MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

【2024年】価格の安い普通車ランキング トップ10

当ページのリンクには広告が含まれています。
運転する女性

今回は2024年令和6年)5月時点で最も安い普通車をランキング形式でお伝えします。現時点で販売可能なモデルとでお伝えします。軽自動車に比べて頑丈で走りに余裕がある普通車、はじめて車を買う人や2台目のセカンドカー、中古車ではなくてどうしても新車が欲しい人などが参考に考えて頂ければ幸いです。

目次

2024年に発売されている 価格の安い普通車ランキング トップ10

2024年5月現在に販売されている軽自動車を調査したところ、最安値がトヨタの「ヤリス」で1,470,000円という結果となりました。

価格の安い車は各メーカーコンパクトカーばかりではあるが、各自動車メーカーが独自の技術を採用、車内の広さも確保し5人乗りとし、更に軽量化とエンジン性能向上により、燃費性能も向上、長く維持することを考えても非常にコスパが良く、非常に魅力的な車種ばかりである。

3位までなんと新車で購入しても150万円前後の予算に収まるとても経済的な車である。更に魅力的なのは各社、安全装備も充実している。少し前の新車を知っている人からするとだいぶ値段が上がったと感じる人もいるかもしれないが、安全装備がベースグレードでも標準装備されており、当然の価格と言ってよさそうだ。

2024年ランキング

スクロールできます
順位メーカー車名グレード価格
(10%)
1位トヨタヤリスX
(2WD)
1,501,000円
2位マツダMAZDA215C
(2WD)
1,548,800円
3位トヨタルーミーX
(2WD)
1,566,500円
4位スズキソリオG
(2WD)
1,647,800円
5位ホンダフィットBASIC
(2WD)
1,655,500円
6位ダイハツロッキーL
(2WD)
1,677,000円
7位トヨタライズX
(2WD)
1,717,000円
8位スズキスイフトXG
(2WD)
1,727,000円
9位トヨタヤリスクロスX
(2WD)
1,907,000円
10位スズキクロスビーHYBRID MV
(2WD)
1,941,500円
2024年 価格の安い普通車ランキング トップ10 最新自動車情報

2023年ランキング

驚くべきことに去年のランキングと比較すると、販売終了となってしまったため、ダイハツ「ブーン」トヨタ「パッソ」三菱「ミラージュ」スズキ「イグニス」と4車種もランキングから消えてしまいました。さらに、改良が入った車種はすべて価格改定が行われており、2023年から2024年で基準価格が上昇しているのがわかります。

順位メーカー車名グレード価格
(10%)
1位ダイハツブーンX“SA Ⅲ”
(2WD)
1,275,000円
1位トヨタパッソX
(2WD)
1,275,000円
2位トヨタヤリスX
(2WD)
1,470,000円
3位三菱ミラージュM
(2WD)
1,490,500円
4位マツダMAZDA215C
(2WD)
1,529,000円
5位スズキスイフトXG
(2WD)
1,551,000円
6位トヨタルーミーX
(2WD)
1,566,500円
7位スズキソリオG
(2WD)
1,581,800円
8位ホンダフィットBASIC
(2WD)
1,592,800円
9位ダイハツロッキーL
(2WD)
1,677,000円
10位トヨタライズX
(2WD)
1,717,000円
11位スズキイグニスHYBRID MV
(2WD)
1,758,900円
2023年 価格の安い普通車ランキング トップ10 最新自動車情報
あわせて読みたい
【2024年】価格の安い軽自動車ランキング トップ10 今回は2024年(令和6年)時点で最も安い軽自動車をランキング形式でお伝えします。現時点で販売可能なモデルとでお伝えします。普通車と比較して車両本体価格や税金など...
あわせて読みたい
【2024年】日本車 価格の高い車ランキング トップ10 フラッグシップばかり 今回は2024年(令和6年)時点で日本車で販売されている車で最も高い車をランキング形式でお伝えします。安全性は世界一、運動性能や最新技術も外車とかわらない国産車の...
あわせて読みたい
【2024年】世界一 価格の高い車ランキング トップ10 今回は2024年時点で世界で販売されている車で最も高い車をランキング形式でお伝えします。現時点で販売可能なモデルと過去販売された限定車などは別でお伝えします。日...

おすすめ車種は?

筆者が個人的におすすめするのは、トヨタ「ヤリス」、ホンダ「フィット」、ダイハツ「ロッキー」トヨタ「ライズ」である、理由はベースグレードでありながら、安全装備が充実している点や、基本的なベース構成に最低限の装備がありながらフルモデルチェンジしてまだ日が浅いモデルなのでリセールバリューも見込める点からおすすめしています。

あわせて読みたい
【2024年】かわいい車 女性におすすめの軽自動車をまとめてみた 2024年(令和6年)現在、新車購入可能な「女性におすすめのかわいい軽自動車」を独断と偏見で紹介します。2024年最近では女性をターゲットにした車種が多数販売されてい...

ヤリス について

トヨタは「ヴィッツ」4代目のフルモデルチェンジを行い、同時に車名変更を行い新型「ヤリス」として 日本では2019年12月20日発表、2020年2月10日に発売する。ガソリン車4WDは2020年4月発売。

  1. TNGA(Toyota New Global Architecture)新開発「GA-Bプラットフォーム」を採用。
  2. 新世代「直列3気筒 1.5L 直噴 ダイナミックフォースエンジン M15A型」小型化された「THSⅡ」を採用。
  3. 先進の予防安全技術、第2世代「 Toyota Safety Sense 」を搭載する。
  4. ディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。

旧型ヴィッツは2010年12月22日に正式発表し発売が開始された世界的に人気がある車種である。発売から丸9年目のタイミングでフルモデルチェンジを果たす。トヨタは2018年4月16日に日本の特許庁に「YARIS (ヤリス)」を出願しており今回のフルモデルチェンジのタイミングでヴィッツから海外同様の名称となる。これによりヴィッツブランド廃止、世界統一ブランド「YARIS」(ヤリス)として生まれ変わる。今後の高齢化社会に向けたトヨタのコンパクトカーの重要性を示している。

エクステリア

日本限定的な車種ではなく世界戦略としてグローバルカーを日本でも販売し全世界共通化することでコスト削減にも繋がる。今後のトヨタ車は販売網を変更し、車種統一を掲げており無駄をとことん排除していく考えだ。2019年10月24日~11月4日に開催された東京モーターショー2019で4代目の新型「ヤリス (ヴィッツ)」 披露した。

今回は「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づく新開発「GA-Bプラットフォーム」を採用することによって、旧型モデルよりも広い室内空間を得る。 高い空力性能を実現、新開発のプラットフォームを採用により「50kg(開発目標値)軽量化」「15mm 低重心化」「30%以上 ボディ剛性がUP」し旧型モデルから大幅な進化を果たす。1,000kgを切る940kg~1090kgを達成。全長:3,940mm、全幅1,695mm、全高1,500mm、ホイールベース2,550mmの5ナンバーサイズとしながらも広い室内空間となり内装周りも旧型よりも豪華な仕様となりそうだ。クラス世界トップレベルとなるWLTCモード36.0km/Lの低燃費を実現した。

インテリア

ディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。さらに、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。荷室サイズは荷室幅 1,000mm 荷室長(5名乗車時)630mm 荷室高 692mm〜830mmとなる。リアシートは全車6:4分割可倒式。ハイブリッドモデルに「アクセサリー コンセント」AC100V 1500Wのコンセントを追加することができる(オプション4万4000円)。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ヤリス 一部改良 ドライブレコーダー付自動防眩インナーミラー設定 2022年8月8日発売 トヨタは「ヤリス」の一部改良を行い2022年8月8日発売する。 【新型 ヤリス 一部改良について】 一部改良を行う「ヤリス」にはボディカラーには「GRヤリス」「プリウス」...

新型 ヤリス マイナーチェンジ スペック について

スペック新型 ヤリス
ハイブリット
新型 ヤリス
ガソリン車
新型 ヤリス
ガソリン車
全長3,940mm3,940mm3,940mm
全幅1,695mm1,695mm1,695mm
全高1,500mm(2WD)
1,515mm(4WD)
1,500mm(2WD)
1,515mm(4WD)
1,500mm(2WD)
1,515mm(4WD)
ホイール
ベース
2,550mm2,550mm2,550mm
エンジン直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
直列3気筒
1.5Lエンジン
M15A-FKS型
直列3気筒 1.0L
エンジン 1KR型
最高出力67kW(91ps)/
5500rpm
88kW(120ps)/
6600rpm
51kW(69ps)/
6000rpm
最大トルク120Nm(12.2kgfm)/
3800-4800rpm
145Nm(14.8kgfm)/
4800-5200rpm
92Nm(9.4kgfm)/
4400rpm
モーター
最大出力
フロント:59kW(80ps)
リヤ:3.9kW(5.3ps)
モーター
最大
トルク
フロント:141Nm(14.4kgm)
リア:52Nm(5.3kgm)
WLCT
モード燃費
36.0~35.4km/L(2WD)
30.2km/L(4WD)
21.4~21.6km/L
19.2km/L
19.6~20.2km/L
駆動方式2WD/4WD
(E-Four)
2WD/4WD2WD
乗車定員5名5名5名
最小
回転半径
4.8m~5.1m4.8m~5.1m4.8m~5.1m
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
Direct Shift-
CVT
6速MT
CVT
あわせて読みたい
トヨタ 新型「ヤリス」一部改良 2024年1月17日発売へ トヨタは新型「ヤリス」の一部改良を行い2024年1月17日発売する。価格1,501,000円~2,694,000円(税込)とした。今回のマイナーチェンジでは新世代コネクテッドナビを採...

フィットについて

ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売する。「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用。クロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新設定。「ホンダ コネクト」日本で初採用した。

エクステリア

4代目となる新型フィットは旧型同様にキープコンセプトとし、全長を伸ばし、室内空間を更に広げ使い勝手を向上させる。新型フリードまではいかないが全長3,995mmとなる。「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「NESS(ネス)」「LUXE(リュクス)」「CROSSTAR(クロスター)」と異なる5タイプを採用。NESSはスポーツタイプ。フィットネスからきている。HOMEは居心地のいい家をイメージしてある。

新型「フリード」と同様に唯一、他グレードより最低地上高を5mm~25mmアップ、全長4,090mm、全幅1,725mmした3ナンバーサイズのクロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新設定。「クロスター」は専用デザインのフロントグリルと前後バンパー、アルミホイールを採用。ドアアウターハンドル、ドアミラーにシルバー塗装、サイドシルガーニッシュはブラックに変更。専用装備のルーフレールも追加。

インテリア

インテリアパネルは水平・直線基調のデザインとし、車内からはワイパーを見えにくくすることで視界を良くした。実車に乗るとわかるがワイパーなどが視界に入らない位置に設置されており視界がより良くなった印象を受けた。

フロントピラーを従来とは異なる断面構造とし、万が一の衝突時にはボディーへ荷重を流す構造を採用。フロントAピラーが本当に細く少し違和感まで感じてしまうほどだが確かに右折、左折時の視界においては妨げが少ないだろう。インテリアのフロントシートには上級セダンへの搭載も見据えて新しく開発した、新世代の「ボディースタビライジングシート」を採用し長時間ドライブでも疲れにくく、やわらかな座り心地を実現したシート構造とした、「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるテレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。「パーキングブレーキシステム」を採用しリアバンパーに4つのセンサーを配置し後方の障害物を感知して音と表示でお知らせする。後部座席は初代からセンタータンクレイアウトを採用しており広い印象がある。

先進装備

ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を日本初搭載。スマートフォンによるリモート操作や、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに繋がり、迅速で的確な対応が可能となるトラブルサポートが可能。

先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」には、フロントワイドビューカメラを新採用、車両前後に装着された計8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、Hondaとして初めて「近距離衝突軽減ブレーキ」を追加、全車標準装備とした。

新型フィット マイナーチェンジ スペック について

ホンダは「フィット」のマイナーチェンジを行い2022年10月7日に発売1.3L DOHC i-VTEC エンジンを1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジンに変更したことで最高出力と最大トルクがアップしたことでより快適な走りが可能となった。

スペック新型フィット
全長3,990mm(4,090mm)
全幅1,695mm(1,725mm)
全高1,515〜1,565mm(1,545mm)
ホイールベース2,530mm
エンジン1.5L i-VTECエンジン1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD (e:HEV)
最高出力96kW (131PS)/
6,600rpm
72kW(98PS)/
5,600-6,400rpm
最大トルク155Nm (15.8kgfm)/
4,600rpm
127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
モーター
最高出力
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
モーター
最大トルク
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
トランス
ミッション
CVT電気式
無段階変速機
駆動方式2WD(FF)/
4WD
2WD(FF)/
4WD
乗車定員5名
JC08モード燃費-38.6km/L(2WD)
30.8km/L(4WD)
WLTCモード燃費20.2km/L(2WD)
18.2km/L(4WD)
29.4km/L(2WD)
24.0km/L(4WD)
あわせて読みたい
ホンダ 新型 フィット マイナーチェンジ エクステリアデザイン変更 「RS」グレード 追加 2022年10月7日発売 ホンダは「フィット」のマイナーチェンジを行い2022年10月7日に発売する。新たに先代モデルで設定されていた、スポーティーなデザインと、走りの質にこだわった新タイプ...

新型 ロッキーについて

ダイハツは新型5ナンバーサイズのコンパクトSUV「ロッキー」を2019年11月5日に発売した。ダイハツによって企画・開発から生産までを一括して担い、 トヨタに対して供給するOEM車、新型「ライズ」発売する。

エクステリア

新型「ロッキー」はボディサイズ全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mmの5ナンバーサイズに収めたコンパクトSUVである。 エクステリアは、新型「RAV4」などに採用されるアウトドア思考のデザイン、トヨタSUVの伝統を踏襲した力強く大胆なデザインを採用。プラットフォームはダイハツの「DNGAプラットフォーム」を採用。新型タントに続く「DNGA」第2弾となる。LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)を上位グレード「G」「Premium」採用。

大径17インチタイヤまたは16インチタイヤを採用。最小回転半径は4.9~5.0mとした。更にダイナミックトルクコントロール4WDを採用。設計および開発・生産をダイハツが行っているため先進技術「次世代スマートアシスト」を採用する。

インテリア

メーターには7インチフル液晶のディスプレイ「アクティブ マルチ インフォメーションメーター」を採用。ライズ専用「9インチ ディスプレイオーディオ」を採用。SmartDeviceLinkとApple CarPlayに対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。ディスプレイオーディオやカーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「ダイハツコネクト」を採用。

荷室容量は369Lである。

新型 ロッキー マイナーチェンジ スペック について

ダイハツは新型「ロッキー」の一部改良(マイナーチェンジ)を行い、新たにハイブリッドグレード「e-SMART HYBRID」を追加し2021年11月1日に発売する。併せて トヨタに対して供給するOEM車、新型「ライズ」にもハイブリッドモデルを発売する。

スペック新型ロッキー
ハイブリッド
新型ロッキー
全長3,995mm
全幅1,695mm
全高1,620mm
ホイールベース2,525mm
エンジン1.2L 直列3気筒
エンジン
+モーター
1.2L 直列3気筒
エンジン
1.0L 直3気筒
ターボエンジン
最高出力60kW(82ps)/
5,600rpm
64kW(87ps)/
6,000rpm
72kW(98ps)/
6,000rpm
最大トルク105Nm(10.7kgfm)/
3,200-5,200rpm
113Nm(11.5kgfm)/
4,500rpm
140Nm(14.3㎏m)/
2,400-4,000rpm
モーター
最高出力
78kW(106ps)
モーター
最大
トルク
170Nm(17.4kgm)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
D-CVTD-CVT
駆動方式2WD2WD4WD
最小回転半径4.9~5.0m
タイヤサイズ195/60R17
WLCTモード燃費28.0km/L20.7km/L(2WD)17.4km/L(4WD)
JC08モード燃費34.8km/L23.6-24.6km/L(2WD)21.2km/L(4WD)
あわせて読みたい
ダイハツ 新型 ロッキー ハイブリッド 一部改良(マイナーチェンジ) 2021年11月1日発売 ダイハツは新型「ロッキー」の一部改良(マイナーチェンジ)を行い、新たにハイブリッドグレード「e-SMART HYBRID」を追加し2021年11月1日に発売する。併せて トヨタに...

普通車で安く買える車についてまとめ

エントリーモデルでなくとも「ライズ」「ロッキー」「ヤリス」「フィット」などはほぼ200万円以下のグレードなっているので非常におすすめである。特に「ライズ」「ロッキー」は人気のSUVモデルにもかかわらず、200万円前後で購入可能な点は購入入者にとっては非常にいいだろう。購入時の参考にしていただければ幸いです。

最新自動車情報
【2024年】300万円以下で買える 車 新車おすすめ車種 一覧 まとめ| 最新自動車情報 2024年に300万円以下で新車で購入できる車を調べてみました。ここ数年は比較的車体価格が高い傾向にあり300万円以上のモデルの方が一般的に知名度が高いモデルが多いです。...
運転する女性

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次