れた静粛性など、自動車アセスメント(JNCAP)で最高評価「ファイブスター賞」を獲得した安全性の高さなど「ノート」、「ノート オーラ」がご提供する魅力を多くのお客さまに高く評価をもたったとしている。

あわせて読みたい
凄いぞ日産! 「ノート」「ノート オーラ」が2022年度上半期の国内登録車販売において電動車で第1位 日産は、2022年上半期(2022年1月~6月累計)で、「ノート」と「ノート オーラ」合わせて56,942台を販売し、国内登録車販売においてハイブリッド車を含む電動車でNo.1を...
あわせて読みたい
第42回 2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー 日産「ノート」が受賞 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、「第42回 2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー」は日産「ノート」が受賞したと2021年12月10日発表した。 「第42回 2021-2022 ...

日産の日本未導入車種 日本市場で売れるはず

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次