最上級SUV トヨタ 新型「センチュリー クロスオーバー」の予想CG これは本当に発売される

toyota century crossover suv

トヨタは超高級、最上級SUVとなる新型「センチュリー クロスオーバー」を2023年8月発表、2023年10月に発売する。デザイナー、Nikita Chuicko氏は予想CGを制作。海外モデルでは多くラインナップされるプレミアムSUVモデルをトヨタとしてもラインナップしたい考えだ。

目次

トヨタ 新型「センチュリー クロスオーバー」について

新型「センチュリー クロスオーバー」は第二世代「TNGA(Toyota New Global Architecture)「GA-Lプラットフォーム」」と呼ばれる新開発のプラットフォームとフロントとリアにはマルチリンク式サスペンション「AVS機能付電子制御エアサスペンション(車高切替機能付)」搭載。滑らかで上質な乗り心地を実現する。「センチュリー クロスオーバー」には高度なレベルで充たすV8・5.0Lハイブリッドシステムを採用。システム出力は317kW(431PS)で発進・加速時には、高出力モーター+パワーコントロールユニットの働きにより、豊かなパワーと力強いトルクを静かに発揮する。

更に新開発のプラグインハイブリッドシステム“THSⅡ Plug-in”を搭載「直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S +モーター(THSⅡ)」に大容量リチウムイオンバッテリー(リチウムイオン 電力量 8.8kWh)と強力なモーターを追加したモデルとなる。システム出力は302 HP(225kW/306PS)を採用する可能性もあるだろう。昼間自転車・夜間歩行者検知可能な次世代「Toyota Safety Sense」を採用する。

トヨタ 新型「センチュリー クロスオーバー」エクステリアについて

全長やホイールベースは伸びやかで重厚感あふれるスタイルとした。プロジェクター式ヘッドランプ3灯とLEDアレイAHSを一体化したヘッドランプを採用。リヤコンビネーションランプは、「和の光」をイメージとした線発光する立体的なレンズを採用。象徴となるフロントセンターの「鳳凰」エンブレムは、工匠が金型を約1カ月半かけて丁寧に手で彫り込み、躍動する翼のうねりや繊細な羽毛の表情を鮮やかに描き出し。

トヨタ 新型「センチュリー クロスオーバー」インテリアについて

ロングホイールベースとし後席スペースを重視、乗員の膝まわりや足元に十分なゆとりを提供している。中央アームレストにタッチ式液晶マルチオペレーショナルパネルを設定し、シートや空調、オーディオの音量など集中操作が可能。ライティングテーブル、読書灯、大型ディスプレイ付リヤシートエンターテインメントシステム、20スピーカープレミアムオーディオなど、ビジネスからプライベートまであらゆるシーンに対応できる快適装備を採用。

トヨタ 新型「センチュリー クロスオーバー」予想スペック

スペック新型センチュリークロスオーバー
全長5,435mm
全幅1,980mm
全高1,505mm
ホイールベース3,090mm
エンジンV8・5.0L 2UR-FSEエンジン+
モーター
最高出力280kW(381ps)/6,200rpm
最大トルク510Nm(52.0kgm)/4,000rpm
モーター最高出力165kw(224ps)
モーター最大トルク300Nm(30.6kgm)
ミッション電気式無段変速機
駆動方式FR
WLTCモード燃費12.0km/L
価格約2100万円

トヨタ 最上級SUV 新型「センチュリー クロスオーバー」をラインナップする理由はあるか?

トヨタの現時点でのSUVラインナップはコンパクトモデルでは「ライズ」「ヤリスクロス」「C-HR」ミドルクラスでは「カローラクロス」「RAV4」「ハリアー」「クラウンクロスオーバー」ラージクラスでは「ランドクルーザープラド」「ランドクルーザー」をラインナップする。トヨタは他社よりも現在多くSUVラインナップを抱えているがここに新たに「センチュリークロスオーバー」をラインナップする価値があるのか?

ラージクラスにはクロスカントリーSUVしかない

先ほどラインナップをそれぞれ紹介したが、実はトヨタのラージクラスのSUVモデルは全てクロスカントリーSUVでありボディ構造はラダーフレームを採用した「(GA-Fプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームをベースにラダーフレームを採用」砂漠や岩場などの未舗装路を走ることが念頭に置かれて開発された悪路走破性に適したモデルである。つまり、大きくはSUVではあるが、現代の多く認知されているクロスオーバーSUVの様な。多くの乗用車と同様にモノコックボディを採用し、乗り心地や静粛性も高く、ハイブリッドシステムを搭載するようなラージモデルが存在しない。

プラットフォームトヨタ
GA-B プラットフォームアクア
GA-B プラットフォームヤリス
GA-B プラットフォームヤリスクロス
GA-B プラットフォームシエンタ
GA-B プラットフォームGRヤリス
GA-C プラットフォームプリウス
GA-C プラットフォームプリウスPHV
GA-C プラットフォームカローラスポーツ
GA-C プラットフォームカローラツーリング
GA-C プラットフォームカローラ
GA-C プラットフォームC-HR
GA-C プラットフォームカローラクロス
GA-C プラットフォームヴォクシー
GA-C プラットフォームノア
GA-K プラットフォームカムリ
GA-K プラットフォームアバロン
(日本未発売モデル)
GA-K プラットフォームRAV4
GA-K プラットフォームRAV4 PEHV
GA-K プラットフォームハリアー
GA-K プラットフォームハリアーPHEV
GA-K プラットフォームハイランダー
(日本未発売モデル)
GA-K プラットフォームシエナ
(日本未発売モデル)
GL-F プラットフォームランドクルーザー300
GL-F プラットフォームタンドラ
(日本未発売モデル)
GA-L プラットフォームクラウン
GA-L プラットフォームMIRAI
GA プラットフォームグランエース
e-TNGA プラットフォームbZ4X

ベースはGA-Lプラットフォームとなるが、クラウンシリーズを超える豪華な仕様となることは間違いない。

TNGAトヨタレクサス
GA-B プラットフォームヤリスクロスBX・LBX
(未発売)
GA-C プラットフォームC-HRUX
GA-C プラットフォームカローラクロス
GA-K プラットフォームハリアーNX
e-TNGA プラットフォームbZ4XRZ
GL-F プラットフォームランドクルーザー300LX
GA-K プラットフォームクラウンクロスオーバー
GA-K プラットフォームハイランダーRX
GA-L プラットフォームセンチュリー クロスオーバー

新たな「最上級SUV」として「センチュリークロスオーバー」を出すか

ここまで色々考えてきたが、現行3代目「センチュリー」をベースにしたSUVではない可能性がありそうだ。現行センチュリーはプラットフォームは、トヨタ最新のTNGAではなく、4代目「レクサスLS」(ロングボディ車)用を新型センチュリー用に最適化させたものを採用しており、現在のTNGAプラットフォームを採用していない車種をSUV化するのはすこし不自然である。モノコックボディで最上級モデルであれば「GA-L プラットフォーム」を採用する流れが自然な流れであると思われる。最後に結論としてトヨタ車ではラージサイズのクロスオーバーSUVに空きがあることは確かなので十分、最新の「最上級SUV」がラインナップされるだろう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

キーワードから探す

3列シート (169) 5ナンバー (45) 86 (21) 2017年フルモデルチェンジ (40) 2019年 フルモデルチェンジ (123) 2020年 フルモデルチェンジ (180) 2021年 フルモデルチェンジ (134) 2022年 フルモデルチェンジ (191) 2023年 フルモデルチェンジ (130) 2024年 フルモデルチェンジ (23) C-HR (23) e-POWER (78) GR (60) LEXUS NX (32) MAZDA3 (22) N-BOX (29) RAV4 (52) TNGA (156) X-TRAIL (30) アウトドア (118) アクア (28) アルファード (21) インプレッサ (25) エコカー (30) オープンカー (65) カスタムパーツ (44) カローラ (53) クラウン (35) クロスオーバー SUV (1154) クーペ (26) コンセプトカー (98) コンパクトカー (288) シエンタ (20) シビック (46) スクープ (54) ステップワゴン (23) ステーションワゴン (90) スポーツカー (298) スライドドア (192) セダン (360) セレナ (25) ターボ (40) ティーザー (30) ディーゼル・クリーンディーゼル車 (68) ノア (21) ノート (33) ハイブリッド車 (477) ハッチバック (55) ハリアー (51) ビックマイナーチェンジ (23) ピックアップトラック (32) ファミリーカー (21) フィット (22) プラグインハイブリッド (132) プリウス (64) マイナーチェンジ (412) マイルドハイブリッド (136) ミニバン (132) ヤリス (44) レヴォーグ (26) ロードスター (24) ワンボックス/バン (30) ヴェゼル (25) ヴォクシー (30) 一部改良 (227) 日本未発売 (280) 東京オートサロン2020 (30) 東京オートサロン2023 (22) 東京モーターショー2019 (33) 燃料電池車 (20) 特別仕様車 (225) 軽自動車 (219) 限定モデル (48) 電気自動車 (342) 高級車 (280)

ゲームバナー
ゲームバナー
目次