【2023年】PHEV(プラグインハイブリッド)車種ラインナップ

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

2023年現在、車種が増えつつある「プラグインハイブリッド(PHEV)」バッテリー充電できるハイブリッド車である。今回はどの車種に採用されているかをまとめてみました。

目次

PHEV(プラグインハイブリッド)について

ハイブリッド車はガソリン供給のみで走行するが、バッテリー充電をするプラグを用意て直接バッテリー充電も可能なためEV走行のみでもある程度走行が可能となる。更に、システム最高出力が高い車種が多いので0-100km/hが早い車種が多い。デメリットは2系統から供給と大容量バッテリーにより車体代が高くなるためハイブリッド車よりも高額となる。メリットはハイブリッド車や電気自動車よりも長距離走行が可能。ガソリンも電気も供給方法がどちらも採用できるため万が一でもどちらかの供給で使用が可能になる。更に、バッテリー容量が大きいので災害時などで活用が可能となる。

あわせて読みたい
【2022年】 0-100km/h加速 SUV ランキング トップ50 世界的に人気となっている「SUV」。今回は2022年現在、日本国内で発売する「SUV」で0-100km/h加速で速い順にランクを作成しています。公式データをもとに作成しています...
あわせて読みたい
3代目 新型 プリウスPHEV 0-100km/h加速6.7秒 EV走行距離 従来型に比べ50%以上向上 トヨタは新型「プリウス」のワールドプレミアイベントを2022年11月16日13時30分~に実施した。プラグインハイブリッド車(PHEV)は2023年3月15日に発売を予定。BEVモデ...

プラグインハイブリッド車 一覧

メーカー車種
トヨタプリウス PHEV
トヨタRAV4 PHEV
トヨタハリアーPHEV
レクサスNX450h+
レクサスRX450h+
ホンダクラリティ PHEV(販売終了)
スバルSubaru Crosstrek Hybrid(日本未導入)
マツダMX-30 PHEV(R-EV)
マツダCX-60 PHEV
マツダCX-80 PHEV
三菱アウトランダー PHEV
三菱エクリプスクロス PHEV
メルセデス・ベンツA250e /A250e セダン
メルセデス・ベンツE350eスポーツ / E350deスポーツ
メルセデス・ベンツGLA250e
メルセデス・ベンツGLC 350e 4MATIC / GLC 350e 4MATIC クーペ
アウディA3 Sportback 40TFSI e(日本未導入)
アウディQ8 60TFSIe Quattro(日本未導入)
BMW330e / 330e xDrive
BMW530e
BMW740e iPerformance
BMWX3 xDrive30e
BMWX5 xDrive45e
BMWi8 クーペ
ボルボXC40 Recharge
ボルボXC60 Recharge
ボルボXC90 Recharge
ボルボV60 / S60 Recharge
ボルボV90 Recharge
ランドローバーレンジローバー P440e
ランドローバーレンジローバー スポーツ P510e
ランドローバーレンジローバー イヴォーグ P300e(日本未導入)
ランドローバーディスカバリースポーツ P300e(日本未導入)
ランドローバーレンジローバー ヴェラール P400e(日本未導入)
ジープレネゲード 4xe
ジープグランドチェロキー 4xe
ジープラングラー4xe
ジャガーE-PACE PHEV LAUNCH EDITION
ポルシェパナメーラ E-hybrid
ポルシェカイエン E-hybrid
フェラーリ296GTB
フェラーリSF90
プジョー3008 HYBRID4 300 e-EAT8
プジョー508 GT HYBRID / 508 SW GT HYBRID
シトロエンC5 X (日本未導入)
シトロエンC5 AIRCROSS SUV PLUG-IN HYBRID
DS オートモビルズDS 3 CROSSBACK E-TENSE
DS オートモビルズDS4 E-Tense
DS オートモビルズDS 7 CROSSBACK E-TENSE
DS オートモビルズDS 9 E-TENSE

最後に

一覧で現在のプラグインハイブリッド車を見ていただきましたが、調べて感じるのは日本車よりも外車・輸入車の方がプラグインハイブリッド車が多いことです。また、日本導入されていない車種も多数ある。プラグインハイブリッドはガソリン車や電気自動車(バッテリーEV)よりもコストがかかります。しかし、海外では電気自動車の時代だと言われ日本でも電気自動車へのシフトが少しずつ始まってきているのは事実です。しかし、一番重要なEV充電設備・インフラ整備が日本では少なく、ガソリンスタンドと同様に充電設備がそこら中にあるなんて時代は20〜30年ぐらい当分先となるでしょう。現在はガソリンスタンドと充電設備どちらも利用が可能なプラグインハイブリッド車の需要も日本では高まってくる可能性が高いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次