MENU

全幅1,880mmある 新型「クラウンスポーツ」は注意が必要 ボディサイズ比較してみた

クラウンスポーツ

トヨタは新世代クラウンシリーズ第2弾となる新型「クラウンスポーツ」を2023年10月6日に発売する。ボディサイズは大きくなさそうに思えても全幅1,880mmありとかなりのボディサイズとなるが歴代クラウンや他のクロスオーバーSUVはどのぐらいのサイズだったのかをまとめてみました。

目次

新型「クラウンスポーツ」は機械式駐車場は注意が必要だ

マンションやパーキングエリアの駐車場で機械式駐車場を選択する場合に注意が必要な車種は車幅1850mm以上の場合だ。パレット幅の問題が1番である。現在、日本で最も多い機械式駐車場のタイヤ外幅1850~1900mm以下が多くこのパレットに収まらないケースが多い。パレットとは機械式駐車場で車を実際に乗せる台のような部分です。

車幅が制限内におさまっていてもパレッド幅が小さいと駐車することができない。更にギリギリすぎるとタイヤやホイールを傷を付ける可能性があります。筆者の友人でも新車を購入してパレッドに乗らないために今まで使っていた駐車場が使えなくなって困っている人を何人か見かけます。

新型「クラウンスポーツ」と 新型「ハリアー」 比較

新型「クラウンスポーツ」と新型「ハリアー」とのボディサイズを比較すると全高が「クラウン」の方が長いが全高が-130mm低くなっている。

スペック4代目
新型ハリアー
16代目
新型クラウン
スポーツ
全長4,725mm4,710mm-15mm
全幅1,855mm1,880mm+25mm
全高1,690mm1,560mm-130mm
ホイールベース2,690mm2,770mm+80mm

国産車 SUV サイズ比較

スクロールできます
メーカー車種名全長全幅全高ホイール
ベース
TOYOTAライズ3,995mm1,695mm1,620mm2,525mm
TOYOTAヤリスクロス4,180mm1,765mm1,590mm2,650mm
TOYOTAC-HR4,385mm1,795mm1,550mm2,640mm
TOYOTAC-HR
4WD
4,385mm1,795mm1,565mm2,640mm
TOYOTAカローラクロス4,490mm1,825mm1,620mm2,640mm
TOYOTARAV44,600mm1,855mm1,685mm2,690mm
TOYOTARAV4
Adventure
4,610mm1,865mm1,690mm2,690mm
TOYOTAハリアー4,740mm1,855mm1,660mm2,690mm
TOYOTAbZ4X4,690mm1,860mm1,650mm2,850mm
TOYOTAクラウンクロスオーバー4,930mm1,840mm1,540mm2,850mm
TOYOTAクラウンスポーツ4,710mm1,880mm1,560mm2,770mm
TOYOTAランドクルーザー
300
4,990mm1,980mm1,880mm2,850mm
TOYOTAランドクルーザー
プラド
4,760mm1,885mm1,835mm2,790mm
LEXUSLX6005,100mm1,990mm1,885mm2,850mm
LEXUSRX450h/RX3004,890mm1,895mm1,710mm2,790mm
LEXUSRX450h L5,000mm1,895mm1,725mm2,790mm
LEXUSRZ450e4,805mm1,895mm1,635mm2,850mm
LEXUSNX300h/NX3004,640mm1,845mm1,645mm2,660mm
LEXUSNX4,660mm1,865mm1,640mm2,690mm
LEXUSUX200/UX250h4,495mm1,840mm1,520mm2,640mm
HONDAZR-V4,580mm1,800mm1,630mm2,735mm
HONDAヴェゼル4,330mm1,770mm1,605mm2,610mm
HONDACR-V4,605mm1,855mm1,680mm2,660mm
MAZDACX-34,275mm1,765mm1,550mm2,570mm
MAZDACX-304,395mm1,795mm1,540mm2,655mm
MAZDACX-54,545mm1,840mm1,690mm2,700mm
MAZDACX-604,740mm1,890mm1,685mm2,870mm
MAZDACX-84,900mm1,840mm1,730mm2,930mm
MAZDACX-80-mm-mm-mm-mm
NISSANアリア4,595mm1,850mm1,655mm2,775mm
NISSANエクストレイル4,640mm1,820mm1,730mm2,705mm
NISSANキックス4,295mm1,760mm1,590mm2,620mm
NISSANジューク4,135mm1,765mm1,565mm2,530mm
SUBARUアウトバック4,815mm1,840mm1,605mm2,745mm
SUBARUソルテラ4,690mm1,860mm1,650mm2,850mm
SUBARUフォレスター4,625mm1,815mm1,715mm2,670mm
SUBARUクロストレック4,480mm1,800mm1,580mm2,670mm
SUZUKIクロスビー3,760mm1,670mm1,705mm2,435mm
SUZUKIエスクード4,175mm1,775mm1,610mm2,500mm
SUZUKISX4 S-CROSS4,300mm1,785mm1,595mm2,600mm
SUZUKIジムニーシエラ3,550mm1,645mm1,730mm2,250mm
SUZUKIジムニー3,395mm1,475mm1,715mm2,250mm
SUZUKIハスラー3,395mm1,475mm1,665mm2,460mm
MITSUBISHIパジェロ4,900mm1,875mm1,900mm2,780mm
MITSUBISHIアウトランダー4,695mm1,810mm1,710mm2,670mm
MITSUBISHIRVR4,365mm1,770mm1,630mm2,670mm
MITSUBISHIエクリプスクロス4,405mm1,805mm1,685mm2,670mm

新型「クラウンスポーツ」と歴代「クラウン」のサイズ比較

歴代「クラウン」のボディサイズを比較してみたが、歴代の中でも特に大きいことがわかる。ホイールベースも3mとしており室内空間は非常にゆとりがあると想像できる。

スクロールできます
車種全長全幅全高ホイール
ベース
7代目
クラウン
4,860mm1,720mm1,420mm2,720mm
8代目
クラウン
4,860mm1,745mm1,400mm2,730mm
9代目
クラウン
4,800mm1,750mm1,440mm2,730mm
10代目
クラウン
4,820mm1,760mm1,450mm2,780mm
11代目
クラウン
4,820mm1,765mm1,445mm
1,470mm
2,780mm
12代目
クラウン
4,840mm1,780mm1,470mm
1,485mm
2,850mm
13代目
クラウン
4,870mm1,795mm1,470mm
1,485mm
2,850mm
14代目
クラウン
4,895mm1,800mm1,450mm
1,460mm
2,850mm
15代目
クラウン
4,910mm1,800mm1,455mm
1,465mm
2,920mm
16代目
クラウンクロスオーバー
4,930mm1,840mm1,540mm2,850mm
16代目
クラウンスポーツ
4,710mm1,880mm1,560mm2,770mm
16代目
クラウンセダン
5,030mm1,890mm1,470mm3,000mm

新型クラウンスポーツ について

新世代クラウンシリーズ第2弾となる新型「クラウンスポーツ」

全車4WDTNGA(Toyota New Global Architecture)新開発「GA-Kプラットフォーム」を採用。

新型エンジン「2.5L 直列4気筒 直噴エンジン(Dynamic Force Engine)+ハイブリッドシステム」と新開発のプラグインハイブリッドシステム“THSⅡ Plug-in”を搭載「直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S +モーター(THSⅡ)」を搭載。

最新バージョン「Toyota Safety SenseTSS3)」搭載。高度運転支援技術 Toyota Teammate[Advanced Drive]搭載。

メーターには「12.3インチ大型フル液晶デジタルメーター」を採用。

16代目となる今回は15代目を引き継ぐ形でエクステリアは今までの王道セダンではなく、クロスオーバーSUVスタイル化したの様な新しいデザインを採用。「クラウン」エンブレムは継続採用駆動方式は「FF」ベース、全車ハイブリッドシステムを搭載プラットフォームは「TNGA」に基づく「新開発 プラットフォーム」を採用。

まとめ

新たな世代を取り入れるためにもセダンスタイルは昔の人に比べ親しみもかっこいいという感覚よりも古臭い、親父くさいなどという印象が強く、やはり「クロスオーバーSUV」とすることで高級な印象とデザインの印象を変えることで40代、30代の人に乗ってもらいたいという意欲を感じる。15代目をあえてマイナーチェンジを飛ばして16代目として4つのボディを全て「クラウン」車種とすることで客のニーズを答えつつ、「クラウン」をトヨタブランドとして残して行く意思と挑戦する気持ちを感じた。筆者としては「クラウンシリーズ」で一番魅力的に見えるのが今回の「クラウンスポーツ」なので市場の注目度も高いと思われる。購入を検討する人は発売日が近づいてきたらディーラーにて早めに注文受付をするべきである。更に全幅1,880mmというサイズは世界的に見れはそこまで大きくないが、日本国内で考えるとどうしても駐車的に少し制限があるので購入前によく検討してから購入してもらいたい。残りのモデルを1年以上かけて発売していくが、半導体の影響が今後更に続くことが予想されるため、苦戦を強いられることは間違いない。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
仕様が判明 新型「クラウンスポーツ」発売日は2023年10月6日

クラウンスポーツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次