MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

凄いぞ日産! 「エクストレイル」に続き「セレナ」のフルモデルチェンジで第2世代「e-POWER」採用 日産の復活となるか?!

当ページのリンクには広告が含まれています。

2022年~2023年、日産は多くの新型モデルと第2世代「e-POWER」を搭載したモデルと次々と導入している。2022年7月には一文字LEDテールランプ第2世代「e-POWER」 4WD 新センターコンソールを搭載した新型「キックス」、第2世代e-POWER+VCターボエンジン搭載 4代目「エクストレイル」を発売と次々と第2世代「e-POWER」を搭載した新型モデルを投入しているが、2023年には「セレナ」のフルモデルチェンジが行われるがもちろん第2世代e-POWERを搭載する。

目次

最近の日産はすごい

日産はフルモデルチェンジが長い傾向にあり、更に、日本市場では発売されない車種や海外でのみフルモデルチェンジを果たす車種などある日産が好きだけどあまりにもモデルチェンジがないので別メーカーに乗り換えた友人を沢山みてきた。筆者も初めて乗った車が日産車であったり、思い出深い車が多かったので日産が好きであった。しかし同様の理由でいつしか、他社の車へと興味が移っていったのが事実である。2019年度決算をオンライン記者会見にて実施。そこで18カ月以内に12車種投入すると発表、「NISSAN NEXT: From A to Z」と言う動画を公開した。「2023年度までに車種数を20%削減(69から55車種以下へ)商品ライフサイクルを4年以下に。セグメントをCセグメント、Dセグメント、EV スポーツに集中させる。」とし今日まで、日本市場はほぼ相手にしてこなかった日産、カルロスゴーン氏が抜け、現在の経営状況からみても日本市場でも新型車の導入と効率化を図ることとなった。

あわせて読みたい
日産 18ヶ月以内に12車種投入 シルエットから車種を分析してみた 日産は「NISSAN NEXT: From A to Z」と言う動画を公開し12の新型車と思われる車種のシルエットが登場。2019年度決算をオンライン記者会見にて実施。そこで18カ月以内に1...

日産は日産の新たな幕開けに合わせ、ブランドアンバサダーに「木村 拓哉」さんを起用。2020年8月22より新TVCM「やっちゃえ NISSAN 幕開け篇」をスタート。

あわせて読みたい
日産 新ブランドアンバサダー 「木村拓哉」さんが就任 日産は日産の新たな幕開けに合わせ、ブランドアンバサダーに「木村 拓哉」さんを起用。2020年8月22より新TVCM「やっちゃえ NISSAN 幕開け篇」をスタートする。 【TV CM ...

2020年11月24日発表、2020年12月23日に新型「ノート 」「ノートe-POWER」のフルモデルチェンジを行った。「ノート」に新たなモデルとして上級モデルとして「ノート オーラ(NOTE AURA)」を追加2021年8月17日発売。新型電気自動車(EV)クロスオーバー「アリア」を2020年7月15日発表、日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い240台限定日本導入記念モデル特別仕様車「Proto Spec(プロトスペック)」を2022年6月下旬頃より販売(注文の一時停止)軽自動車のBEV(バッテリ電気自動車)「サクラ(SAKURA)」2022年6月16日に発売クロスオーバーSUV「キックス」をマイナーチェンジモデルとして2022年7月19日発売。クロスオーバーSUVエクストレイル」のフルモデルチェンジを行い2022年7月25日に発売と言うように次々と新型モデルを投入しており発表通りの商品サイクルを速めており市場の期待値も高まりだしている。

あわせて読みたい
2週間で累計受注1万2000台突破 日産 新型「エクストレイル」歴代史上最速 日産は、2022年8月8日新型「エクストレイル」が、発売開始から、約2週間で受注1万2千台を突破したと発表した。歴代エクストレイル史上最速、そしてe-POWER車としても発...

2022年度上半期の国内登録車販売において電動車で第1位

2021-2022「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した「ノート」とプレミアムコンパクトカーの「ノート オーラは、第2世代「e-POWER」と新開発プラットフォームによるスムーズで力強い加速や、なめらかな減速制御、優れた静粛性など、自動車アセスメント(JNCAP)で最高評価「ファイブスター賞」を獲得した安全性の高さなど「ノート」、「ノート オーラ」がご提供する魅力を多くのお客さまに高く評価をもたったとしている。

あわせて読みたい
凄いぞ日産! 「ノート」「ノート オーラ」が2022年度上半期の国内登録車販売において電動車で第1位 日産は、2022年上半期(2022年1月~6月累計)で、「ノート」と「ノート オーラ」合わせて56,942台を販売し、国内登録車販売においてハイブリッド車を含む電動車でNo.1を...
あわせて読みたい
第42回 2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー 日産「ノート」が受賞 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、「第42回 2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー」は日産「ノート」が受賞したと2021年12月10日発表した。 「第42回 2021-2022 ...

日産の日本未導入車種 日本市場で売れるはず

冒頭でも話をしているが、実は日産は日本市場に未導入の車種を多くラインナップしており、これは日本で導入したら売れると思われる車種を紹介したい。

新型 キャッシュカイ

3代目となる新型「キャッシュカイ(欧州)」(日本名:デュアリス)のフルモデルチェンジを行い20201年2月18日(現地時間)に発表。アライアンスの「CMF-Cプラットフォーム」を採用する。骨格部分には従来よりも多く軽量素材を採用。最新のプレス技術と溶接技術を用いることで強度を高めると同時に、軽量化も実現しています。また樹脂バックドアの採用や、先進的な製造技術を導入することで、旧型モデルと比較して60kgの軽量化を実現するだけではなく、車体剛性を41%向上させた。最新のクロスオーバーモデルとなった「キャッシュカイ」は、より筋肉質でシャープなエクステリアデザインを備え、より「大きなV-Motionフロントグリル」と、新しい「ブーメラン」デイライトランニングライトを備えたスリムなLEDマトリックスヘッドランプを備えている。キャシュカイe-POWERは、高出力が求められる欧州市場のニーズにお応えするため、日産が世界で初めて開発した可変圧縮比エンジン「VCターボ」を発電専用エンジンとして搭載。

あわせて読みたい
日産 新型 キャッシュカイ フルモデルチェンジ 2021年2月18日発表 日産は3代目となる新型「キャッシュカイ(欧州)」(日本名:デュアリス)のフルモデルチェンジを行い2021年2月18日(現地時間)に発表した。 【新型 キャッシュカイ フ...

新型 ジューク

フルモデルチェンジした2代目となる新型ジュークはエクステリアデザインは先代モデル特徴である象徴的な円形ヘッドランプを継承した、上部には水平ラインのLEDライトから流れる様に大型Vモーショングリルに繋がる。更にCピラーに「フローティングルーフ」デザインを採用。新CMF-Bプラットフォームを採用する。CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)とは日産自動車とルノーが共同開発した、プラットフォーム基本的に「コックピット」、「エンジン」、「フロントアンダーボディ」、「リヤアンダーボディ」の各モジュールに「電子アーキテクチャー」を加えた5つのモジュールから構成されるのがCMFである。先代モデルで採用していた17インチホイールから、19インチホイールを採用。更にボディサイズを拡大、室内空間も広くなった。更に先進安全技術「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」をはじめとする 「セーフティシールド360」「プロパイロット」など搭載。

あわせて読みたい
日産 新型 ジューク 2023年モデル ハイブリッド追加 ヨーロッパモデル 2022年2月28日発表 日産は「ジューク」のマイナーチェンジを行いヨーロッパ(欧州)モデルを2022年2月28日発表した。発売は2022年夏を予定している。価格は19,200ポンドから25,850ポンド。...

インフィニティ 新型 QX60

型「QX60」は2022年モデルとしてフルモデルチェンジを行い2021年6月23日(現地時間)に発表。プロトタイプ「Infiniti QX60 Monograph」とほぼ同じスタイリングを備えている。インフィニティはそれを「調和とシンプルさを備えた強力な運動」と呼び、その薄い照明要素、隙間のあるグリル、そして筋肉質でありながら滑らかなフェンダーを備えている。のヘッドライトの着物の折り目、グリルメッシュの折り紙、キルティングレザーの内側の波打つ池など、デザインの細部は日本の精神を呼び起こすことを目的としている。ムーンボウブルーの絵の具は、夕暮れの夏の空を彷彿とさせると言われ、見る角度に基づいて紫から緑へのスペクトルで色を変えることができる特別な顔料を備えている。高級感のあるソフトタッチの素材が詰め込まれ、そのなめらかな形状は、ダブルステッチのエッジによってさらに強調されてる。新しいオートグラフトリムレベルは、オープンポアウッド、エンボス加工されたシートバック、最初の2列のシート用のキルティングセミアニリンレザー張り。

あわせて読みたい
インフィニティ 新型 QX60 フルモデルチェンジ 高級3列シートSUV 2021年6月23日発表 インフィニティは、新型「QX60」は2022年モデルとしてフルモデルチェンジを行い2021年6月23日(現地時間)に発表した。 米国でや2021年秋発売開始予定。 【新型 QX60 フ...

第2世代e-POWER+可変圧縮エンジン「VC」を搭載し新世代となる新型「セレナ」

日産の「セレナ」は2023年1月にフルモデルチェンジを行い発売を開始する。ルノー・日産の新型プラットフォーム「CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)」を採用。エクステリアデザイン変更、前後バンパーデザイン変更。スプリットヘッドライトに上部に取り付けられたLEDデイタイムランニングライトが付いている大きなダブル「Vモーショングリル」が特徴的。

インテリアには新しいステアリングホイール、デジタル液晶メーターに7インチディスプレイ、12.3インチのフル液晶デジタルメーターを設定。大きい「9インチ最新インフォテインメントシステム」採用。インパネの上面にソフトパットを使用し高級感を高めた。「NissanConnectインフォテインメントシステム」は、「Apple CarPlay」「Android Auto」対応。センターコンソールにテレイン設定用の小さなシフターノブとロータリーセレクターや「電動パーキングブレーキ&ホールド」を採用。

エンジンには新開発のモーターとインバーターを刷新することで力強さ・なめらかさ・静かさを進化させた第2世代「e-POWER」を搭載。電力を発電するエンジンは、日産が世界で初めて量産化に成功した圧縮比を8~14まで自在に可変させる可変圧縮比エンジン「VCターボエンジン」を採用、e-POWER用にチューニングされたVCターボエンジンの採用により出力を大幅に向上、エンジンの回転数を抑えることで燃費にも貢献している。

先代モデルよりも機能を高めた「 360° セーフティアシスト」を搭載、7種類の先進運転支援システムで構成される。「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」「アダプティブハイビームアシスト/ハイビームア」「後退時車両検知警報 RCTA」「インテリジェントLI /LDW(車線逸脱警報)」「RCTA 後退時車両検知警報」「標識検知機能」を採用。

エクステリアデザイン、インテリアデザインをフルモデルチェンジにより一新。

新しい「日産エンブレム」を採用。

ルノー・日産の新型プラットフォーム「CMF(Common Module Family)」を採用する。

次世代の「e-POWER」搭載しエンジンは「1.5L 3気筒ガソリンエンジンターボ(VC)」4WDモデルには最新電動技術「e-4ORCE」を採用。

9インチタッチスクリーンディスプレイを搭載。

運転支援システム「プロパイロット」を採用

新型セレナe-POWER スペックについて

スペック新型セレナ e-POWER
全長4,695mm〜4,780mm
全幅1,690mm〜1,750mm
全高1,885mm
ホイールベース2,870mm
エンジン直列3気筒DOHC 1.5 L
VCターボ
+モーター型式:EM57
モーター最高出力150kW/4,501-7,422rpm
モーター最大トルク330Nm/0-3505rpm
最高出力106kW/4,400-5,000rpm
最大トルク250Nm/2,400-4,000rpm
駆動方式2WD
乗車定員7名
WLCTモード燃費19.5~20.0km/L

新型 セレナ について思うこと

日産にとって「セレナ」は日本市場においてミニバンという存在であり販売力の高い車種である。今回は日産として正常進化を果たし、エクステリア、インテリア、更にエンジンまで全てを一新することで見た目以上に乗ったときに進化を感じるモデルとなる。安全装備の充実やインテリアの最新装備により頼れる一台となる。今回、フルモデルチェンジの内容は日産の凄さを感じさせる変更点ばかりだ。特に評価されるのが、エンジンラインナップの変更である。日産車で売れている車種を見ても必ず「e-POWER」モデルがラインナップされており、「ノート」「ノートオーラ」「キックス」「エクストレイル」などであるが今回は新型「e-POWER」+可変圧縮比エンジン「VCターボエンジン」を搭載することで今までにない商品価値が付く。更にインフォメーションディスプレイやフル液晶デジタルメーターなど現代車として流行りを全て取り入れており乗って最新車種に乗っていると実感できるだろう。ライバルは既にフルモデルチェンジを果たした、ホンダ「ステップワゴン」、トヨタ「ノア・ヴォクシー」に匹敵する車種になることは間違ないだろう!

あわせて読みたい
日産 新型 セレナ フルモデルチェンジ 6代目 C28型 2022年11月28日発表 12月22日発売 日産は新型「セレナ」のフルモデルチェンジ(C28型)を行い2022年11月28日に発表、ガソリン車を2022年12月22日発売、「e-POWER」は2023年4月20日に発売。5代目「セレナ...

日産

https://www3.nissan.co.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次