MENU

RAV4でかすぎと悩む方へ 購入前に知っておくべきこと 実際のサイズや特徴を紹介

rav4

SUV人気が高まる中、トヨタのRAV4は街中でもよく見かけるようになりました。力強いデザインと広い室内空間が魅力ですが、「RAV4って大きすぎるんじゃないか…」と購入をためらっている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、RAV4の実際のサイズ感や運転のしやすさ、そしてサイズ以上の魅力について詳しく解説します。RAV4の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

目次

RAV4のサイズ、数字で見てみよう!

RAV4のボディサイズは、全長4,600mm × 全幅1,855mm × 全高1,685mmです。これは、一般的な機械式駐車場に収まるサイズですが、立体駐車場の場合は高さ制限に注意が必要です。車幅1,855mmは、日本の道路事情を考えると少し広めかもしれません。しかし、RAV4は最小回転半径が5.5mと比較的小さいため、小回りが利きやすく、狭い道でも安心して運転できます。

タイヤの大きさと車体のホイールベース

RAV4は17インチまたは19インチのタイヤを装着。ホイールベースは2,690mmと長めですが、最小回転半径は5.5mと比較的コンパクト。小回りが利き、Uターンや狭い道での運転も安心です。

室内空間と快適さを徹底解説

RAV4の魅力は、広々とした室内空間。後部座席もゆったりとくつろげ、長距離ドライブも快適です。荷室も広く、アウトドアや旅行の荷物もたっぷり収納できます。

トヨタのSUV ボディサイズと最小回転半径

RAV4はトヨタのSUVの中でも中間的なサイズであることがわかります。

車種名最小
回転半径
全長全幅全高ホイール
ベース
ライズ4.9m
5.0m
3,995mm1,695mm1,620mm2,525mm
カローラクロス5.2m4,490mm1,825mm1,620mm2,640mm
ヤリスクロス5.3m4,185mm1,765mm1,580mm2,560mm
クラウンクロスオーバー5.4m4,930mm1,840mm1,540mm2,850mm
bZ4x5.6m4,690mm1,860mm1,650mm2,850mm
RAV45.5m
4,600mm1,865mm1,685mm
1,690mm
2,690mm
RAV4
Adventure
5.7m4,610mm1,855mm1,690mm2,690mm
ハリアー5.5m
5.7m
4,740mm1,855mm1,660mm2,690mm
センチュリー(SUV)5.5m5,205mm1,990mm1,805mm2,950mm
ランドクルーザー3005.9m4,965mm
4,985mm
1,985mm
1,990mm
1,885mm
1,925mm
2,850mm
ランドクルーザー2506.0m4,925mm1,980mm1,870mm2,850mm
ランドクルーザー706.3m4,890mm1,870mm1,920mm2,730mm
ハイラックス6.4m5,320mm1,835mm1,800mm3,085mm

RAV4の駐車場問題とその対策

駐車場に入らない?実際の駐車の難しさ

RAV4のサイズを考えると、機械式駐車場や立体駐車場では入らない可能性も。事前に駐車場のサイズを確認しておくことが大切です。

最小回転半径と駐車のしやすさ

RAV4は最小回転半径が小さいため、車庫入れや縦列駐車も比較的スムーズ。バックカメラやセンサーなどのサポート機能も充実しており、駐車の不安を軽減してくれます。

日本の駐車場での対応方法と注意点

RAV4は日本の道路や駐車場でも問題なく走行できますが、事前にサイズを確認し、駐車場所を確保しておくことが大切です。ちなみに筆者は同サイズの4代目ハリアーに4年ほど、3代目ハリアーに2年半ほど乗っていましたが、日本の商業施設や一般的な駐車場で止められなかったことは1度もありません。(個人的な感想です。)上記の通り、機械式駐車場だけ気をつけてください。

実際に運転してみると?

RAV4は運転席からの視界が良く、車両感覚が掴みやすいので、運転に慣れていない方でも安心して運転できます。また、最小回転半径が小さいため、Uターンや車庫入れもスムーズに行えます。

さらに、RAV4には最新の安全装備が搭載されており、衝突被害軽減ブレーキやレーンキープアシストなど、運転をサポートする機能が充実しています。これらの機能は、運転中の不安を軽減し、より安全なドライブを可能にしてくれます。

サイズ以上の魅力がRAV4にはある!

RAV4は広い室内空間と荷室が魅力です。後部座席は大人でもゆったりと座れるスペースがあり、長時間のドライブでも快適に過ごせます。荷室も広く、アウトドア用品や旅行の荷物も余裕で積み込めます。

さらに、RAV4には力強い走りと燃費の良さを両立するハイブリッドモデルも用意されています。環境性能にも優れているので、地球に優しくドライブを楽しみたい方にもおすすめです。

買って後悔しないためのRAV4のメリットとデメリット

買ってよかったポイントは?

RAV4のオーナーからは、「運転しやすい」「荷物がたくさん積める」「デザインがかっこいい」などの声が多数。総合的な満足度が高い車と言えます。

買って後悔した人の声とその理由

一部では、「燃費が思ったより悪い」「車体が大きくて駐車が難しい」という声も。購入前に試乗し、自分のライフスタイルに合っているか確認することが大切です。燃費は人によって感じ方が違います。個人的にはこの車格での燃費は素晴らしいです。実測値はおよそガソリン車は約10km/L前後、 ハイブリッド車は15km/L前後の様子です。

RAV4とハリアーの比較、どちらがおすすめ?

RAV4とハリアーは、どちらもトヨタの人気SUV。RAV4はアクティブな印象、ハリアーは高級感のある印象です。自分のライフスタイルや好みに合わせて選びましょう。

あわせて読みたい
トヨタ 4代目 新型ハリアー と5代目 新型RAV4 試乗 感想 レビュー 徹底比較 4代目新型「ハリアー」オーナーである筆者が、5代目新型「RAV4」に走行して違いについて検証してみた。「ハリアー」と「RAV4」は同じトヨタ車であるがクロスオーバーSUV...

2023年以降の現行モデルのRAV4は先進装備も多数装備

2023年以降のRAV4は、さらなる進化を遂げています。最新の安全装備やコネクテッド機能が搭載され、より安全で快適なドライブを楽しめるようになっています。

12.3インチTFTディスプレイ(フル液晶デジタルメーター)を採用(Xグレードを除く)。ディスプレイオーディオのオプションとして「車内Wi-Fi」を設定。「ナノイーX」を標準装備。新たなボディカラーを追加。先進機能を付与し機能を向上させた最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載。デジタルインナーミラー録画機能追加(前後方録画機能)ナビゲーションシステムを変更。

RAV4の最大の魅力は価格だ!

トヨタの「RAV4」2024年モデルの価格グレードは以下の通りです。このサイズと装備でガソリン車のベースグレードは2,938,000円から、ハイブリッド車のベースグレードは3,538,000円から購入が可能です。

RAV4ハイブリッドモデル グレード

モデル駆動方式価格(10%)
HYBRID X2WD3,538,000円
E-Four(4WD)3,791,000円
HYBRID
Adventure
E-Four(4WD)4,303,000円
HYBRID GE-Four(4WD)4,304,000円
Adventure
“OFFROAD packageⅡ”
E-Four(4WD)4,503,000円

RAX4ガソリンモデル グレード

モデル駆動方式価格(10%)
X2WD2,938,000円
4WD3,169,000円
Adventure4WD3,684,000円
Adventure
“OFFROAD packageⅡ”
4WD3,884,000円
G4WD3,666,000円
GZ package4WD3,884,000円

RAV4 PHV グレード

モデル駆動方式価格(10%)
Z4WD
(E-Four)
5,633,000円

年収やイメージ、乗ってる人の特徴

RAV4は幅広い層に人気があります。アクティブなライフスタイルを楽しむ独身の方から、ファミリー層まで、様々な方がRAV4を選んでいます。

女子ウケやモデルによるデザインの違い

RAV4は、スタイリッシュで都会的なデザインも魅力の一つ。女性にも人気があり、洗練されたイメージを演出してくれます。

アウトドア好きにおすすめな理由

RAV4は、アウトドア好きにもぴったりの車。広い荷室や悪路走破性など、アウトドアシーンで活躍する機能が満載です。特にグレード「Adventure “OFFROAD packageⅡ”」は専用アルミホイール&225/60R18オールテレインタイヤ&18╳7Jアルミホイール(マット調ブラック塗装)最低地上高10mmアップバックドアガーニッシュ マット調ブラック塗装(※ツートーン車のみ)ルーフレール(ブリッジ型)“OFFROAD package”専用リヤマークを採用したオフロード装備を付けたグレードを選択かのうです。

新型RAV4 現在の日本国内生産台数

【販売計画】月販 5,400台(2019年発売当時)

RAV4 販売台数

年月販売台数
2024年1月2,269台
2024年2月2,434台
2024年3月3,130台
2024年4月2,652台
2024年5月2,679台
RAV4登録台数 出典:日本自動車販売協会連合会

販売台数は、かなり下回ってきている様子です。その分、値引き納期が早くなっています。

あわせて読みたい
【2024年6月】新型「RAV4」納期情報 想像以上に早い! 納車まではどれぐらいなのか 今回は2024年6月現在の新型「RAV4」の納期について調べました。納期がいつになるのか?気になる人が多いのではないでしょうか。購入を検討されている方はタイミングみて...
あわせて読みたい
【2024年】「RAV4」の値引き 相場や合格ラインは? フルモデルチェンジ前か後?決算時期や交渉術につい... トヨタ「RAV4」は2024年秋冬~2025年頃にフルモデルチェンジをするのではないかと予想されます。一体どのタイミングで購入するのがいいか?今回は、本体価格の値引きや...

編集部から一言

RAV4は確かに少し大きめのSUVですが、運転のしやすさや安全装備の充実、そして広々とした室内空間など、サイズ以上の魅力がたくさん詰まっています。購入を迷っている方は、ぜひ一度試乗して、RAV4の魅力を体感してみてください。きっと、RAV4の虜になるはずです。筆者は最もおすすめできるSUVの1つだと思います。

RAV4のQ&A

RAV4に乗っている人のイメージ

RAV4に乗っている人は、アクティブでアウトドア好きなイメージを持たれることが多いです。都会的で洗練されたデザインも人気で、幅広い層から支持されています。

RAV4に乗っている人のイメージ

RAV4オーナーの年収は、平均的には400万円〜600万円程度と言われています。ただし、幅広いグレードがあるため、20代〜30代の比較的若い層から、ファミリー層、高収入層まで、様々な方が所有しています。

RAV4は女性にウケがいいのか?

RAV4は、スタイリッシュなデザインや運転のしやすさ、安全性能の高さから、女性にも人気があります。特に、都会的で洗練されたイメージのグレードは、女性ウケが良い傾向にあります。

RAV4は高級車として認識されているのか?

RAV4は、高級車とまでは言えませんが、ミドルクラスSUVとして一定の高級感やステータスがあります。内装の質感や装備の充実度も高く、所有満足度も高い車種と言えます。

RAV4は駐車場に入りにくいと言われる理由は何か?

RAV4は、全長4,600mm、全幅1,855mmと、日本の道路事情を考えると少し大きめのサイズです。そのため、機械式駐車場や立体駐車場に入らない場合があります。事前に駐車場のサイズを確認しておくことが大切です。

RAV4を購入してよかったと感じる理由は何か?

RAV4を購入してよかったと感じる点は、「運転しやすい」「荷物がたくさん積める」「デザインがかっこいい」「安全性能が高い」など、多岐にわたります。総合的な満足度が高い車種と言えるでしょう。

RAV4の広さについて他の車種と比較するとどうなるのか?

RAV4は、CセグメントSUVに分類され、同クラスのSUVと比較しても、室内空間や荷室の広さはトップクラスです。特に、後部座席の足元空間は広く、大人でもゆったりとくつろげます。

RAV4の燃費性能はどの程度なのか?

RAV4の燃費性能は、ガソリンモデルでWLTCモード15.2km/L(約10km/L)、ハイブリッドモデルでWLTCモード20.6km/L(約15km/L)です。実燃費は、運転状況や道路状況によって異なりますが、SUVとしては比較的良好な燃費性能と言えるでしょう。

RAV4 関連記事

あわせて読みたい
新型 RAV4 一部改良 特別仕様車「Black Edition」「GR SPORT」追加 5代目 最後か 2024年10月発売 トヨタは、クロスオーバーSUV「RAV4」の一部改良を行い、2024年10月に発売する予定です。今回の改良では、特別仕様車の「BLACK Edition」と「GR SPORT」が追加されます...
あわせて読みたい
【2024年】「RAV4」の値引き 相場や合格ラインは? フルモデルチェンジ前か後?決算時期や交渉術につい... トヨタ「RAV4」は2024年秋冬~2025年頃にフルモデルチェンジをするのではないかと予想されます。一体どのタイミングで購入するのがいいか?今回は、本体価格の値引きや...
あわせて読みたい
【2024年6月】新型「RAV4」納期情報 想像以上に早い! 納車まではどれぐらいなのか 今回は2024年6月現在の新型「RAV4」の納期について調べました。納期がいつになるのか?気になる人が多いのではないでしょうか。購入を検討されている方はタイミングみて...
あわせて読みたい
トヨタ RAV4の維持費と年間ランニングコスト 自動車税や保険などを算出 トヨタの人気SUV、RAV4。アウトドア好きやファミリー層を中心に幅広い支持を集めています。購入を検討する上で気になるのは、維持費やランニングコストですよね。 この...
rav4

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次