2019年 ハイブリット おすすめ まとめ 燃費 スペック 価格 一覧

prius 2019年 新車発売 モデルチェンジ まとめ
4代目 プリウス マイナーチェンジモデル

メリットが多いハイブリッド車。最近ではハイブリッドモデルとガソリン車どちらもある車種を含めれば数多くある中でどの車種がいいか迷う方も多いだろう。そこで「最新自動車情報」がおすすめする車種をご紹介します。

ハイブリット車について

ハイブリッド車とは2つ以上の動力源(原動機)を持つ自動車の通称である。 2つ以上の動力源を持つ車両(自動車だけに限らない)をHV(hybrid vehicle) と呼ぶ。日本で一般的にハイブリッド車と呼ばれる車両は内燃機関(エンジン)と電動機(モーター)を動力源として備えた電気式ハイブリッド車(HEV, hybrid electric vehicle)である。車種によって違いはあるものの、運転条件によってエンジンのみで走行、モーターのみで走行、エンジンとモーターを同時に使用して走行するものなどがある。

プラグインハイブリッド

EV(electric vehicle)のように外部電源から直接充電できるものはPHV(plug-in hybrid vehicle)と呼ばれる。

ハイブリット車 メリットについて

ガソリン車に比べて燃費がいい。

エコカー減税などの対象。

ハイブリッド車(ブランド的)に乗っているという優越感 。

リセールバリュー 売るときに価値が上がる。

環境に優しい。

騒音が少ない、ほぼ音がしない。

ハイブリット車 デメリットについて

買うときに車体価格が高い。

バッテリーの寿命がある?(交換の可能性。)

故障のリスクが高い。

車内(荷物室)のスペースが狭い。

トヨタ プリウス

prius

4代目 プリウス マイナーチェンジモデル

おすすめ度:

5

21世紀に間に合いました。」のキャッチコピーが示す通り、世界初となる「量産ハイブリッド自動車」として誕生。

現在のプリウスは4代目、マイナーチェンジモデルを2018年12月17日に発売した。やはり他社を圧倒するサイズに対しての低燃費である。JC08モード燃費37.2km/L(Eグレード39.0km/L)とアクアなどのコンパクトなハイブリッド車と大差ない燃費を出すことができるのが最大の魅力だろう。

更に、TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のGA-Cプラットフォームを初採用する(第1号車)ことによって、低重心・低配置化することで、クラストップレベルの低重心高を実現。高いボディ剛性も実現しており乗り心地や加速性能は素晴らしい車である。

スペック新型プリウス
全長4,575mm
全幅1,760mm
全高1,470mm
ホイールベース2,700mm
エンジン直4 DOHC 1.8L+モーター(THSⅡ)
最高出力72kW(98ps)/5,200rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
フロントモーター最大出力53kW(72ps)
フロントモーター最大トルク163Nm(16.6kgm)
リアモーター最大出力5.3kW(7.2ps)
リアモーター最大トルク55Nm(5.6kgm)
システム出力90kW(122ps)
トランスミッション無段階変速機
車両重量1,320~1,460kg
乗車定員5名
JC08モード燃費37.2〜39.0km/L
価格251万8,560円〜347万8,680円

日産 ノート e-POWER

note_e-POWER

ノート e-POWER

おすすめ度:

5

ノート e-POWERの最大の特徴はトヨタのハイブリッド車とは違うエンジンとモーターを交互または同時に使う方式ではない点である。

日産は国産車で先駆けて電気自動車 リーフの販売に力を入れてきた会社であるが、その点を生かしリーフと同様のモーター型式:EM57を採用し、レンジエクステンダー(Range Extender:航続距離延長装置)発電専用のエンジンを搭載しエンジンを動力としては使用しない。電気自動車でしか味わえないモーターによる力強いトルクとパワー加速時のレスポンスはリーフ同様である。

また、リーフの場合は完全な電気自動車であり、バッテリーの充電が必要であるため充電時間がかかるので、自宅に設備がなければ購入する気にならない。しかし、ノート e-POWERは普通のガソリン車やハイブリッド車同様にガソリンの給油のみなので今まで通りの使い方が可能となる。

JC08モード燃費はプリウス同様にJC08モード燃費37.2km/Lである。

スペック新型ノート 

新型 ノートe-POWER

全長4,100mm
全幅1,695mm
全高1,525mm
ホイールベース2,600mm
エンジン直列3気筒1.2L 
スーパーチャージャー
直列3気筒1.2L
エンジン
直列3気筒1.2L
エンジン+モーター
最高出力72kW(98PS)/
5,600rpm
58kW(79PS)/
6,000rpm
58kW(79PS)/
5,400rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm) /
4,400rpm
106Nm(10.8kgm) /
4,400rpm
103Nm(10.5kgm)/
3,600-5,200rpm
モーター最大出力80kW(109PS)/
3,008-10,000rpm
モーター最大トルク254Nm(25.9kgm)/
0-3,008rpm
定格出力70kW(95PS)
トランスミッションエクストロニック
CVT(無段変速機)
エクストロニック
CVT(無段変速機)
バッテリーリチウムイオンバッテリー
駆動方式2WD(FF)/4WD
乗車定員5名
車両重量1365kg1040kg1170kg〜1310kg
JC08モード燃費26.2km/L 23.4km/L28.8〜37.2km/L
WLTCモード燃費
価格1,421,280円〜
2,163,240円
1,901,880円〜
2,424,600円

トヨタ アクア

AQUA

アクア

おすすめ度:

4.5

現行アクアは日本で小型乗用車(5ナンバー)サイズのハイブリッド車で2代目プリウスに採用されたハイブリッドシステム(THS-II)を流用し小型化・軽量化したエンジンを搭載。

数多くマイナーチェンジを繰り替えており、燃費向上を繰り替えしてきているが現行モデルでは「L」はJC08モード燃費38.0km/Lに「S」以上のグレードは34.4km/Lとなった。

スペック新型アクア
全長3,995mm
全幅1,695mm
全高1,455mm
ホイールベース2,550mm
エンジン1.5L 直列4気筒 DOHC+モーター
最高出力74ps/4,800rpm
最大トルク11.3kgm/3,600〜4,400rpm
モーター最高出力61ps
モーター最大トルク17.2kgm
トランスミッションCVT
JC08モード燃費34.4~38.0km/L
価格178万5,240円~208万9,800円

ホンダ フィット

FIT

FIT 3

おすすめ度:

4.5

現行フィットは日本で小型乗用車(5ナンバー)サイズのハイブリッド車で初代からの設計思想は継承しつつ、パワートレインや車体を新設計にしたことで性能を向上させ、先進安全運転支援システム「Honda SENSING ホンダ センシング」を全車標準装備としている。

グレード 「ハイブリッド」ではプリウス同様にJC08モード燃費37.2km/Lである。その他グレードは31.8km/L〜34.0km/Lである。

スペック新型 フィット
全長3,955mm
全幅1,695mm
全高1,525mm
ホイールベース2,530mm
モデルハイブリットガソリン
エンジン1.5L i-VTEC+新型i-DCD1.3L i-VTEC1.5L i-VTEC
最高出力81kW(110ps)/
6,000rpm
73kW(100ps)/
6,000rpm
97kw(132ps)/
6,600rpm
最大トルク134Nm(13.7kgm)/
5,000rpm
119Nm(12.1)/
5,000rpm
155Nm(15.8ps)/
4,600rpm
モーター最大出力22Nm(29.5ps)/
1,313-2,000rpm
モーター最大トルク160Nm(16.3kgm)/
0-1,313rpm
JC08モード燃費37.2km/L20.2-24.6km/L19.2-22.2km/L
価格1,699,920円〜
2,241,000円
1,428,840円〜
1,985,040円
1,853,280円〜
2,050,920円

ヴィッツ ハイブリッド

vitz

vitz

おすすめ度:

4.5

ヴッツハイブリッド(ヤリス)は海外では以前からハイブリッドモデルが販売されていたが2017年1月12日から日本でも販売を開始。現行アクア同様に日本で小型乗用車(5ナンバー)サイズのハイブリッド車で2代目プリウスに採用されたハイブリッドシステム(THS-II)を流用し小型化・軽量化したエンジンを搭載。

アクアの「S」以上のグレードと同様に全グレードでJC08モード燃費34.4km/Lとなった。

ヴィッツに比べアクアは全高が低く、しかも天井を後方に向けて下降させているので後部座席と荷物室を考えるとヴィッツの方が使い勝手ではよくなる。ネームバリュー的に言えばアクア=ハイブリッドなのでヴィッツ=ガソリン車のイメージもありリセールバリューを考えるとアクアに軍配が上がりそうだ。

スペック新型 ヴィッツHYBRID
全長3,905mm
全幅1,695mm
全高1,510mm
ホイールベース2,510mm
エンジン直4 1.5L+モーター
最高出力74ps/4,800rpm
最大トルク11.3kgm /3,600 – 4,400 rpm
モーター最大出力61 PS
モーター最大トルク17.2 kgm
JC08モード燃費34.4km/L
駆動方式2WD
価格181万9800円〜223万7,760円

プリウスα

prius α

プリウスα

おすすめ度:

4.5

プリウスαは3代目プリウスを全長と全幅を伸ばし居住性と7人乗りモデルをラインナップさせたステーションワゴンまたはミニバンモデルとなる。

7人乗りで燃費を求める人や荷物室が広い方が良い方におすすめである。1世代前のモデルとはなってしまうが同クラスのサイズの中ではもちろん一番燃費がいい。JC08モード燃費26.2km/Lだ。

スペック新型プリウス α
全長4,645~4,630mm
全幅1,775mm
全高1,575mm
ホイールベース2,780mm
エンジン直4 DOHC 1.8L+モーター(THSⅡ)
最高出力73kW (99ps)/5,200rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
モーター最大出力60kW (82PS)
モーター最大トルク207N・m (21.1kgf・m)
システム出力100kW (136ps)
トランスミッション無段階変速機
車両重量1,450-1,490kg
乗車定員5名~7名
JC08モード燃費26.2km/L
価格256万5000円~346万5720円

ホンダ インサイト

INSIGHT

INSIGHT

インサイトは現行で3代目で2018年12月に販売を開始。2度目の復活となるが果たしてどうなるか?!と世間では思われている。

先代の小型4ドアハッチバック車から今回の新型インサイトは中型セダンへと生まれ変わった。新型シビック以上新型アコード未満のハイブリッドミドルセダンとなった。

エクステリアデザインは大幅に変更、車格をアップさせたことで高級感のある仕上がりとなった。インテリアも最近のホンダデザインを採用しながら高級感のある仕上がりとなっている。

新型インサイトは1.5L 直4 DOHC i-VTEC +高出力モーター(SPORT HYBRID i-MMD)を搭載。新設計のグローバルプラットフォーム「Honda compact global platform」を使い良い乗り心地をアップさせた。JC08モード燃費:31.4〜34.2km/Lである。

スペック新型 インサイト
全長4,675mm
全幅1,820mm
全高1,410mm
ホイールベース2,700mm
エンジン1.5L i-VTECエンジン+新型i-MMD
最高出力80kW(109PS)/6,000rpm
最大トルク134Nm(13.7kgfm)/5,000rpm
モーター最大出力96kW(131PS)/4,000-8,000rpm
モーター最大トルク267Nm(27.2kgfm)/0-3,000rpm
JC08モード燃費31.4〜34.2km/L
駆動方式2WD
価格326万1,600円〜362万8,800円
2019年 新車発売 モデルチェンジ まとめ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019