ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ 新旧モデル比較 進化したポイントをまとめてみた

新旧比較

ホンダは新型「ヴェゼル」のフルモデルチェンジを行い2021年4月22日に発売する。2021年2月18日にデザインを公開。現行モデル(旧型)と新型とはどの様な進化を遂げたのか順番に比較してみた。

新型と旧型 ヴェゼル  エクステリア比較

エクステリアはフロントフェイスを変更、ヘッドライトには「LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)」を採用。「Honda SENSING(ホンダ センシング)」全モデル標準搭載。写真を見てわかる通り、リアは流麗なクーペフォルムとしている。マツダのCX-3やCX-30などににた顔つきとリアのクーペフォルムとテールランプは新型ハリアーと同様の横一文字を採用しており、いいところと現在の流行りを取り入れたデザインを採用しているのがわかる。

旧型 ヴェゼル エクステリア

vezel_touring

新型 ヴェゼル エクステリア

新型と旧型 ヴェゼル  インテリア比較

インテリアパネルは水平・直線基調のデザインとし、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の考え方に基づく視線移動の軽減や動線に沿った操作類の配置、視界を良くする。ナビゲーションディスプレイをメインにしたデザインとなり「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」をご利用可能。スマートフォンによるリモート操作や、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに繋がり、迅速で的確な対応が可能となるトラブルサポートが可能。「自動地図更新サービス」を搭載。スマートフォンがキーの代わりになる「Hondaデジタルキー」「Honda アプリセンター」車内でデータ通信容量を購入し、インターネットに接続して楽しめる「車内Wi-Fi」を採用。高音質オーディオシステムを採用。他社とも同様、インパネはナビディスプレイをメインにしたデザインを採用し、「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応し、更に「Hondaデジタルキー」など最先端な仕様とすることで他社を一歩先にいく。

旧型 ヴェゼル インテリア

vezel touring

新型 ヴェゼル インテリア

新型と旧型 ヴェゼル 安全技術 比較

先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」には、「フロントワイドビューカメラ」高速画像処理チップを新採用、車両前後に装着された計8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、「近距離衝突軽減ブレーキ」を追加、全車標準装備とした。リアバンパーに4つのセンサーを配置し後方の障害物を感知して音と表示でお知らせする。「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」は、渋滞追従機能付きへと進化、衝突軽減ブレーキ(CMBS)、路外逸脱抑制機能、標識認識機能、車線維持支援システム(LKAS)の各機能を先代モデルよりさらに進化させた。後方誤発進抑制機能、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビームなど、3つの機能も新たに追加。

システム 装備 旧型ヴェゼル 新型ヴェゼル
CMBS
(昼 歩行者)

(昼・夜間歩行者
自転車)
誤発進抑制機能
歩行者事故低減
ステアリング
路外逸脱抑制機能
ACC ◯ 
(渋滞追従機能付)
LKAS
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチックハイビーム
ブラインドスポット
インフォメーション
マルチビューカメラシステム

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?
2014年10月にホンダが発表した安全運転支援システム「Honda SENSING」HiDS(ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム)に、衝突被害軽減ブレーキのCMBSなどを統合した新たなシステムとして発表。2015年1月22日...

新型と旧型 ヴェゼル エンジン 比較

ガソリンモデルには「1.5L DOHC i-VTEC+CVT」搭載、ハイブリッドモデルには現行は「SPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステム」を搭載しJC08モード燃費を27.0km/Lであるが、1.5L i-VTECエンジン+「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用。JC08モード燃費28.4km/Lとなる。「e:HEV」はNORMAL、SPORT、ECONと3つの異なる走行モードを選択可能。また、Dレンジ、Bレンジ、減速セレクターにて、アクセルオフ時の異なる減速度合いを選択することが可能。
4WDモデルでは、悪天候や雪上走行においても安定したドライビングを可能にする、「リアルタイムAWD」を搭載。

まとめ

新型ヴェゼルは今回かなりの期待度で発売されるが、その期待に答える出来栄えであることは間違えなさそうだ。特に旧モデルよりも高級感と現在のトレンドを多く取り入れているところは現在のヴェゼルユーザーやこれから車を購入を検討している人に対して大きなインパクトをあえたることになりそうだ。今後も新型「ヴェゼル」の情報が入り次第お伝えします。

ホンダ 新型 ヴェゼル 2021年2月18日 世界初公開 最新トレンドを取り入れたモデルに

ホンダ 新型 ヴェゼル 2021年2月18日 世界初公開 最新トレンドを取り入れたモデルに
ホンダはフルモデルチェンジした新型「VEZEL(ヴェゼル)」を2021年2月18日に世界初公開した。全面刷新したエクステリア・インテリアのデザインをお披露目、新たに搭載する主要装備、先進の安全運転支援システム・コネクテッド機能などのを発表し...

ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2021年4月22日発売

ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2021年4月22日発売
ホンダはヴェゼルのフルモデルチェンジを行い2021年4月22日に発売する。2021年2月18日にデザインを公開すると2021年1月18日に発表した。合わせてティーザーサイトを公開。新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ についてフルモデ...

ホンダニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2021/4210218.html

ヴェゼル

https://www.honda.co.jp/VEZEL/new/

新旧比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報をフォローする。
最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。

最新自動車情報をフォローする。
最新自動車情報